ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘パンとサーカス

京都の米軍基地(79): 「パンとサーカス」と軍事支配

京丹後にとって,8月24日の穴文珠祭は,米軍による「パンとサーカス(食事と娯楽)」饗応が軍事支配と表裏一体であることを,事実をもって示してくれた最初のまたとない機会となった。

穴文珠祭では,米軍がホットドッグとポップコーン(食事)を振る舞い,米軍軍楽隊演奏(娯楽)で地元民を楽しませた。まさしく「パンとサーカス」。ここに市長,区長等々の地元有力者,名士らが参加していたことはいうまでもない。

150827g150827h
 ■軍楽隊演奏/屋台(経ヶ岬米軍FB,8月27日)

その一方,おそらくほぼ同時期に,隣の米軍基地では,Xバンドレーダーの能力強化作業が着々と進められていた。作業に当たったのは,米軍通信担当軍人,レイセオン社とロッキード・マーチン社の社員,そして「現地社員(日本の下請軍需産業社員?)」である(米陸軍HP,8月25日)。見方によれば,穴文珠祭での「パンとサーカス」による住民饗応は軍事基地強化のカモフラージュといってもよいかもしれない。さすが,「パンとサーカス」の先進国だ。

米軍Xバンドレーダーは,どのようなものか? はっきりそうとは明示されていないが,米陸軍HP(8月25日)によれば,経ヶ岬レーダードーム内のレーダー本体は,下図のものらしい。レーダー能力強化担当者らしき人々がレーダードームの横に立っている写真の前の写真に,このレーダーが写っているのだから,たぶん間違いないだろう。

150827i150827j
 ■整備担当らしき人々とレーダードーム/ドーム内レーダー(米陸軍HP,8月25日)

これは,8月25日以前であれば,「軍事秘密」であり,たぶん「特定秘密」だ。が,宗主国が流したのだから,そのあとで従属国臣民が転載しても,よもや重罪に問われることはあるまい。

こと,さほどに従属国臣民は卑屈にして屈辱的な立場にある。「パンとサーカス」饗応に浮かれていては,気付きもしないだろうが。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/08/27 at 19:23

京都の米軍基地(78): パンとサーカス

「パンとサーカス」あるいは「酒食と見世物」は,古来,支配権力が住民を懐柔し服従させるため使用する常套手段である。

これは,古代ローマについてと同様,現代日本の京丹後についても,そのまま妥当する。現在,京丹後最強の権力は,事実上,進駐米軍。したがって,その米軍が,彼らの古き良き伝統に忠実に従い,原住民たる京丹後市民に対し,「パンとサーカス」の提供を始めたのは,至極当然の成り行きといえよう。

米軍とその奉公人たる防衛省の提供する「パンとサーカス」は,目白押し。以下,その一部を紹介する。

盆踊り参加
14th Missile Defense Battery participated “BON dance” at the Kyotango City hall, Mineyama, on Aug.14 and 15 and enjoyed Japanese traditional culture with the local community.
第14ミサイル防衛中隊は8/14,15に京丹後市役所で開催された盆踊り大会に参加し、地域の方と日本の伝統的文化を楽しみました。(経ヶ岬米軍FB,8月17日;赤強調引用者)
150822d
 ■微妙な表現の綾はむろん意図的。そこが「パンとサーカス」の巧妙さ。子供の顔は引用者消去(米軍は原住民肖像権無視)。

日米交流事業
150822e
 ■日米交流屋台+米軍軍楽隊演奏+花火+盆踊り。主催:近畿中部防衛局/会場:穴文珠。(経ヶ岬米軍FB,8月17日;京丹後市日米友好協会FB,8月18日)

在日米軍軍楽隊演奏会(1)
150822f
 ■主催:米陸軍経ヶ岬通信所/連絡先:近畿中部防衛局。(経ヶ岬米軍FB,8月13日;京丹後市日米友好協会FB,8月18日;京丹後市観光協会FB,8月18日)

在日米軍軍楽隊演奏会(2)
150822g
 ■主催:米陸軍経ヶ岬通信所/連絡先:近畿中部防衛局。(経ヶ岬米軍FB,8月13日;京丹後市日米友好協会FB,8月19日,)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/08/22 at 17:39