ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘ビザ

在ネ外国人への警告:ネパール入管局&英国政府

1.ネパール入管局の警告表示
ネパール内務省入国管理局が,一時滞在ビザ入国外国人に対し,強い調子の警告を出している。

警告は,入管局ホームページを開くと,ポップアップで最前面に開く。いつからこの警告が出始めたのか定かではないが,ネット上で話題になりだしたのが英国人画家トラバース氏逮捕・勾留事件(5月15・16日)後のことだから,おそらくそのころからであろう。警告の要点は,次の通り。

外国人への警告(内務省入管局)
下記の規定を遵守すること
1.観光ビザ,学生ビザ,報道ビザ,親族ビザ,配偶者ビザおよび居住(residential)ビザで一時滞在の外国人が,ネパール国内で報酬付きの活動をすることは禁止されている。
2.これらの禁止行為を行った外国人は,最長10年間の再入国禁止を付け,またはそれを付けることなく,国外退去処分とする。当該外国人のビザは無効とし,5万ルピー以下の罰金に処する。
注意:一時滞在ビザの外国人には,ビザ取得目的以外の活動は許されていない。

この警告表示は,前述のように,カナダ人ペンナー氏のツイッター政府批判発言事件(5月2・3日)と英国人画家トラバース氏の反政府闘争参加事件(5月15・16日)を受けたものであろう。もしそうなら,ここでビザ取得目的外活動として特に警戒されているのは,政治的発言や政治的活動への関与ということになる。

入管局のケダル・ネウパネ局長も5月20日,こう明言している。「これまで重罪の外国人しか国外退去処分とはしなかったが,これからはネパール内政に関与した外国人をも国外退去または/および罰金に処するであろう」(Nepali Times, 20 May)。

160523■入管HPトップページ

2.英国政府の訪ネ注意勧告
画家トラバース氏が逮捕・勾留(5月15・16日)された英国は,5月19日,ネパール旅行注意を勧告した。

「ネパールでは新憲法に反対する抗議やデモやストライキが国中で頻繁に行われている。・・・・抗議行動は突然始まったり暴力化することがある。反対派と警察との衝突はどこで起こるかわからない。反対運動には近づかないこと。もしネパールで政治活動に巻き込まれたら,国外退去および/または罰金を含む処罰を受ける可能性がある。」(英政府HP)

このように,英国政府の対応はすばやいが,そこは政治大国,とりあえす注意しておいた,といったアリバイつくりであろう。前の駐ネ英国大使も,改宗の自由を認めよと平然と公言し,さっさと帰国してしまった。独立自尊の英国人が,大使館の注意勧告くらいでネパールでの行動を自己規制するとは思えない。

しかし,それはそれ。もしネパール政府が外国人の国内での政治的行為の取り締まりを報道通り強化するなら,ペンナー事件のように,在ネ外国人にはツイッター発言ですら自由にはできなくなる。これは,大変なことだ。オリ政府は,どこまでやるつもりであろうか?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/05/23 at 11:28

ネパールのパスポート,評価最悪

ネパールのパスポートは,「第三の性」公認など,人権面では世界最高,最新だが,入国ビザ免除を基準にすると,最悪だという。CNN記事によると,2016年度評価は以下の通り。
 *”World’s best and worst passports revealed,” CNN,March 1,2016
 *”The Henley & Partners Visa Restrictions Index 2015,” (2016年版閲覧制限有)

▼世界最悪パスポート
順位) 国名 — ビザ免除国数(国・地域総数219)
94) Liberia — 43
95) Burundi, North Korea, Myanmar — 42
96) Bangladesh, Democratic Republic of Congo, Lebanon, Sri Lanka — 39
97) Kosovo, South Sudan, Yemen — 38
98) Eritrea, Ethiopia, Iran, Nepal, Palestinian Territory, Sudan — 37
99) Libya — 36
100) Syria — 32
101) Somalia — 31
102) Iraq — 30
103) Pakistan — 29
104) Afghanistan – 25

▼世界最善パスポート
1) Germany — 177
2) Sweden — 176
3) Finland, France, Italy, Spain, UK — 175
4) Belgium, Denmark, Netherlands, U.S. — 174
5) Austria, Japan, Singapore — 173

160307

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/03/07 at 11:18

カテゴリー: ネパール, 旅行

Tagged with ,

出入国管理事務の民間委託

出入国管理事務の民間委託をめぐり,もめている。提案は,内務省(バンデム・ゴータム副首相兼内務相[UML])。内務省によれば,現行出入国管理事務は不効率であり,ICAO(国際民間航空機関)の要請しているe-VISAの発行にも対応しきれないので,ビザ申請関係書類のとりまとめ作業を民間委託する。委託期間は当面15年間。ビザ発行そのものを民間委託するわけではない。こうした作業は英国も,VFS Globalに委託している。

こうした内務省提案に対し,議会では,治安などを理由に反対が噴出し,ゴータム内相やパンディ外相を3月29日に「国際関係・労働関係委員会」に呼び,説明を求めることになった。

ネパールのビザ手続,特に延長手続は,たしかに不合理で面倒だ。ネパールの人々のパスポート取得手続のことはよくしらないが,一般の人々にとっては,これもおそらく面倒なのだろう。だから,出入国管理事務が民間委託により合理化されるのなら,その方がよいのでは,と思わないでもない。治安上も,信頼できる専門機関なら,その方がかえって安全かもしれない。

しかし,ここでややこしいのが,この問題も,ご多分に漏れず,政争がらみということ。新聞記事によれば,民間委託反対の急先鋒は,UMLのMK・ネパール幹部らしい。UML党内抗争が,内政にそのまま持ち込まれている。ネパール政治の難しさは,こんなところにもあるといってよいだろう。

150326

*KOSH RAJ KOIRALA, “GOVT PLAN TO OUTSOURCE IMMIGRATION SERVICES DRAWS FLAK,” Republica,25 Mar 2015
*”Visa scam rages in House Panel summons DPM Gautam,FM Pandey over ‘secret’govt deal with private firm,” Kathmandu Post,MAR 26, 2015

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/03/26 at 18:13

カテゴリー: 政党, 旅行

Tagged with ,