ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘個人情報

OneDriveか外付けHDか?

マイクロソフトがOneDriveを喧伝するので,つい魔が差し,インストールしてしまった。

まさに一瞬のこと,パソコンのファイル構成が根本から勝手に変更されてしまった。しかも,ホームページ用ファイルについては,リンクまで書き換えられた(他ソフト介在かもしれないが)。もう,お手上げ。

パソコンは全くの素人で,だからこそもっとも単純明快なファイル構成にしてきた。大切なファイルは,外付けハードディスクにその都度保存。手間はかかるが,ファイル構成や所在がすぐ分かり,混乱はなかった。

ところが,OneDriveをインストールし同期させたとたん,大混乱,どのファイルが,どこにあるやら,見当もつかなくなった。

これは大変と,OneDriveとの同期を切断したが,どうやら元には戻らないらしい。これまで使用してきた外付けハードディスクですら,同期切断状態では認識困難になってしまった。

素人の希望的観測にすぎないが,OneDriveとの同期を切断したまま使用し続ければ,そのうち少しずつファイル構成が同期以前の状態に自動修正されていくのかもしれない。が,たとえそうだとしても,不便この上ない。

このところの情報技術の進歩は,OneDriveに見られるように,目覚ましい。便利になった反面,素人には,情報がたとえ自分のものであっても自分ではコントロールしきれなくなってきた。先日も,10年以上,いや多分20年位前の知人のデータが,「お友だちでは?」と画面に出てきて,びっくり仰天。インターネット上か,ネット接続の誰かのパソコンに保存されていて,何かのきっかけで蘇り,私に通知されたのだろう。本人は知る由もない。

いまや,人間関係だけでなく,読書や趣味や衣食住の好みなど,たいていのことは,ネットの方が,本人よりも,よく知っている。そんな時代になったのだ。

このネット時代に,外付けの独立ハードディスクに情報保存し続ける人は,石貨をため込む現代の古代人と見られても致し方あるまい。やれやれ。

(c) 谷川昌幸

Written by Tanigawa

2021/06/11 at 17:33

カテゴリー: 社会, 情報 IT

Tagged with , , ,

スマホで悪戦苦闘

いまさらながらスマホ・デビュー。MSオフィス付属の宣伝につられウィンドウズ10モバイル格安スマホを買ったが,パソコンともケイタイとも全く別物,四苦八苦,どうにもならない。

まず驚き,恐怖におののいているのが,データ・リンク。指示通りやると,あらゆる個人情報が全部リンクされてしまう。丸裸。これはイカンと慌て,位置情報など,はずせるものを一つ一つはずしているが,どこまで切り離せるか,皆目見当もつかない。スマホは,恐ろしい道具だ。

次に,操作。これが,よくわからない。ちょっと触ると,勝手に電話したり,メールを送り始めたりしてしまう。電話帳掲載の皆さんには,不審な電話やメールが行くかもしれませんが,平にご容赦を。

そして,スマホは,これほど不便で危険な,金食い虫の道具のくせに,実際には役立たずだ。何とか使えるのは,せいぜいツイッター程度の情報交換。少し意味のある情報の取得や資料の作成などには,ほとんど役立たない。このスマホに比べたら,ソニーEペーパーの方がはるかに立派だ。印刷物に近いA4の大画面で,目が疲れないし,薄く軽く,電池も充電を忘れるほど長持ちする。

といっても,スマホ全盛,大勢には抗いがたく,自分のホームページがスマホでどう表示されるか,見てみた。ワードプレス版の方は,さすが専門家,スマホでもうまく表示できるように工夫されていた。一安心。

ところが,20年ほど前から公開してきた自作ホームページの方は,パソコン画面では問題ないが,スマホだと体裁が悪く,見られたものではない。これはイカンと,あわてて表紙だけ作り替えたが,積年のプログラムの残滓が残っているらしく,スマホではうまく表示できない部分が残っている。IT素人の悲哀。そのうち,何かの拍子でプログラムのゴミがとれるかもしれないので,しばらくはご容赦ください。

160421a 160421b
 ■スマホ表示: ホームページ版/ワードプレス版

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/04/21 at 09:50

カテゴリー: 情報 IT

Tagged with ,

共通番号制度法とパノプチコン社会

共通番号制度法が2013年5月24日,自民,公明,民主,みんな,維新の賛成多数で可決成立した。反対は,共産,社民,生活など。

朝日記事(5月22日)によれば,2015年10月から,全国民に11桁の番号が振られ,下記のような個人情報が,その番号で一元管理される。運用は2016年1月から。

【収入や資産】
・給料や家族の状況 ・保有する不動産やその評価額
【医療・年金・福祉など】
・かかった医療機関や医療費の金額 ・医薬品による副作用の救済 ・新型インフルエンザなど感染力が強い病気での入院 ・年金の保険料や年金額 ・確定拠出年金(日本版401k)記録 ・介護保険の保険料やサービス利用 ・身体障害者手帳の交付 ・障害者支援施設などへの入所 ・障害者に対する自立支援給付 ・公営住宅を借りた記録 ・生活福祉資金貸し付け ・生活保護に関する記録 ・被災者生活再建支援金の支給 ・石綿による健康被害救済のための遺族給付 ・中国残留孤児への支援給付 ・心神喪失の状態で重大な他害行為を行った人の診断や治療
【雇用】
・雇用保険の失業給付 ・労災保険の給付 ・未払い賃金の立て替え払い ・職業訓練を受ける人への給付金
【子育て・教育】
・母子健康手帳の交付 ・受けた予防接種の時期や種類 ・児童手当の支給 ・高校の就学支援金 ・日本学生支援機構からの奨学金 ・学校でのケガなどに支給される日本スポーツ振興センターの給付金 ・里親の認定

この共通番号制度は,住基ネットやIC免許証(下記リンク参照)などとは桁違いに使い勝手のよいシステムだ。個人情報の宝の山。こんなおいしい情報は狙われ,あるいはあまりの巨大さ・複雑さのため「不注意」や「事故」で,必ず漏れる。そして,いったん漏れたら,その悪用による被害は広範・深甚で,回復はほぼ不可能だ。

いや,たとえ漏れ悪用されなくとも,この制度は権力による「善用」の方がむしろ恐ろしい。市民は,権力の前で丸裸にされ,優しく管理される。四六時中見守られ,どこにも隠れるところはない。プライバシーはない。

見えないところ,たとえば風呂場や寝室やトイレは,見えるところよりも本質的に危険である。強盗,痴漢,変質者が侵入するかもしれないし,あるいは病気や事故で生命が危うくなるかもしれない。だから,安全第一とするなら,防犯カメラや見守りカメラをつけ,誰かが,常時,見ている体制をとるべきである。

しかし,たいていの人は,そのような場所へのカメラ設置は拒絶する。なぜなら,いつも見られていることに,人は耐えられないからである。完全無影の白日の下,人は人としては生きられないと,直感的に感じ取る。人間の本性は,隠れつつ見せること,あるいは見せつつ隠すところにある。

共通番号制は,その人間本性への挑戦である。万人監視の「パノプチコン社会」への原理的転換。むろん,このパノプチコン社会でも生きられないことはないが,それは隠れることを一方の本性とする人間ではなく,生物としてのヒトにすぎない。

【参考】
ネット魚拓と「ログ保存法」
フェイスブックの恐怖(2)
フェイスブックも金次第?
フェイスブックとツイッター:現代の神の地上における代理人
Facebookの恐怖・再説
IT企業に丸裸にされる市民
危険なIC免許証,暗証番号の無効化を

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/05/26 at 10:11

Facebookの恐怖

谷川昌幸(C)
Facebookは,いったん登録したら,個人情報の完全削除は素人にはまず不可能だ。
 
半年前,知人に誘われ登録したとたん,Facebookの危険性に気づき,個人情報を削除しようとした。しかし,どうしても完全削除は出来ない。しかも,パソコンを立ち上げたら(あるいはIEを使用したら),自動的にFacebookに接続し,情報を盗られている。他の全サイトからサインアウトしても,Facebookだけはサインイン状態で残っている。マイクロソフトとグルではないか? 悪質なウィルスと同じだ。
 
これから,この種の「ソフト全体主義」ソフトが増え,個人情報をひそかに盗み取られることが多くなるであろう。ネット切断して,ヒマラヤ山中にこもるより仕方あるまい。
 
Facebookの完全削除方法をご存じの方,ぜひお教え下さい。
 
▼Facebookの登録を解除すると,次のような通知がくる。
 
「こんにちは、○○○○さん。Facebookアカウントが停止されました。元のログイン用メールアドレスとパスワードを使ってログインすると、いつでも利用を再開できます。再開後は以前と同様にサイトをご利用いただけます。よろしくお願いいたします。Facebookチーム」
 
 そして,解除したアドレスでアクセスすると,個人情報はちゃんと保存されていて,次のような返事がくる。
 
aaaa@bbb.comで登録されたFacebookアカウントが再開されました。アカウントを復活させた覚えがない場合は、ヘルプセンターをご覧ください。よろしくお願いいたします。Facebookチーム」
 
■Okanoさんという人の回答がネット上にありました。たしかこれもやったはずなのだが,もう一度やってみます。プロフィールはすでに全部書き換え,アドレスはでたらめ,年齢は1900年生まれ108歳,ということになっていますが。
 
「かつて、 Facebook のアカウントは停止できるけれども抹消できないと書いたことがありますが、現在では抹消もできるようになっているようです。ただし、設定画面にある "deactivate" は相変わらず一時停止で、 deactivate しても再度ログインすればいつでもアカウントは再開されます。本当にアカウントを抹消したければ、 Facebook にログインした後でhttp://www.facebook.com/help/contact.php?show_form=delete_accountにアクセスして "Submit" ボタンをクリックします。その後、パスワード等を入力して手続きが完了すると、 14日後にアカウントが抹消されるということです。」

Written by Tanigawa

2009/10/06 at 09:20

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。