ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘ネパール航空

中国製航空機の運航不安

ネパールでは空路が発達しており安くて便利だが,事故も多い。6月22日にも,政府職員を乗せカトマンズからゴルカに向かっていたヘリ(9N-AKF)が鳥と衝突しサンド村付近に不時着,横転し炎上した。死者なし。

そうしたなか,不安を感じざるを得ないのが,ネパール航空(NAC)の中国製MA60(新舟60)とY12e(運12e)。性能とコストに難があり,いま大問題となっている。

そもそもこのMA60とY12eは,別にMA60を1機,Y12eを3機購入する見返りに,おまけとしてタダで中国からもらった飛行機。が,やはりタダほど高いものはない。

報道によると,両機とも米欧の形式認定がないので保険料が割り増しとなっている。2機で33万ルピー/日というから,結構なお値段だ。さらに交換部品が高いうえに,必要なときに入手できない。また乗員訓練費も高いそうだ。

安全に直結するのは,両機の性能だが,どうやら能書き通りではないらしい。離発着能力不足のため,乗客定員56のMA60はトリブバン空港では空席2,バドラプルなど地方空港では空席22とせざるをえない。乗客定員19のY12eの方は,空席3のうえに,山間地空港では離発着できないそうだ。

NACは,中国プレゼント飛行機をもてあまし,2機とも返却し,他の4機の発注をキャンセルすることも検討中という。

新聞報道だけではどこまで事実かわからないが,NACがフライトに問題を抱えていることは,たしかなようだ。利用者としては,こんな状態で安全が確保されているのかどうか,不安を禁じえないであろう。

140429140711
 ■新舟60(新華社4月28日)/尖閣接近のY12(防衛省=共同2012-12-22)

[関連記事]
飛行機プレゼント,中国政府
飛べない「新舟60」
新舟60フライトと中国債枠倍増
中国製「運12e」,ネパール航空へ引き渡し
新舟60,レーダー故障

[参照]
(*1)KRITI BHUJU, “HIGH-LEVEL PANEL TO ADDRESS PROBLEMS WITH CHINESE AIRCRAFT,” Republica,11 Jun 2015.
(*2)SANGAM PRASAIN,”Chinese aircraft burden for NAC, says minister,” Ekantipur,2015/06/17
(*3)”Simrik Air chopper catches fire after bird hit Chopper destroyed after emergency landing,” Ekantipur,JUN 22

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/06/23 at 16:03

カテゴリー: 経済, 旅行, 中国

Tagged with ,

新舟60,レーダー故障

中国プレゼントの新舟60(MA60)が7月15日,レーダー故障で飛べなくなった。方角が分からなくなり,管制との交信も不能となったというから,恐ろしい(ekantipur,16 Jul)。

6月30日のビラトナガルでの鳥衝突事故では,プロペラが破損し交換せざるをえなかったそうだから,これも当初の報道から想像する以上に危険な状況だったわけだ。

新舟60は,新型機というわけではない。その割には故障が多い。ネパールの技術者は優秀なので,ネパール流に工夫し,いずれ自家薬籠中のものとするだろうが,それまでは少々心配である。

140718ミャンマーMA60事故(2013年,planecrashes.org)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/07/18 at 15:58

カテゴリー: 旅行, 中国

Tagged with , , , ,

中国製「運12e」,ネパール航空へ引き渡し

ハルビン飛機工業公司製「運12e(Y12e)」が7月8日,ハルビンでネパール航空(NAC)に引き渡された。ネパールへは25日,飛来予定。

このY12eは,さきの「新舟60(MA60)」と同様,中国政府からのプレゼント。そのかわり,NACはY12eを3機,MA60を1機,低利融資で購入することになっている。

Y12型機は,途上国にかなり売れている。航空機製造の分野でも,中国は,軍民両用の小型機を先兵に,世界市場に進出していくのではないだろうか。

【参照】
中国戦闘機の勢い、ドバイ航空ショーで露を圧倒
中国航空工業集団公司の展示は大きな注目を集めた。最新の単座式全天候型多用途戦闘機「梟竜(FC-1)」、ジェット練習機「雄鷹(K-8カラルコム)」、高級練習機「L-15狩鷹(ファルコン)」、練習機「山鷹(FTC-2000)」、ターボプロップ・リージョナル機「新舟60」、汎用輸送機「運-12F」、民用ヘリ「AC312」の他、海外の航空ショーで初披露された無人ヘリコプター「U8E」などのモデル機が展示された。・・・・多くの見学者が訪れ、謎のベールに包まれていた中国の航空機メーカーに高い関心が寄せられた。(中国網日本語版2013年11月20日)

Y12型機使用国
Military operators: Cambodia, People’s Republic of China, Eritrea, Guyana, Iran, Kenya, Mauritania, Myanmar, Namibia, Pakistan, Paraguay, Peru, Sri Lanka, Tanzania, Uganda, Zambia
Governmental operators: People’s Republic of China, Seychelles
Civil operators: Bangladesh, People’s Republic of China, Colombia, Democratic Republic of the Congo, Republic of the Congo, Indonesia, Kiribati, Laos, Malaysia, Mongolia, Nepal, Philippines, Tonga, Uganda, Vanuatu(WIKI, 2014-07-11)

尖閣接近のY12
  140711(防衛省[共同2012/12/22])

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/07/11 at 16:56

カテゴリー: 経済, 軍事, 中国

Tagged with , , ,

新舟60,鳥と衝突

運行開始したばかりのネパール航空「新舟(MA)60」が鳥と衝突した。6月30日朝,ビラトナガル着陸直前に右エンジンに吸い込まれたらしい。機体は小破したが,ほぼ満席の乗客は全員無事だった。

鳥との衝突は珍しくないし,また機種名が「現代の箱舟(Modern Ark)」だから鳥が救いを求めて飛来したというわけでもあるまい。が,いずれにせよ危険な事故にはちがいなく,何より間が悪い。ネパール航空も中国の航空関係者もヒヤッとしたであろう。大事故にならなくて,よかった。

140630 ■新舟60(NAC-FB)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/06/30 at 20:29

カテゴリー: 経済, 旅行, 中国

Tagged with , ,

新舟60フライトと中国債枠倍増

1.新舟60フライト開始
ネパール航空(NAC)が,中国政府供与「新舟60(Modern Ark 60)」のフライトを開始した(ネパール各紙)。
  フライト:カトマンズ ⇔ ビラトナガル,バドラプル,バイラワ,ダンガディ
  料金:他社の約半額 (カトマンズ-ビラトナガル:3505ルピー)
  パイロット:当初は機長中国人,副機長ネパール人。

いつものドタバタだが,報道通りだとすると,意外に早く営業フライトには入れた。さすが,ネパール。
 [参照]飛行機プレゼント,中国政府飛べない「新舟60」飛行機,パソコンから日用品まで中国製

140627e■MA60(西安飛行機HP)

140627a■ネパール航空

2.中国債枠倍増
一方,ネパール政府と中国政府は,人民元建て中国債の年間購入枠を現行の12億元から2倍の24億元(372億ルピー)に拡大することに合意した。ネパール政府が中国債の購入を始めたのは,昨年から(Himalayan, 25 Jan)。

ネパール政府の外国債購入は,インド国債が1070億ルピー,米国債が143億ルピー。中国国債は新規枠いっぱい購入すれば,インド国債にはまだ及ばないが,米国債より多くなる。中国国債は配当が4%ほどで有利だというのが表向きの理由だが,実際には,おそらくそれだけではあるまい。そのへんの事情はよく分からない。

140627d ■ネパール中央銀行

3.トンガと中国とネパール
ネパールは,上記のように,急速に中国経済圏に引き入れられつつあるが,ここで参考になるのが「トンガ新舟事件」。産経ニュース記事によれば,概要は以下の通り(「札つき『危ない中国製航空機』に追い詰められる『トンガ王国』」2013.8.19 )。

トンガでは,ニュージーランドの航空会社が国内便を運行していたが,2013年,中国の「新舟60」無償供与をきっかけに,中国系新会社「リアルトンガ」が設立され,「新州60」や「運12(Y12)」による国内便運行を始めた。ネパール航空同様,当初はパイロットも技術者も中国支援。リアルトンガHPでは,いまも中国製2機種のパイロットと技術者が募集されている。

140627b140627c■リアルトンガのMA60(同社HP)

このトンガの動きに怒ったのが,ニュージーランド。産経記事によれば,ニュージーランド政府は,トンガでの新舟60利用は危険だと警告し,観光開発援助820万ドルの供与を停止してしまった。

ニュージーランド政府の対トンガ強攻策は,表向きは新舟60の危険性だが,その背景にはトンガへの中国の津波のような急進出があるという。いまではトンガの対外債務の6割以上が中国。インフラの多くも中国援助。人口10万人のトンガに,中国人が数千人住んでいるという(「中国系トンガ人」も含めて数千人か?)。

当然,トンガ有力者と中国側との癒着が進み,様々な腐敗もはびこってくる。産経記事によれば――

「今年[2013年]5月にはオーストラリアのABCラジオが、王族系企業に中国の不透明な金が流れているとの民主化団体の告発を伝えた。また英BBCは7月、雨が降ればあふれて道路脇の家に流れ込む側溝や、冷房や維持費がかかる大仰な建物などを現地の気候や事情に配慮しない援助を報じている。・・・・
 トンガからの報道によると、リアルトンガは8月に入ってから新舟60の運行を開始した。操縦にはトンガ人とともに中国人もあたっているという。国際機関からの認証を得たとしているが、ニュージーランドが警告を発するなかでの運行開始。小さな王国に贈られた「危ない飛行機」はいまや、政治的にも危険な飛行機になってきた。」(同上)

人口超大国中国が,経済的にもアメリカをしのぐ超大国に生長し,世界各地に「進出」するのは必然だとすれば,産経記事の指摘するような問題は他でも大なり小なり起こっていると見てよいであろう。

ネパールは,国境を接するだけに,中国の経済進出への対応はいっそう難しい課題となるであろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/06/27 at 13:53

カテゴリー: 経済, 中国

Tagged with , ,