ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘パキスタン

震災救援の複雑な利害関係(12):支援食品「牛肉マサラ」

パキスタンのネパール救援物資の中に「牛肉マサラ」があったとして,大問題になっている。

ネパールの食習慣の難しさは,私自身,骨身にしみて思い知らされたばかりだ。この2月,インドの影響の強いタライのある町の大衆食堂で昼食をとったときのこと,たまたま朝食の残りのゆで玉子を持っていたので不用意にそれを食べたら,その食堂がベジタリアン(菜食主義)であったため,ひどく叱責された。表示は見当たらなかったし,外人でもあるが,だからといって許されはしない。それくらい,食習慣はネパールでは重要なのだ。(参照:平和のハトと,ハトを食うヒト

ちなみに,ネパールにおける牛殺しは,1990年以前は全財産没収のうえ死刑,1990年改正法でも12年の禁固刑。牛殺しは,なお大罪である。

150531b■パキスタンの救援物資(NDMA)

1.インド人派遣医師の告発
パキスタンが「牛肉マサラ」を救援物資として送ったことを告発し,激しく攻撃しているのは,ネパール人というよりは,むしろインドのヒンドゥー保守派とメディアであり,そしてなぜかイギリス・メディアも尻馬に乗り,それを煽り立てている。

発端は,どうやらMail Today(India Today)の4月29日付記事「われわれはパキスタン救援物資には触れていない」[g]と30日付記事「パキスタン,ネパール地震被災者に牛肉を送る」[a]のようだ。記事概要は以下の通り。

4月28日,ビール病院に救援派遣されていたインド人医師何人かが,救援物資を受け取りにトリブバン空港に行った。
B. Singh医師
「われわれは,空港でパキスタンからの救援食品を受け取るつもりだったが,携行食パックをみると,その中に『牛肉マサラ』の小袋が入っているのがわかった。・・・・われわれは,パキスタンからの救援物資には手を触れなかった。」[a]
  *携行食(MRE: Meals Ready to Eat),調理済み即席食品
  *牛肉マサラ(Beef Masala):マサラ牛肉カレーのようなものか?

匿名インド人医師
「地元の人々のほとんどは,食品の中身には気づかなかった。もし知っていたら,食べなかったはずだ。・・・・パキスタンはネパールの宗教感情を,牛肉マサラを送ることにより傷つけてしまった。ショッキングだ。ことの重大さを,パキスタンは考えなかった。」[a]

150531c■パキスタンの救援物資(NDMA)

2.NDMAとPANA
救援物資を送ったのは「パキスタン国家防災管理庁(NDMA: National Disaster Management Authority)」。NDMAは4月28日,パキスタンの陸軍・空軍および外務省と協力し,C-130輸送機でテント,毛布,医薬品,食糧,そしてこの携行食パックをカトマンズに送った。[a]

携行食パックを製造したのは,PANA Force Foods。軍隊用携行食や災害用非常食を主に製造販売している。[a] PANAのHPをみると,携行食や非常食の写真付き宣伝が出ている。様々な商品があり,たとえばチキン・マサラ,マトン・マサラ,牛肉ハリーム,牛肉ニハリなど。「牛肉マサラ」そのものの宣伝はなかったが,この商品一覧からして,あって当然,何ら不思議ではない。[a]

Mail Todayは,救援食品パックの写真を掲載し,ラベルに「非売品」,「ポテト・ブジア」そして「牛肉マサラ」と表示してあったと書いている。状況からして,「牛肉マサラ」があったのは,おそらく事実であろう。

150531e■PANAの食品宣伝

3.パキスタン政府の釈明
パキスタン政府は,当初,「牛肉マサラ」を送ったことを否定した。
T. Aslam(パキスタン外務省報道官)
「このことは承知していない。・・・・食品輸送は私の責任ではない。救援物資は国家防災管理庁が送ったものだ。」[c]

しかし,この説明を,パキスタン政府はすぐ訂正する。
T. Aslam(パキスタン外務省報道官)
「携行食セット内のそれぞれの袋に,英語とウルドゥ語で食品名が記載されており,誰でも食べるか否かを選択することができる。どちらの言語もネパールでは理解される言語だ。ネパール当局が,この携行食を必要と考え,輸送機に優先的に最大限積み込み送ることを要請したのだ。」[d]

パキスタン大使館
「パキスタンは,苦難の中にあるネパールのヒンドゥー教徒友人たちが何を大切にしているかを,よく承知している。パキスタンの私たちは,ネパールの兄弟姉妹に寄り添い,すべての宗教を尊重しており,したがってネパール人の信仰や価値観を侮辱することなど思いもよらないことだ。・・・・一つの大きな食品袋に,様々な食品を入れた22の小袋が入れてあり,これで朝・昼・夕の3食をまかなうことができる。使用されている肉は,牛肉ではなく,水牛肉である。しかも,肉を食べたくなければ,それの入った小袋を取りのけ,食べないこともできる。」[f]

以上のように,パキスタン側の説明は二転三転し,不手際が目につくが,事実はおそらく「水牛の肉のマサラ」携行食を送ったということであろう。あるいは,不注意で「牛の肉のマサラ」を送ってしまったのかもしれない。

もし前者であれば,全く問題はない。たとえ後者であっても,牛肉料理は以前から高級ホテルやレストランなどで提供されているそうだから,今回の件をことさら厳しく糾弾することはできないはずだ。

カトマンズポストによれば,ネパール政府も,パキスタン大使館の上記説明を了承したという[f]。

150531a■パキスタン国家防災管理庁

4.インドからの非難攻撃
ところが,インドのヒンドゥー保守派や商業主義メディア,あるいはスキャンダル好きの英メディアは,事実関係をよく確かめもせず,ネパールに「牛肉マサラ」を送ったとしてパキスタンを攻撃し続けてきた。

Independent UK
「パキスタンは,ヒンドゥー教信仰の厚い国民に牛肉入りの食品を送るという,たいへんな文化的過ちを犯した。」[b]

O. Hosable(RSS幹部)=Independent UK
「これはきわめて無神経な行動で,糾弾されるべきだ。」[b]

K. Adhikari(ネパール保健大臣)=Mail Today, India
「パキスタン政府には,ネパールの文化や宗教を無視しないでいただきたい。そのような食品を送る前に,ネパールの宗教や文化のことを考えてみるべきだ。」[g]

Kavita(カトマンズ市民)=Mail Today, India
「たとえ気づかなかったとしても,牛肉マサラを食べてしまったら,パシュパティ寺院には行けない。ネパールでは牛を礼拝しているのだ。」[g]

Ashok(カトマンズ市民)=Mail Today, India
「パキスタンは,謝るべきだ。ネパールでは牛は食べない。いまは非常時,それを利用することは許されない。」[g]

インドにも,もし「牛肉マサラ」が送られていたとしても,それは単なる手違いにすぎないであろうとか,このたいへんな震災非常時をパキスタン攻撃に利用すべきではない,といった冷静な意見もあるにはあるが,圧倒的に声が大きいのは,やはりパキスタン非難攻撃の側。あげくは,こんなトンデモナイ,とばっちり非難攻撃さえ出始めている。
Sakshi Maharaj(BJP議員)
「ラフル・ガンディが,牛肉を食べ,身を清めることなく,神聖な寺院(Kedarnath)に参拝した。だから地震が起きたのだ。」[h]
 
珍説ではあるが,The Times of Indiaが報道し(原記事未確認),それが各紙に転載され,拡散している。ラフル・ガンディーはインド会議派の副総裁であり,当然,会議派はカンカンになって怒っているが,この種の感情的煽動は冷静な説得ではなかなか止められない。それだけに,かえって恐ろしい。

パキスタン「牛肉マサラ」問題も,非常時暴動など,下手をすると大事件の引き金になりかねない。理性ではなく感情の問題だから,制御が困難。

5.ネパール官民の冷静な対応
パキスタン「牛肉マサラ」問題について,ネパールの官民は,驚くほど冷静に行動してきた。スキャンダル好きのネパール・メディアも,インドや英国のメディアのように騒ぎ立てていないし,政府も慎重に対応している。

カトマンズポスト「牛肉食品告発,パキスタンは否定」[f]は冷静な記事だし,そこで伝えられているネパール政府の対応も政治的に妥当なものだ。

ネパールの人々は,どの種の宗教原理主義とも距離をとってきた。敬虔な宗教的社会でありながら,他者の宗教には比較的寛容であった。また政治的には,ネパールには中国や欧米といったカウンターバランスがあり,ヒンドゥー原理主義への抵抗が,インドよりもむしろやりやすいのであろう。

しかし,震災復興は前途多難,あれやこれやの過激主義の感情的煽動がいつ人心につけ込むかわからない。そのようなことがないことを,切に願っている。

[参照資料]
[a] Astha Saxena,”Pakistan serves beef to Nepal earthquake survivors,” Mail Today,New Delhi,29 [updated 30] Apr 2015.
[b] Kashmira Gander,”Nepal earthquake: Pakistan sends beef masala to feed survivors in the Hindu-majority nation,” Independent.UK,30 Apr 2015.
[c] “No beef content in food dispatched by Pakistan to Nepal,” http://tribune.com.pk/story/878414/earthquake-relief-did-pakistan-serve-beef-to-hindu-majority-nepal/
[d] Astha Saxena, “Nepal earthquake: Pakistan ducks after beef relief blunder,” Mail Today,New Delhi, 30 Apr 2015.
[e] Jim Hoft,”OUTRAGE IN NEPAL After Pakistan Sends Packaged Cow Meat as Disaster Relief,” 30 Apr 2015.http://www.thegatewaypundit.com/2015/04/outrage-in-nepal-after-pakistan-sends-packaged-cow-meat-as-disaster-relief/
[f] “Pakistan denies beef food allegations,” kathmandu Post(Ekantipur),2015-05-01.
[g] Astha Saxena,”‘We did not touch the Pakistani aid’: Quake-struck Nepal launches inquiry as Pakistan sends ‘beef masala’ to country where cow slaughter is banned,” Mail Online India(Mail Today, Daily Mail UK),29 April 2015. http://www.dailymail.co.uk/indiahome/indianews/article-3061416/We-did-not-touch-Pakistani-aid-Quake-struck-Nepal-launches-inquiry-Pakistan-sends-beef-masala-country-cow-slaughter-banned.html
[h] “Rahul’s ‘impure’ visit to Kedarnath caused Nepal earthquake, says Sakshi Maharaj,” 28 Apr 2015.http://www.firstpost.com/politics/rahuls-impure-visit-to-kedarnath-caused-nepal-earthquake-says-sakshi-maharaj-2215456.html

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/06/02 at 11:39

震災救援の複雑な利害関係(7):中国とパキスタン

中国は,自国被災地チベットに大救援隊を送る一方,ネパールにもいち早く中国史上最大の外国救援隊を派遣した。インドや米国の動きをにらみながらであることは,各紙コメントにあるとおりである。概要は以下の通り。(重複や漏れがあるかもしれない。)

▼中国救援隊(Xinhua, 7 May)
 ・人民解放軍・武装警察隊:1,088人 救助犬:6匹
 ・空軍:IL-76 8機,MI-17ヘリ 3機
 ・医療救援隊展開:カトマンズ,シンドパルチョーク,ゴルカ,ダディン
 ・負傷者治療:2387人

中国救援隊は,地震発生の翌日にはカトマンズに入った。ネパール側の評価も高い。たとえば,ラナ国軍統幕長は,こう述べ感謝してる。「中国救援隊は,道路が切断された遠隔地にも行ってくれた。われわれが必要としていたすべてのものを供給してくれた。」(Ibid)

150512■各国の救援機(OCHA, 4 May)

中国と関係の深いパキスタンも,いち早く支援に駆け付けた。ネパールにおけるパキスタンの動きは,特にインドに警戒されている。
 ・パキスタン軍:医療チーム50人,救援隊38人
 ・空軍:C-130 4機
 ・仮設住居30万人分(全必要数の4分の1)
 ・救援金:150万ドル (Telegraph Nepal, 5 May; Dawn, 4 May)

150506k■パキスタンの救援機(Dawn, 4 May)

谷川昌幸(C)

 

Written by Tanigawa

2015/05/18 at 20:26

絞首刑を煽るインド民主主義:A.ロイ(3)

3.国会議事堂襲撃事件の構図
インド国会議事堂襲撃事件は,「米国同時多発テロ(2001.9.11)」後の対テロ戦争の異様な高揚の只中で発生した。この事件は日本でも報道され,朝日新聞(12月14~30日)によれば,2001年12月13日午前11時45分頃,武装集団5人(又は6人)が議事堂に車で乗りつけ,警備員らに小銃を乱射,手榴弾を投げ,一人が自爆した。銃撃は約40分間続き,その数時間後,持ち込まれた爆弾が爆発したという。襲撃犯5人は射殺された。(1人が自爆なら射殺は4人,また6人侵入なら1人は逃亡ということになるが。)

翌日の14日,シン外相は,襲撃はラシュカレ・トイバ(カシミール反政府組織)によるものだと語り,16日にはニューデリー警察が記者会見し,射殺された5人はパキスタン人であり,逮捕したデリー大学講師ら4人の取り調べの結果,ISI(パキスタン国防省統合情報局)の関与が疑われると発表した。19日には,バジパイ首相が国会において,「襲撃犯5人はいずれもパキスタン人であり,同国の過激派組織の関与は明白」とのべ,外交的手段以外の「他の選択肢もあり得る」と宣言した。

20日付朝日記事は,「インド国会議事堂を13日白昼襲撃した犯人5人は,パキスタン領カシミールを活動拠点とするイスラム過激組織『ラシュカレ・トイバ』と『ジャイシェ・モハメド』のメンバー」と断定しているが,これもインドの当局やマスコミ報道によるものだろう。

こうして印パ関係は一気に険悪化し,インドは駐パキスタン大使を召還する一方,カシミールや他の印パ国境付近に軍隊を移動させた。カシミールでは両軍が衝突し,19日以降,双方に数名の死者と多数の負傷者が出た。インドはミサイルも配備,一触即発,核戦争さえ勃発しかねない緊迫した状況になった。この危機に対し,アフガンでの対テロ作戦の障害になることを怖れたアメリカが調停に入り,またパキスタンも比較的抑制的な態度をとったこともあり,本格的な軍事衝突となることは免れた。しかし,危機一髪であったことはまちがいない。

この事件の構図は,警察・政府・マスコミによれば,単純明快である。しかし,これほどの重大事件であるにもかかわらず,いやまさに重大事件であるからこそ,その明白とみられている構図そのものの信憑性を,もう一度,最初から検証してみる必要がある。たしかに,警察・政府・マスコミ発表の構図を信じるなら,すべてがきれいに説明できる。いや,できすぎるくらいだ。ところが,具体的な事実を細かく検証していくと,合理的に説明できないことがいくつも見つかり,全体の構図そのものが怪しくなる。

こうしたことは,重大な政治的事件の場合には,決して少なくない。有名なのは,「ケネディ暗殺事件(1963年)」。公式発表ではオズワルドの犯行とされているが,これを疑う人は少なくない。マフィア説,産軍複合体説,CIA説など,いくつか有力な説があり,たとえば「JFK(2001年制作)」も,映画にはちがいないが,相当の説得力がある。あるいは,ネパールの「王族殺害事件(2001年)」も,政府発表では事件3日後に死亡したディペンドラ皇太子の犯行とされているが,あまりにも不自然であり,不可解な点が多く,この発表をそのまま信じる人は多くはない。秘密機関陰謀説,王室内あるいは軍のクーデター説など,いまも繰り返し蒸し返されている。

インド国会議事堂襲撃事件も,きわめて政治的な事件であり,警察や政府発表をそのまま信じることは,危険である。イスラム過激派集団のテロという,世論を動員しやすい構図に合わせ,アフザルら4人が逮捕され,「自白」が引き出されたのかもしれないからである。ロイが問題にするのは,まさにこの点である。それは,もしこの事件が何らかの政治的意図によるフレームアップであったとすれば,背後にいるであろう闇の権力にとっては,到底,放置できない危険な議論ということになりかねない。

130227a

130227b
  ■インド国会議事堂(2010.3.9)

谷川昌幸(C)

パキスタンの対印工作地としてのネパール

ネパールがパキスタンの対印工作基地となっているという非難は,ことあるごとにインド側から繰り返されてきた。地政学的に見れば,誰でもすぐ思いつくことであり,おそらくそうした事実は多かれ少なかれあるのであろう。ダサイン休暇のニュース切れのせいか,そんな記事が目についた。
“Pak Infiltration through Nepal Border Increases,” LINK, 27 Oct.,2012

信憑性は定かではないが,記事によれば,パキスタンは印ネ西部国境を利用し,パキスタン人をインドに移入(潜入)させている。なかには,テロリストも含まれる。

■ネパール経由インド移入パキスタン人
  ・2007-2010年: 男127人,家族5
  ・2011年:    男61人,女15人 
  ・2012年(1-10月):男107人,女43人

パキスタン人のインド移入を支援しているのは,パキスタン秘密機関。インド移入者を増やし,内部からインド工作を強化するのが狙いとのこと。

記事によれば,ネパールにはパキスタン軍統合情報局(ISI:Inter-Services Intelligence)やラシュカレトイバ(LeT:Lashkar-e Toiba)のアジト(隠れ家)があり,テロリストや移入者をしばらく匿い,生活に慣れたところで,旅行者としてインドに送り出しているという。

先述のように,こうした情報は秘密機関が関わるものであり,確証はないが,常識的に見て,ありそうな話だ。その限りでは,情報ものの床屋政談の域を出ないが,しかし,ネパールの場合,面白がっているだけでは済まされない。

2001年6月の王族殺害事件には何らかの情報機関が絡んでいたと思われるし,2005年11月の「12項目合意」や2006年春の「人民運動」にも某国情報機関が深く関与していたといわれている。

ネパールには,その地政学的重要さの故に,スパイものであってもフィクションともノンフィクションとも言い切れない,特有の複雑さ,難しさがあるのである。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/10/29 at 11:03

カテゴリー: インド, 外交

Tagged with , , , , , ,

UNMIN撤退はインド外交の勝利

Hindustan Times(15 Jan)によれば,UNMIN撤退はインド国連外交の「大勝利」だという。

「インドはUNMIN延長阻止を国連安保理メンバーに働きかけてきた。国連安保理は昨年9月以降の進展の欠如を理由にUNMIN終結を票決した。」

「危うい状況だ。ネパールの政治家が自分たちで問題を解決すべきだ。」

インドが国連のネパール介入を嫌っていたことは周知の事実だが,安保理でのこのような動きは初耳だ。インドの外交力はたいしたものだ

それともう一つ,興味深いのは,Pakistan Defence(17 Jan)がこの記事を丸ごと転載し,しかも上記引用部分に強調を付していることだ。軍事情報関係メディアらしいが,パキスタンは対インドの観点から,インドのネパール政策に神経をとがらせている。

いやはや,南アジアは難しいところだ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/01/17 at 23:06

カテゴリー: インド, ネパール, 外交

Tagged with , , ,

ロイ: カシミールの不都合な真実

ネパールでは,インド知識人はまったく人気がない。わが崇拝する偉大なガンジーでさえ,その名を出すと,いやな顔をされる。そりゃ糞味噌だよ,ガンジーは偉いだろう,といくらいっても相手にされない。困ったものだ。

ところが,最近,ガンジーの次の次くらいに尊敬するわがロイさんについては,注目するネパール人が出はじめた。ネパール・メディアにも彼女の記事がちょくちょく掲載されている。

このSultan M. Hali「アルンダティ・ロイ:カシミールの不都合な真実」(People’s Review, Oct.10)もその一つだ。筆者のハリ氏は,パキスタンのコラムニストらしいが,それ以上のことは今は分からない。

この記事によれば,アルンダティ・ロイは,「カシミールはインド固有の領土ではない」と発言した。これにインド,とくにBJPが激怒し,ロイを国家反逆罪で告訴しようとしている。(注:結局,告訴しないことになった。あるいは,あまりにも偉すぎて,告訴できなかった。)

ロイによると,インドは独立後すぐ,「植民地主義権力」になってしまった。カシミールはその証拠だ。だから,カシミールのAzadi(自由,解放)は当然だという。そして,このロイの発言を国家反逆罪で処罰しようとするインドは,哀れな,情けない国家である。

「哀れな国家――思いを率直に語ろうとする著作家たちを黙らせなければならないとは。哀れな国家――村人殺害者,大量虐殺者,悪徳企業,不正利得者,強姦犯,貧者の中の貧者を食い物にする者,そういった連中にはふんだんに自由を与えながら,正義を求める人々を投獄しなければならないとは。」

ハリ氏によると,カシミール谷では,支配者はヒンドゥーでも住民の98%はムスリムだという。もしそうだとすると,現在の世界規準では,カシミール谷の帰属はその住民が決めるべきであり,「カシミールのAzadi」を語ったロイは決して的外れのことをいったわけではない。

しかし,ことは領土にかかわること,尖閣や「北方領土」,あるいはチベットをみても,その難しさ,それに触ることの危険性はすぐ分かる。

インドでも,「カシミールのAzadi」などというと,反逆罪,国賊なのだろう。それなのに,ロイは,カシミールに住む人々の側に立ち,カシミールのことはそこに住む人々が決めるべきだと,ズバッといってしまったのだ。これはたいへん。

ただ,ここでネパールとの関係で注目すべきは,そのようなロイ発言をパキスタン・コラムニストのハリ氏が紹介し,さらにそれをネパールの「人民評論」が掲載している,という点だ。「人民評論」は王党派であり,そこがパキスタン・コラムニストのロイ記事を掲載する。これは奇妙だ。

ネ印パの三角関係とネパール国内の権力関係,そこにわれらがロイも引き込まれていくのだろうか? 南アジアには,日本では想像もできないほど複雑怪奇な権力闘争が渦巻き闘われているようだ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2010/11/07 at 22:30