ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘善隣

京都の米軍基地(116):現場に切り込まない朝日「現場へ!」(1)

朝日新聞が,シリーズ「現場へ!」で4回にわたり,京丹後の米軍基地を取り上げている。執筆は谷田邦一記者(防衛問題担当)。

米本土防衛の最前線・京都(朝日夕刊/朝日デジタル)
[1]基地受け入れ 「苦渋の決断」(4月27日)
[2]支えあいの地域 分断憂える(4月28日)
[3]交付金 過疎地に大きな恩恵(4月30日)
[4]厳しい軍務担う「良き隣人」(5月1日)

この記事から受けるメッセージは,証言等の全体構成・配列と記述の含みを読み取り整理すると,こうなる。
[大前提]米軍基地は国策であり,国益のため地元は受け入れざるをえない。
⇒基地を受け入れると,様々なトラブルで地域が分断される。
⇒基地は,交付金など,大きな恩恵を地域にもたらす。
⇒基地と地域は「良き隣人」たれ。地域はまとまり基地を受け入れよ。[結論]

この記事が,大筋でこのように要約されるとするなら,これが「地球貢献国家」を掲げる朝日社説と軌を一にしていることは明らかである。しかしながら,このような記事が,本当に「現場へ!」と深く切り込み,問題の真相を探り出し,広く読者に伝えることになっているのであろうか?

【注】良き隣人(good neighbor):隣人・隣国として友好(善隣友好)を図る人や国。米国ではF・ローズベルト大統領が1933年,「良き隣人政策」を宣言。沖縄では「県内在住の米軍人のこと」(琉球新報HP)。

【参考】谷田記者の京都での講演(会場:同志社大学)
テーマ「日本の弾道ミサイル防衛が抱える諸問題」,主催:京都安全保障フォーラム,2019年12月14日
みんなの自衛隊イベント

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2020/05/08 at 13:33

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。