ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘丹後

師走の丹後の村

わが「負動産」の片付けに,丹後の村に行ってきた。師走というのに異常に暖かく,まだ秋盛りのよう。付近の村は,2018年豪雪のせいか,荒廃が一段と進んだようだ。懐かしい山村風景が冬を越すたびに失われていく。


 ■紅葉の村/鉄橋を渡る気動車

 
 ■河原のススキと村/土蔵

■カヤ屋根の古民家


 ■カキとカン(空カンは鳥獣除け?)


 ■ゴールポスト?/廃屋

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/12/08 at 15:45

カテゴリー: 社会, 自然

Tagged with ,

晩秋の村

無人空家となった負動産の片付けに,丹後の村に行ってきた。朝は濃い霧が立ち込め,陽が昇ると咲き残る野の花に蝶が舞う。そこはかとなく哀愁ただよい,いかにも晩秋といった風情だ。

窓を開け掃除をしていると,野鳥が飛び込んできた。以前はあまり目にしなかった小鳥。耕作放棄地が増え,山の小鳥たちも民家近くまで来るようになったのだろう。

村の環境は,この数十年で大きく変わった。群れをなし無数にいた雀や,田植えの頃やってきて電線にズラリと並び低空曲芸飛行を繰り返していた燕が激減する一方,猿や猪が民家近くに出没し,道端では外来種の草花が優勢となった。

時は移り,自然も変わる。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/11/10 at 16:36

カテゴリー: 自然, 農業, 旅行

Tagged with , , ,

みのりの秋,里も山も

今年も柿が豊作だ。枝が折れるほど,たくさんなっている。気候変動のせいかもしれないが,豊作それ自体はめでたい。

以前だと,柿が実れば採り入れ,甘柿はそのまま食べ,渋柿だと皮をむき軒下につるして干し柿とし,少しずつ食べた。干し柿は甘くて栄養満点の保存食だった。

ところが,いまでは柿はほとんど採られず,柿の木にそのまま放置されている。人手が少なくなったのと,他にスナック菓子など安直な食品があふれているからだろう。

しかも今年は,サルもカラスやヒヨドリも柿の実を食べにやってこない。山もきっと豊作で,わざわざ里まで降りてこなくてもよいのだろう。柿の実を食い荒らされると腹が立つが,今年のように全く来ないと,それはそれで少々淋しくはある。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/11/06 at 21:50

カテゴリー: 自然, 旅行

Tagged with , ,

霧の秋の村

山陰の丹後は,高山や盆地のような濃い霧が出ることは少ないが,それでも夜冷えると,早朝に霧が立ち込める。見慣れた村の風景も,霧に包まれると,おとぎの国のような不思議な風情が感じられる。


 ■霧の中の鳶/掲示板とコスモス


 ■前日夕方のトンボ(まだ赤トンボではない)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/10/11 at 11:59

カテゴリー: 自然

Tagged with

雪中の仏像とバス停

丹後の雪も,地球温暖化で,以前とは比較にならないほど少なくなったが,それでもお地蔵さんやバス停が埋まるほどには積もる。見る分には情緒があるが,生活は大変だ。

170120b170120a
 ■雲原バス停付近

170120c
 ■長尾公民館横

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/01/20 at 16:08

カテゴリー: 社会, 自然, 旅行

Tagged with , , ,

丹後のネパール料理店,大繁盛

丹後のネパール料理店が大繁盛。しかも,客には若い女性が多い。一つには,こんな僻地にまでネパール人コックがやってきて,自ら本場の料理を調理し出してくれること。もう一つは,料理がおいしくて安いこと。たとえば,このナン。巨大なうえに,うまい。これで日替わり定食650円! (ナンはネパール料理ではないという人もいるが,そう思い,おいしく楽しく頂いているのだから,それでよいのではないか。)

161031a

161031b

(c)谷川昌幸

Written by Tanigawa

2016/11/01 at 19:09

カテゴリー: 文化

Tagged with ,

柿、未曾有の大豊作の不気味

丹後の村では、柿が大豊作。こんなスゴイ実りは、これまで一度も見たことがない。

柿は、古来、日本に最適の果樹。空き地や田畑の周辺に植えておけば、勝手に育ち、実をつける。農薬、肥料、剪定など、一切不要。文句なしの100%自然農法。(資本主義化した商品作物としての柿は別物)。

それにしても、今年はスゴイ! あまりにも多くの実をつけたため、実の重さに耐えきれず、多くの枝が折れ、幹さえ裂けてしまった木も少なくない。

多くて穫りきれない。あとは、おやつとしてヒヨドリやサルに進呈しよう。クマが来ると怖いが、今年は山中の野生柿も大豊作なので、危険を冒して里まで降りてくることはあるまい。

大豊作はめでたいが、こんな異常な実りだと、天変地異の前兆かと、少々不安になる。取り越し苦労だろうが、やはり何につけ、ほどほどが、よい。面白味はないが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 ■無数の実をつけた柿の木/小枝にびっしり結実

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 ■折れたり裂けたりした柿の木/つるし柿

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/10/28 at 20:47

カテゴリー: 自然, 文化

Tagged with ,