ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘マオイスト

プラチャンダ政権,前途多難

1.プラチャンダ首相選出,多難な前途
ネパール立法議会は8月3日,ネパール共産党マオイスト・センター(CPN-MC)議長のプラチャンダप्रचण्ड, Prachanda(プシュパ・カマル・ダハールपुष्प कमल दहल, Pushpa Kamal Dahal)を第39代首相に選出した。ネパールでは多くがそうであるように,このプラチャンダ政権も前途多難が予想される。

首相選出(8月3日)
 ・投票総数 573
 ・賛成 363(NC, MC, SG*ほか)
 ・反対 210 (UML, RPP-N, CPN-ML, NWPPほか)
 ・欠席 19
 ・議長 1
  *SG=Sanghiya Gathabandhan マデシ・ジャナジャーティ同盟

立法議会政党別議員数(WIKI, 2016-08-05)
 ・NC 196
 ・UML 175
 ・CPN-MC 80
 ・RPP-N 24
 ・連邦社会主義フォーラム 15
 ・RPP 13
 ・タライ・マデシ民主党 11

 160731b ■プラチャンダ首相(マオイスト議長)  

2.NC・MC・SG「3項目合意」
今回の首相選挙において,マオイスト(CPN-MC)は,コングレス党(NC)およびマデシ・ジャナジャーティ同盟(SG)と次のような「3項目合意」(8月2日)を締結し,プラチャンダ議長の首相選出支持を取り付けた。
 (1)マデシとジャナジャーティの包摂参加実現のため,州区画の変更など,必要な憲法改正を行う。
 (2)マデシ闘争に関する調査委員会の設置
 (3)マデシ闘争における死者を「殉死者」とし,死傷者に賠償。マデシに対する告訴取り下げ。

マデシ・ジャナジャーティ連盟は議会少数派だが,インドの支援をバックに,プラチャンダ政権においてキャスティングボートを握っている。

ウペンドラ・ヤダブ(Federal Socialist Forum Nepal議長)
「ダハールを首相ポストにつけたのは,われわれ(マデシ諸党)だ。マデシ運動で訴えてきた諸問題を憲法改正により解決するという合意書にNCとマオイストセンターが署名してくれたから,支持したのだ。・・・・連立新政権には,直ちに,それを実行してもらいたい。」(Republica, 3 Aug)

3.憲法改正の難しさ
プラチャンダ首相は,SG(マデシ・ジャナジャーティ連盟)に彼らの要求に沿う憲法改正を約束しているが,それには議会の3分の2の賛成が必要(憲法274(8)条)。ところが,政府与党議席は3分の2には達しておらず,可決は容易ではない。プラチャンダ首相が憲法改正を実現できなければ,SGは内閣支持をやめ,政権は運営が困難になり崩壊する。

包摂原理主義憲法は,現実には統治過程に諸党派のすべてを包摂しきれないがゆえに,施行できない危険性を常にはらんでいる。

4.コングレス・マオイスト連立の不自然
プラチャンダ政権の二本柱たるコングレス党(NC)とネパール共産党マオイスト・センター(CPN-MC)は,イデオロギーが全く異なり,人民戦争においては,それぞれが殲滅されるべき不倶戴天の敵だった。

2001年,首相だったNCのデウバは,プラチャンダの首に500万ルピーの懸賞金をかけ,殺害ないし捕縛を狙った。他方,マオイストも2003年,西ネパール訪問中のデウバ一行を銃撃し殺害を図った。その仇敵同士が,今回,打算で手を握った。はたして,いつまでもつか?

「新政権がネパールの状況を改善するとは,期待されていない。なぜなら,与党2党はあまりにも共通点が少なすぎるからだ。」(AP, 3 Aug)

5.移行期正義の難しさ
マオイストがUMLからNCに乗り換えた理由の一つは,人民戦争期の人権侵害,財産移転等にかかわる諸問題の処理(移行期正義)を彼らに有利に進めるためである。

人民戦争期の加害者処罰,被害救済の訴えは,数万件あるいはそれ以上提出されているといわれている。プラチャンダ自身,いまだに,人民戦争期の人道犯罪容疑で逮捕されることを恐れ,海外旅行を躊躇しているという。(国外重大犯罪に対する普遍的裁判管轄権を認めている国がいくつもある。)

人民戦争期の加害行為は,政府側(軍,武装警察,警察など)も多数行っており,免罪や現状追認の要求は政府側からもたくさん出ている。しかし,より切実なのはマオイスト側。

いずれにせよ,被害者はマオイスト,政府,そして一般市民のいずれの側にもいる。彼らの救済には,関係諸法の改正が必要だが,利害は複雑に錯綜しており,法改正とそれに基づく救済実施には大きな困難が伴うものとみられている。

6.政権禅譲の約束
第1党のNCは,第3党マオイストの首相を支持する見返りとして,政権禅譲の約束を取り付けた。

報道では,プラチャンダからNCのSB.デウバへの首相交代は,次の議会選挙以前。憲法296条は,立法議会任期を2018年1月21日までと定めているので,選挙はそれ以前に行われる。与党は,次の選挙をデウバ首相の下で戦うことになる。

あるいは,別の報道では,9か月以内に,プラチャンダはNCのデウバに首相職を引き渡す取り決めだという。この場合,来春には首相交代。オリ首相が9か月だったので,これも十分にありうる。

いずれにせよ,政権が政党間の政策協定というよりはむしろ首相職禅譲約束でつくられるというのは,健全とはいえない。もっとも,包摂民主主義からすれば,政権たらいまわしこそが諸勢力の包摂的政治参加ということになるかもしれないが。

7.ダハール首相は「プラチャンダ」たりうるか?
ロイター記事(8月3日)の中で,ゴパル・シャルマがこう書いている。
「プラチャンダは,“勇猛”を意味するゲリラ名であり,いまなお使われているが,彼はすでに以前のロビン・フッドのようなイメージを失ってしまっている。プラチャンダが政権復帰しても,世界最貧国の一つたるこの国の経済的魅力を損なってきた政治的不安定を終わらせることにはならないであろう。」

しかし,その一方,プラチャンダは,10年余の人民戦争を戦い抜き,マオイストを事実上,勝利に導いた卓越した指導者である。毀誉褒貶,評価は大きく割れるが,まさにそのことこそが彼の人間としての大きさ,魅力を物語っているともいえる。

内政も外交も激動期のネパール。プシュパ・ラル・ダハール首相が,「プラチャンダ」首相として,次の飛躍に向けネパールを導いていってくれるかもしれない――そう期待する人も少なくないであろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/08/07 at 15:52

コングレス支持回復:ヒマール世論調査

ヒマールメディアが,2013年世論調査の概要を発表した。
  調査期間: 2月中旬1週間
  調査場所: 全国38郡
  調査対象: 3508人
  調査方法: 面接調査

政党支持率は,小差ながらコングレス(NC)が1位,以下,UML,UCPN-M,RPP,マデシ諸党となった。CPN-M(バイダ派マオイスト)は7位。これに対し,RPPは2派を合わせると,マデシ諸党よりもかなり大きい第4勢力となる。

首相候補でも,NCはスシル・コイララ党首が第1。UCPNは,バブラム・バタライ前首相が2位,プラチャンダ党首が5位と,かつての勢いはない。

調査の精度ははっきりしないが,このままいけばNCが勝利しそうな形勢だ。RPPも,カマル・タパ党首が首相候補第4位であり,そこそこ勢力を回復しそうである。

130321
  ■政党支持率(Nepali Times, Mar.21, 2013)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/03/21 at 13:40

首相選挙,17回目投票

今日(2月3日),首相選挙が実施される。通算17回目,議会規則改正後の新手続きによる第1回目だ。

■立候補者 
  マオイスト: プラチャンダ議長
  UML:     カナル議長
  NC:      ポウデル議員会長
  UDMF:    ガッチャダル副首相

予想では,今日の1回目投票では選出なし。5日予定の2回目,6日予定の3回目については,成否両論に分かれている。選出される場合は,プラチャンダ議長かカナル議長。3回目も選出されなければ,改めて最初からやり直しとなる。

ネパールの政治家はそれなりに練達しており,ギリギリになると,たいていは賢明な選択をしてきた。今回もそうなるのではないか。

とくにマオイストにとっては,人民解放軍(PLA)の指揮権を国家政府に委譲するという切り札を切っての首相選挙。他党以上に,首相選挙を失敗させるわけにはいかない。理想は,プラチャンダ首相,それがダメならカナル首相,プラチャンダ副首相という選択となろう。与党になれば,政府側にたちPLA統合を進めることが出来るからだ。

●首相選出手続き
・議員総数の過半数の得票で選出。ただし,議席定数の過半数(301)か,現議員総数の過半数(299)かは報道では不明。

・1回目投票:過半数で選出。
・2回目投票:1回目で過半数得票者がいない場合は,再投票。過半数で選出。
・3回目投票:2回目で過半数得票者がいない場合は,上位得票者2名による決選投票。過半数で選出。
・再選挙:投票ボイコットなどで3回目でも選出できない場合は,当該選出手続きは終了し,改めて最初から選挙をやり直す。以後,この繰り返しとなる。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/02/03 at 10:45

カテゴリー: 議会, 政党, 民主主義

Tagged with ,

ムニ教授とプラチャンダ議長

印ネパール学の権威ムニ教授が訪ネし,プラチャンダ議長と会見した。各紙報道によれば,プラチャンダ議長は,インドをネパール人民の敵としているわけではないが,マオイストの政権復帰を妨害しているのはインドだ,と釘を刺したという。さすがプラチャンダ議長,そつのない対応だ。

一方,ムニ教授については,そのネパール論をいくつか読んだことはあるが,まったく記憶に残っていない。各紙が伝える彼の発言も,ほとんど無意味だ。なぜ各紙がこんな報道をするのだろうか?

それとも,ムニ教授には隠された使命があるのかもしれない。各紙報道からは,それはまったく読み取れないが。

【追加】(2010/12/03)
ekantipur(2010/12/02)がムニ教授の長いインタビュー記事を掲載している。「印ネパール学の泰斗」と紹介されているが,この長文のインタビューを読んでも,日本の商業新聞ネパール記事以上の情報も分析も得られない。

たしかに,何であれ,大切なものは隠されてある。特にネパールのような混沌とした状況では,ロイさんのように無手勝流,本音をさらけ出していては生き残れない。しかし,隠されていれば,それだけ知りたくもなる。ムニ教授にはきっと隠されたネパール分析があるはずだ。ネパール・メディアには,そこを取材し,伝えてほしい。

谷川昌幸

Written by Tanigawa

2010/11/30 at 20:56

首相選挙のドタバタ

第17回首相選挙は,もともと17日(水)の予定だったのに,なぜか今日15日(月)に前倒しされ,ところが,にもかかわらず15日は中止となり,18日(木)に延期となった。猫も目を剥くドタバタ。

立候補者はラムチャンドラ・ポウデルNC議員会長のみ。すでに16回も立候補したのでハクがつき,最高裁もポウデル候補でよいのではないかと示唆した。むろん司法部がこんなことを言うのはどうかと思うが,最高裁がそういいたくなる気持ちは分からないではない。

この最高裁発言を受け,コングレスは制憲議会ネムワン議長に対し,立候補はポウデル氏だけだからポウデル候補を首相と宣言すべきだ,と要求した。他党はもちろんこれに猛反対。司法部も巻き込み,ドタバタ,バタバタ,いよいよ混沌としてきた。

この調子では18日の第17回首相選挙も失敗しそうだ。やはり,これはどう見ても立候補者を出さないマオイストと統一共産党が悪い。わが敬愛する保守主義によれば,時間が正統性を生み出す。とすれば,他のどの理屈でもなく,16回も正々堂々と立候補したその事実だけで,ポウデル氏には他の誰よりも大きな首相候補者としての正統性が認められるようになるかもしれない。

司法部の最高裁が口を出すのはいただけないが,ポウデル氏が16回も立候補したということは歴然たる事実であり,これをこれから否定するのは,他党にはかなり勇気のいることであろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2010/11/15 at 22:48

カテゴリー: 議会, 政党

Tagged with , , , , ,

マオイストの中国詣で

谷川昌幸(C)

ネパール・マオイストが中国詣でをしている。

10月21日には,マオイスト軍幹部11人からなる訪中団が,9日間の「私的訪中」から帰国した。軍訪中団は,B.プン常任委員(軍担当)と妻OG.マガル,J.シャルマ議員(前副司令官),CP.シャルマ副司令官(PLA報道官)らからなり,ラサ経由で北京に行き,中国共産党幹部らと会見してきた。

その軍訪中団の帰国翌日(22日),今度はプラチャンダ議長と妻シタ・ダハル,KB.マハラ常任委員(外務担当)らが4日間の公式訪中に出発した。上海万博に出席し,中国共産党幹部や政府高官らと会見する予定という。

ネパール・マオイストがこのように次々と訪中するのは,なぜか? ジャー副大統領も訪中したので,マオイストだけではないが,それでもやはりマオイストの中国詣では目立つ。

もともとネパール・マオイストは,毛沢東原理主義であり,文革以後の鄧小平路線(社会主義市場経済)を修正主義と激しく非難していた。現在のインド・マオイストと同じ立場である。

これに対し,中国はネパール・マオイストを非難し,「マオイスト」「マオイズム」を使用するな,とさえ要求していた。犬猿の仲だったといってよい。

ところが,ネパール・マオイストは制憲議会選挙で大勝し,体制内に入り,アッというまに中国以上の「修正主義者」になってしまった。ネパール・マオイストの幹部たち,議員先生方は,資本主義粉砕など,もはや夢にも思っていないであろう。そのネパール修正主義マオイストが,中国修正主義マオイストに急接近しているのだ。

それはそれで結構なことだが,これに心穏やかでないのが,インド政府。ネ中接近を防止するため,あらゆる手段でネパール・マオイストへの圧力をますます強化していくのではないだろうか。

Written by Tanigawa

2010/10/23 at 21:06

マオイスト,印マオイスト訓練か?

谷川昌幸(C)

インド政府が10月11日,インド・マオイストがネパールで訓練を受けている,と警告した。これまでのところ,マオイストは国際連帯を唱え,、「南アジア・マオイスト諸党・諸組織協力委員会(CCOMPOSA: Coordination Committee of Maoist Parties and Organizations of South Asia)」のような組織をつくっているが,実際には他国マオイストとはあまり仲がよくなかった。イデオロギー政党の宿命であろう。

ところが,もしインド内務省発表が事実だとすると,インドでもマオイストが勢力を拡大し,すでに最大勢力となっているネパール・マオイストに接近し始めたことになる。

もちろん,ネパール・マオイストのプラチャンダ議長やパサン(NK.プン)PLA総司令はインド内務省発表は謀略だと反論しており,まだ事実かどうか分からないが,印ネは地続きであり,かつてはネパール・マオイストがインドを闘争拠点としていたことも歴史的事実だから,印ネ・マオイストが連帯強化に向かい始めたとしても不思議ではない。

もしインド内務省が警告するように,印マオイストがネパール・マオイストに接近し,印ネ・マオイスト共闘が成立すると,これは印ネ両国ばかりか,米中にとっても一大事。早晩,介入がはじまるだろう。

インド・マオイストについては,敬愛するA.ロイが,圧倒的に面白い。

Arundhati Roy, Maoism: The Trickledown Revolution, Outlook India, Sep 20, 2010

これは長い評論だが,機会があれば,紹介したい。

▼ チトワン・ジャングル内の印ネ国境線(Google)

101017

Written by Tanigawa

2010/10/17 at 12:59