ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘ポストモダン

ソーラーLEDの街灯とバス停

憲法制定が泥沼停滞中なので,カトマンズ市内を見ることにした。すぐ目についたのが,太陽光発電の街灯とバス停。道路沿いに大量設置中だ。

連日長時間停電なので,電線配電をあきらめ,一足飛びに最先端のエコ持続可能ソーラーLED照明へのポストモダン化。スゴイ,スゴイと驚嘆,感動,雨あられ。憲法に続き,街灯でもバス停照明でも,日本を追い越しつつある。

設置予算は,どこから出ているのか? 街灯の柱は鋼鉄かアルミ(たぶん鋼鉄)で,とにかく立派。上部に太陽光発電板,中間に蓄電池が取り付けられている。バス停の場合は,屋根の上に太陽光発電板,蓄電池はたぶん天井部分収納であろう。

スゴイ,たしかにスゴイが,全体として,どことなく野暮ったく,あか抜けない。もし援助しているとすれば,中国かな?

そう思いながら歩いていると,ありました! ネパール民主主義再建の父の一人,ガネッシュマン・シン像の前にこれ見よがしに林立しているソーラー照明の,像のすぐそばの最も目立つ支柱に,「中国西蔵自治区○○○○」の掲示。○部分は消えているが,英語表記では「贈呈」となっている。他はどうかは不明だが,少なくともここでは中国が援助していた。スゴイぞ,中国!

が,しかし,そこはネパール,太陽光エコ照明でネパールが一気に西洋文明近代を超克するかというと,どうも,そううまくはいきそうにない。少し前に設置された同様の仕様のソーラー発電式街灯を見ると,受光面にはすでに厚くほこりが積もり,どう見ても発電しているようには見えない。日本援助の信号機以上の,文字通り立ち枯れソーラー街灯となっているのだ。年に何回か掃除すれば,使えそうなのに,それすらやっていないようだ。この調子では,蓄電池メンテナンスもやっていないのだろう。(実際の点灯状況は,後日,夜間観察し,報告する。)

いやはや,前近代からの近代以後への一足飛びの跳躍は,かくも難しいことなのだ。街路灯にして然りとすれば,憲法においては,なおさらのことではないのだろうか?

150127■H.エベレスト前

150124a■王宮博物館前

150124b150124c
  ■ガネッシュマン像前/同贈呈表示板

150124d150124e
  ■バス停/埃まみれ太陽光発電版と従来型信号機 

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/02/03 at 12:40

交差点に見る前近代・近代・近代以後

ネパールの交差点は,文化の交差点であり,一目でネパール文化のありようが見て取れる。この写真は,ナラヤンヒティ王宮博物館前。左が交通警官,右下が信号機,そして右上がソーラーLED照明。
150126a

これは,ニューバネスワル(制憲議会前)。左が交通警官,中央がソーラーLED照明,右が信号機。
150126b

これらの交差点において,交通警官は,人々の動きを見て交通整理をしている。これは人の支配としての人治であり,したがって「前近代」。

これに対し,信号機は,定められた規則により合理的・機械的に交通整理。これは非人間的な合理的な規則による支配であり,法治(法の支配)であり,したがって「近代」。

そして,ソーラーLED照明は,人間が作ったものながら,設置後は自然光の恵みにより自動的に発電し交差点を照らす。その限りでは人為を超克しており,いわば「近代以後」。

カトマンズの交差点では,見た限りでは,信号機は全滅,まともに機能しているものは一つもない。点灯していても,点滅であり,実際の交通整理は,交通警官が手信号でやっている。つまり,近代原理の象徴たる信号機は,日本援助などで何回も導入が試みられてきたにもかかわらず,ネパール社会には受け入れられず,打ち捨てられ,埃まみれの立ち枯れ信号機の無残な姿をさらすことになっている。交差点において,「近代」は「前近代」に完全敗北したのだ。

では,ソーラーLED照明はどうか? うまく維持され機能すれば,「近代」を超克する「近代以後」の象徴となり,世界中の絶賛を浴びることになるだろう。「近代」なきネパールにおける「近代以後(ポストモダン)」の輝かしい勝利。さて,どうなるか? 興味深い。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/01/26 at 14:17

ポストモダン資本主義とマオイスト:ジジェク「ポストモダンの共産主義」

暑気払いに,ジジェク「ポストモダンの共産主義」(筑摩新書2010年)を読んでみた。偉い人らしいが,暑中にはちょっと重く,よく分からない。以下,何となく分かったかな,という部分のみ。

本書の中のポストモダン資本主義に対する具体的な批判の部分は,よく分かる。

現在も進行中の金融危機は,人間の行動を決めるユートピア的発想がいかに抜きがたいものかを示している。アラン・バディウは簡潔にこう記した。

“一般市民は「理解」しないといけないのだろうか? 社会保障の不足を埋め合わせることはできないが,銀行があけた莫大な金額の損失の穴を埋めることは必須であると。厳粛に受け入れねばならないのか? 競争に追われ,何千人もの労働者を雇う工場を国有化できるなどと,もはや誰も想像だにしないのに,投機ですっからかんになった銀行を国有化するのは当然のことだと。”

この言説は一般化するべきだろう。われわれはエイズ,飢餓,水不足,地球温暖化などと闘っているとき,問題の緊急性は念頭にありながらも,しじゅう考えあぐねたり,結論を先送りしたりしてきたようである。

だが,こと金融崩壊に関しては緊急行動が絶対条件だった。大至急とてつもない金額を集めねばならない。・・・・パニックは必至だから,大惨事を防ぐために国境を越え,党派を超えた協調を即刻確立し,世界の指導者どうしの遺恨はひとまず忘れねばならなかった。・・・・

そして忘れてならないのは,莫大な金額がつぎ込まれた先は明らかに「現実の」または具体的な問題ではなかったことだ。市場の信頼を回復するため,つまり国民の考えを変えるためだったのだ! (137-138頁)

たしかに,このところ日常化した大企業救済や金融機関の金利操作・インサイダー取引などを見ると,市場の自律,自由,公平,効率などは真っ赤なウソで,市場や大企業こそが国家によって維持され保護されていることがよく分かる。自由市場は,労働者,農民,中小企業の保護を削減し,大企業,大金持ちの保護を強化していることが,ますます明白となった。

現在の世界的な経済危機は,大企業こそが国家保護を受けていることを白日の下にさらしたが,しかしジジェクによれば,これにより左派支持が回復すると考えるのは「無邪気な期待」であり「危険なほどに近視眼的だ」。

むしろ人種差別的なポピュリズムがわき上がり,さらなる戦争が勃発し,第三世界の最貧国の困窮が深まって,あらゆる社会で富裕層と貧困層の格差が大きくなるだろう。(36-37頁)

市場原理主義は,そもそも「ユートピア全体主義」であり,自由市場の失敗は,市場そのものではなく,その不徹底――国家介入がまだ多すぎた――にあると考える。

資本主義それ自体に非はない,実行の過程で歪曲されたものが破綻しただけだ・・・・。(39頁)

市場原理主義は,市場の失敗を、市場の失敗として認めない。それは,破滅まで突き進まざるをえない。それが歴史の客観的傾向である。

現代の市場原理主義,あるいはポストモダン資本主義は,本来,私有化してはいけない三つのコモンズを私有化してしまう。
  (1)文化のコモンズ:生活のデジタル支配
  (2)外的自然のコモンズ:環境破壊
  (3)内的自然のコモンズ:遺伝子操作
人間は,これらのコモンズを奪われ,ついには,いわばアガンベンのいう「ホモ・サケル(剥き出しの生)」とされてしまう。(154-157頁)

このポストモダン資本主義の客観的傾向,人間のホモ・サケルへの転落を止められるのは,もはや「純粋な主意主義」あるいは「歴史的必然に対抗する自由意思」(254頁)だけである。

“状況にまったく希望がもてないからこそ,労働者と農民の努力を10倍にまで高めて,西ヨーロッパ諸国とは異なるやりかたで文明の基本的必要条件を創造するチャンスが与えられるのではないか。(レーニン)”(254頁)

たとえば,ボリビアのモラレス政権,ハイチのアリスティド政権,そしてネパール・マオイスト

彼らは,反乱ではなく「公正な」民主的選挙によって権力の座についたのだが,ひとたび実権を握ると(少なくとも一部には)「非国家」的にその力をふるった。党・国家の代表ネットワークを飛ばして草の根の支持者たちを直接に動員したのだ。

彼らの状況は「客観的」に見て,望みがない。歴史の大きな流れに逆行していて「客観的傾向」には頼れない。せいぜい急場をしのぐしか,絶望的な状況でもできることをするしかないのだ。にもかかわらず,このことが彼らに特異な自由を与えてはいないだろうか。

・・・・これらの国の(歴史の法則や客観的傾向)からの自由が,創造的実験のための自由を支えているのではないか。彼らは政治活動において,支持者たちの集団意思だけに依拠できるのである。 (254-255頁)

彼らは,いかなる困難にも立ち向かう覚悟を固めている。二十世紀のコミュニズムに幻滅して「そもそもの始まりからはじめ」,新しい土台の上にコミュニズムを再構築しようとしている。敵からは、危険なユートピア主義者とけなされながらも,いまなお世界の大半をおおっているユートピア的な夢から実際に目覚めたのは彼らだけだ。二十世紀のへのノスタルジーではなく,彼らこそわれわれの唯一の希望である。(257頁)

歴史の法則や客観的傾向は,いまや人民の味方ではない。ジジェクによれば,破滅を免れない市場原理主義からの救いは,本来のコミュニズム(共産主義)しかない。

恐れるな,さあ,戻っておいで! 反コミュニストごっこは,もうおしまいだ。そのことは不問に付そう。もう一度,本気でコミュニズムに取り組むべきときだ!(258頁)

たしかに共産主義はプラトン以来の伝統ある思想であり,現存した社会主義が失敗したからといって,思想そのものが破綻したわけではない。

ここで特に興味深いのは,ジジェクが,ネパール・マオイスト――少なくともそのある部分――を,本気でコミュニズムに取り組んだモデルの一つとしていることである。これまで,このような観点からのマオイスト分析はなかった。見落としか,それとも過大評価だろうか? 

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/07/19 at 20:21

僧と貴族と武士が「民族自決」要求バンダ

5月10日,ネパール各地で,ブラーマン(僧族),タクリ(王族),チェットリ(武士)らが「民族自決」要求バンダ(ゼネスト)を実施した。お坊様,宮廷貴族,武士といった高貴な身分の方々が,ゲバ棒や石ころを手に街頭に出られ,お役所,学校,商店,工場を閉鎖し,スト破りの車には天誅を加えボコボコにされたそうだ。

ブラーマン,タクリ,チェットリといえば,もちろん特権身分。ところが,制憲議会選挙法では乱暴にも「その他」に放り込まれ,固有の身分としてすら認められなかった。革命直後であったため隠忍自重,屈辱に耐えてきたが,もはや堪忍袋の緒が切れた。ダリットが「民族」なら,おれたち僧や貴族や武士も当然それぞれ固有の「民族」であり,新憲法で「民族」としての諸権利が認められるべきだ,というわけである。

むろん,これは天にツバするようなもので,以前なら,このような自己否定となるようなはしたない要求はしなかったはずだ。たとえば,国王は公式には自分のことを「われわれ(we)」と呼んでいた(royal “we”)。国王は,その一身において国家=国民全体を代表していたわけだ。僧族や武士にしても,多かれ少なかれ,自分たちが国家=国民を代表する身分であることを前提に,諸特権を享受してきたのだ。

ところが,マオイストが,西洋多文化主義宣教団の応援を受け,「民族」により革命を闘い勝利したため,それまで「普遍(国家=国民)」を代表してきたブラーマン,タクリ,チェットリらは,難しい状況に追い込まれてしまった。彼らが茫然自失に近かったことは,制憲議会選挙法以降,自分たちが「その他」に分類されても,陰でブツブツ言うくらいで,表だっては抵抗らしい抵抗はほとんどできなかったことを見れば,明らかである。国家=国民を代表する俺たちが,なんで自ら特殊身分の一つに身を落とし個別「民族」としての権利要求をしなければならないのか?

しかし,ことここにいたっては,もはやそんな悠長なことを言ってはいられない。俺たちは「その他」ではない! というわけで,僧侶と王族と武士が,なぜかダリットと一緒に,バンダ(ゼネスト)に打って出たわけだ。

しかし,それだけではない。西洋多文化主義宣教団の努力のかいあって,「民族州」「民族自治」「民族自決」のために立ち上がったのは,ブラーマン,タクリ,チェットリ,ダリットだけではない。本家ジャナジャーティはむろんのこと,何と,伝統的カースト制の下で区別されてきた諸集団(ヴァルナ/ジャーティ)が,それぞれ自己のアイデンティティを言い立て,「民族」としての承認や,「集団」としての権利を要求し始めたのだ。

これって,カースト制のポストモダン的再編ではないのかな? プレモダンとポストモダンは,いったいどこがどう違い,実際には,どちらがより安全(よりまし)なのかな?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/05/11 at 12:05