ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘シルクロード経済圏

エベレスト・トンネルと「新シルクロード経済圏」盟主,中国

AFP,テレグラフ,デイリーメールなど西洋メディアが,チベット鉄道延伸はエベレスト・トンネル経由だと派手に報道し,ヒマラヤンなどネパールメディアや時事など日本メディアが,これを後追いしている。世界最高峰エベレスト(チョモランマ,サガルマータ)の横っ腹をぶち抜き,トンネルを通す! メディアが飛びつきそうなネタだ。が,本当かなぁ? 
150411

最初の報道と思われるAFPの情報源は,おそらく中国日報のこの記事であろう。Zhao Lei,”Rail line aims for Nepal and beyond,” China Daily,2015-04-09. 読んでみると,たしかに紛らわしく不正確な記事だが,少なくとも次のことは読み取れる。
 (1)チベット自治区Losang Jamcan議長が3月,ヤダブ大統領に語ったのは,2020年までにチベット鉄道をシガツェから吉隆(Gyirong,Jilong)にまで延伸する計画があるということ。
 (2)エベレスト・トンネルについて語ったのは,中国工程院(Academy of Engineering)の鉄道専門家Wang Mengshu氏。

AFP等は,この二つの話しをはっきり区別せず,つないでしまったため,読者は次の(1)または(2),あるいはその両方と受け取ることになってしまった。
 (1)チベット鉄道ネパール延伸は,エベレスト・トンネルのコース。
 (2)チベット鉄道は2020年までにカトマンズまで延伸される。

しかし,2020年までに延伸されるのは,シガツェから吉隆までであり,ここから先は,そのままトリスリ川沿いに南下しカトマンズまで線路を敷設する方が楽だ。吉隆は国境からわずか35kmほど。経済合理性を考えるなら,中国政府はおそらくこのコースを採用するであろう。

ところが,である。中国は,目先のカネ儲けに目がくらむような,ケツの穴の小さな資本主義国ではない。かつては万里の長城を築き,いままた「新シルクロード経済圏」の盟主たらんとしている。すべてのロードは北京に通ず。そして,すべてのカネは,いずれ本家「円」(Yuan[CNY],人民元[RMB])を介し「アジアインフラ投資銀行」等を通して流通するようになる。

その21世紀の超大国・中国にとって,チョモランマ=エベレストをぶち抜き,トンネルを通し,五星紅旗はためく中国列車を走らせることほど,相応しく誇らしいことはない。

イギリスはマロリーやヒラリーに英帝国の威信を担わせローテク人力でエベレストを征服させた。ネパール・マオイストは,プラチャンダの息子に赤旗を持たせ,やはりローテク人力でエベレストを征服させようとした。

しかし,本家マオイストは,そんな前近代的な,せこいことはしない。世界最高峰エベレストを中国のカネと技術でぶち抜き,五星紅旗列車を走らせれば,中国こそが,世界最高,最先進,最強国家であることが,明白な具体的事実をもって,日々実証される。

21世紀のエベレスト征服は,まさしくこれをおいて他にはない。中国が,長大トンネル掘削でエベレストを征服すれば,魂も肝も抜かれたエベレストになど,あほらしくて誰もローテク人力で登ったりしなくなるだろう。

このチベット鉄道エベレスト路線は,つくりごとでも何でもない。以前から,シガツェから先は,吉隆路線だけでなくエベレスト路線も検討されていた。エベレストの真下ではないまでも,その近辺を通り,おそらくは何本かトンネルも掘り,カトマンズにいたる。

このエベレスト路線は,観光面から見て有利な上に,やはり中国にとって魅力的なのは,上述のような政治的価値である。中国政府が,エベレスト(の近く)にトンネルを掘り,五星紅旗列車を走らせるとなれば,中国の威信はいやが上にも上がる。だから,政治的に判断するなら,エベレスト路線優先となるわけだ。むろん,中国の国力からして,吉隆路線とエベレスト路線の両方をつくることも,決して無理ではない。長期的には,そうなる可能性大だ。北京,上海からチベット鉄道でエベレストへ行こう!!

150411a140811d
 ■エベレスト・トンネル線(Dailymail,9 April 2015)/シガツェ-吉隆&Yatung線(Global Times,2014-7-24) )

このように見るならば,AFP等の記事は,必ずしも全くの誤りという訳ではない。というよりもむしろ,資本主義国ジャーナリズムが,センセーショナルに騒げば騒ぐほど,中国政府は,してやったりと,ほくそ笑むことになる。「新シルクロード経済圏」や「アジアインフラ投資銀行」の願ってもない絶好の宣伝になるからである。

【中国大使館発表】  150411b
Qinghai-Tibet railway to reach Nepal in 2020
2015/04/10

China has announced that it will extend the Qinghai-Tibet railway to the border areas with Nepal within the next five years. The railway will stretch out for another 540 kilometers from Xigaze to Jilong county which sits on the border of China and Nepal.

The announcement was made earlier this month during Neapalese President Ram Baran Yadav’s visit to China.

President Yadav applauded the announcement, saying that it fitted into the main aim of his visit which was to promote road and air traffic between Nepal and China.

Nepal has long been expecting that a new Tibetan railway which would extend to the border areas to boost bilateral trade and tourism between the two countries.

Nepal is an important transit point between China and South Asia, and a major chunk of the two countries’ expanding trade has been conducted through Tibet. With this newly announced Xigaze-to-Jilong section of the railway in five years, better road and rail connections could be expected between Nepal and China.

Earlier in March when Chinese President Xi Jinping met with Nepalese President Ram Baran Yadav at the 2015 Boao Forum for Asia in south China’s Hainan province, the Nepalese President said that Nepal will support China’s initiatives of jointly building the Silk Road Economic Belt and 21st-Century Maritime Silk Road as well as the Asian Infrastructure Investment Bank, or AIIB, saying that these are great measures to promote regional connectivity.

Moreover, Nepal also calls for strengthened cooperation between the South Asian Association of Regional Cooperation, or SAARC, and China, in a bid to promote regional interconnectivity and economic development.

(http://www.fmprc.gov.cn/ce/cenp/eng/News/t1253828.htm)

【参照】
ラサ-カトマンズ,道路も鉄道も
青蔵鉄道:シガツェ10月開通,ネパール延伸へ
初夢は鉄路カトマンズ延伸?
青蔵鉄道のルンビニ延伸計画
中国の「シルクロード経済圏」,ネパールも参加
* Zhao Lei,”Rail line aims for Nepal and beyond,” China Daily,2015-04-09
*”TIBET-NEPAL RAILWAY, China may build tunnel under Everest,” AGENCE FRANCE PRESSE,2015-04-09
* “China plans rail tunnel UNDERNEATH Mount Everest,” Dailymail,9 April 2015
* “China-Nepal railway with tunnel under Mount Everest ‘being considered’,” The Telegraph, 09 Apr 2015
*”China may build tunnel under Everest,” Himalayan,2015-04-09
*”China Plans Strategic High-Speed Rail to Nepal Through Mount Everest,” sputniknews.com,2015-04-10
*「「チベット・ネパール鉄道」中国が計画、エベレストにトンネル?」,時事=AFP,2015/04/10

谷川昌幸(C)

チベット鉄道ネパール国境延伸,2020年

中国日報(4月7日)が,また上海ーチベット鉄道のネパール国境延伸について報道した。

チベット鉄道は,すでに2014年8月15日,ラサ・シガツェ間(253km)が開通。次は,シガツェ・吉隆[Gyirong,Jilong]間(540km)を2020年までに開通させると,習主席が,この3月のBOAOアジアフォーラムにおいて,ヤダブ大統領に語ったというのだ。

150409b ■左より吉隆・シガツェ・ラサ(Google)

このBOAOアジアフォーラムでは,ヤダブ大統領がシルクロード経済圏とアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加を積極的に表明し,中国側を喜ばせた。

もちろん,ネパールには参加のメリット大だ。A.ギリによれば,ネパール政府高官がこう語ったという。――道路等のインフラ建設には巨額の資金が必要だ。「だから,ネパールとしては,400億ドルの基金で始められるシルクロード構想やネパールも創設メンバーになる中国主導アジアインフラ投資銀行を通した中国からの援助を,さらに多く獲得したいと考えている。」(Amil Giri,”China to extend new aid package: President’s visit to Boao asia forum,” Ekantipur,Mar 25, 2015)

習主席が約束した対ネ援助は,145億ルピー/年。これによる事業は――
 (1)コダリ道路改良
 (2)ラスワガディーカトマンズ道路建設
 (3)ジョムソン(ムスタン)ーベニ(ミャグディ)道路建設

こうして中国援助で「陸のシルクロード」道路整備されていくと,いずれチベット鉄道のカトマンズ乗り入れということになる。国境までが2020年に開通するとすれば,カトマンズ延伸も,そう先のことではあるまい。

それにしても,3月のBOAOアジアフォーラムのことを,また報道したのはなぜか? 大詰めのAIIB発足へのだめ押し,景気づけといったところであろうか?

150409 ■BOAOアジアフォーラム

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/10 at 12:09

ネパリタイムズと中国日報

国内便が濃霧遅延,暇つぶしにTIA売店で「ネパリタイムズ」(#742,23-29Jan)を買ったら,なんと「中国日報」(23-29Jan)がおまけについていた。ネパリタイムズよりもページ数がはるかに多く,内容も濃い。どちらがおまけかわからない。以前からネパリタイムズと中国日報の間には関係があるのではと感じていたが,やはり何か特別の協力関係がありそうだ。

中国日報には興味深い記事が多い。2ページぶち抜きで「海のシルクロード」と「アジア・インフラ投資銀行」の長大記事。中国はこれらと「陸のシルクロード」を組み合わせた経済大戦略を打ち出しており,ネパールもその一環をなしている。

その一方,時評欄には,中国日報Cai Hong東京支局長が「日本,戦争の歴史を書き換え」という記事を書いている。

「安倍は,国際社会の声を同調させることはできていない。しかしながら,国内では大合唱の旗を振っている。安倍政権は教科書検定の基準を変え,著者と出版社に圧力をかけ,政府の考えを教科書に書き込ませた。」

このような厳しい日本批判が中国日報には,大きな見出しのもと,紙面上段に掲載されているのだ。

が,ここで注目すべきは,日本批判記事の内容そのものではなく,中国日報が「シルクロード経済圏」・「アジア・インフラ投資銀行」と,安倍政権批判を同時掲載し,しかもその新聞をネパールにおいてネパリタイムズとセットで売っているという事実である。

不思議なのは,素人目で見ても中国日報に経済的利益があるとは思えないこと。利益どころか,持ち出しではないだろうか? 空港だけでなく,田舎の村でも,中国日報は派手に売り出している。長期的観点からの販売戦略なのか,それとも別の狙いがあるのだろうか?

150130

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/02/01 at 00:14

中国紙の面白さ

中国南方航空に乗ったら,1月21日の「China Daily(中国日報)」と「Global Times(地球時報)」があったので,暇つぶしに見ていたら,これがなかなか興味深い。仏風刺画事件や日本人拘束事件のさ中だが,さすがエコノミック昇竜・中国,経済記事が圧倒的に多い。しかも,イケイケどんどん,威勢の良い話ばかりだ。

「中国日報」で目に付いたのが,Zhang Zhao「成都GDP3兆元」。成都がシルクロード経済圏ないしユーラシア経済圏の中核都市として目覚ましい経済発展を遂げているという景気の良い記事だ。

これはまんざらウソでも誇張でもなさそうだ。全世界のコンピュータの20%,ノートパソコン・チップの半分,iPadの三分の二が,ここでつくられている。さらに最先端のIT部品やソフトウェア,自動車などへの投資も続々行われている。「技術の日本」も顔色なし。

成都は2013年,2系統の鉄路で西欧と結ばれた。所要日数13日。中国からは工業製品,西欧からはワインなどが運ばれる。工業製品輸出,農産品輸入! 攻守逆転。この新シルクロード経済圏には,30億の人々が住む。

空路もすでに78都市と結ばれており,東南アジアへは4時間,中東やヨーロッパへは10時間以内。成都はすでにビザなし滞在可能だ。成都は観光都市としても発展している。

このように,これは成都万歳記事だが,成長発展の雰囲気はよく表しているように見える。極東の老化島国・日本とは対照的だ。大局的にみるならば,経済活動の中心は,地の利のある「シルクロード経済圏」に移っていくのではないだろうか?
1501221c
1501221b

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/01/22 at 23:25

カテゴリー: 経済, 中国

Tagged with ,

中国人がやってくる:ネパリ・タイムズ記事

中国の存在感がネパール各所で急拡大しているが,観光もまた例外ではない。そのことを写真と表を使い興味深く紹介しているのが,Claire Li Yingxue「中国人がやってくる」(『ネパリタイムズ』第739号)

記事によれば,タメル(カトマンズ)やポカラでは,漢字看板が急増。話し声は,英語よりも,いやネパール語よりも,中国語の方が多いほどだ。店員も観光ガイドも,まだ不十分とはいえ,どこでも中国語が通じるようになり始めた。

ジャタ~タメル付近は,中華料理店や中国系ホテルが続々と開業し,一帯は中華街へと変貌しつつある。たとえば,ある中国人ホテル経営者は,こう言っている。「ネパール政府が外国人に営業許可を出してくれるので,これらの仕事を始めるのは容易だ。」

が,中国人観光客のお好みは,カトマンズよりもむしろ,中国旅行書が「死ぬまでに見るべき世界の10名所」の一つにあげているポカラ。湖畔には中華料理店が続々開店し,パラグライダーなども中国語看板を出しサービスにこれつとめているという。

中国人向けの他のサービスも激増している。何といっても,まずは中国語。以前は中国語教師は少なかったのに,いまやいたるとこで中国語を学べる。観光案内HPや予約・決済サイトも中国語版が増えてた。「数年前まではアメリカ人客相手だったが,いまでは中国人がお客さんだ」(カシミヤ店主人)。
 ・訪ネ中国人(観光文化省):32,272(2009年)→113,173(2013年)
 ・「中国~カトマンズ」フライト:近く週70便以上となる予定

150105 ■訪ネ中国人数(ネパリ・タイムズ#739)

以上が,「ネパリ・タイムズ」記事の要旨だが,こうした中国進出は,教育分野ですら認められる。初等・中等学校の外国語授業や文化活動に中国が急進出,いまや日本は見る影もない。

中国のネパール進出は,各分野に広く及んでおり,もはや止めようもない。「新シルクロード経済圏」は拡大し,ネパールの姿も大きく変わっていくだろう。

[参照]
Claire Li Yingxue,”The Chinese are coming,” Nepali Times,#739,2-8 January 2015
谷川昌幸「中国・SAARC・ネパール
谷川昌幸「制憲議会選挙2013(10):中華街形成と中国プレゼンス
 ■タメル近くの中華街(谷川2013-11-14)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/01/05 at 16:21

初夢は鉄路カトマンズ延伸?

王毅外相は12月27日,公式訪問のネパールにおいて,シッガツェからケロングまでチベット鉄道を延伸する予定と述べ,カトマンズおよびそれ以遠への延伸のため調査を始めるようネパール側に要請した(Ekantipur, 2014-12-28)。

[ラサ]==(253km,2014年8月開通)==[シガツェ]—-(540km)—-[ケルング]—-(35km)—-[ラスワ(ネパール)]—-[カトマンズ]–→[ルンビニ?]

インド側も鉄道を南からネパールに北上させようとしているが,タライ国境沿いにとどまり,スケールははるかに小さい。カトマンズやポカラにまで北上させるメリットはないと考えているのだろう。

これに対し中国は,経済もさることながら,いまのところ地政学的観点からの政治判断が大きいと思われる。開発独裁たる共産党独裁の強みといってよいだろう。

鉄路カトマンズ延伸の初夢は,遠くない将来,正夢となる可能性が高い。


■上海-チベット鉄道(中国チベット鉄道旅行HP)


■計画鉄道路線(Global Times,2014-7-24) /計画道路(Nepali Times,2010-2-12)

[参照]
ラサ-カトマンズ,道路も鉄道も
青蔵鉄道:シガツェ10月開通,ネパール延伸へ

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/01/02 at 21:48

援助と建前逆手どり,対ネ中国外交の冴え

1.ネパール併呑イラスト
中国の王毅外相が12月25~27日,ネパールを公式訪問し,ヤダブ大統領,コイララ首相,パンデ外相らと会談した。ネパール側は大きく報道したが,驚いたのはネパールの代表的新聞,カトマンズポスト/Ekantipurの下図イラスト(f)。右図は数日前のネパール訪中団関係記事イラスト(Republica,2014-12-20)。

141230 / 141224b

今回記事のイラストが,どうしてこのようなものになったのか? 記事内には何の説明もなく,唐突の感は否めない。正直,ギョッとした。ネパールは中国に飲み込まれるのか!

2.対ネパール援助5倍増
王毅外相を団長とする訪ネ団は,派手にして効果的な援助外交を展開した。

(1)経済援助5倍増
現行1億5千万元から8億元(130億ルピー)に増額。5.3倍の大増額! ちなみに日本の経済協力は6千3百万ドル(2011年)。

(2)「公務員病院」援助
公務員病院は,中国援助(6億5千万ルピー)で建設され,132ベッドで2010年開院。公務員は半額で受診できる。今回は,MRI,CTスキャン,レントゲンなど2億ルピー相当額の医療機器を援助した。

(3)「武装警察アカデミー」新棟に記念定礎
中国援助30億ルピーで建設される「武装警察アカデミー」新棟に王毅外相が記念定礎。

(4)9分野支援強化
王毅外相は,貿易,投資,農業,インフラ,科学技術,交通,観光,文化交流,治安の主要9分野での支援・協力を約束した。特に重視するのが,水資源開発。「中国は水力発電事業を最も重視している。」(b)

(5)後発途上国脱出支援
「中国は,ネパールが2022年までに後発途上国(LDC)から脱出するための努力への支援を惜しまない。」(b)

中国はさすが大国,大ぶろしきを広げ,出すところにはドーンと出し,しかも公務員,武装警察,水力発電,交通インフラなど,狙いどころも大変よろしい。

3.「中印の架け橋」としてのネパール
中ネ関係についても,王毅外相は老練中国外交の冴えを見せてくれた。12月26日の中ネ共同記者会見において,王毅外相は,南アジアにおけるネパールの果たすべきユニークな役割を高く評価し,全面的な支援を約束した。

「ネパールは,大国を両隣にもつユニークな位置にある。中国は,ネパールが両国との良好な関係を発展させることを期待する。」(b) 「中印は,相互関係を強化しつつある。ネパールとインドも,相互利益のため関係を強化しており,それを中国は支持している。」(b) 「ネパールは中国とインドを結ぶ架け橋となりうる。」(d)

「ネパールは,急成長する二つの経済圏,すなわちインドと中国の架け橋となりうる。中国は,ネパールが中国と南アジアの架け橋となることを期待している。」(e)

中国はインドを敵視していない。中国は「インド・ネパール・中国の三国協力関係の発展を願っている。」(d)  「三国は,協力により,良い成果をえられる。」(e)

4.「一つの中国」と「自由チベット」対策
この中国外交の妙は,相手国の掲げる建前の逆手どり,あるいはあえて言うなら「誉め殺し」にある。外交の鉄則といってもよい。今回の訪ネにおけるその成果の一つは,いうまでもなく「一つの中国」の確認と,それに基づく「自由チベット」の封じ込め。

王毅外相は,中国の「核心的利益」へのネパールの支持に感謝し,チベット・ネパール国境取り締まり強化の必要性を強調した。たとえば,少々割り引かねばならないが,中華網(12月27日)はこう報道している。「ヤーダブ大統領とコイララ首相は『ネパールは一つの中国の政策を堅持し、ネパールの領土を利用して反中活動を行うことを決して許さない。・・・・』と述べました。」(h)

中国援助の「武装警察アカデミー」も,王毅外相によれば,治安に関する中ネ協力の好例である。王毅外相は,こう述べている。「主権・独立・領土を維持し発展することを目指すネパールの断固たる努力を,中国は高く評価する。中国とネパールは,よい隣人であり偉大な友人である。」(b)

まさしく建前の逆手どり,ないし誉め殺し。そして,とるべきものはとる。日本も学ぶべきだ。

5.「シルクロード経済圏」の南進
「建前の逆手どり」のもう一つの成果は,「シルクロード経済圏」のネパール経由南進である。

王毅外相は,中印協力促進や印ネ協力促進を繰り返し強調した。これに対し,パンデ外相は,こう応えた。「われわれは,地域の交通,交易,観光およびその他の経済諸活動を発展させるため,シルクロード経済圏の枠組みのもとに,どのような協力が可能か検討した。」(b)

またネパール側は,中国提唱の「アジア・インフラ投資銀行」への期待をも表明した。(e)

このように,中国の「シルクロード経済圏」構想は,北京での参加表明に加え,カトマンズにおいても,ネパール政財界により歓迎され広く受け入れられたのである。

6.「中印の架け橋」の政治的含意
王毅外相は,「中印の架け橋」としてのネパールの役割を繰り返し強調した。この考え方自体は新しいものではなく,古くから,ネパールは「二つの巨岩に挟まれたヤムイモ」と言われてきた。それはネパールの地政学上の宿命であると同時に,国際社会におけるネパール固有の存在意義,ネパールのユニークなアイデンティティとされてきた。

たしかに,独立国家としてのネパールの存在を認める以上,建前はそうなる。そうならざるをえない。が,しかし現実には,ネパールは明らかに文化的にも政治的にもインド勢力圏内にあり,インド支配からの自由を求める動きは,限度を超えると,ことごとくインドの介入により圧殺されてきた。ネパールはインドの勢力圏内――これはインドはむろんのこと,ネパール自身も,いや中国でさえも,事実上,実際には認めてきたことである。

その自明の歴史的事実を考えると,いま中国が,ネ印友好支持を表明しつつも,「中印の架け橋」としてのネパールの役割を繰り返し強調することには,重大な政治的意図が隠されていると見ざるをえない。

中国は,怒涛の経済進出をバックに,「中印の架け橋」としてのネパールを,建前としてだけではなく,現実にもそうした役割を果たす存在へと変えようとしているのではないか。もしそうだとするなら,それは,ネパールをインド勢力圏から中国の方へ向けて大きく引き寄せることを意味する。

ネパールは非同盟中立・平和共存を外交原則としており,「中印の架け橋」はもともとネパール自身の外交の基本方針であった。それには,インドも面と向かっては反対できない。

中国は,そのネパールとインドの外交の建前を逆手にとって,ネパールをインド勢力圏への従属から引き出し,現実にも中印の中間に位置させ,そして,そうすることによって,その媒介国としてのネパールを介して,巨大な南アジア市場へと進出しようとしているのであろう。

まさしく「建前逆手どり外交」ないし「誉め殺し外交」だ。ネパールもインドも,自分たちの建前を逆手に取られてしまっては,この中国の外交攻勢への面と向かっての抵抗は難しいと覚悟せざるをえない。

冒頭で紹介したカンチプルのイラストは,中国進出に翻弄される小国ネパールの姿を,いささか自虐的に描いているのではないだろうか。

[参照資料]
(a)”Chinese Foreign Minister Wraps Up Nepal Visit,” Republica,2014-12-27
(b)Nepal can bridge China, SAsia’Ekantipur, 2014-12-27
(c)Chinese Foreign Minister Wang in Dhulikhel,Ekantipur,2014-12-27
(d)LEKHANATH PANDEY,”Nepal? China to work in nine core areas,” Himalayan,2014-12-26
(e)”China Increases Grant Assistance To Nepal,” Republica,2014-12-27
(f)”Chinese FM visit: Nepal-China ties ‘exemplary’,” Ekantipur,2014-12-27
(g)”Nepal can be a reliable South-Asian link: China,” Nepalnews.com,2014-12-26
(h)「ネパール大統領と首相、王毅外相と会談」中華網,2014-12-27
(i)「チベットに「布石」? 中国がネパール支援を5倍超に、外相が表明」,サンケイ=共同,2014-12-26
(j)ANIL GIRI,”In Nepal, Wang to press China’s peripheral policy,” Ekantipur,2014-12-26

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/12/31 at 12:52