ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘トリブバン大学

ゴビンダ医師のハンスト闘争(36)

9.合意成立後の動き
「9項目合意」が成立しKC医師がハンストを終了した後,政府は合意文書を教育省に回す一方,与党共産党議員にも合意について説明した。そして,政府提出の「医学教育法案」は,議会において,「9項目合意」に沿って修正するとした。(*92)

しかし,いくら合意し文書に署名しても,その合意が実行されず反故にされることは,少なくない。合意反故は,ネパール政治文化の宿痾といってもよい。「医学教育法案」の場合も,利害が大きく絡むだけに,合意直後から,その約束を反故にさせようとする動きが出始めた。

たとえば,「医学問題調査委員会(MEPC)報告」(2月4日提出)が勧告した有責職員43人に対する解雇等の厳罰処分については,さっそくトリブバン大学事務局が7月28日,反対声明を出した。それによると,MEPC報告は「適正手続き」で作成されておらず,「偏向」しており無効であって,それによる職員処分はできないという(*93)。これに対し,7月31日付リパブリカは,「トリブバン大学汚職職員を処罰せよ」と題する社説を掲げ,こう批判した。

「KP・オリ首相はトリブバン大学総長なのだから,これら有責とされた人々の処罰回避を許すべきではない。医大認可のための彼らの共謀は,さらに追及されなければならない。オリ首相には,彼自身の政府がKC医師との合意に署名したのだから,彼らに対し措置をとらせる義務がある。」(*94)

こうしたなか,オリ政府は7月31日,「9項目合意」に従い22か所を修正した「医学教育法案修正案」を議会に提出した(*95,96)。その限りで,オリ首相はKC医師との約束を守ったとはいえる。しかしながら,この修正案が実際に可決成立するかどうか,成立させる意思が本当にあるのかどうかは,この時点では,まだいずれともいえない。署名しようが,誰が立ち会おうが,約束の反故はネパール政治の常套手段なのだから・・・・。

▼リパブリカ社説(2018年7月31日,*94)

*92 “Oli govt bows to Dr KC’s demands,” Republica, July 27, 2018
*93 Bishnu Prasad Aryal, “TU dismisses MEPC report, rejects action,” Republica, July 30, 2018
*94 “Editorial: Punish tainted TU officials,” Republica, July 31, 2018
*95 “Bill amendments filed in line with Dr KC’s concerns,” Kathmandu Post, Aug 1, 2018
*96 “Bill amendments filed in line with Dr KC’s concerns,” Kathmandu Post, Aug 1, 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/05/12 at 08:54

ゴビンダ医師,ハンスト終了

ゴビンダ・KC医師が12月4日,10回目のハンストを22日目で終えた。要求の一部が実現し,他の多くについては政府が実現への努力を約束したからである。

(1)実現された要求
 ・TU医学部長の交代(KP・シン教授辞任,JP・アグラワル教授就任)
(2)政府の約束
 ・医学部授業料の上限設定
  MBBS(医科学士):350万ルピー(カトマンズ盆地内),420万ルピー(盆地外)
  BDS(歯科学士):190万ルピー
 ・各州に国立医科カレッジ設立
 ・TU医学部の自治権尊重
 ・「国家医科教育法」成立まで,医科カレッジのTU連携を認可しない。
 ・公立医科カレッジ学生の半数に奨学金支給。将来的に全学生支給を目指す。
 ・マンモハン医科カレッジの国有化
 ・カルキCIAA委員長の弾劾

以上のように,ゴビンダ医師のハンストは,政府約束にとどまるものが多いとはいえ,相当の成果を上げて,終了した。ネパールにおいて,ハンストは,いまなお重要にして有効な政治闘争の手段なのである。

しかしながら,これは民主主義にとっては誇るべきことではない。生命を懸けたハンスト(fast-unto-death)に訴えざるを得ないのは,民主主義が有効に機能していないからに他ならない。ハンストは民主主義失敗の指標といっても言い過ぎではあるまい。

 161206

*1 “Dr KC ends fast-unto-death on 22nd day,” Republica, December 5, 2016

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/12/06 at 17:35

TU医学部長交代,ゴビンダ医師要求通り

トリブバン大学(TU)が12月3日,ゴビンダ・KC医師のハンスト要求を呑み,医学部長を交代させた。医学部長は,医科カレッジのTU連携認可やカレッジ学生定員の決定など,医療制度や医科教育に関する強大な権限を有する。ゴビンダ医師は,その重要人事を,ハンスト(10回目)により変更させたのだ。

1.第10回ハンスト対政府要求
(1)TU医学部長の年功任命。T・カニヤ副学長(事実上の学長)の解任。
(2)医学部授業料の上限設定
 MBBS(医科学士):350万ルピー(カトマンズ盆地内),385万ルピー(盆地外)
 BDS(歯科学士):200万ルピー
 [注]私立医科カレッジMBBSは4~5百万ルピー。マテマ報告は350万ルピーを勧告。
(3)TU医学部の自治権拡大。
(4)「医学教育法」成立まで,医科カレッジの新規認可禁止。
(5)マテマ委員会勧告および他の合意事項の実行。
(6)カルキCIAA委員長の弾劾,およびRN・パタックCIAA委員の取り調べ。
(7)JR・ギリ委員会が告発した医学部職員の処分。(告発の詳細不明)
(8)「学部長選考委員会」に関するこれまでの合意の実行
(9)各州に1校以上,医科カレッジを開設。

2.医学部長の交代
トリブバン大学は11月13日,KP・シン教授を医学部長に任命した。これに対し,ゴビンダ医師は,この人事は年功原理に反するとして,シン教授を解任しJP・アグラワル教授を学部長に任命するよう要求した。(ただし年功の点で,2教授の差は微妙。)

そうしたなか,12月2日,KP・シン教授が,就任わずが20日にして学部長を辞任した。そして,翌12月3日,JP・アグラワル教授が医学部長に任命された。ゴビンダ医師の要求の一つが実現されたのである。

しかし,12月3日現在,ゴビンダ医師は,カニヤ副学長の辞任など,他の要求が満たされていないとして,なおもハンスト闘争を継続している。

 161205b161205a

*1 “TU appoints Dr. KP Singh IoM dean amid controversy,” Republica, November 14, 2016
*2 “Dr KP Singh steps down as IoM dean,” Kathmandu Post, Dec 3, 2016
*3 “Dr Agrawal appointed IoM dean,” Kathmandu Post, Dec 3, 2016
*4 “KC adamant on Khaniya’s ouster as bid to convince continues,” Himalayan, December 03, 2016

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/12/05 at 19:29

カテゴリー: 教育

Tagged with ,

中国,TUに地理研究センター設立

中国科学院(CAS)が,トリブバン大学(TU)と協力し,TU内に「中国・ネパール地理共同研究センター」を設立した。ヒマラヤの南北地域の研究が目的。

ここで注目すべきは,研究センター設立に関する記事のニュアンスが,中国側とネパール側ではかなり異なること。ネパール側記事は中国側原記事の要約ということだろうが,その要約の仕方が微妙だ。下記CAS記事の赤字の部分のニュアンスが,おそらく意識的にカットされている。なかなか興味深い。

▼Chinese Academy of Sciences(2014/05/06)
It[Sino-Nepal Joint Research Center for Geography] aims to train more talents specializing in mountain geography, promote research ability of related fields in Nepal, and make contributions to promoting China’s scientific and technological influence power and science and technology exchange and cooperation between China and Nepal.

Dr. DENG Wei, director of IMHE[Institute of Mountain Hazards and Environment, CAS], felicitated the founding of the Geography Center, and considered it as an important platform for promoting the education quality of Nepal and talents cultivation.

▼Nepalnews.com(2014/05/14)
The center, jointly built by IMHE and TU, will carry out geographical research of mountain hazards, mountain ecology and environment monitoring of the southern and northern slopes of the Himalayas. The collaboration aims to promote science and technology exchange between China and Nepal.

Dr. Deng Wei, director of IMHE, hailed the founding of the geography center as an important platform for enhancing the quality of scientific education in Nepal.

140520

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/05/20 at 10:56

カテゴリー: 教育, 中国

Tagged with , ,