ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘ブータン

ブータン難民受入れ,米国が85%

「幸福の国」ブータンで迫害され,ネパールに逃れてきたブータン難民を受け入れてきたのは,次の諸国:

第三国定住ブータン難民:108,513人(2017年2月9日以前)
 アメリカ: 92,323* 
 カナダ: 6,773
 オーストラリア: 6,204 
 ニュージーランド: 1,075
 デンマーク: 875
 ノルウェー: 570
 イギリス: 358
 オランダ: 329
  *「入国禁止令」執行停止以降の2017年2月10~14日,96人受け入れ。

米国が,圧倒的多数(全体の85%)のブータン難民を受け入れている。また,デンマーク,ノルウェー,オランダも,小さな国でありながら,相当数を受け入れている。日本で難民問題を議論する場合,こうした基本的事実は十分踏まえておくべきであろう。

ネパールにはブータン難民がまだ1万1千人ほど残っているし,またUNHCRに把握されていないブータン難民も数千人がネパールとインドに居住しているという。

170218
 ■広大なベルダンギ難民キャンプ(Google)

*1 KESHAV P. KOIRALA, “Where in US, elsewhere Bhutanese refugees from Nepal resettled to,” Himalayan Times, 06 Feb, 2017
*2 KESHAV P. KOIRALA, “Scores of Bhutanese refugees fly to US from Nepal,” Himalayan Times, 15 Feb, 2017

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/02/18 at 00:55

カテゴリー: 人権

Tagged with , ,

トランプ「入国禁止令」とネパールのブータン難民

トランプ大統領による難民等入国禁止令(1月27日)は,連邦地裁が執行停止命令を出し(ニューヨーク地裁1月28日,ワシントン地裁2月3日),連邦控訴裁でもその執行停止命令は認められた(2月9日)が,世界各地の難民たちの不安は募るばかりだ。ネパールでも,国内難民キャンプ収容のネパール系ブータン難民たちが,渡米手続きを停止されている。

AFP(Himalayan, 7 Feb)記事によれば,ブータンでは1990年代に入ると,ネパール系住民がネパール語使用を禁止され,ブータン民族衣装着用を強制されるなど,迫害を受け始めた。そのため,彼らはネパールへのがれ,各地の難民キャンプに収容され,定住受入国を探すことになった。

これまで,彼らブータン難民を受け入れてきたのは,米国,ヨーロッパ諸国,オーストラリア,カナダなど。特に米国は最大の受け入れ国であり,2007年以降,9万人以上が渡米した。それでも,ネパールの難民キャンプには,現在もなお,1万人以上のブータン難民が残っているという。

そこに,トランプ大統領の難民受け入れ停止命令に基づく通達が届けられた。「2月3日以降,次の指示があるまで,渡米手続きは中止する。」これにより,あるマガール女性難民は,20年間待ち続け,やっと数日後出発することになっていたのに,突然,中止を告げられた。また,別のタマン女性難民は,在米家族のもとに向け出発する,その前日に,渡米保留の通知を受けた。彼女ら難民の落胆と不安は,想像を絶するものに違いない。

難民問題は難しい。2月11日の朝日新聞によれば,昨年の日本への難民申請1万901人に対し,認定はわずか28人(在留許可97人)。そのうちネパール人は,申請1451人,認定人数は記事では不明。難民受け入れは,日本人自身の問題でもある。

170211■根本かおる著,河出書房新社,2012

*1 “US-bound Bhutanese refugees left in limbo in Nepal,” AFP=Himalayan Times, February 07, 2017
*2 「UNHCRによるブータン難民の第三国定住が10万人超えを記録」国連UNHCR協会
*3 ダルマ・アディカリ「帰国求めるネパール系難民 ブータンの「民族浄化」 桃源郷のもうひとつの顔」『日刊ベリタ』2006年07月09日
*4 「2015年ネパール ブータン難民キャンプ報告」毎日新聞大阪社会事業団

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/02/11 at 12:22

カテゴリー: 民族, 人権

Tagged with , ,

モディ首相,訪ネの本音ツイート

140805a

モディ印首相が,2日間の公式訪ネ(8月3-4日)を終え,帰国した。行事山盛りで,報道も多く,成果のほどは,精査しないと分からないが,少なくとも訪ネの本音は,あんがいストレートに,彼自身のツイッター(8月3日付)に現れている。

140805bNarendra Modi @narendramodi
Our nations are so close yet such a visit took 17 years. This will change & we will strengthen India-Nepal ties

140805bNarendra Modi @narendramodi
Harnessing Nepal’s potential in hydropower, tourism & herbal medicines will hasten Nepal’s development journey & benefit Nepal’s youth.

140805bNarendra Modi @narendramodi
A formula for Nepal’s development- HIT; Highways, Information ways & Transways. India is ready to support Nepal in all of these sectors.

つまり,(1)ネパール重視しますよ!,(2)水資源,道路,情報網等の開発をインドに任せてね!,ということ。

中国への対抗意識みえみえ。(1)初の公式訪問がブータン,次がネパール。たしかにネパール重視だが,早期訪ネを迫られていたというのが本音であろう。(2)資源争奪戦,開発競争については,具体的成果は乏しいようだが,この点については,後日検討する。

谷川昌幸(C)

 

Written by Tanigawa

2014/08/05 at 09:49

奇妙なブータン選挙

谷川昌幸(C)

ブータンで5月28日,模擬総選挙が行われた。朝日新聞(6/15)が大きく報道している。妙な選挙,妙な報道だ。

1.敬愛される国王
朝日記事によると,ブータン国王は前国王(1972-2006),現国王(2006-)とも近代化,民主化を自ら主導してきた。

前国王は,首相1年交代制,国民議会(国民代表+政府代表+僧侶)の国王解任権,成文憲法案作成(2005,制定予定2008),「国民総幸福(GNH)」の提唱,森林保全・伝統文化重視の経済成長等を実現または推進し,現国王もこれを継承されている。国民に敬愛される開明的啓蒙君主といえる。

2.ブータン憲法案
2005年作成のブータン憲法案(2008年制定・施行予定)は,次のような構成になっている。

(1)立憲君主制。国王は65歳停年。国会決議と国民投票により,国王は解任できる。
(2)議会
  国民評議会(上院)=定数25。国王指名5,選挙20
  国民議会(下院)=定数47。小選挙区制

(3)森林保全。国土の60%を森林とする。

3.選挙制度
前国王を継承した現国王は,2008年に憲法を制定し,初の総選挙を実施する予定だ。選挙方法は――

 (1)第1回投票=政党投票により上位2政党選出
 (2)第2回投票=上位2政党の小選挙区候補に投票
 (3)選挙権=18歳以上,約40万人

4.模擬総選挙
この選挙制度の第2回投票を想定した模擬総選挙が先述の通り5月28日実施された。

【仮想模擬政党】
 黄色党=伝統文化継承(黄色は国王の色)
 赤色党=産業育成重視

この2党に対し,電子投票で投票し,国営テレビが中継,開票速報を流した。結果は,黄色党が46議席をとり,圧勝。

5.政党禁止の解除
来年の選挙に向け,禁止されていた政党が許可され,7月から登録が始まる。4党が設立準備中という。

6.成文憲法崇拝
さて,以上のように見てくると,こりゃぁ変だ,と誰もが思うだろう。誰が,こんなバカなことをやらせているのか? ブータン版鹿鳴館!

ブータンは一つのまとまった政治社会であり,不文憲法は当然もっている。一般に,成文憲法は,共同体が崩壊し,人間不信から紛争が多発し,どうにもならなくなったとき,やむなくつくられる人間不信文書。そんな成文憲法をありがたがるのは,文字フェチだ。

言葉の本質は話し言葉にある。話し言葉は話す人すべてが共有し,ここでは万人が参加し平等。ところが,書き言葉となると,文法とそれに基づく正誤が生まれ,文法制定者・解釈者・施行者が生まれる。そぅ,権威的支配の誕生だ。

全員参加・平等の不文憲法と,権威的支配の体系たる成文憲法。立派なのはむろん不文憲法だ。不文憲法の方が断然優れているのに,なぜブータンは成文憲法を作ろうとしているのか?

7.政党制
政党制も同じこと。どんな社会でも気のあった人々が集まり,集団を創る。伝統的社会では人間関係が全人格的だから,集団も全人格的調整を経て自然に形成される。

ところが,政党は,原理を同じくする人々の集まりだ。バラバラに人格解体された人間が,ある一つの目的のもとに集まり,行動する。投機家が一攫千金のため団結し行動する投機組合と同じことだ。こんなもの,全人格的伝統的集団よりはるかに不完全なものだ。

それなのに,わざわざ政党を作らせ,政党政治にするという。
  チベット系=60%,ネパール系20%
  チベット仏教=70%,ヒンドゥー教=25%

そうなれば,各民族,各宗教が自らのアイデンティティを探し,でっち上げ,それを原理として政党を作ろうとするだろう。アイデンティティ政治が始まる!

民主主義の本家ルソーは,政党があると,民主主義は機能しないといっている。アイデンティティ政治は民主主義ではない。

8.選挙
そして,極めつけが選挙。選挙は,人間不信の最たるもので,こんなもの本来は民主主義とは無関係だ。

共同体が崩壊し,隣人ですら信用できなくなってしまったとき,つまり人が自分だけしか信用せず,隣人と話し合いで解決できなくなったとき,殺し合うよりましだとして仕方なく採用したのが選挙だ。選挙は非倫理的な利己的人間の卑しい制度だ。恥ずかしくて人様に見せられないから,秘密投票にもするのだ。

共同体の意思決定へは,伝統的社会の方が,はるかによく参加している。人々は,共同体の事柄に日常的に参加し,意見を述べ,そこには女性も加わり,決定する。たとえば,伝統的社会の水利権,入会権などには,実に公平でよく考えられたものが多い。

ギリシャ民主制においても,選挙は民主主義の制度ではなく,むしろエリート支配の道具として非難されていた。

9.米印の陰謀
ブータンに,こんな人間不信の成文憲法,政党,選挙を強制しようとしているのは,ブータンを資本主義に引き込み,一儲けしようとたくらんでいる米印政財界と,そのお先棒担ぎ知識人に違いない。

2008年に成文憲法が制定され総選挙が行われるなら,ブータンはまず間違いなくネパール化する。民族,宗教や諸階層が自己の個別アイデンティティをでっち上げ,相互に敵対をはじめる。そんな社会へブータンはなぜ向かおうとしているのか?

10.国王の苦渋の選択
朝日記事によれば,ブータンの前国王,現国王は国民に敬愛される賢明な啓蒙君主だという。そんな賢明な国王が,率先して産業化,近代化,民主化に取り組んでおられるのであれば,これはよく考えた上での国王の選択であるに違いない。

ブータン国民は,伝統的な社会で幸福に生活してきて,これからもそれを維持したいと願っている。しかし,賢明な国王はおそらく,ひたひたと押し寄せるグローバル化の波をもはや阻止しきれず,早晩ブータンもネパールと同じくグローバル市場経済の中に本格的に組み込まれ,急激な資本主義化を迫られると観念されたのだろう。

ブータンの「国民総幸福」は世界最高水準だ。これをねらって,いま先進国のハゲタカ資本,ハゲタカ知識人が押し寄せてきている。このままではブータンは大混乱となり,国民はいいように食い物にされるだけだ。それはしのびない。近代化,成文憲法,政党,選挙民主主義などはくだらぬものだが,いまのうちに敵の非人間的だが効率的ではある武器を自分たちも使えるようにしておかないと,国も国民も滅びてしまう。選挙民主主義にすれば,アイデンティティ政治が猖獗を極め,王制は倒されるかもしれない。ネパールのように。しかし,それでもブータン国民のために,近代化,民主化の道を行かざるを得ない。国王の屍を踏み越えて。

エライ! これぞ本物の愛国王。心配なのは,崇高なブータン愛国王の願いを,品性下劣なグローバル資本家やお先棒担ぎ知識人どもが歯牙にもかけず,泥靴で踏みにじってしまうことだ。彼らは,成文憲法,政党選挙,民族自治などを巧妙に利用し,「21世紀型帝国支配」の便利な道具として利用する。彼らには,敵の武器すら利用せざるを得ないブータン国王の苦悩はおよそ理解できないであろう。良識はたいてい悪意に敗れる。残念ながら。

*小暮哲夫「王室主導 挑む民主化 ブータン,来年に初の総選挙」,『朝日新聞』2007年6月15日

Written by Tanigawa

2007/06/17 at 17:01

カテゴリー: 選挙, 国王, 憲法, 政党, 民主主義

Tagged with ,