ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘包摂参加

未完議会で重要審議見切り発車

第2次制憲議会は,まだ内閣指名26議席が決まっていない。各種集団が包摂参加を要求し圧力をかけているが,主要政党は,談合により,とりあえず下記の配分を決めてしまったらしい。第4党の国民民主党(RPP)は排除されている。
  ・コングレス党(NC)——— 9
  ・統一共産党(OPN-UML)–7
  ・マオイスト(UCPN-M)—– 5
  ・その他———————- 5

しかも,制憲議会は厳密にはまだ未成立にもかかわらず,主要3党は,見切り発車で重要事項を次々と決定している。
  ・第1次制憲議会の審議結果の継承
  ・憲法起草委員会(68議員)など,各種委員会の構成・発足
  ・高等政治委員会(HLPC)の再開
140330■LGBT指名議席を要求しているBLue Diamond Society

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/03/30 at 11:31

カテゴリー: 議会, 憲法

Tagged with , , ,

制憲議会選挙2013(37):指名議席争奪

制憲議会議長と首相が選出されたので,いま最大の課題となっているのは,先述の大臣ポストの配分と,最後に残った内閣指名26議席の選考。

このうち26議席の配分方法は,外から見ていると,なにがなにやら,まったく分からない。新聞報道では,どうやら各党ボスのコネ選考らしく,その筋目当てに各種圧力団体が猛然と圧力をかけているそうだ。

大義名分は,もちろん包摂参加。1月初め時点での社会集団別議席配分は,次の通り(Republica, 4 Jan)。

          第一次制憲議会第二次制憲議会
女性・・・・・・・・・・・・ 197 / 172
障害者・・・・・・・・・・  3 /   0
性的少数派・・・・・・  1 /   0
ダリット・・・・・・・・・・   50 / 40
ジャナジャーティ・・  218 / 183

女性団体は,女性議員は前回は憲法規定通り1/3だったのに,今回は規定数に達していないとして,指名議席の半分(13)を女性とせよ,と要求している。

障害者団体や性的少数派は,議席ゼロとなったので,自分たちに優先的に議席を割当よ,と要求している。包摂参加は憲法原則なので,彼らの主張にはもっともな根拠があるわけだ。

このようなクォータ制(比例割当)は,諸集団の公平な政治・社会参加の推進には顕著な即効的効果を持つ。たとえば,女性議員33%は,おそらくアジアNo.1であり,日本など足下にも及ばない。性的少数派も,議会に代表を出したこともあって,「第三の性」を公認させ,次は「同性婚」の早急な法制化を要求している。

民主主義制度でも法制度でも,日本はアジアの先進国というのは,もはや何の根拠もない幻想にすぎない。21世紀の民主主義と人権の観点からは,日本はアジアの後進国である。

が,それは認めるとしても,クォータ制的包摂参加に別の問題があることもまた事実である。いうまでもなく,アイデンティティ政治の危険性であり,あるいは少数派の中の少数派の権利の問題などである。そもそも,「制憲議会選挙令」で認められている複数アイデンティティ(複数社会集団帰属)の問題は,今回の選挙において,いったいどのように扱われたのだろう? わけが分からない。

それはともかく,ネパール政治は,大いなる実験政治。そこから日本が学ぶべきことは,少なくない。もはや民主化支援・人権支援など,おこがましい。
140221c140221b
■「ミスター&ミス第三の性2010」/デモ行進(Blue Diamond Society

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/02/21 at 11:31

制憲議会選挙2013(36):比例制-2

5.当選者名簿の作成
比例制獲得議席数の選管発表後,各党は,拘束式候補者名簿掲載候補者の中から,「党中央執行委員会」において獲得議席数に見合う数の当選者を選考して当選者名簿を作成し,それを選管に提出する[7(7)]。

この当選者名簿が選挙令の包摂規定に適合していない場合は,3日以内に訂正し,再提出する。ただし,各社会集団につき,10%以内の過不足は認められる。しかし,それでもなお規定に適合していない場合は,選管は,その党提出当選者リストを選挙令の包摂規定に適合しているものとみなす[7(8)-(12)]。

以上が,比例制当選者の選考方法らしい。「らしい」というのは,選挙令のこの部分,つまり第7条(7)-(12)は,何回読んでもよく分からないから。ネパール法実務家であれば分かるのだろうが,私にはお手上げ。だから,上記は,たぶん,そのような意味だろうというにすぎない。もし間違っていたら,後日訂正する。

6.当選者名簿:コングレス党の場合
当選者名簿の選管提出期限は,2013年12月30日。各党とも当選者選考でもめにもめたが,たとえば大勝し第一党となったコングレス党(NC)は,下記のような当選者名簿を作成し選管に提出した。

 ▼NC比例制当選者の社会集団別配分
  獲得議席数:91[100%]
  ・女性:46[50.5%]
  ・周縁的民族/先住民族:34(女17)[37.4%]
  ・マデシ:26(女13)[28.6%]
  ・ダリット:12(女6)[13.2%]
  ・後進地域:3(女2)[2.2%]
  ・カス・アーリア他:30(女15)[33.0%]

この社会集団別割当は,後進地域はやや少ないが,それを除けば選挙令の規定にほぼ適合している。

こうした社会集団別割当,ないしクォータ制が,根深い政治的・社会的差別の是正に大きな効果を発揮することはいうまでもない。たとえば,女性50.5%やダリット13.2%などは,人民戦争以前であれば夢のような考えられない数字であろう。日本でも,女性の力を本気で活用したいのであれば,ネパールに学び,議員定数の半分を女性とすべきであろう。

しかし,その一方,ネパールの包摂的比例制には問題も多い。たとえば,NC青年指導者ガガン・タパらによると,コイララ議長とデウバ幹部は比例制議席を5:4ないし6:4で山分けする密約を結んでいたという。事実,ほぼその通り,獲得議席91がコイララ派に55,デウバ派に36配分された。また,地域的にみると,25郡がゼロであるにもかかわらず,ヤダブ大統領やB・ニディの地元ダヌサ郡8,コイララ議長地元バンケ郡5,ポウデル副議長地元タナフ郡3となっている(ekantipur & Republica, 31 Dec.2013)。

身内優遇も相変わらず。デウバ幹部の妻アルズ・ラナ・デウバやコイララ一族のスジャータ・コイララなどが比例制から選出されている。

包摂的クォータ制は,構造的差別是正に有効な反面,議員選出過程が複雑となり,それだけ不透明となりやすい。また,アイデンティティ政治の危険性もつきまとう。この点については,別に論じる。

▼コングレス党比例制候補者・当選者
(候補者名簿番号-候補者名-[当選者名簿番号] 赤字=当選者

1 Chitra Lekha Yadav [1]
2 Gopal Man Shrestha [2]
3  Kul Bahadur Gurung [3]
4 Lila Koirala [4]
5 Dil Bahadur Gharti [5]
6 Narendra Bikram Nembang [6]
7 Pradeep Giri [7]
8 Gyanendra Bahadur Karki [8]
9 Minendra Prasad Rijal [9]
10 Prakash Sharan Mahat [10]
11 Man Bahadur Bishwakarma [11]
12 Sujata Koirala [12]
13 Manmohan Bhattarai [13]
14 Mahalaxmi Upadhyay Dina [14]
15 Anandaprasad Dhungana [15]
16 Suryaman Gurung [16]
17 Kamala Panta [17]
18 Ambika Basnet [18]
19 Dhanraj Gurung [19]
20 Mahendra Yadav [20]
21 Surendraraj Pandey
22 Ratna Sherchan [21]
23 Min Bahadur Bishwakarma [22]
24 Badri Prasad Pandey [23]
25 Jeevan Pariyar [24]
26 Ishwari Neupane [25]
27 Sita Gurung [26]
28 Kavita Kumari Sardar [28]
29 Minakshi Jha [28]
30 Sujata Pariyar [29]
31 Rajan Prasad Panta
32 Kumari Laxmi Rai [30]
33 Mina Subba
34 Baburam Rana
35 Chinkaji Shrestha [31]
36 Ram Chandra Pokhrel [32]
37 Sukraraj Sharma
38 Ashok Koirala [33]
39 Laxman Bahadur Basnet
40 Shivaraj Joshi
41 Jeet Bahadur Puri
42 Narayan Prasad Koirala
43 Ganesh Prasad Bimali [34]
44 Harihar Acharya (Birahi)
45 Shyam Kumar Ghimire
46 Jagadishwar Narsingh KC [35]
47 Haribol Bhattarai
48 Narayan Prasad Gaudel
49 Sunil Rana
50 Tarani Datta Chataut [36]
51 Madhu Prasad Acharya
52 Tilak Bahadur Rana Bhat
53 Rameshwor Prasad Khanal
54 Yadunath Khanal
55 Yubaraj Sharma
56 Bharat Bahadur Khadka [37]
57 Shanker Prasad Pandey
58 Krishnalal Sapkota
59 Jagannath Paudel
60 Kedarnath Koirala
61 Mohan Gyawali
62 Shankar Giri
63 Dhruba Wagle [38]
64 Chandra Bahadur KC
65 Baldev Bohara [39]
66 Mohan Raj Malla
67 Keshav Prasad Bhattarai
68 Lalit Adhikari
69 Mangal Bahadur Shahi
70 Giriraj Gautam
71 Krishna Singh Nayak
72 Sunil Kumar Bhandari
73 Narendra Bahadur Singh
74 Arjun Kumar Pokhrel
75 Dharmaraj Neupane
76 Jagat Prasad Joshi
77 Khuma Prasad Aryal
78 Rama Paudel (Guragain)
79 Krishna Kumari Paudel (Khatiwada)
80 Taradevi Bhurtel
81 Sarita Prasain [40]
82 Rukmini Devi Koirala
83 Shanta Rijal
84 Tulasa Acharya
85 Madhu Shahi Thakuri [41]
86 Kalyani Devi Rijal
87 Ambika Subedi
88 Laxmi Thapa
89 Kamala Thapa
90 Bijula Kumari Barma
91 Bishnu Devi Pudasaini
92 Dhan Kumari Khatiwada
93 Srijana Adhikari
94 Sushila Dhakal (Acharya)
95 Saroj Malla
96 Rama Aryal
97 Anita Devkota [42]
98 Kiran Koirala
99 Juna Kumari Dani
100 Rita Shahi [43]
101 Mithu Malla [44]
102 Parbati Chand
103 Leela Kumari Nepal
104 Chandra Devi Joshi [45]
105 Maina Karki
106 Dr Arzoo Rana Deuba [46]
107 Dipsikha Sharma Dhakal [47]
108 Uma Regmi
109 Dr Dila Sangraula
110 Omkala Gautam
111 Rama Koirala Poudel
112 Sheela Sharma Khadka [48]
113 Kalpana Devi Chokhal
114 Saraswoti Aryal Tiwari
115 Amrita Shahi
116 Nirmala Chhetri
117 Prasis Mahara
118 Narayani Rayamajhi
119 Urmila Nepal
120 Manju Khand
121 Parbati Devi Jaishi
122 Divyaswori Shah
123 Karobati Danuwarni
124 Ramkumari Malahin
125 Mukta Kumari Yadav [49]
126 Sangeeta Mandal Dhanuk [50]
127 Saraswoti Giri
128 Basmati Devi Giri
129 Kaushar Shah [51]
130 Anju Singh Chaudhary
131 Jamila Miya
132 Malati Devi Srivastav
133 Rashmi Thakur [52]
134 Mohammadi Siddiki
135 Lakhi Kumari Ganesh
136 Sarwat Ara Khatun Haluwaini [53]
137 Prameswori Pathak
138 Richa Dwebedi
139 Rekha Kaur Prasain
140 Saroj Kumari Yadav
141 Jibachhi Kumari Yadav
142 Mamata Srivastav
143 Laxmina Devi Rauniyar
144 Munni Kumari Gupta
145 Geeta Kumari Yadav
146 Tapeswori Devi Yadav
147 Surya Mati Upadhya
148 Fulkaliya Kurmini
149 Nagina Yadav
150 Kunti Kumari Yadav
151 Saraswoti Devi Harijan
152 Kunti Pasin
153 Mira Kumari Nepali
154 Prameela Devi Das [54]
155 Kumari Devi Musahar
156 Mohani Safi
157 Shyam Devi Pasman
158 Usha Gurung [55]
159 Krishna Amatya
160 Maji Gurung (Akala Gurung)
161 Sarita Gurung
162 Rajya Laxmi Shrestha [56]
163 Chandra Laxmi Tamrakar
164 Man Kumari Gurung
165 Saraswoti Bajimaya [57]
166 Pushpala Lama [58]
167 Dhan Kumari Thapa
168 Devaki Shrestha
169 Anu Gurung
170 Bishnu Kumari Limbu (Dahal)
171 Renuka Kaucha
172 Jeevan Dangol
173 Binda Devi Ale Rana [59]
174 Kusum Devi thapa
175 Uma Thapa
176 Deepak Roka Magar
177 Hari Prabha Khadgi
178 Hari Maya Gurung
179 Hira Gurung
180 Anjana Tamli [60]
181 Chandra Maya Limbu
182 Hema Laxmi Rai
183 Yamuna Devi Shrestha
184 Subarna Jwarchan [61]
185 Urmila Thapa
186 Anjani Shrestha [62]
187 Leela Subba
188 Lalita Kingring Magar
189 Lalitkala Gurung
190 Mahendra Kumari Limbu [63]
191 Rajani Amatya Jonchhe
192 Bijaya Shrestha KC
193 Manorama Sherchan
194 Maya Rai
195 Om Devi Malla Joshi [64]
196 Sunayana Palikhe Shrestha
197 Chiude Lama
198 Tika Kumari Budha
199 Sita Shrestha
200 Sita Kumari Rana
201 Bharati Gurung
202 Radha Ghale
203 Rekha Gurung
204 Kalpana Sop [65]
205 Bimala Nepali
206 Asha BK [66]
207 Rajan Bishwakarma
208 Kopila BK
209 Rupa BK
210 Nani Maya Neopali
211 Kopila Bohara
212 Laxmi Pariyar Sewa
213 Bishnu Maya Pariyar [67]
214 Radhika Bhujel
215 Uma Kumari Badi
216 Fulawati Rajbansi
217 Malati Devi Chaudhary
218 Namita Kumari Chaudhary
219 Pati Tharuin
220 Sabitri Devi Chaudhary [68]
221 Pampha Dhimal
222 Pepi Tharuni
223 Saraswati Chaudhary
224 Bhoteni Devi Khawas [69]
225 Laxmi Devi Bhandari [70]
226 Ganga Devi Chaudhary
227 Sundari Devi haruni
228 Dhamendra Bikram Nembang
229 Bikemndra Kumar Limbu
230 Dinesh Rai
231 Srawan Kumar Rai
232 Mohan Kumar Rai [71]
233 Pratap Singh Lama
234 Dhruva Shrestha
235 Dil Man Pakhrin [72]
236 Ourna Bahadur Tamang
237 Mohan Kumar Singh Mathema
238 Hira Lal Tandukar
239 Ananda Raj Joshi
240 Hari Prasad Shrestha
241 Pramod Kumar Shrestha
242 Raj Kumar Nakarmi
243 Dinbandhu Shrestha
244 Kalyan Kumar Gurung
245 Durga Bahadur Ranamagar
246 Amar Singh Pun [73]
247 Jhul Bahadur Aley [74]
248 Gajendra Bahadur Aley
249 Tama Bahadure Daire
250 Bhim Bahadur Dura
251 Rabindra Raj Shrestha
252 Lal Kaji Gurung
253 Dibya Mani Rajbhandari
254 Tek Prasad Gurung
255 Chandra Dwaj Gurung
256 Indra Bahadur Gurung
257 Jeevgan Prem Shrestha
258 Manohar Narayan Shrestha [75]
259 Angelu Sherpa
260 Pradip Kumar Sunuwar
261 Thal Kumar Linkha
262 Ravi Prakash Rai
263 Ganesh Bahadur Thapa (Magar)
264 Nabin CXHitrtakar
265 Raju Shrestha
266 Meena Kumari Srivastava
267 Arjun Kumar Shrestha
268 Lal Bahadur Ghale [76]
269 Buddha Lama
270 Kawel Bahadur Lama (Tamang)
271 Tsering Kapne Lama
272 Bhusandwaj Rajalwat
273 Kadga Bahadur Basyal [77]
274 Man Bahadur Nepali
275 Jayaram Tamata
276 Bijul Kumar BK Dulal
277 Lilman Damai
278 Karnabir Kami
279 Shiva Narayan Gangai
280 Ranjit Karna [78]
281 Amiya Kumar Yadav [79]
282 Bhola Pajiyar
283 Upendra Prasad Chaudhary
284 Harishanker Mishra
285 Upendra Prasad Kushwaha
286 Ram Shrestha Prasad Shah
287 Abdul Kalam Musalman
288 Lal Babu Singh Bhuinyar [80]
289 Matrika Prasad Yadav
290 Mukinath Yadav
291 Badshah Kurmi [81]
292 Abdul Hameed Siddiqui [82]
293 Rijwan Ahmed Shah
294 Dr Suresh Kumar Kanaudiya
295 Dharmendra Jha
296 Shashi Kanta Agrawal
297 Mahesh Kumar Jaju
298 Medani Mahato Dhanuk Mandal
299 Amrit Lal Rajbansi [83]
300 Ghuran Majhi
301 Birendra Kumar Majhi
302 Shanti Devi Chaudhary [84]
303 Mohan Chaudhary
304 Lahuram Tharu
305 Buddhi Sagar Chaudhary [85]
306 Smriti Narayan Chaudhary
307 Haresh Prasad Mahato [86]
308 Om Prakash Sharma
309 Narendra Prasad Mishra
310 Sheikh Rasheed Ali
311 Om Prakash
312 Kishori Shah
313 Mukhtar Ahmed [87]
314 Bhagirath Kumar Poddar
315 Rakesh Kumar Singh
316 Bashishta Narayan Prasad Kurmi
317 Basi Ullah Musalman
318 Dilli Bahadur Chaudhary [88]
319 Pyare Lal Rana [89]
320 Ramasamajha Chaudhary
321 Shyam Lal Rana Tharu
322 Bhagwati Prasad Tharu
323 Som Prasad Chaudhary
324 Ram Sundar Maharaf
325 Surya Dev Das Urao
326 Bangali Hajara Dusad
327 Maikulal Balmiki [90]
328 Sita Mijar
329 Padma Singh BK
330 Lok Bahadur Biswokarma
331 Narbhan Kami [91]
332 Bir Bahadur Sunar
333 Shambhu Hajara Dusad
334 Dharmandra Paswan
335 Ram Baran Paswan

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/02/10 at 18:21

制憲議会選挙2013(30):制憲議会議員選挙令2070年

制憲議会選挙は,「制憲議会議員選挙令2070年」に則り実施された。先述のように,ネパールの現在の最高意思決定機関は,事実上,「高等政治委員会(HLPC)」なので,この選挙も,HLPCの監督の下に,レグミ選挙管理内閣が実施したといってもよいだろう。

1.「11項目合意」とHLPCの設置
旧議会の4大勢力,マオイスト,コングレス党,統一共産党,統一マデシ戦線は2013年3月13日,「11項目合意」を締結し,(1)選挙管理内閣の構成,権能,および任期,(2)高等政治委員会(HLPC)の構成と権能,(3)制憲議会の議員定数と任期,などを取り決めた。いずれも立法,行政,司法の根本に関わる規定であり,見方によれば,暫定憲法よりも上位の,事実上の暫定国家根本法といってもよいだろう。

この「合意」により,HLPCには「政府を支援する」広範な権限が付与され,制憲議会選挙もHLPCが指導する選挙管理内閣により実施されることになった。HLPCの初代委員長は旧制憲議会の最大政党であったマオイストのプラチャンダ議長(2013年3月16日より1か月)。

2.「11項目合意」における制憲議会選挙実施要領
「11項目合意」は,制憲議会選挙について,以下のように取り決めた。
(1)制憲議会選挙は,2013年6月21日までに実施する。もしそれまでに実施できない場合は,選挙実施を12月15日まで延期することができる。
(2)制憲議会議員定数:491(小選挙区制240,比例制240,内閣指名11)。議会は,すべての社会諸集団(女性,ダリット,被抑圧カースト/共同体,先住民族,後進集団,マデシ,農民,労働者)の比例代表となるようにする。
(3)制憲議会は,憲法制定完了まで,立法議会の権能を持つ。
(4)投票権は18歳以上のネパール国民。
(5)この合意に基づき,選挙管理委員会は,選挙を準備し実施する。

3.「制憲議会議員選挙令」の制定と改正
高等政治委員会(HLPC)の指導する選挙管理内閣の下で制憲議会選挙が実施されることが決まると,NK・ウプレティ選挙管理委員長は「制憲議会議員選挙令(案)」を作成し,政府に提出した。

この選管案は,基本的には「11項目合意」に沿ったものだが,それに加え(1)比例制においては得票率1%以下の政党には議席を配分しない,(2)立候補者の資産公開,の2項目も追加されていた。

このうち,比例制得票率1%以下切り捨ては,コングレスや統一共産党は賛成したが,他党は小政党軽視だとして激しく反発した。また,もう一つの立候補者の資産公開も,なぜか(?!)不評。

結局,3月の「11項目合意」で約束された6月選挙実施は不可能となり,政府は6月19日,上記2項目を削除した「制憲議会議員選挙令」を制定し,11月19日を選挙実施日と発表した。これに合わせて暫定憲法も改正された(改正後の法文未確認)。

しかし,その後もHLPCの指導するレグミ内閣の下での選挙への反発は強く,8月15日には連邦民主戦線(ウペンドラ・ヤダブ議長)の要求に譲歩し,HLPCは比例制(PR)議席を増員し335とすることを認めた。さらに9月6になると,HLPCは今度は連邦社会党(アショク・ライ議長)の要求に譲歩し,内閣指名を26に増員し,議席総定数を以前とまったく同じの601議席に戻すことにした。いずれも,マデシや他の少数派諸集団への譲歩。包摂参加が大義名分だが,交渉過程,特に議席配分については,まったくもって不透明といわざるをえない。

こうして9月17日,レグミ選管内閣は,HLPCの決定に基づき,暫定憲法と「制憲議会議員選挙令」を改正し,11月19日に選挙を実施することを正式に決定したのである(改正後のいずれの法文も未確認)。

4.制憲議会議員選挙令2070年
制憲議会選挙は,この議員定数601に戻した「暫定憲法」と「制憲議会議員選挙令2070年」に則り実施されたはずだが,いずれも日本ではまだ入手困難である。憲法も含め,あまりにも改変が頻繁なため,最高裁や選管,あるいは弁護士会なども,最新の法令のHP掲載が間に合わないらしい。

そこで,以下では,選管と弁護士会が掲載している6月19日制定の「制憲議会議員選挙令2070年」を使用し,その規定の特質をみていくことにする。9月17日の改正は,議員定数の変更だけと思われるので,他の部分については,改正前のものを使用しても問題はないであろう。(もし定数以外の変更があれば,後日,訂正する。)

●संबिधन सभा सदस्य निर्वाचन अध्यादेश, २०७० (Election Commission HP)
●Ordinance on Election of Members of Constituent Assembly 2070 (Nepal Law Society, June 25, 2013)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/01/15 at 23:05

カテゴリー: 選挙, 憲法, 民主主義

Tagged with , ,

制憲議会選挙2013(27):コネとエゴの比例制

制憲議会選挙は2013年11月19日投票が行われ,小選挙区制240議席はほぼ確定したが,比例制335議席,内閣指名制26議席は,まだ未確定。

制憲議会は,比例制選出議員確定後21日以内に招集される。そして,そこで選出された新内閣が内閣指名制の26議員を指名し,これにより全601議員が確定,正式の制憲議会発足となる。先は長い。

1.比例制の理念と現実
選挙後,議会発足までにこれほど時間がかかり混乱するのは,いうまでもなくネパールの比例制に制度的な欠陥があるからである。

比例制(PR=Proportinal Representation)は,小選挙区制(FPTP=First-Past-The-Post)の欠陥を補うものとして,多くの国で,それと併用されてきた。周知のように,小選挙区制では,相対的多数得票者だけが当選するから,大政党に有利であり,小政党が当選者を出すことは困難である。立候補者が多ければ,たとえば30%位の得票率でも当選可能であり,この場合,残りの70%位はいわゆる「死票」となってしまう。ネパールでも,これを非民主的と考え,死票を減らし,多様な民意を正しく議席に反映させることを目標に,比例制が採用されたのである。

ところが,ネパールの比例制(PR)は有権者が立候補者に直接投票するのではなく,全国1区の政党への投票である(下図参照)。そのため,有権者の投じる1票とPR議員選出の間には,多段階の複雑な選考過程が介在する。そして,その選考過程は,あまりにも当然な成り行きだが,実際には不透明な交渉の場,政界ボスたちの格好の草刈り場となってしまっている。

131202a ■比例制投票用紙(見本)

2.当選者名簿作成の難航
比例制の開票はすでに完了し,各党の獲得議席数も確定している。コングレス党(NC)91,統一共産党(CPN-UML)84,マオイスト(UCPN-M)54,国民民主党ネパール(RPP-N)24,マデシ権利フォーラム民主(MJF-L)10,国民民主党(RPP)10,マデシ権利フォーラム(MJF)8,タライ・マデシ民主党(TMDP)7,サドバーバナ党5,ネパール共産党ML(CPN-NL)5,連邦社会党(FSP)5,他32。

このように各党のPR獲得議席数は確定しているにもかかわらず,各党とも当選者名簿の作成が当初の名簿提出期限までにはできなかった。しかたなく,選管は提出期限を3回延長し,12月30日を最終提出期限とした。それでも各党とももめにもめ,提出は各党とも締切ギリギリであった。しかし,それにもかかわらず,マデシ権利フォーラム(MJF)と連邦社会党は,結局,期限までに名簿を提出できなかった。といっても,そこはネパール,各党の当選者枠は無効とはならないし,名簿修正もとりあえず3日間,認められている。(これもまた延長されるのではないか)。というわけで,まだまだ当選者確定とはいかない。

3.コングレス党
この間のPR名簿作成過程は,複雑怪奇,混乱の極みといってよい。まず,大勝し第1党となったコングレス党(NC)。PR獲得議席数は91。当初,このPR議席をコイララ派60%,デウバ派40%に山分けすることになっていたが,ポウデル派が猛反発,33%よこせとゴネ始めた。NC議会委員会のPR議員選考基準は,次のようなもの。
 ・党への貢献
 ・党のために払った犠牲
 ・党政策プレゼン能力
 ・党組織指導力
 ・議員としての資質
しかし,こんな基準など,さじ加減でどうにでもなる。たしかに,12月30日時点での人選には首をかしげたくなるものもある。たとえば,
 ・SB.デウバ氏の妻
 ・中央執行委員某氏の妻
 ・GP.コイララの著名な娘某氏
 ・コイララ家の他の3人
このままもめ続けると,NC再分裂といったことにもなりかねない。

4.統一共産党
統一共産党(CPN-UML)も大勝し第2党となったが,PR議員選考をめぐり大混乱。12月28日のPR議席配分案は,以下の通り。
 ・カス・アーリア 27
 ・マデシ 22(男14,女8)
 ・ジャナジャーティ 25(男12,女13)
しかし,この選考はコネ,派閥優先であり,ジャナジャーティや人望のある有能な若手多数が外され,地域も偏っているとして,また実業家が党幹部に大金を払い議席を買ったとして,激しい非難攻撃を浴びせられている。

5.マオイスト
マオイスト(UCPN-M)は,大敗し第3党,PRは54議席にとどまった。この敗北責任問題もあり,PR議員選考は難航している。マオイストのPR議員選考基準は以下の通り:
 ・小選挙区候補の選挙応援
 ・党活動実績
 ・有能さ,誠実さ
 ・人民戦争負傷者
 ・重要な党活動における負傷者
 ・闘争中の行方不明者の家族
 ・闘争殉死者の家族
 ・小選挙区落選地域
 ・前制憲議会PR選出議員は欠格
 ・公職保有者は欠格
しかし,これらの基準はどうにでも解釈できる。結局,中央委員会ではPR議員選考ができず,党幹部のプラチャンダ議長,バブラム副議長,NK.シュレスタ副議長,PB.ポウデル書記長の4人に白紙委任することになった。中央委員全員が,白紙委任状に署名したというから,みっともないことこの上ない。

ところが,白紙委任された幹部4人もまた分裂,結局,プラチャンダが,事実上独断で選考し,選管に名簿を提出した。バブラム・バタライとNK.シュレスタの両副議長は不同意。3日間の名簿訂正期間内に修正するということらしいが,どうなるか,全く不透明。

PR議員選考をめぐっては,ダディンで12月31日,反対派が党事務所に押しかけ,放火した。また,1月1日には,ビルガンジで,プラチャンダ派とバブラム派が衝突,十数名が負傷した。およそ民主主義とは縁遠い。

6.RPP-NとMJF-L
もっとスゴイのが,国民民主党ネパール(RPP-N)。PR議員選考でもめたあげく,結局,反主流派中央委員20名が選管に新党「ネパール国民民主党(NRPP)」の登録を申請し,党は分裂してしまった。また,マデシ権利フォーラム民主(MJF-L)も,PR議員選考をめぐって大混乱となり,分裂してしまった。党副議長ら反主流派は1月1日,ガチャダル議長ら主流派がカネで買収されPR議員の選考をしたとして,党提出のPR名簿への異議申し立てを選管に提出した。

RPP-NやMJF-Lのような選挙直後の党分裂ともなると,政党へ投票する比例制は,ほとんど意味をなさない。同様の問題は,日本の「みんなの党」分裂についても,ある程度はいえるであろう。

7.簡素で運用可能な選挙制度を
このように見てくると,ネパールの比例制が民意を正しく議会に反映するという主張には,あまり根拠がないことは明らかである。欧米中心の民主化支援は,包摂参加民主主義の理念にとらわれ,アイデンティティ諸集団の正確な比例参加のための選挙制度を設計し,その制度通りの選挙を強力に支援した。が,結果は悲惨の一言に尽きる。机上設計の制度はあまりにも精緻・複雑なため,選挙実施に莫大なカネがかかるばかりか,議員選出過程も実際には不透明なエゴとカネまみれとなってしまったのである。

多文化・多民族のネパールでは包摂参加は避けられないが,制度はもっと簡素で安上がりの,運用可能なものとすべきであろう。簡素・安上がりだと,援助利権もボス利権も少なくなり,民主主義業界には歓迎されないだろうが。

[参照]Republica,28-29 Dec; Himalayan,28-30 Dec; ekantipur, 30-31 Dec.2013,1 Jan,2014

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/01/02 at 18:43

民族対立扇動非難に弁明,DFID

ネット版カンチプール(6月28-29日)によれば,訪ネ中のアラン・ダンカン英国国際開発大臣が,民族対立を扇動していると非難され,弁明に追われている。

イギリスを始め先進諸国や国際機関が,包摂参加民主主義の理念を押しつけ,民族連邦制を支援していることは周知の事実。民族(nation)は劇薬中の劇薬であり,欧米自身,幾度も手を出しては地獄を見てきたはずなのに,無責任にもネパールに持ち込み,案の定,二進も三進もいかない政治危機をもたらしてしまった。

これに対し,旧体制特権諸集団が非難の声を上げ始めた。英国国際開発省(DFID)など援助諸機関は,先住諸民族,下位カーストなどを援助し,民族州を支援することにより,民族対立・コミュナル紛争を扇動している,けしからん,というのだ。

ここで難しいのは,伝統的な支配カースト・支配諸民族には,そのようなことをいう資格はないということ。彼らこそが,旧体制下で長らく下位カースト・少数諸民族を差別・抑圧し搾取してきた張本人だからである。彼らに対し,被抑圧カースト・諸民族が権利を主張し,体制転覆を図るのは当然である。

しかし,この被差別カースト・諸民族の権利要求をどのように実現していくか,その具体的な手順は難しい。手っ取り早いのは,民族意識,コミュナル感情に訴え,集団としての権利を覚醒させ,そのために闘わせること。これは火をつけやすく,爆発的に拡大する。体制破壊にはこれ以上強力なものはない。しかし,それは本質的にアイデンティティ政治であり,既成秩序破壊はできても,コミュナル利害を超えた共通利害の構築には向かない。

欧米先進国は,近代の洗礼を受け,とことん近代をやってみた上で,「近代以後」に向かい,多文化主義的包摂参加民主主義の実験を始めた。「近代以後」は,いわば近代の修正・補完である。

ネパール旧体制派の欧米援助非難にも一理あるのは,先進諸国や国連機関が,そうした歴史的経験の差を無視し,欧米の最新理論をそのままネパールに持ち込み,ネパール社会を実験台として利用していると考えるからだ。あまりにも自分本位,傲慢で,けしからん,というわけ。

こうした背景があるから,DFIDダンカン大臣のインタビューも弁明にしか聞こえない。大臣はこう答えている――

「DFIDは中立・公平の立場に立ち,この国で活動している。」「ネパールが真に包摂的な社会にならなければ,永続的平和は実現しないと確信している。」DFIDは「ネパール政府自身の包摂政策の実現を支援している」。DFIDによる被抑圧諸集団への援助は,ネパール政府自身のこの政策への支援である。たとえば,「先住諸民族同盟(NEFIN)」への援助も,政治活動を活発化させたので,2011年には中止した。DFIDには,民族紛争扇動の意図は全くない。

かなり苦しい弁明だ。なぜなら「包摂参加」や「権力分有」あるいは「民族連邦制」をさんざん焚きつけてきたのは,欧米諸国や国連諸機関だからである。ネパールのような途上国が,民族集団・宗教集団・言語集団等の「包摂参加」による「権力分有」を目指せば,利害の公平な分有よりも対立・分裂抗争の方が先行し,何も決められず,結局はアナーキーになってしまう危険性が高い。そして,じじつネパールはそうなりつつある。

旧体制の理不尽なカースト差別,民族差別,性差別等々は,もはや許されない。それらは撤廃され,人権は平等・公平に保障されなければならない。それはそうだが,そこに外国や国際機関がどう関与するかは,難しい。正直,私にも分からない。しかし,少なくとも当事者の,当事者としての尊厳を最大限尊重する謙虚さと誠実さは,見失われてはならないだろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/30 at 15:04

アイデンティティ政治の観念性と現実性

いまネパールで猛威を振るっているアイデンティティ政治は、それ自体は観念的だが、いったん始まると、その否定が観念的となり、そこに参加することこそが現実的となる。まったくもって、やっかい。

1

たとえば、「民族州」要求。それぞれのカースト、ジャーティ、先住民族などが、自らの州や自治区を構成し、民族自治をやる。そんなことは不可能であり観念論に過ぎないことは明白であり、民族州を要求している人々自身にもそれはよくわかっているはずである。

しかし、他のカーストやジャーティが民族自決や民族の権利を要求しているのに、自分たちがそれをしないのは、権利の放棄であり自殺行為である。他の集団が集団としての自治や権利を要求したら、すかさず、それ以上の力をもって同様の要求をするのが、現実的である。こうして、アイデンティティ政治は、いったん火がつくと燃え広がる一方で、消しようがない。

このアイデンティティ政治においては、自己のアイデンティティ、つまり集団としての結束が強ければ強いほど、多くの権益を獲得できる。個々人が普遍的な「正義」や「人権」に訴え権利主張しても、ほとんど無意味。正義や人権も、アイデンティティにより集団化されてしまっているからだ。

2

たとえば、イスラム教徒。彼らは「全国イスラム闘争同盟(NMSA)」を結成し、イスラム共同体としての権利要求を突き付け、5月20日、政府にその要求をほぼのませた(Republica, May21)。

・新憲法に「イスラム共同体アイデンティティ」を明記。イスラムは、独立した集団としての存在と権利を持つ。
・「憲法設置機関として「イスラム委員会」を設置。
・「マドラサ教育委員会」設置。
・常設「ハジ委員会」設置。
・国家全機関に人口比に応じたイスラム職員枠設定。
・イスラム家族法の承認。
・憲法人権規定に「イスラムの権利」を明記。
・タライの州には、イスラム・アイデンティティを表現する名称を付ける。

たしかに、ネパールのイスラム教徒は、長らく差別されてきた。したがって彼らがイスラム教徒として、あるいはイスラム共同体として、権利要求をするのは当然とはいえる。彼らの権利は、このような方法でしか、実際には獲得されないであろう。その意味で、「イスラム共同体」としての権利要求は現実的であり、現に、先の対政府交渉において、満額回答に近い回答を勝ち取ったのだ。

3

しかし、そのことはよくわかるのだが、その一方、こうした集団の権利要求を他の集団も始めたらどうなるか、あるいは「イスラム州」内の他集団はどうなるのか、と心配せざるを得ない。

「全国イスラム闘争同盟」のザキル・フセイン氏は、こう述べている。「もし本日の合意が実行されなければ、断固たる運動を全国で展開する。」

アイデンティティ政治においては、このような「断固たる運動」が取れない集団は敗退する。結局、「各集団の各集団に対する闘争状態」となる。闘うのが集団のため、ホッブズ個人主義の「万人の万人に対する戦争状態」よりもたちが悪い。

4

この集団アイデンティティ戦争からどう抜け出すか? 時代遅れを承知で言えば、やはり「普遍」への回帰しかない。「平等な個人」の権利を、国家ないし世界社会が普遍的正義としての法により保障する。ホッブズ復興だ。

今のネパール政治に必要なのは、西洋NGO押し売りの、グロテスクなポストモダンではなく、「近代復興」ではないのだろうか。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/05/22 at 09:40