ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘国歌

国歌の包摂民主主義化: イギリスとネパール

イギリスにおいて,国歌(国歌の扱い)修正案が3月から議会で審議されることになった。ガーディアン,ニューステイツマン,ニューヨークタイムズなど英米各紙が伝えている。といっても,複雑怪奇な歴史の国イギリスのこと,議論は少々わかりにくい。
イギリス(グレートブリテン・北部アイルランド連合王国)[英国,UK]
  ・グレートブリテン=イングランド+スコットランド+ウェールズ
  ・北アイルランド

現在の英国国歌「女王賛歌(God Save the Queen)」は,正確には「グレートブリテン・北部アイルランド連合王国(UK)」としてのイギリスの国歌。ところが,著名な国際スポーツ大会などには,UKとしてではなく,イングランド,スコットランド,ウェールズがそれぞれ独立のチームとして参加し,それぞれの「国歌」を歌う。
 ・イングランド=「女王賛歌」
 ・スコットランド=「スコットランドの花」
 ・ウェールズ=「わが父祖の国」

あれ? ちょっと変では,とだれでもいぶかるであろう。たとえば,日本に例えるなら,こんな具合だ。
 ・東京チーム=「君が代」
 ・大阪チーム=「好きやねん、大阪」
 ・福岡チーム=「炭坑節」

イングランドは,UKの一部にすぎないのに,サッカーやラグビーなどの試合の際,特権的に「女王賛歌」を使う。あるいは逆に,イングランドはイングランド自身の「国歌」を歌うことができない。いずれにせよ,おかしいのではないか? イングランドも,「女王賛歌」の使用をやめ,スコットランドやウェールズと同じように,イングランド独自の「国歌」を制定し,それを使うべきだ。たとえば,ウィリアム・ブレイク「エルサレム」がよいのではないか。これが,英国国歌(国歌の扱い)修正案の提案理由だ。

この法案は,UK国歌としての「女王賛歌」の廃止を求めているわけではないが,もし通れば,「女王賛歌」の使用頻度が低下し,国歌としての重みや権威が大幅に低下することは避けられない。政府が反対しているので,当面この法案成立の可能性は低いが,いずれにせよ,こうした提案が堂々と提出され,議会審議に回されること自体,英国が,一人の女王(国王),一つの国歌による強力な近代的国民国家統合から,様々な地域や民族の自立的競争的共存の方向に向け大きく転換しつつあることの何よりの証と見てよいであろう。

 160120a■英王室FBより

このような地域や民族の自立的競争的共存の理念を,世界に先駆け高らかに歌い上げているのが,ネパール国歌だ。ネパールは長年使用してきたそれまでの国歌(国王賛歌)を廃止し,2007年暫定憲法により正式に新国歌(幾百の花)を制定した。これが現行国歌。

【ネパール国歌】(一部略,訳者不詳,ウィキ日本語版)
 幾百という花からなる我々は一つの花環、ネパールの民
 主権をもちメチからマハカリまで広まりある
 ・・・・
 見識の地、平和の地、タライ平原、山間地、ヒマラヤ
 分かつことのできない、我らが愛しの祖国ネパール
 多種多様なる民族、言語、宗教、文化の宝庫
 いや進む我らが国家、ネパール万歳

【ネパール旧国歌】(冒頭部分のみ,佐伯和彦訳,『南アジアを知る事典』より)
知恵深く,雄々しく,恐れを知らぬ
尊き国王よ。
大いなる国王陛下にとこしえの栄あれ,
大君の長寿を祈り,
民びとの発展を愛もて叫ばん,
ネパールの民たる我らこぞりて。
・・・・

幾百の花(地域や民族)を一つの花環(国民国家)に統合するという理念の実現可能性や,歌詞や曲の芸術的評価はさておき,すくなくともこのネパール国歌の包摂民主主義の理念それ自体は,間違いなくグローバル化時代の世界諸国の未来を先取りしている。イギリスはかなり近づいた。日本も見習うべきだろう。

ネパール憲法には世界最先端の革命的規定が他にも無数てんこ盛り。ネパール憲法は,スゴイ!

 160120b■ネパール国章(2015年憲法付則3)

[参照]
*1 Michael Wilkinson,”Replace God Save The Queen with new English national anthem, urge MPs,” Telegraph,13 Jan 2016
*2 STEPHEN CASTLEJAN,”England Weighs Its Own Anthem to Rival ‘God Save the Queen’,” New York Times,14-01-2016
*3 しっくりこない新国歌
*4 新国歌制定への疑問
*5 新国歌は試作品だ,A.グルン

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/01/20 at 15:12

マオイストの憲法案(3)

第1編は総則的な「序(Preliminary)」。憲法,主権,国民,国家,国語,国旗,国歌,国章が定義されている。

(1)憲法(第1条)
憲法が国家の最高法規。それはよいが,このマオイスト憲法案の最大の特徴の一つが,憲法の本質を完全に誤解していること。

憲法は,マオイストの嫌悪する中世封建制の頃から,権力を制限し人民の権利を守ることをもって本質としてきた。憲法を遵守すべきはまず国家権力の側なのだ。ところが,マオイスト憲法案では,むしろ人民の側に憲法遵守義務が課せられている。

「この憲法を擁護し憲法に従い責任を果たすのは,すべての人の義務である。」

権利よりも義務を優先させるのが,マオイスト憲法案の特徴。日本の改憲論者は,ネパール・マオイストに教えを請うべきだろう。

(2)国民国家(第3条)
「多民族,多言語,多宗教,多文化であり,かつネパール国民の独立・統合・国益・繁栄を希求しそれらへの忠誠の絆で結ばれているすべてのネパール人は,全体として,国民(the Nation)を構成する。」

これは暫定憲法と同じ。願いは分かるが,アイデンティティ政治を煽りつつ,国民統合を唱えるのは,火をつけながら消し回る(マッチポンプ),あるいはアクセルを踏みながらブレーキを踏むようなものであり,綱渡り的冒険である。

国家国民(the state nation)と国内諸国民(nations 諸民族)の関係が,整理されていない。

(3)ネパール国家(第4条)
「ネパールは独立・不可分・主権的・世俗的・不可触民禁止・全包摂的・社会主義志向・共和的・多国民的な国家である。」

あふれるばかりの盛りだくさん。特筆すべきは,やはり社会主義。人民民主主義だから,社会主義を目標として掲げるのは当然だ。

(4)国民の言語(第5条)
ネパールで話されている母語はすべて国民の言語。「国民の諸言語を平等に保護し奨励し発展させることは,国家の義務である。」

これも願いは分かるが,実際には不可能だ。そもそも少数民族自身が母語教育など希望していない。少し余裕ができれば,競って,敵性言語の英語を習わせているではないか。

本気で母語教育を目指すなら,英語帝国主義を粉砕し,資本主義を放棄すべきだ。英語学校乱立を放任しながら,母語教育など,笑止千万。

(5)国旗(第6条)
「ネパール国旗は多民族・多言語・多宗教・多文化・多地域の特徴をもつ連邦構造を表現するものとする。」

どこまで本気か? 偶像崇拝宗教と偶像否定宗教を一つの国旗に表現することなど,不可能だ。できもしないことを憲法に書き込んではいけない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/03/03 at 10:06

カテゴリー: マオイスト, 憲法, 人権

Tagged with , , , ,

しっくりこない新国歌

谷川昌幸(C)

新国歌が8月4日,正式決定され発表された。音楽(メロディ)は好きずきだが,出来不出来は厳然としてあり,趣味判断は出来る。ズバリ,新国歌はダメだ。歌詞は別として,こんな曲では元気も出ない。「君が代」といい勝負だ。

新国歌(2007.8.4-)
・作詞 Byakul Maila
・作曲 Amber Gurung

旧国歌(1899-)
・作詞 Chakrapani Chalise
・作曲 Bakhatbir Budhapirthi

そもそも国歌を政府が権力的に決定するという発想が時代錯誤だ。国歌は長年歌い継がれてきたものが国民愛唱歌となり,国歌となる。それなのに,お上(政府)が決めて下々に与えるなどという反民主主義的発想に囚われているから,こんなしっくりこない小学校校歌のような曲を国歌にしてしまうのだ。

こんな曲なら,旧国歌の曲に新しい歌詞をつけた方がはるかによい。フランスやドイツですら,都合の悪い歌詞を時代に合わせなんとかやりくりし,古い国歌を使いつづけている。

ネパール旧国歌のメロディは,短いにもかかわらず威厳があり,元気が出て,いかにも有り難い曲だった。100年もの歴史をバカにしていると,文化が廃れてしまう。

“Nepal’s national anthem is one of the oldest in world history. Since a monarchy was established by Prithvi Narayan Shah after unifying the petty states into Nepal, the then poet Chakrapani Chalise took upon it, as early as 1899, to pour national tribute through the national anthem. The music was composed by Bhaktabir Budhapirati. Thus, it has been molding the Nepalese nationalistic psyche for one hundred and seven years.” (Bijay Kumar Rauniyar, Rising Nepal,2006-9-16)

* Cf. e-Kantipur, 4 Aug.(語句一部訂正,英文記事追加,8/5)
*「稚拙な」を「しっくりこない」に修正,「学芸会」削除(8/9)

 ▼参考意見(8月12日追加)
Kathmanduspeaksというブログに,次のような意見が出ていた。著者がどのような方か全く存じ上げない。どのような立場の方であれ,国歌を公定するについて,異論はあった方がよい。参考までに,抜粋を掲載する。もともと歌詞の議論だったようだが,意見は曲の方に集まっている。曲に違和感をもつ人が,ネパールにも少なからずいるようだ。

Kathmanduspeaks
I won’t sing the song- and, perhaps, it won’t make a difference. But for me- it makes a lot of difference. “Rato Ra Chandra Surya”- is far more patriotic and historic than this Mahila’s crap.
National Song or National Shame
Do you expect me to sing Byakul’s song? Should I stand when it’s played on government programmes and functions? Do you expect me to show respect to my national anthem? Then, throw the new anthem into a dustbin. Conduct a referendum- not now, dear leaders, don’t worry- to see if we, Nepali people, accept it as our national song or not. It’s not that you can decide if our country will be Nepal or New-Nepal with a monarch or a president or we’ll be a democracy or a republic- you just do your job- show us that you can hold CA elections on time. As for the rest- leave them unto us.
“I was telling my mom how Indian national song is- and how they sing the national anthem of Netherland with full synergy,” my friend said, “But when our national song was played on the television, I was so sorry. Do we call this a national song?”
“This song is like one we used to sing in our annual school-day functions,” another said.
“When Rato Ra Chandra Surya’ is played, our blood boils with patriotism. I don’t like this song, but now that they have made it our new anthem- we must accept it. It’s not so bad, isn’t it,” my another colleague said sarcastically.
——————–
August 4, 2007 6:51 AM  
Nepali Akash said…
the way it ends with “jaya jaya nepala” lacks melody. Sounds like a pop version of a folk song.

August 4, 2007 10:43 AM  
Prajwol said…
I agree with Nepali Akash. Though, it’s very hard to replace the anthem that we are used to all our lives, I believe the composition could have been better.
I have no problem with the words, it seems quite comprehensive, but I was really hoping for better compositon . Since this is a national issue, rather than just assigning handfull composers, government could have asked everyone/anyone to come up with a tune, and conduct a popularity poll to finalise.
Like I mentioned earlier, since we were used to previous version, it might take us little long time to getting used to new one, and ultimatly liking it.

* http://kathmanduspeaks.blogspot.com/2007/08/nepals-new-anthem.html

Written by Tanigawa

2007/08/04 at 22:45

カテゴリー: 音楽, 文化, 歴史

Tagged with

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。