ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘人の支配

信号待ちで涙した,その心は?

中島 恵「『中国はよくなっている!』信号待ちで思わず涙した私」(日経ビジネスオンライン,2015年3月20日)は,なかなか興味深い中国論だ。要旨は以下の通り。

「上海市内で私が宿泊しているホテルの近くにある横断歩道に立っていたときだ。私の斜め後ろにいた母子の会話が耳に飛び込んできた。『ほら,あそこを見てごらん。赤信号でしょう? あそこが赤のときは渡っちゃいけないんだよ。あれが青色になったらお母さんと一緒に渡ろうね。いいね』。・・・・とてもうれしくて,心がホカホカと温まる気持ちになった。そのとき,赤信号で立ち止まっていたのは私たち3人だけだった。大勢の人々は当たり前のように横断歩道をどんどんと渡っている。・・・・青信号になって,ようやく母子と一緒に堂々と道路を渡ることができたとき,目からどんどん涙があふれてきて,止まらなくなってしまった。・・・・そう,私はこの瞬間,気がついた。中国社会はだんだんと,よくなっているのだ――と。」

著者によれば,この信号待ち以外にも,空港係員や店員のマナーの向上,水道・トイレ等の生活インフラの改善など,他のいくつかの点で,「これまでとは明らかに違う流れ」がみられ,「中国社会がよくなっている」と感じられるというのだ。

中国は大国なので,「中国は・・・」とか「中国人は・・・・」などと一般化していうことはできないが,少なくとも私が見た限りでは,中国の航空会社や空港などは,利用のたびにサービスが目に見えて向上し,いまでは日本以上に合理的で便利な場合も少なくない。そうした実感をもつ私にとって,「中国はよくなっている!」という著者の印象は,十分によく納得できることである。

しかし,それはそれとして,少々気がかりなのは,著者の極端な上から目線である。現在の日本社会を基準として,それに合わない中国社会のあり方を一方的に切り捨てる。たとえば,「『ルール軽視』の無秩序な国」など。

しかしながら,交通ルールにせよ接客マナーにせよ,すべて文化であり,日本,しかも東京を基準として断罪するのは,あまりにも一方的すぎる。たとえば,歩行やエスカレーター利用では,一般に,東京と大阪では位置が逆であり,東京人は大阪ではマナー知らずの野蛮人となる。あるいは,水道やトイレットペーパーでも,自然保護派からは浪費の悪徳と非難されるであろう。日本を基準とする他文化批判は,ちまたにあふれる「日本はスゴイ!」合唱と同様,はしたなく,慎みなく,みっともないといわざるをえない。

恥ずかしながら,私は以前,真冬の深夜の人家もない田舎の犬一匹通らない田んぼの中の見通しのよい交差点の赤信号で止まり,青信号に変わるのをじっと待っているホンダ・カブ号の村のお年寄りを見て,思わず涙したことがある。

なお,蛇足ながら,近代的信号機システムを非人間的と考え,ロータリー式に替えつつある国々からすれば,日本の「赤は止まれ,青は進め」は機械隷従,「おくれてる~」と哀れまれることになるであろう。

150321b150321c
 ■ロータリー(ラウンドアバウト)交差点: イギリス / ネパール(パタン) [Google]

谷川昌幸(C)

 

Written by Tanigawa

2015/03/21 at 17:14

交差点に見る前近代・近代・近代以後

ネパールの交差点は,文化の交差点であり,一目でネパール文化のありようが見て取れる。この写真は,ナラヤンヒティ王宮博物館前。左が交通警官,右下が信号機,そして右上がソーラーLED照明。
150126a

これは,ニューバネスワル(制憲議会前)。左が交通警官,中央がソーラーLED照明,右が信号機。
150126b

これらの交差点において,交通警官は,人々の動きを見て交通整理をしている。これは人の支配としての人治であり,したがって「前近代」。

これに対し,信号機は,定められた規則により合理的・機械的に交通整理。これは非人間的な合理的な規則による支配であり,法治(法の支配)であり,したがって「近代」。

そして,ソーラーLED照明は,人間が作ったものながら,設置後は自然光の恵みにより自動的に発電し交差点を照らす。その限りでは人為を超克しており,いわば「近代以後」。

カトマンズの交差点では,見た限りでは,信号機は全滅,まともに機能しているものは一つもない。点灯していても,点滅であり,実際の交通整理は,交通警官が手信号でやっている。つまり,近代原理の象徴たる信号機は,日本援助などで何回も導入が試みられてきたにもかかわらず,ネパール社会には受け入れられず,打ち捨てられ,埃まみれの立ち枯れ信号機の無残な姿をさらすことになっている。交差点において,「近代」は「前近代」に完全敗北したのだ。

では,ソーラーLED照明はどうか? うまく維持され機能すれば,「近代」を超克する「近代以後」の象徴となり,世界中の絶賛を浴びることになるだろう。「近代」なきネパールにおける「近代以後(ポストモダン)」の輝かしい勝利。さて,どうなるか? 興味深い。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/01/26 at 14:17

トリチャンドラ校前の信号機

交通信号は街で最も目立つもの。外人がカトマンズに来てまず驚くのは,だから信号機であり,ネタがれ時のネタダネとなるのも信号機である。ネパールの信号機は世界七不思議の一つといってもよいだろう。

そこで今日は,名門トリチャンドラ校前の信号機。この付近は,商業,観光,文化の中心地の一つであり,宣伝効果大。数年前には,東芝電気洗濯機の宣伝のついた駐停車禁止標識が並べられていたが,いまは,もちろん無い。

そのトリチャンドラ校前に誰が,いつ,何の目的で信号機をつけたのか分からないが,これはもちろん消灯。いつも消えている。有って無きがごとし。が,誰も気にしない。

ところが,この11月,行ってみると,その点かずの信号機手前に新しい(と見える)「信号機あり」標識が立てられていた!

これはもう文化だ。この不思議のネパール信号機文化が無くなるとき,それは信号機が「」で命令し,人を機械的に服従させ,もって「法の支配(rule of law)」がネパールに成立するときにほかならない。

131224a ■トリチャンドラ校前信号機(11月21日)

131224b ■信号機標識と点かずの信号機(11月21日)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/12/24 at 14:59

カテゴリー: 文化

Tagged with , , ,

法治「信号機」よりも人治「ロータリー」

午前,1時間ほど王宮博物館前・カンチパト付近を歩いてみた。まず気になるのが,例の信号機。

タメル入口(王宮博物館・アメリカンクラブ・旧文部省)交差点の信号機。旧来の格調高い英国風ロータリーを撤去し,日本援助で高性能信号機を設置した。

電気は来ている。午前11時頃で交通量も多い。が,見よ! 赤黄点滅で,車も歩行者も信号機など全く見ていない。法治(rule of law)の権化「信号機」は完全無視,交通警官の指示に従い,通行している。昨夜,交通警官がいないときは,ロータリー式完全「自治」通行が実践されていた。何の問題も無し。(再設置「ロータリー」は右外回りではないが,原理は,ロータリー式と同じ。)

131030a 131030b
■タメル入口交差点 SAARC本部前より(赤点滅)/パスポート・センター前より(黄点滅)

もう一つ,王宮博物館前(交通警察署前)交差点では,電気は来ているはずなのに,完全消灯,警官が交通整理。交通警察自身が,署の前で自ら法治「信号機」無視のお手本を示している。お見事!

131030d 131030c
 ■王宮博物館前交差点 完全消灯信号/背後は交通警察署 

私の「ロータリー文化論」には批判も多いが,この十数年の観察で,その妥当性がかなり実証されたように思う。

ネパール社会は,人治(人の支配)原理で動いている。そこに法治の制度や機械を外から持ち込んでも,うまくはいかない。今後どうなるか分からないが,少なくともいままでは,そうであったといってよいのではあるまいか。

[追加]点灯信号機発見(2013ー11-01)
ラトナ公園・バスパーク前の歩行者用信号機が点灯されていた! といっても,車も歩行者も警官の指示に従っていたが。
  131101

夕方,バスパークからキルティプルまでバスで1時間半。道路は車の洪水。途中のスタジアム前,野菜市場前などの高性能信号機は,もちろん全滅。すべて,警官が手信号で整理していた。

エンジンを切って待っているバスの中から見ていると,警笛の鳴らしあいで強力そうな方が,先に通されていた。これぞ人治,加徳満都の道路は法学教育の場としても有益だ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/10/30 at 23:13

ネパールの交差点:信号機とロータリー

ネパールに行くたびに不思議に思うのが,交通信号機である。カトマンズ盆地の主要交差点には,日本などの援助で信号機が設置されているが,それらのほとんどすべてが消灯か点滅であり,赤・黄・青と常時正常に機能しているものは,まず見かけない。日本の常識で考えると,交通信号は最重要インフラであり,信号機があるのに消灯であれば事故多発,人命に関わる一大事である。ところが,カトマンズでは,最新式信号機が設置されていても,たいてい消灯。これは不思議。なぜだろう?

1.信号機の技術的不適正
2.「人の支配」としてのロータリー式
3.「ババ事件」の教訓
4.ネパール文化から学ぶ

130317
ネパールの視覚障害者を支える会『会報』第35 号,2013 年3 月,3-4 頁

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/03/17 at 09:58

信号機、ほぼ全滅(5):王宮博物館前

1.王宮博物館前交差点
ネパールの信号機は、これまで見てきたように、ほぼ壊滅状態。目抜き通りの王宮博物館前交差点でも、信号機はたいてい消灯、かろうじて点滅で生きているときも、実際には、交通警官の指示で交通整理されている。だれも点滅信号など、見てはいない。

この交差点で、日本から学んだと思われるのが、警官看板。なんとロータリーに、敬礼している婦警さんの等身大写真看板が設置されており、ドライバーを一瞬ドキッとさせる効果を上げている。

本物の男性警官が横で交通整理しているのだが、察するに、いずれ様子を見てこれも警官人形に置き換え、いつかは信号機に絶対服従させる魂胆らしい。

121201e ■王宮博物館前交差点

121201f 121201g
 ■ロータリーの交通警官/婦警写真看板

2.交通マナー向上キャンペーン
このように、信号機ほぼ壊滅状態にもかかわらず、交通警察はなお意気軒昂であり、交通マナー向上の大キャンペーンを繰り広げている。

121201c ■交通安全ゲート

121201b 121201a
 ■交通安全啓発写真/交通安全ポスター

3.ラトナ公園北西角交差点
こうした交通警察のキャンペーンのモデルになりそうなのが、ラトナ公園北西角・ラーニポカリ南西角の交差点。

この交差点には、かなり前から地下道と歩道橋があったが、どちらもあまり利用されていなかった。ときどき騎馬警官が出て路上横断の歩行者をしかりつけていたが、観光客の被写体とはなっても、交通マナー向上には全く役には立たなかった。

ところが、この11月、何回か行ってみると、見た限りでは、この交差点の路上横断者は一人もいなかった。全員が、歩道橋か地下道を利用していた。奇跡だ。

121201d ■歩道橋(右上)と地下道(赤丸)

4.「法の支配」の必要
推測にすぎないが、これは交通警察のお説教や大キャンペーンの効果というよりは、やはり「必要」に迫られたからということであろう。

日本でも、高速道路が開通すると、しばらくは路上にカラスやハトのおびただしい死骸が散乱している。高速車両を回避しきれず、轢かれてしまったのだ。ところが、数ヶ月もすると死骸は少なくなり、数年後にはほとんど見なくなる。人間が勝手につくったものとはいえ、高速道路利用マナーを認識しないカラスやハトはあらかた轢き殺されてしまい、必要に迫られ、それを学習したものだけが生き残り、路上でエサをついばんでいるからだ。

これが犬ともなると、必要による学習は、より明確だ。ネパールの犬は交通規則を全く守らないが、日本の犬は交通規則を学習し、青で進み、赤できちんと止まる。そうしないと、日本では生きていけないからだ。

人間も所詮、動物、これと同じような現象がラトナ公園北西角の交差点でも起きたのではないか? この交差点を通行する車は、数が多く、しかも高速だ。おそらく、この交差点を横切ろうとした人々が次々と車に轢かれ、それを見た周辺の人々が危険を学習し、歩道橋や地下道を利用し始め、そうすると車もますます高速となり、もはや歩行者の車道横断は困難となり、自ずと人と車の分離通行規則が実現された、ということであろう。

そして、「人の支配(ロータリー文化)」から「法の支配(信号機文化)」への転換が完成したところでは、轢かれたら、車道横断者の方が悪い、法(規則)を守らなかったからだ、ということで済まされてしまうことになるのだろう。

5.必要の学習は高貴か?
この変化、すなわち「ロータリー文化」」から「信号機文化」への変化あるいは「人の支配」から「法の支配」への変化は、たしかに必要ではあろうが、しかしながら、本当にそれは「進歩」といえるのであろうか? 

かつて、東北の厳冬の深夜、人っ子一人いない田舎道の交差点で、青信号に変わるのをじっと待っている犬を見たことがある。文明化ないしは規律の内面化とは、結局、このようなことではないか? 車に轢き殺されるハトと、交通マナーを守り路上でエサをついばむハトと、いずれが高貴なのであろうか?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/12/04 at 17:45

カテゴリー: 社会, 文化

Tagged with , , ,

信号機、ほぼ全滅(4):カランキ交差点(付:タタの威厳)

11月25日、キルティプールの西の対岸の新興住宅を見たあと、バルクー川沿いを歩いてカランキ交差点の見学に行った。

カランキ交差点は、幹線道路の大きな交差点。一方のリングロードは、ネパール基準で片道3~4車線、他方のカトマンズ市内カリマティ方面とタンコット・ポカラ方面とを結ぶ道路が片側2~3車線。日本援助のシンズリ道路が完成し、通行量が減ったとはいえ、主要道路の大交差点であることに変わりはない。

この交差点にも、どこかの援助(日本?)で信号機が設置されていた。当然だろう。ところが、行ってみると、信号機は跡形もなく消えている。そして、その代わり、歩行者用陸橋と陸橋の橋脚を利用したロータリーが設置されていた。いたく感動し、2時間あまり、観察していた。

ロータリーには、交通警官が一人いて、交通整理をしている。しかし、ここを通過するトラック、バス、乗用車、タクシー、耕耘機、バイク、犬(牛は道端で寝ころんでいた)はすべて、基本的には、相互の動きを見ながら自主的に判断し通行しているのだ。見事というほかない。

この交差点の設計・施工は、絶対、日本ではない。日本はこんな交差点は絶対に造らない。杓子定規というか、どうしても日本基準に合わせてしまう。かつて長崎の離島に行って感動したことがある。狭い島で、港の反対側の海岸沿いは車はあまり通らず、歩行者もほとんどいないのに、なんと、両側にガードレール付きの立派な歩道が造られていた。タヌキ用歩道? これが日本式だ。

カランキ交差点は、明らかにネパール交通文化にあわせて設計され、建設されている。だから、ちゃんと機能しているのだ。

そのかわり、造りは、きわめてチャチだ。いつ壊れても、いつ壊してもよいようにつくられている。歩道橋の上は薄い鉄板敷きでガタガタだし、コンクリート部分もせんべいのように薄い。手抜きは見え見えだ。そのくせ、歩道橋の下の空き空間は、寸分の余地なく商売用に利用されている。お見事! これがネパール式なのだ。

再び繰り返すが、いつかはわからないが、ネパールでもロータリーでは対応できないときがくる。信号機が設置され、警官がいなくても、信号(規則=法)に従い交通整理が行われるようになったとき、ネパール社会は大きく変わっているだろう。

 
 ■カランキ交差点北西側/交差点北東側

 
 ■タタをも恐れぬ歩行者/歩道橋と商店

 
 ■交差点横の子牛/消灯信号機と歩行者(バスターミナル前)

【付録】タタの威厳
ネパールでもっとも威厳のあるものの一つが、タタ・トラックだ。どんな悪路も平気。絶対に壊れず、壊れてもすぐ直せる(ように見える)。インドの威厳の象徴だ。たまに道路横の田んぼに仰向けになっているが、これは実に愛らしい。

タタや、その前を平気で横切る人や牛や犬を見るだけでも、ネパールに来る価値がある。タタ、万歳!

 
 ■タタの勇姿(1)/(2)

 
 ■タタの勇姿(3)/タタと張り合うスズキ

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/11/28 at 20:49