ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘ヒトラー

大野裕之『チャップリンとヒトラー』

20世紀の「天才」2人,チャップリンとヒトラーを表紙に見ただけで,この本を買わずにはいられなかった。そして持ち帰り,読み始めると,たちまち引き込まれ,最後まで読み終えてしまった。綿密な実証に裏付けられたノンフィクションないし学術書なのに,フィクションのように,いやそれ以上に面白い。

本書において著者は,「四日違いで生まれて,同時期に同じ髭を生やし,第二次大戦開戦の直後に『独裁者』撮影開始,パリ入城の翌日にラストの演説撮影,という両者の人生における交差」を,単なる「偶然」としてでも「必然」としてでもなく,稀有な「必然的偶然」として丹念に描いている(230頁)。この「必然」と「偶然」の実証的描写――そこに本書の劇的な「面白さ」の秘訣があるように思われる。

チャップリンは1931年に,こんなことを語っている。まるで21世紀の「美しい国」に向けてのように。
愛国心というのは,かつて世界に存在した最大の狂気だよ。私はこの何カ月かヨーロッパの各国をまわってきたが,どこでも愛国心がもてはやされていた。これがどういう結果になるかというと,また新たな戦争だ。願わくば,この次は老人を前線に送ってもらいたいね。今日のヨ一口ッパでは,真の犯罪者は老人なんだから。(37頁)

160220
 一八八九年四月- 二〇世紀の世界で,もっとも愛された男ともっとも憎まれた男が,わずか四日違いで誕生した。
 やがて、二人の才能と思想は,歴史の流れの中で,巨大なうねりとなって激突する。
 知られざる資料を駆使し,映画『独裁者』をめぐるメディア戦争の実相をスリリングに描く!
(表紙カバーより)

*大野裕之『チャップリンとヒトラー』岩波書店,2015年

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/02/20 at 11:16

制憲議会選挙2013(24):卍とハーケンクロイツ

ネパールの選挙を初めて見学し驚くことばかりだが,一目見て,一瞬,ギョッとし,凍りついたのは,選管の選挙啓発ポスターやカンチプルの選挙報道に使用されている「ハーケンクロイツ(鈎十字)」そっくりのデザイン。

131204a 131204b
 ■選挙啓発ポスター(アムリトキャンパス壁貼付)

131204c 131204d
 ■Kathmandu Post: Nov.24 / Nov.20

選管の選挙啓発ポスターは,街中いたるところに貼られている。いやでも目に入る。これには驚いたが,もっとびっくりしたのが,カンチプル(カトマンズポスト)の選挙報道宣伝。右側の緑の方が多かったが,左の赤の投票箱もかなり目についた。これは,形はナチス・ドイツの「ハーケンクロイツ」と全く同じ,配色も少し違うだけ。日本人の私ですらギョッとするくらいだから,西洋人,とくにドイツやその周辺の国々の人が見たら,本当に凍りつき,しばらくは動けなくなってしまうだろう。

131204e ■ドイツ第三帝国・国旗

むろん,卍(まんじ)は,逆向きの「右まんじ」も含め,ヒンドゥー教や仏教では,吉祥印である。西洋でも幸運を意味し,ヒトラー以前は,あちこちで使用されていた。

ネパール選管は,投票用紙に投票者が押す印を選ぶとき,おそらく,ネパールでなじみの吉祥印である卍(まんじ)が最適と考え,選択したのだろう。制憲議会選挙は国内選挙であり,それはそれでよい。

が,このグローバル情報化時代,ネパールの選挙も世界中で報道されている。西洋を中心に,多くの人々にとって,「ハーケンクロイツ」は言うまでもなく,卍にせよ逆卍にせよ,多かれ少なかれ忌避されていることも事実だ。詳細は確かめていないが,西洋では独仏など少なからぬ国で,それらの使用は法律で禁止さえされているそうだ。「ハーケンクロイツ」の使用は,犯罪というわけだ。

ここで疑問となるのは,西洋から派遣されている多くの選挙専門家や選挙監視団が,卍はさておき,「ハーケンクロイツ(鈎十字)」そっくりのデザインの使用に,どのような態度をとったか,ということ。反対しても賛成してもやっかいなことになるので,見なかったことにしてきたのだろうか?

ここに「文化」を政治の場で扱うことの難しさ,危険性が如実に表れている。ネパール文化――ネパール人アイデンティティ――においては,「ハーケンクロイツ」型デザインは,その使用に何ら問題がないどころか,逆に,吉祥印として積極的に使用すべきものとされる。だからこそ,投票を呼びかけるため,選挙啓発ポスターや投票箱に「ハーケンクロイツ」型デザインをつけたのだ。ところが,これをドイツやその近隣諸国でやれば,ネオナチか何かへの投票扇動と見られ,囂々たる非難を浴び,場合によっては逮捕されるかもしれない。

ことさように,文化はやっかいで危険だ。政党や政治家は,手っ取り早く支持を集めるのにいくら便利であっても,安易に文化やアイデンティティを政治の場に持ち込むべきではあるまい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/12/04 at 20:11

朝日と佐野氏の優生思想:「ハシシタ 奴の本性」の危険性

朝日新聞出版は10月18日、『週刊朝日』10月26日号から開始した佐野眞一・週刊朝日取材班著「ハシシタ 奴の本性」の連載を中止する、と発表した。「同和地区を特定するような表現など、不適切な記述が複数ありました」(朝日新聞10月19日)ということが中止理由。


  ■『週刊朝日』表紙

1.品性下劣な文章
この記事「ハシシタ 奴の本性」は、ノンフィクション作家の手になるとは到底信じられないほど、品性下劣な文章だ。文章の専門家だから、わざと意識的に下品で乱暴な表現を使ったのだろうが、なぜか文章としては全くこなれていない。ましてや、これはフィクションではなく、取材に基づくドキュメンタリーだ。いくら橋下たたきの大向こう受けをねらったとしても、あまりにも度が過ぎ、幼稚だ。

佐野氏は、これは取材班2名の筆だと抗弁されるかもしれないが、2名はあくまでも取材協力者であり、記事の主たる筆者・責任者は佐野氏である。本文も、佐野氏が自ら書いているという前提で書かれている。

私はこの連載で橋下の政治手法を検証するつもりはない。」(21頁、強調追加)
「この連載で私が解明したいと思っているのは、橋下という人間そのものである。」(22頁、強調追加)
私はそんなことを考えながら、・・・・長時間インタビューした。」(22頁、強調追加)
私は死んだ之峯の縁戚が淡々と語る話を聞きながら、これはまごうことなく中上健次の世界だな、と思った。」(23頁、強調追加)

このように、記事はあくまでも「私」である佐野氏が執筆しているのであり、第一の文責はいうまでもなく佐野氏にある。(編集責任はむろん週刊朝日編集長。)

しかし、もしそうであるなら、佐野氏のような実績のある作家が、どうしてこのような品性下劣な文章を書かれたのか、そこのところが全く理解できない。「ハシシタ 奴の本性」というタイトルからして、ヒネリも品もない。まるでネット放言レベルだ。

2.ナチス流優生学
佐野氏の文章は下品なだけでなく、危険でもある。それは、あえていうならば、ナチス流優生学により政治家を断罪しようとするものだからである。

たしかに、朝日新聞出版が謝罪したように、記事には同和地区を特定するような部分もあったが、それはむしろ派生的な問題である。核心はそこにではなく、橋下氏自身が鋭く指摘しているように、「先祖や縁戚、DNAをあげて過去を暴き出していく」佐野氏の手法,その「血脈主義につながる危険な思想」(朝日新聞10月19日)にこそある。通俗的な言葉でいえば、「親の因果が子に祟る(親の因果が子に報い)」といった,いまどき希有なアナクロ人間観だ。橋下氏の政治家としての評価がどうであれ、彼の反論は100パーセント正しい。

佐野氏はこう述べている。

「この連載で私が解明したいと思っているのは、橋下徹という人間そのものである。・・・・敵対者を絶対に認めないこの男の非寛容な人格であり、そのやっかいな性格の根にある橋下の本性である。/そのためには、橋下徹の両親や、橋下家のルーツについて、できるだけ詳しく調べ上げなければならない。」(22頁、強調追加)

ここで使われている「本性」とは、「nature」ないし「human nature」のことである。「nature」は「自然」であり、したがって人為的ではない天与の「不変の本質」という意味である。

つまり、「人間の本性(human nature)」とは、本人の努力では如何ともしがたい、持って生まれたその人の「宿命」ということ。これは、大学教養課程で習う文明史・思想史の初歩であり、当然、佐野氏もよくご存じのはずである。佐野氏は、そのことがわかった上で、橋下氏の「本性(nature)」を解明すると宣言されたわけだ。

ここで、もう一度確認するなら、人間の「本性」は、「自然によって(by nature)」授けられた、「生まれながらの(by nature)」その人の本質である。もしそうだとするなら、佐野氏がいうように、橋下氏の「本性」は、そのルーツに、つまり血脈ないし血統にあるということになる。

こうした観点から,記事は、ご丁寧にも、詳細な「橋下家家系図」を掲載している。また、タイトル・キャプションは「佐野眞一氏と本誌は、彼の血脈をたどる取材を始めた」(18頁、強調追加)であり、『週刊朝日』表紙には「橋下徹のDNAをさかのぼり本性をあぶり出す」(強調追加)と大書されている。

こんな露骨な血統主義、人種主義は、最近、目にしたことがない。表紙見出しは佐野氏自身のものではないかもしれないが、「DNAをさかのぼり本性をあぶり出す」とは、非常識の極み、狂気の沙汰だ。DNAは要するに遺伝子。その「DNA」や「血脈」で、政治家の思想や信条が決定される! これは、ナチス流優生学といっても、決して過言ではあるまい。

佐野氏は、「橋下の手口は“ハシズム”と呼ばれるように、たしかにヒトラーに似ている」(21頁)と述べているが、表層ではなく、もっと根源的なところでヒットラー(ナチス)と似ているのは、むしろ佐野氏の方ではないだろうか。

3.朝日のDNA
朝日新聞社は、この佐野氏の連載記事について、朝日新聞出版は別会社であり編集権も別だから、朝日新聞社には直接的責任はない、という立場を取っている。

これは形式論理に過ぎず、世間の常識では認められないが、それにもまして深刻なのは、週刊朝日記事流にいうならば、優生思想は朝日全体をあまねく貫流する「DNA」である、ということだ。

このことについては、すでに幾度も批判し、少なくとも西部本社は、私の批判の正当性を認め、紙面に掲載してくれた(下記拙稿参照)。
 ▼血液型性格判断,朝日はB型 2011/08/14
 ▼天声人語の血液型性格論 2008/12/18
 ▼血液型優生学を粉砕せよ 2008/10/16
 ▼朝日の血液型優生学 2008/06/29
 ▼カースト差別より危険な血液型差別 2006/10/08
 ▼「血液型の記載,記事には不要」 朝日新聞西部本社版、2006.10.8

しかし、それにもかかわらず、朝日は、またしてもこのような事件を起こしてしまった。10月16日付朝刊には、この図のような過激な宣伝が掲載されている。そこには、なんと「橋下徹本人も知らない本性をあぶり出すため、血脈をたどった!」(強調追加)と大書されている。


  ■朝日新聞(10/16)掲載広告

本人も知らない本性をあぶり出すために血脈をたどる――それがいかに非人間的、反人権的な許されざることであるかは、自明のことだ。それなのに、平気で本紙に広告を掲載する。それこそ、朝日は、朝日自身も気づかないDNAによって,密かに操られているからに他ならない。

このように、朝日新聞は、優生思想のDNAを持っているため、優生思想については極めて鈍感だ。佐野氏の記事掲載は、連載中止ではすまされないほど重大であり、朝日新聞社は責任を取り『週刊朝日』を廃刊にすべきである。

それと同時に、朝日新聞自身も、自らのうちに、佐野氏記事の掲載に走るような、優生思想ないし人種主義あるいはDNAを持つことを、よくよく自覚すべきである。

もっとも、朝日新聞が「本人も知らない本性」を持っているとすれば、それは朝日新聞の努力をもってしては如何ともしがたい「宿命」と観念せざるをえないのではあろうが。

谷川昌幸(C)