ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘三菱

京都の米軍基地(45):戦争請負会社とその軍属

Xバンドレーダーは,すでに「防衛秘密」ないし「特別防衛秘密」であり,かつ「特定秘密」にも指定されるだろうから,現地の自治体や住民に重要なことは何も知らされていないのは当然だが,それにしても,経ヶ岬米軍基地にどのような軍人・軍属が来るのか,報道で見る限り,まったく分からないのは,いくらなんでも無茶苦茶だ。

1.世論操作としての「民間企業技術者」
車力には,軍人2,軍属110,家族42の計154人(2010年)が駐留している。大半が軍属だ。経ヶ岬もほぼ同じとすると,やはり軍属中心となる。

「経ヶ岬に配置されることになる人員数は,現在,米国において検討中ですが,最大160名程度であり,民間の技術者が多数を占めるものと聞いています。」(防衛省「『TPY-2レーダー(Xバンド・レーダー)』の配備について皆様の疑問にお答えします」2013年4月)

「聞いています」とは,責任逃れの典型的な「官僚文書」だが,それはさておき,ここで見落としてならないのは,この文章には住民誘導の国家意思が巧みに仕込まれていること。つまり,「民間企業の技術者が多数」であり軍人はわずか,だから皆さんと同じで特に危険ということはない,安心してください,という世論操作だ。

これまでの報道を見る限り,住民はこの世論操作に誘導され,「民間企業の技術者」については無関心で,その素性を問い質してはいない。

2.レイセオン軍属
では,どのような企業が来るのか? Xバンド(TPY-2)レーダーは,レイセオン社製だから,同社要員が来ることは間違いない。レイセオンは巨大軍需企業で,三菱と仲がよい。レイセオン=三菱同盟で,日本のレーダー&ミサイル利権の山分けを図るのではないか?

【参照】「三菱重工業が、米兵器メーカーのレイセオンからミサイル部品の輸出を打診されていることが18日、分かった。日本政府は三菱重工からの申請後、輸出の可否を審査する」(ロイター2014-04-18)。三菱はレイセオンとSM-3ミサイル等を共同開発している。

140601a ■SM-3 Block IA発射自衛艦(レイセオンHP)

3.ブラックウォーター軍属
警備等については,車力と同じだとすると,ブラックウォーター社(黒水社)。ブラックで素性がよく分からないが,戦争民営化の受け皿となっている「戦争請負会社」「傭兵会社」であることに間違いはない。

もしブラックウォーター社だとすると,これは恐ろしい。たとえばイラクで2007年9月,同社「社員(要員)」が,公道でイラク市民17人を銃殺した。米国傭兵だから,イラク政府には逮捕権も裁判権もない。また,民間人だから,米国軍法会議にもかけられない。治外法権そのもの。

車力ではどうか? 「しんぶん赤旗(2007-11-22)」によれば,車力のブラックウォーター社員(要員)は「軍属」であり,公務中であれば,日本側には第一次裁判権はない。米兵と同等の特権が認められているそうだ。では,米軍側は,軍属を米兵と同様,軍法会議で裁くのか? ここのところが実際にはどうなるのか,いまのところ私には分からない。

戦争請負会社は,そもそも権限が曖昧だ。その証拠に,ブラックウォーター社は,関連会社も含め,何回も名前を変えている。主なものだけでも,ブラックウォーター訓練所(1996)⇒Xe(2009)⇒Academi(2001)。どれが会社の本名か,よくわからない。これで,権利義務関係がきちんと引き継がれるのだろうか? また現地との関係もややこしい。

住民⇒京丹後市⇒日本政府(防衛省)⇒米政府(米軍)⇒戦争請負会社⇒派遣社員(要員)

住民と軍属との関係がこれほど多段階だと,権利義務関係が曖昧となり,住民の安全が実際には守られない恐れがある。

日本政府の世論操作に操られてはならない。「民間企業の技術者が多数」という場合,その「民間企業」がブラックかどうか,住民はよく見極め,対応すべきであろう。

140601c ■ブラックウォーター・ロゴ

140601b ■ブラックウォーター批判HP Employees of the US military contracting group Academi (formerly Xe, Blackwater USA and Blackwater Worldwide) are seen in new leaked video shooting their machine guns at random while driving through the streets of Baghdad, crashing into other cars and even running over a pedestrian without hesitation. Academi received a $250 million contract by the Obama administration to provide military services in Afghanistan.

谷川昌幸(C)

高島・端島と三菱財閥,軍事都市・長崎

「ネパール投資年2012」に敬意を表し,高島に行き,三菱財閥の今昔を見学してきた。

1.希代の政商,岩崎弥太郎
三菱創始者の岩崎弥太郎は,希代の政商,自然と人民と国家を食い物とし,巨万の富を築いた。長崎は,明治から今日にいたる,その人民搾取の生き証人である。

長崎港からフェリーに乗ると,伊王島経由で高島に着く。約30分。高島は,全周6kmほどの小さな島だが,明治2(1869)年,死の商人グラバーが炭鉱開発,それが後に官営となり,次に明治14年の官営事業払い下げで三菱のものとなる。まさに濡れ手に粟,人民財産の横取りだ。

 ■岩崎弥太郎像(高島港公園)

2.高島からの搾取
この三菱高島炭鉱は,近代技術を導入して掘りまくり,三菱の蓄財と日本の富国強兵に大いに寄与したが,採算悪化や石油への転換のため,昭和61年に閉山した。

御用済みとなった高島からは,労働者・住民が退去,斜面の木造住宅の多くは廃屋となり,またコンクリート・アパートも廃虚となっているものが少なくない。

しかし,高島自体は,自然豊かな美しい小島である。真冬の正月というのに,島では早くも早春の花々が咲き,海はどこまでも碧く,透きとおっている。三菱は,この美しく豊かな南海の小島を,一時的な金儲けのため搾取し破壊したのだ。

 
  ■高島教会の十字架と鐘                      ■高島教会より南風泊漁港を望む

 ■猫一匹通らない豪華構造物 (搾取の罪滅ぼし?)

3.軍艦島(端島)
その高島以上に搾取され破壊されたのが,すぐ近くの端島。面積はわずか6haほど。

三菱は,明治23(1890)年に端島を買収し炭鉱開発,高島と並ぶ出炭量となった。増産につれ,雇用労働者も増え(敗戦前は朝鮮人や中国人も雇用・徴用),島内にはアパートが建設された。出炭最盛期は昭和16年頃で約40万トン,人口最大は昭和35年頃の約5千人。島内には,学校,病院,映画館,寺など,日常生活に必要なものはほとんどそろっていた。

しかし,その端島も,昭和49年に閉山,住民は全員退去し,現在は廃虚の無人島となっている。

三菱は,端島の石炭(自然)を搾取し,軍艦を造った。だとしたら,端島は,それゆえにこそ「軍艦島」と呼ばれるべきだ。(いわれの史実については,ご自身でご確認ください。)

その軍艦島は,高島からもよく見える。廃棄軍艦よりもグロテスクで醜い。わざわざ高い料金を払って「軍艦島クルーズ」に行く必要はない。

 ■霧に霞む軍艦島(高島西海岸より)

4.軍艦建造で儲ける三菱
軍需企業・三菱は,いまも軍艦を造っている。高島・伊王島フェリーに乗ると,長崎湾沿いの三菱工場群を間近で見ることが出来る。そこには,大抵,数隻の軍艦が建造や修理・点検のため,係留されている。この1月3日も,No.109とNo116の2隻と,船番不明の1隻が係留されていた。

ネットによると,109番は護衛艦「あけぼの」(4400トン)。1999年三菱長崎造船所建造。対テロ戦争で海外派兵に使用。116番は護衛艦「てるづき」(5000トン)。2011年三菱長崎造船所建造。これから配備される。

これら2隻は,いずれも最新鋭。以前なら,こんな写真を撮ると,スパイと疑われ,逮捕,拷問は免れなかったにちがいない。

 ■護衛艦ありあけ

  
  ■護衛艦てるづき                            ■建造中(?)の軍艦 

5.軍事都市,長崎
このように,長崎は明治以降,富国強兵都市であり,現在も,軍需産業都市である。平和学習のため長崎を訪れ,官許モデルコースを回るのも悪くはない。しかし,本物の生きた学習は,長崎あるいは佐世保の現役軍需産業や軍事施設の巡視・巡検にこそある。

長崎は,原爆投下前も原爆投下後も,軍港と軍需産業の都市なのだ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/01/04 at 18:20

カテゴリー: 経済, 平和

Tagged with , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。