ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘公職選挙法

自民党とネパールのキリスト教

自民党が「ネパールのXマス(X’Mas in Nepal)」にも選挙向け党宣伝を出している。畏れ多くも、イエス・キリスト様の頭の上だ。

X‘mas」の「X」は、理論的には何でも入りうる。東条英機氏でもヒトラー氏でも、「X」は代表できる。その「X‘mas」に、自民党は党宣伝広告を出しているのだ。

これが、インターネットの記事連動広告の怖さ。自民党がイエス・キリスト様の頭上で宣伝するのも畏れ多いが、もしこれがナチスや日本軍国主義だったら、どうするのだろう。カギ十字と一緒になって党宣伝をするつもりだろうか?

自民党は、自党のインターネット宣伝をコントロールできていない。垂れ流し。民主党や未来の党も同じだが、特に自民党はひどい。選管に注意される前に、自主的に判断し、適切な場所での宣伝に限定すべきだろう。

121212a ■イエス頭上の自民党広告

ところで、ネパールの今年のクリスマスは」、どうなるのだろう。11月には、早くもこのような宣伝が、書店に掲示されていた。

121212c 121212b
 ■クリスマスコンサート宣伝

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/12/12 at 14:50

民主、未来もネット党宣伝

今日(12月10日午後)、ネットを見たら、政党の選挙向け党宣伝が急拡大していた。自民党と民主党が中心だが、「未来」もやっている。外国新聞と党宣伝を連動させるのは、どう考えてもフェアでないし、危険でもある。政党は、 ネット上の党宣伝広告をどうコントロールするつもりだろう。

マオイスト準機関誌 “Red Star”にも自民党宣伝が出ているかと期待したが、残念ながら、まだのようだ。新華社にも出ていない。あと数日、大いに期待している。

選挙向けネット党広告(12月10日午後現在、クリック拡大)

121210 121210a 121210c  121210d 121210e 121210f 121210l 121210g 121210h 121210i 121210j 121210k 

選挙向けネット党広告を表示していない主要メディア(12月10日午後現在)
Red Star,新華社, Outlook-India, BBC, The Times, The Economist, New York Times, Zeit, Le Monde, CNN, Himal, 朝日、日経、産経、東京、中日

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/12/10 at 19:21

カテゴリー: 選挙, 情報 IT

Tagged with ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。