ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘タライ

マデシ州を認めると主権喪失,チトラ・KC副首相

マンデル無任所大臣の印私服兵派遣発言(11月2日)CP・マイナリ副首相の印タライ併合発言(11月7日)が印政府の激怒を買ったばかりだというのに,今度はチトラ・バハドゥル・KC副首相が,11月13日のテレビ・インタビューで,同趣旨の発言をした。インド紙「The Hindu」が大きく報道している。

チトラ・KC副首相は,国民人民戦線から出ている。副首相は6人もいるとはいえ,発言はヒラ大臣よりも格段に重い。マンデル大臣,マイナリ副首相に続く3人目,しかもマデシ問題の本質を突く,あけすけの本音発言だ。これは重大。以下,発言要旨。

———-
憲法規定の州区画を改め,タライだけの州をつくると,ネパールは主権を失うことになる。「南部のタライ平原・丘陵地・山地の三地域は,相互に依存しており,そこに手を付けるべきではない。」

「マデシ諸党が東部のジャパ,モラン,スンサリ,西部のカイラリとカンチャンプルを彼らの州に組み入れよと要求している理由が,一点の疑問もないほど明白になった。いま,ネパールは,ネ印国境封鎖のため,苦難に直面している。・・・・このことこそ,タライを他の地域から分離することが,この国にとって破滅的となることを,何よりもよく物語っている。」

「ネパール人民は,その希望に沿って憲法を公布したため,経済封鎖をもって処罰されている。」マデシ問題は,ネパールの内政問題であり,外国の助けは不要だ。
  * “Nepal to lose sovereighty if Terai is separated: Deputy PM,” The Hindu, 14 Nov. 2015
———-

  151116■国民人民戦線

タライのマデシやタルーが,長年にわたり,カトマンズの封建王政ないしパルバテ・ヒンドゥー高位カースト寡頭政により支配・搾取されてきたことは,疑う余地のない歴史的事実。この封建支配体制は,マオイスト人民戦争により打倒され,包摂民主主義を理念とする人民主権の連邦共和国が成立した。マデシやタルーは,これにより伝統的な支配・搾取から解放されると期待した。

ところが,彼らによると,新体制は,王制を否定したものの,カトマンズ中心の諸勢力がタライを支配し抑圧する構造はそのまま温存し,それを新憲法に書き込んだ。すなわち,タライを分断し,タライの自治を否定し,タライをカトマンズ中心の支配諸勢力に隷従させ続けることにした。

タライは,タライだけで1州ないし2州を要求しているのに,カトマンズ諸勢力はタライを縦にいくつかに分断し,北側の丘陵地と組み合わせ,そうすることによってタライを丘陵地諸勢力に隷属させ続けようとしている,というのだ。

このタライ住民の主張には,相当の根拠がある。伝統的上位カーストは,タライ諸民族に自治権を与えることを恐れている。タライ諸民族中心の州ができると,州ごとインドに接近し,カトマンズ中央権力のコントロールが効かなくなる。

チトラ・KC副首相の危惧する通りだ。ネパール国家主権は危うくなる。国家主権,国民主権を重視するなら,タライ州は危険であり,認められない。これに対し,民族自治を重視するなら,タライ州は認められねばならない。

この二律背反は,ネパール憲法そのものに内在する矛盾だ。国民の統一と主権を訴えるカトマンズ政府側も,民族州の自治を求めるマデシやタルーも,同じくらいの正当性をもって憲法に訴えることができる。これは難しい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/11/16 at 21:30

中国カードをどう使うか,オリ政権

オリ政権が,新憲法に反対するマデシやそのマデシを支援するインドとの交渉に,「中国カード」を使用していることは明白だが,有効性が増せば増すほど,パワーゲームにおけるカードの使用は難しくなり,危険だ。ネパールは,手にした「中国カード」をどう使うべきか?

この観点から興味深いのが,11月7日付「ニューヨークタイムズ」に掲載された「カトマンズポスト」A・ウパダヤ編集長の「ネパール,竜と象の間で」という記事。概要は以下の通り(補足説明適宜追加)。

  151110(同氏ツイッター)

——————–
ネパール,竜と象の間で(NYT,7 Nov)
ネパールの新憲法は,長らく待ち望まれていたものだが,いざ制定公布されると,それに不満をもつタライの人々が印ネ国境付近で道路封鎖など激しい反対運動を始め,しかもそれを自国への波及を恐れるインドが支援し「非公式」経済封鎖を始めてしまった。

インドの経済封鎖は過酷なものであり,石油は底をつき,燃料不足で移動は困難となり,主要工場は休止,観光業は大打撃を受けている。

「このデリーの過酷な禁輸や力の行使は,大多数のネパール人にとって耐えがたいものとなった。」しかしインドにとって,「ネパールの政府は以前から操作の対象であった」。今回,「インドは,インドと密接な関係にあるマデシの人々を,カトマンズの権力に対するデリーの戦略的手段として利用できると考え」,彼らの道路封鎖を支援しているのである。

このマデシの反憲法道路封鎖闘争へのインドの経済封鎖による支援は,「ネパールの主権に対する重大な侵害」である。

「耐えがたい屈辱を受けたネパール政府は,北の隣国との交易は(少なくとも短期的には)南の隣国との交易にとって代えられるほどのものではないと知りつつも,その交易路の中国への拡大を図りつつある。・・・・この2週間ほど前,ネパールは中国との間で石油取引協定に調印した。40年間にわたる国有インド石油会社の独占に終止符を打つものであり,ネパールの戦略的勝利である。11月5日には,中国とネパールは交易路を7か所追加開通させることにも合意した。」

「交易路を中国に伸ばすことにより,ネパールはインドと取引するに必要なカードを持ったことになる。」

他方,中国からしても,ネパールの共産主義・毛沢東主義諸政党とは良好な関係にあるし,ネパール国内のチベット難民社会の監視にも関心があるので,ネパールとの関係強化は望ましい。さらに経済的な観点からも,ネパールは重要となってきた。

「北京は,ネパールの憲法制定を強力に支援してきた。ネパールが安定すれば,中国自身よりも大きな人口をもつ巨大な南アジア市場へとつながるヒマラヤ縦断鉄道を完成させることができるからだ。」

中国もネパールを必要としている。そのことにインドは十分注意すべきだ。「インドの強硬戦術は,カトマンズを北京に接近させるだけだ。今週,ネパールは中国からトラック数台分の石油を受け取った。少量だが,象徴的意味は大きい。」

こうしてネパールは「中国カード」を手に入れたが,インドも中国もネパールとは比較にならないくらい巨大な強国であり,ネパールとしては,その使用には十分注意していなければならない。

「これまでネパールには頼るべきものがほとんどなかったので,強力な隣国の要求にはたいてい屈服せざるをえなかった。しかし,今回,ネパールは,インドのライバルたる中国に接近することにより,インドの干渉に対抗しようとしてきた。これは,ネパールとしてはスマートな[賢い]動きではあるが,強力な二大隣国の間でそうした動きをすることには十分な注意が必要である。」

——————–

以上が,ウパダヤ編集長記事の概要である。たしかに,地政学的に,ネパールが新たな地平に立つことになったのは,事実であろう。では,その新たな状況の下で,ネパールは内政・外交をどう進めていけばよいのであろうか?

著者は,インドに対する「中国カード」の使用はスマートだといいつつも,使用には用心せよ,と警告している。では,どう用心するのか?

著者は,結びにおいて,ネパール政府は「自国の人民の要求,すなわち何世代にもわたり訴えられてきたマデシの人々の要求」に応えるべきだ,と述べている。

しかしながら,「マデシ自治州」を中心とするマデシの諸要求に応えられないからこそ,カトマンズ政府は力による新憲法施行を図り,対抗してマデシは「インド・カード」を持ち出し,そして,その「インド・カード」に今度は政府が対抗して「中国カード」持ち出したのではないのか? この状況で「中国カード」をどう使うのがスマートなのか?

「中国カード」が十分に使えなかった頃は,「インド・カード」が切り札となり,ネパール内紛は決着した。が,ジョーカーが2枚となったいま,「インド・カード」は最後の切り札ではなくなった。この新しい状況で,ネパール内紛はどのようにして決着させられるのか? これは難しい。タライ内乱とならなければよいが。

谷川昌幸(C)

 

Written by Tanigawa

2015/11/10 at 20:31

国連人権理事会で印批判,カマル・タパ副首相

カマル・タパ副首相兼外相が11月4日,ジュネーブ開催の国連人権理事会第23回会議(THE 23RD SESSION OF THE UPR WORKING GROUP,UNHRC)において,ネパール憲法の先進性を訴え,インドの経済封鎖を非難した。

 151106f■タパ副首相UNHRC演説(11月4日,ネ外務省FB)

タパ副首相は,高らかに,こう宣言した。「我が国の基本法[憲法]は,多民族,多言語,多文化,地理的多様性を踏まえたものであり,諸個人,諸集団,諸社会のあらゆる権利を守るものである。」(Kathmandu Post, 5 Nov)

したがって,マデシらの憲法非難は,まったくの的外れ。ネパール憲法は,人間の尊厳,アイデンティティ,万人の平等な機会を保障し,ジェンダーについても,積極的是正措置をとるなど,包摂的だ。ネパール憲法には,マデシらの言うような差別や不平等はない。

また,タパ外相によれば,ネパール憲法は内発的なものであり,問題が見つかっても自国内の努力で平和的に解決できる。

したがって,外国(「インド」とは明示せず)の介入は,「問題を紛糾させるだけ」。ところが,いまネパールは,外国による経済封鎖により「理不尽で深刻な人道危機」にある。「ネパールは,国際法が内陸国に認めている権利と自由の行使を著しく妨害されてきた。」「物流の遮断,通過の遮断は,いかなる口実をもってしても認められない。」(Ibid.,5-6 Nov)

さすが雄弁のカマル・タパ。愛国ナショナリストの本領発揮だ。

ところが,このタパ演説に対し,直接「インド」と名指しされてもいないのに,インド代表が異例の反対演説を行った。「大臣閣下の言及された妨害は,ネパール国内の反対派がネパール国内で行っているものだ。」しかも,ネパール治安部隊は行き過ぎた実力行使により,多くの死傷者さえ出している。

このようなインドの反論は,国際社会の多数意見をバックにしている。スウェーデン,スイス,ベルギーなど人権先進民主主義諸国や,「人権監視」,「アムネスティ」などの人権擁護諸団体は,ネパールにおけるマデシ,タルー,ジャナジャーティ,女性などの差別を糾弾し,治安当局の過剰な実力行使を非難してきた。インドはいま,その国際社会の多数派の側に立ち,「非公式経済封鎖」によるマデシ闘争「非公式支援」を正当化しようとしている。

が,本当に,これでよいのか? ナショナリズムは,どの国においても恐ろしい。いかに人権や民主主義の正義が名目とはいえ,行き過ぎた外圧はネパール国内に鬱屈した不満を蓄積させていき,いつかは爆発させることになりかねないだろう。

 151106e151106d■UNHRC(同HP)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/11/06 at 20:16

ネ大臣の印兵私服派遣発言,印が厳重抗議

オリ内閣のサトヤ・ナラヤン・マンデル大臣(無任所,UML)が11月2日,ビラトナガルにおいて,記者にこう語ったという。(記事により表現は若干異なる。)

「われわれは,インドの召使ではない。いまのところ,インドは軍隊の派遣はできない。が,軍服を着ていない軍隊は着ている軍隊よりも危険だ。」(Online Khabar, 2 Nov)

「インドは軍服の兵をネパールに送り込むことはできないが,私服の兵なら可能性はある。」(ibnlive.com, 3 Nov)

これは重大発言であり,直ちに,インド政府は発言非難声明を出した。

シュリ SN・マンダル発言に関するプレスリリース(在ネ印大使館,11月3日)[要旨]

ネパールのマンダル大臣が,2015年11月2日のビラトナガルでの記者会見においてインドに言及した。

その発言は,挑発的で,根拠のない悪意に満ちたものである。ネパールの大臣という責任ある立場の人物の発言であり,これにより混乱がさらに拡大し,印ネ関係が悪化しかねない。

印大使館は,この発言を強く非難し,長年の印ネ関係を害するような発言を控えるよう要請する。

インドは,ネパール国民の平和・安定・繁栄を願っている。インドは,これらの目的実現に向け努力しているネパールの政府と国民を一貫して支援してきたし,これからも支援していくであろう。

印ネ関係は,11月2日のネ警官によるインド国民射殺と,このマンダル大臣発言により,急激に悪化した。タライ・マデシュ紛争には,国境付近のインド側住民も多かれ少なかれ関与しているとみるのが自然だ。それだけに,もしオリ内閣が中国カードを利用し反印感情を不用意に刺激すれば,タライの人々をますますインド側に追いやることになってしまうであろう。

 151105b151105a

【参照】タライ・マデシュ紛争解決を求める米大使館声明(11月5日)
  151105c

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/11/05 at 19:31

カテゴリー: インド, 憲法, 民族

Tagged with , ,

対ネ封鎖非難声明,ネパール有識者12名

マテマ元駐日大使,KC・ガウタム元国連事務次長補,MK・デクジット「ヒマール」編集長など,ネパールの著名な有識者12名が連名で,インドによる非公式対ネ経済封鎖( de facto economic blockade)を非難する声明を,インド紙The Hindu(10月30日付)に発表した。

“Independent Citizens’call on international community to address humanitarian crisis in Nepal,” The Hindu, October 30, 2015

論旨はきわめて明快。インド政府が厳しく批判されているが,その一方,インド非難が厳しければ厳しいほど,国内抗争に明け暮れるネパールのみじめな現状が浮き彫りとなり,よくよく読むと,皮肉なことに,ネパール国民への自己批判の呼びかけとすら思われてくる。要旨は以下の通り。

声明要旨
インドの対ネ経済封鎖の解除への努力を,ネパールの諸政党と,インドを含む国際社会に向け訴えたい。

ネパールは,震災,タライ・マデシ紛争,経済封鎖により,経済的・人道的危機に陥っている。社会生活マヒ,病院の医薬品不足,学校休校など。

「われわれ12市民は,インドによる封鎖を非難する。国境通過困難はもっぱらネパール国内の紛争が原因,とする主張には納得できない。明白な反証がいくつもある。たとえば,通関の遅滞,石油独占供給の印石油(IOC)によるネパール・タンクローリーへの石油積み込み拒否,印国境警備隊(SSB)に対し石油積み込みを妨害するよう要請があったこと――印メディアがSSB幹部の話として報道――など。」

インドによる対ネ経済封鎖は,震災復興を妨げ,また冬に向かってネパールの人々をさらに苦しませることになるだろう。「地震被害は70億ドルほどだが,経済封鎖は,それをはるかに上回る損害をネパールに及ぼすとみられている。」

「世界の他のすべての憲法と同様,2015年ネパール憲法も完全なものではない。この声明を出したわれわれもまた,そう考え,憲法を改正し,それを多元的・民主的規範に完全に適合させるよう要求している。」主要諸政党もすでに改正案を提出している。州区画など,難しい問題があっても,ネパールは法の支配する「主権的国民国家」なのだから,それらの国内問題は,民主的な交渉により自らの手で平和的に解決されるべきだ。

「ネパールの社会諸集団は,強い連帯意識を持っており,外からの介入がなくても,より大きな利益のために自分たちの相互関係を調整することができる。」

「インドによる経済封鎖は,1991年印ネ通行通過条約の定めるインドの諸義務ばかりか,平和五原則,南アジア地域協力連合(SAARC)とベンガル湾多分野技術経済協力イニシアティブ(BIMSTEC)の下での地域協力の精神,内陸国に国際社会が認めている諸権利にも反している。」「インドのネパール封鎖は,いかなる理由をもってしても正当化はできない。」

「われわれは,対ネ経済封鎖を直ちに解除し善隣関係を回復することを要求する。国際社会には,ネパールの国家と国民が直面しているこの人道危機を終わらせるため,必要なあらゆる手段をとることを要請する。」

署名:Nilamber Acharya, Megh Ale, Kanak Mani Dixit, Kul Chandra Gautam, Chandni Joshi, Dr. Arjun Karki, Anuradha Koirala, Dr. Bhagwan Koirala, Kedar Bhakta Mathema, Sushil Pyakurel, Kapil Shrestha and Dinesh Tripathi

参照】(フェイスブックまたはツイッターより)
151031c151031a151031d

151031e151031f151031g

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/10/31 at 20:26

タライ再度緊迫化,巨象の尾を踏んだのか?

インド国境沿い,タライ地方の反政府・反憲法闘争が,2,3日前からふたたび激化してきた。

1・タライ反政府闘争激化
各紙報道によれば,ダサイン祭日期間中も,タライの反政府闘争やインドの「非公式経済封鎖」は続き,石油・ガス類を中心に物資が不足し,帰郷は困難を極め,寺院参拝は例年の数分の一以下だったそうだ。

それでもダサイン中は,反政府闘争はやや沈静化していた。オリ新政府も,カマル・タパ副首相兼外相をインドに派遣し,モディ首相らと直談判させるなど,状況打開に向け努力しているように見えた。(10月25日には,MJF-Dに国務大臣職1を追加配分。)

やれやれ,これでようやくタライ紛争も解決に向かうかと一安心していたが,この見方は早計,やはり甘かった。ダサイン明けが近づくと,タライ紛争は再び激化,各地で激しい衝突が起こり始めた。各紙報道によれば――

 [10月24日]ダヌサで統一民主マデシ戦線(UDMF)と警官隊が衝突。警察警備中のバスに反政府派が石や火炎ビンを投げ,バス運転手に暴行。警察威嚇射撃,ゴム弾発射。バス運転手重傷,負傷数十名。
 [10月25日]シラハでバンダ破りバス放火,2人逮捕。サプタリで群衆が患者輸送中の救急車を止め,燃料抜き取り後,放火。ビルガンジで,バンダ破りバイク数台に放火,また反政府派と警察が衝突し,4人負傷。
 [10月26日]ビルガンジ近くのインド国境,ミテリ橋に女性,子供を含む多数のマデシ反政府派が押しかけ封鎖し,「独立マデシ州」,オリ首相打倒を叫ぶ。サプタリで,NC議員宅に爆弾が仕掛けられているのを発見。

2.インド政府の暗黙の支援
これらの情報は錯綜しており,不正確なものや重複もあろうが,それでも全体として,タライの反憲法・反政府闘争が再び激化してきたことは明らかである。なぜか?

それは,おそらく,タライのマデシ,タルーらがUML・UCPN・RPP-N主導のオリ政権を本質的に反タライとみなし,これに強い不信感を抱き,またその彼らを地続きのインド政府が暗黙裡に支援しているからであろう。とくに今回は,後者,インドの支援が大きいと思われる。

しかし,それではなぜインド政府は,内政干渉,国際法違反といった非難を覚悟のうえで,これほどまでにタライ反政府勢力に肩入れするのであろうか?

3・北方代替交易路の開設
これはまだ推測にすぎないが,チラチラ見え隠れするのは,やはりオリ政権の中国カード利用のナショナリズム指向。1989年の対ネ経済封鎖はナショナリスト国王政府による中国からの武器輸入が引き金となったが,今回はそれがどうやら石油類を中心とする北方代替輸入ルート開設となりそうな気配がする。

中国が,チベット経由で,道路や鉄道をネパールに向け急整備してきたことは,これまでにも幾度か指摘してきたように,周知の事実。鉄道はまだ間に合わないが,今回は道路を使って石油類や他の重要物資を緊急輸入する交渉が,いま両国政府間で急速に進んでいる。

ネパール政府は,すでにダサイン以前に,様々なチャネルを通して中国政府に石油,ガス等の供給を要請していた。10月23日になると,通商供給大臣,駐中国ネパール大使,NK・シュレスタUCPN副議長らが駐ネ中国大使と会い,石油,ガス,医薬品等の中国からの輸入を要請した。民間ベースと政府間ベースで,タトパニ経由と吉隆経由で輸入する。すでに政府間契約原案はできており,あとは価格と輸送方法の詰めが残るのみだという。

10月25日ネパール石油公社発表によると,中国政府は11月25日までに1千トンの石油類を吉隆‐ラスワガディ経由でネパール政府に供与する。(ちなみにネパールの石油類消費は1日1万トンだという。)ネパール側のタンクローリーがラスワガディ国境で中国側タンクローリーから石油類を受け取り,カトマンズまでピストン運送する予定。また,別のメディア報道によれば,この10月28日から,ネパール石油公社がタンクローリー25台以上で,毎日,ラスワガディからカトマンズまで石油類を運ぶことになったそうだ。これは,極めて具体的で,真否はすぐ判明する。

この北方代替輸入の件でも情報が錯綜しており,日程や数字など合わないところがあるかもしれないが,ただ,ネパールと中国が石油,ガス,医薬品などの生活必需品の中国からの,あるいは中国経由での大量輸入に基本合意し,近くそれが実行に移されることはほぼ間違いないであろう。

4.巨象の尾を踏む?
しかし,これは長年にわたってネパールへの物資供給をほぼ独占してきたインドにとっては,由々しき事態である。北方の本格的な代替交易路の開設により,インドのネパールに対する独占的・宗主国的地位が根底から崩れていく。そのインドの泣き所,インドという恐ろしい巨象の尾を,ついにいま,オリ政権は踏みつけてしまったのではないだろうか?

以上は,初めにお断りしたように,まだ現状からの単なる推論にすぎない。しかし,いまのネパール情勢は,そうとでも考えないと,あまりにも不可解であることもまた紛れもない事実である。

▼ネパールの民族分布
 151027■S.H. Shrestha, Nepal in Maps, 2005, p.99

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/10/27 at 11:19

憲法改正案に反対,マデシ闘争継続

コイララ内閣は10月7日,タライの反憲法闘争に対処するため,改憲案を議会に提出したが,「連邦社会主義者フォーラム(FSFN)」のウペンドラ・ヤダブ議長は,この改正案に猛反発,タライでの闘争継続を宣言した。

反対理由:
 (1)タライ諸党派と協議もせず,内閣が一方的に提出した。
 (2)マデシとの過去の諸協定(「8項目協定」「22項目協定」など)の取り決めに沿う内容ではない。

また,インド介入については,ヤダブ議長は,これを明確に否定。マデシはインドに支援されているなどというのは,何の根拠もない誹謗中傷であり,そのようなことを続けていると,印ネ友好関係が根底から破壊されてしまう,と警告した。

 151009

[関連記事]
改憲案提出,20日頃成立見込み
対ネ非公式封鎖の公式解除,印政府
新憲法支持低迷,はや改憲か?
石もて追われるバブラム・バタライ
憲法修正要求,インド政府
2015年憲法制定へのインドの介入
新憲法成立,20日公布

[参照]
*1 “Amendment proposals unacceptable: Yadav,” REPUBLICA,Oct 8

Written by Tanigawa

2015/10/09 at 15:28