ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘人種主義

血液型政治家判断、朝日の本性

朝日新聞は、先の「ハシシタ 奴の本性」事件で深く反省したと思っていたが、どっこい、朝日の「本性」はそんな柔なものではなかった。優生思想は朝日のDNAであり、「ハシシタ事件」くらいでは、びくともしない。

今日(12月6日)の朝刊2面の「ニュースがわからん!」は、韓国大統領選の解説。記事は、カラー囲みに「朴氏、文氏、どんな人?」の小見出しをつけ、両氏の出身地、学歴、 血液型、身長、尊敬する人、座右の銘、好きな食べ物を記載している。

まったくもって懲りない朝日! 韓国ごときの政治だから、鬱憤晴らしに、面白おかしく血液型政治家判断をやってやれ、多少は売り上げも伸びるだろう、とそんな魂胆が見え見えだ。

繰り返し批判してきたように、優生思想は朝日新聞の本性でありDNAである。今回は、たまたま両候補ともB型だから差は出ないが、もし別の血液型だったら、朝日新聞はどう申し開きをするのか?

B型候補が勝利してよかった、もしA型候補が勝っていたら、日韓関係はさらに悪化したに違いない――と、社説でそんな解説をするつもりなのか?

フクロウは叡智の象徴。ぜひ、「コブク郎」氏に、韓国大統領選と血液型との関係について、わかりやすく解説していただきたい。

121206
 ■韓国大統領候補の「本性」(朝日2012-12-6)

【参照】
▼肉体文学としての「ハシシタ 奴の本性」 2012/11/13
▼ゴシップで売る朝日と佐野眞一氏の名前 2012/10/23 
▼佐野氏の執筆責任放棄と朝日の表紙かくし 2012/10/22 
▼朝日と佐野氏の優生思想:「ハシシタ 奴の本性」の危険性 2012/10/21
▼血液型性格判断,朝日はB型 2011/08/14
▼天声人語の血液型性格論 2008/12/18
▼血液型優生学を粉砕せよ 2008/10/16
▼朝日の血液型優生学 2008/06/29
▼カースト差別より危険な血液型差別 2006/10/08
▼「血液型の記載,記事には不要」朝日新聞西部本社版 2006.10.8

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/12/06 at 13:11

カテゴリー: 政治, 人権

Tagged with , , , , ,

佐野氏の執筆責任放棄と朝日の表紙かくし

1.佐野氏の執筆責任放棄
佐野眞一氏は,自著記事「ハシシタ 奴の本性」(週刊朝日10月26日号)について,次のようなコメントを出されたという。

「記事を執筆したノンフィクション作家の佐野眞一氏は、朝日新聞出版を通じコメントを発表。「記事は『週刊朝日』との共同作品であり、すべての対応は『週刊朝日』側に任せています」と説明し、「記事中で同和地区を特定したことなど、配慮を欠く部分があったことについては遺憾の意を表します」とした。」(毎日新聞ネット版10月19日)

しかし,すべての対応を週刊朝日側に任せるというのは,文筆家にとって命よりも大切なはずの執筆責任(文責)の放棄ではないのか?

『週刊朝日』表紙を見ても,朝日新聞広告を見ても,記事キャプションを見ても,執筆者として佐野氏の名前が大書され,取材班2名の名は全然記載されないか,ごく小さく記載されているかのいずれかだ。

この連載記事は,佐野氏の執筆である「はず」であり,第一の執筆責任が佐野氏にあることは明白である。佐野氏は,著者(author)として「ハシシタ 奴の本性」を書き,自著として権威づけた(authorised)のであり,その創作行為には当然,創作者(author)としての責任がある。

もし自分の名を冠した作品に対する責任を回避するなら,佐野氏は作家としての権威(authority)を失ってしまうだろう。

2.朝日の表紙隠し
一方,朝日新聞は,『週刊朝日』10月26日号の表紙画像を,ネットサイトから削除してしまった。

ハシシタ 橋下徹のDNAをさかのぼり本性をあぶり出す」とデカデカと書いてしまったのが,いまとなっては恥ずかしく,あわてふためいて表紙画像ファイルを削除したらしい。

こんな表紙画像を残しておくと,血統主義・人種主義の応援団としての,人権無視の旗手としての,朝日新聞の「本人も知らない本性」が,あぶり出すまでもなく一目瞭然だからであろう。

橋下市長のDNAは暴いてもよいが,朝日新聞のDNAは見せてはならない!

が,これは猿知恵。大慌てで表紙画像ファイルだけを削除してしまったため,あちこちで醜いリンク切れが発生,「×」「×」表示となってしまった。大手サイトにはあるまじき醜態。リンク元画面の修正すらできないほど,朝日新聞は動転しているのだ。



  ■ 表紙画像が削除された朝日ネットサイト

しかし,これは頭隠して尻隠さず。朝日新聞DNAを明記した『週刊朝日』表紙は,削除以前にコピーされ,ネット上にまき散らされた。ネット時代には,頭は隠せても,尻は隠せない。

ネットが続く限り,朝日新聞は血統主義・人種主義・優生思想のDNA――本人も知らない本性――を原罪として背負い続けなければならない。

どう贖罪するのか? 本性としての原罪と真摯に向き合うことなくして,これから先,朝日新聞が何を言おうと,その原罪の故に,結局は誰にも信じてはもらえないだろう。

朝日と佐野氏の優生思想:「ハシシタ 奴の本性」の危険性

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/10/22 at 16:32