ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘ゼロ戦

花の宝塚とゼロ戦と特攻顕彰碑

散歩がてら近所の桜見物に出かけた。公園や古道沿いの桜は満開,ウグイスがさえずり,カワセミ(!)が小川の岸の茂みから小魚をうかがう。春爛漫。

陽気に誘われ,ちょっと足を延ばし――といっても十数分だが――宝塚聖天(七宝山了徳密院)に行くと,ここも満開,スミレや山ツツジなども咲き,まるで別天地。

と,そのとき,上方に巨大なゼロ戦が現れた。おそらく実物大,いまにも出撃しそうだ。ギョッとし,おそるおそる近づくと,それは戦没者慰霊堂「光明殿」(昭和53年8月建立)の屋上に設置された精巧なモニュメントであった。

この「光明殿」に祀られているのは全国陸海空戦没者250万の英霊ということだが,ここで特に目につくのは予科練(海軍飛行予科練習生)の顕彰・慰霊である。宝塚聖天は以前から知っており,近くを幾度か通ったこともあるが,まったくもって不覚なことに,宝塚とは切っても切れない関係にある,この異彩を放つ光明殿とゼロ戦の存在には,まったく気づかなかった。

 150401h■宝塚聖天付近(同HPより

海軍というと,内陸の宝塚になぜその予科練がといぶかしがられるかもしれないが,宝塚には訓練のための適当な建物や用地あるいは川西航空機製作所(その跡地が阪神競馬場)などもあったこともあり,昭和18年8月「海軍航空隊宝塚分遣隊」が設置され,20年3月には「宝塚海軍航空隊」へと昇格した。本拠は「宝塚新温泉」。

宝塚に集められたのは,第13期~16期甲種海軍飛行予科練習生(甲飛)。年齢は14~20歳くらいで各期約1000人,常時3500~4000人が訓練を受けていたという。

宝塚歌劇場は接収され,大劇場は体操場,音楽学校は通信訓練用,バレエ稽古場は住居として使用された。この間,歌劇団は「移動隊」「唱舞団」「挺身隊」などとして知覧,満州などへの慰問や,川西航空機などへの勤労奉仕に動員された。

宝塚海軍航空隊は,戦況悪化により昭和20年6月解隊。設置期間は短かったが,ここで訓練を受けた甲種飛行予科訓練生(甲飛)からは特攻要員が各地に送られた(人数不明)。とくに,第13期甲飛卒業生の多くは,特攻機に乗ることすら叶わず,人間魚雷「回天」要員に回されたという(人数不明)。また,第16期訓練生たちは要塞構築に動員され,昭和20年8月2日,鳴門海峡で米機攻撃を受け,82名が戦死した。

いまの華やかな宝塚からは,ほんの数十年前,14~20歳の少年や青年が搭乗訓練あるいは特攻訓練をうけ,また清楚で可憐なタカラジェンヌ(ヅカガール)たちが慰問や勤労奉仕に動員されたことなど,よほどのことがなければ想像もつかないだろう。

宝塚歌劇が華麗であればあるほど,桜花が咲き誇れば誇るほど,「宝塚海軍航空隊」は思い起こされてしかるべきである。宝塚観劇の前に,あるいは後に,宝塚聖天に参拝する。宝塚歌劇の感動が,より深く心に刻まれることは,いうまでもない。

150401a150401e
■満開の桜とゼロ戦(寺院境内より)/光明殿(慰霊堂)正面

150401f150401k
■光明殿上のゼロ戦/光明殿内

150401c150401d
■「神風特別攻撃隊之魁 甲飛十期之碑」/戦死者墓碑(光明殿前)

150401b ■遺書・遺詠(光明殿右下)

*「<終戦69年 消えゆく証>宝塚聖天/訓練施設跡」神戸新聞NEXT,2014年8月14日
*「宝塚プラス:花薫り めぐり 100年」毎日新聞,2014年4月15日
*「衣装を作業服へ-戦時下の宝塚歌劇」朝日デジタルhttp://astand.asahi.com/entertainment/starfile/OSK201208130039.html
*「海軍飛行予科練習生」朝日新聞朝刊広島,2011年9月1日
*「予科練とは?」(『月刊予科練』平成20年11月号)http://www.geocities.jp/bane2161/yokaren.html
*WIKI「宝塚海軍航空隊」「海軍飛行予科練習生」

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/02 at 17:08

カテゴリー: 軍事, 平和, 歴史

Tagged with , , ,

「風立ちぬ」:ごちゃまぜ中途半端

連日の酷暑に参り,涼みに映画館へ。宮崎駿監督「風立ちぬ」を観てきた。126分の大作。

絵はきれいで,あれこれ考えさせられるところもある作品だが,一度見た限りでは,全体的に中途半端で,とくに三分の二位の部分はダレ気味で,間が持たない感じ。

ストーリーは,堀越二郎のゼロ戦設計に至る半生と堀辰夫『風立ちぬ』を合わせたもの。堀越のことは全く知らないし,『風立ちぬ』もほとんど忘れているが,この合わせ技がうまくいっていない。

企画書(宣伝パンフレット)には,「この映画は実在した堀越二郎と同時代に生きた文学者堀辰雄をごちゃまぜにして,ひとりの主人公“二郎”に仕立てている」と書かれている。いくらなんでも「ごちゃまぜ」はひどいと思ったが,観た後では,たしかに「ごちゃまぜ」という印象を払拭しきれなかった。正直な企画宣伝部員だ。(それとも,これは監督自身の本音か?)

130811a

「ごちゃまぜ」感を禁じ得ないのは,「菜穂子」と「ゼロ戦設計」が二兎追いとなり,どちらつかずとなっているから。「純愛」なら菜穂子を追うべきだが,追い切れない。宣伝文に「愛と青春を描いた一大感動作!!」と謳うが,ちょっと違うのではないか?

この映画のメインテーマは,やはり「ゼロ戦設計」の方であろう。「純愛」をウリとするのなら,戦闘機であれ何であれ「美しい飛行機」でさえあればよい,といった「純粋さ」を追い詰めるべきだった。ところが,二兎追いの結果,「純粋さ」は維持しきれず,随所に戦争批判が織り込まれる。観客はなめられている。中途半端な,平板な戦争批判が,申し訳のサッカリンのように「純粋さ」にまぶされている。観客のためではなく,制作者自身のために。

そもそも堀越二郎といった実在の人物や「風立ちぬ」といった既成作品を下敷きにしたのが,まずかったのではないか? フィクションに徹していたら,純粋に生きようとする人々が自他を傷つけ,あるいは悪に荷担せざるを得ない人生の不条理を,美しくも切なく,冷酷にして残酷に描けたのではないだろうか?

この映画では,「ピラミッドの無い世界より有る世界の方がよい」あるいは「(それにもかかわらず)生きねば」といったメッセージが,セリフや語りでくどくど説明されている。作品としての完成度が不十分と言わざるをえない。

[新聞記事:2013.8.21追加]
映画:賛否両論「風立ちぬ」「感動」×「違和感」キーワードは「ピラミッド」 (毎日新聞2013年08月21日東京夕刊)

私(記者)も見た。126分の上映時間が過ぎ、エンドマークが出る。沈黙。周囲の観客はささやきすら交わさず、おもむろに帰り支度を始める。そう、感想を言葉にしようにも、言葉にならないのだ。「宮崎監督は何を訴えたかったのだろう」。素朴な疑問がいつまでも消えない。

この記者の疑問は「素朴」ではない。やはり,できが悪いのだ。記事によれば,東浩紀,中森明夫,藤原帰一,渡辺真由子,大高宏雄といった人たちも厳しい評価をしているという。

[新聞記事:2013年9月28日追加]
沢木耕太郎氏が「風立ちぬ」を批評している。言葉使いは慎重だが,「大人のための作品」でも子供のための作品でもないとは,手厳しい。根本的な批判であり,要するに,失敗作という評価であろう。

沢木耕太郎「銀の街から:風立ちぬ」(朝日新聞,2013年9月27日)
「これは宮崎駿の作品ではない・・・・」
「(二郎の零戦と菜穂子の恋という)この二つの要素は,映画の中で,有機的な融合がなされていない。」
「二郎の前には,多少の風は吹き渡っていても凹凸のない平原があるだけだ。険しい山もなければ,深い谷もない。」
「この『バリアフリー』化に輪をかけたのが,主人公の声である。主人公の声に物語の起伏を生みだす力がなかったため,ますます『風立ちぬ』は平坦なものになってしまった。」
「もし,この『風立ちぬ』を見て,子供たちが退屈するとしたら,それは『大人のための作品』だったからではない。」
「これは新しいものを生みだした作品ではなく,かつてあったものが失われた映画だったからである。」

[記事追加,2019年11月10日]
あの「風立ちぬ」が戦争讃美詩より問題な理由 美の追究は時として人を殺す」(東洋経済ONLINE,11月10日)
週刊東洋経済編集部「多くの人にとって心地よいものであろう美は、人を殺すこともある。彫刻家にして詩人、高村光太郎の戦争賛美詩「必死の時」は、死地に赴く若人の背を押した。そして、スタジオジブリのアニメ『風立ちぬ』には戦争賛美詩よりも問題があると言われたら、驚かずにいられるだろうか。『危険な「美学」』を書いた成城大学の津上英輔教授に聞いた。・・・・」

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/08/11 at 11:00

カテゴリー: 平和, 文化

Tagged with , , , ,