ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘

イタリアの旅(7):カトリック教会の遍在

イタリアはカトリック教会の地元だけに,教会がいたるところにあり,だれでも入って祈ったり見学したりできる。有名教会でなくても,優れた彫刻や絵画があちこちにある。ときにはパイプオルガンが演奏されていることもあり,これはまさしく天上からの音楽,しばし時のすぎるのを忘れるほどだ。

むろん異教徒にとって,カトリック教会関係の事物には戸惑うことも少なくない。たとえば,ミラノ大聖堂(ドゥオーモ)の「聖バルトロマイ」。皮剥ぎ刑に処せられた身体の,あまりのリアルさにゾォーとする。

またトリノの教会(名称失念)の「悲しみの聖母」。胸に矢が7本も刺さっている。直視に堪えない。

アルプス地方に行くと,山の中腹や山頂に十字架が立てられている。たとえばアオスタのPunta Vallettaz中腹(2300m)には,十字架のイエス像があるが,これまたあまりにもリアル。一帯は広大なスキー場で,冬はスキー,夏にはハイキング,マウンテンバイク(専用コース多数),トレイルランニングなどが盛んにおこなわれている。それらと十字架のイエス,異教徒には違和感を禁じ得ない。

アルプス地方にはまた,小屋根付きの十字架のイエス像があちこちにある。これも,出会うたびにドキッとし緊張する。

一方,村の出入口や山道の脇にある聖母の祠は,日本のお地蔵さんのような感じ。ほほえましく,異教徒にも違和感はあまり感じられない。

そして,墓地。永遠の平和(pax)の地であり,立派な墓が多く,どこも花いっぱい,美しく維持管理されていた。生活はなお信仰に根付いているようだ。


 ▲聖バルトロマイ/ミラノ大聖堂


 ▲悲しみの聖母(トリノ)


 ▲十字架のイエス(アオスタ)


 ▲小屋根付き十字架[左右は別の十字架」(クールマイユール)


 ▲聖母の祠[左端](コーニュ)


 ▲墓地(クールマイユール)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/07/24 at 17:56

カテゴリー: 宗教, 文化, 旅行

Tagged with , ,

レグミ内閣とキリスト教墓地問題

キリスト教墓地問題の解決が,レグミ暫定内閣の初の「成果」となりそうだ。カーター元大統領の訪ネも,おそらく影響しているのであろう。

レグミ暫定内閣議長(首相代行)は,就任早々,新たな墓地問題特別委員会を発足させた。委員長はビノット・パハディ元CA議員,委員は16人で,その一人は「ネパール全国キリスト教連盟(FNCN)」のCB.ガハトラジ書記長。この委員会は,75郡すべてにキリスト教徒らの墓地を設置することを決め,7月15日までに用地の選定を終える,と発表した。実現すれば,画期的なことだ。

「これまで,キリスト教徒とキラント諸民族は,自費で土地を購入し,墓地として使用してきた。しかしながら,墓はしばしば冒涜され,墓地は没収された。多くのところで,土地は少なく,一つの墓に10遺体も埋葬する有様だった。」(Asia News, Mar21,2013)

キリスト教墓地については,2009年,パシュパティ寺院の近くのシュレシュマンタクの森が割り当てられたが,ヒンドゥー教徒が猛反発,使用禁止とされた。これに対し,2011年,最高裁が使用禁止処分の取り消しを言い渡したが,警察もパシュパティ寺院も使用を認めてこなかった(ibid)。しかし,今度は大丈夫だろう,とガハトラジFNCN書記長はいう。

「今回は大丈夫だろう。以前のマオイストや共産党政府は,マイノリティを政治目的で利用しただけだったが,新政府は政党利権とかかわらない官僚たちから構成されているからだ。」(ibid)

以前も紹介したように,このところキリスト教徒は急増している。数字は種々あるが,たとえば――

▼国家人口統計
 2006年 キリスト教徒 全人口の0.5%(カトリック教徒は4,000人)
 2011年 キリスト教徒 全人口の1.5%(カトリック教徒は10,000人)

このイースターにも,受洗者は多かった。「洗礼志願者の多くは,2008年のヒンドゥー教王国崩壊後,活発化したカトリックの学校や慈善団体の活動を通してカトリック教会を知ることになったヒンドゥー教徒であった。彼らは,2年間,キリスト教を学び,受洗した。」(Asia News, Apr2, 2013)

「これは,キリスト教徒に信仰の自由が認められるようになった近年の状況の好転によるところが大きいが,それだけではなく,ヒンドゥー教やマオイズム・共産主義の退潮にもよるものだ。この数十年間,マオイズムや共産主義は,ネパール青年の多くにとって自由のモデルであったのだ。」(ibid)

こうしたキリスト教拡大を受け,「殉死者・不明者調査委員会」は,この一月,ジョン・プラカシ神父を,キリスト教徒初の「国家殉死者」とすると発表した。神父はインド生まれのインド人だが,2008年,ヒンドゥー原理主義者に殺害された。発表通り「国家殉死者」に叙されたかは,不明。

いずれにせよ,近年のキリスト教の拡大は,顕著である。ただ,一神教で,死者復活を信じるキリスト教が,ネパールのヒンドゥー教や仏教の伝統とは,原理的に異なる宗教であることは,いうまでもない。

アメリカなどで行われる「遺体防腐処置(embalming)」では,遺体から血液を抜き去り,防腐剤を入れ,スーツやドレスを着せ,埋葬する。もちろん,時が満ちたとき,生前の姿のまま復活するためだ。これに対し,ヒンドゥー教徒は,河岸で火葬後,遺灰はバグマティ川(ガンジス川)に流す。死生観が原理的に異なる。

130410a ■防腐処置されたリンカーン(May6,1865)

130410b
■ヒンドゥー教徒の荼毘(パシュパティナート,2009年8月23日)

こうした二種類の宗教が,いまネパールで真正面から対峙し,勢力関係が大きく変わろうとしている。宗教的にも,ネパールは非常に不安定な状況になってきたといわざるをえない。

【参照】キリスト教

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/04/10 at 14:54

クリスマスと墓地問題

1.ユニセフのキリスト教支援
ネパールでは、世俗国家宣言後、クリスマスも国家祭日となり、キリスト教にとって状況は大きく好転した。たとえば、これはユニセフのフェイスブック。ネパールの子供たちに「クリスマスおめでとう!」と言わせ、世界に向け、ユニセフの権威をもってキリスト教を宣伝している。

121225a ■ユニセフ・フェイスブック(2012-12-25)

むろん、クリスマスはすでに「国家祭日」として公認され、また宗教行事と言うよりは習俗だから、ユニセフがネパールの子供たちに「メリークリスマス」と言わせても問題はない、という意見もあろう。

しかし、これは、英語は世界共通語だから英語を話して当然、という英語帝国主義と同じ論法である。こんな論理を認めると、世界共通語ではない言語は二流、三流言語となり、いずれ抹殺されてしまう。

同じことが、キリスト教についてもいえる。キリスト教は大宗教であり、世界中に普及しているから、ユニセフがネパールの(異教徒であろう)子供たちに「メリークリスマス」と言わせてもよいということになれば、他の少数派宗教はどうなるのか? ユニセフが、様々な小宗教の祭日に、同じことをするはずがない。ユニセフが世俗機関なら、特にネパールのような国では、無邪気な子供を利用して特定の宗教の宣伝をするようなことはすべきではない。

基本的人権は、子供にも少数派にも当然認められている。いや、守られなければならないのは、まさに彼らのような弱者の人権である。このユニセフ写真の子供の基本的人権は守られているのか? ネパールの他の宗教の人々の人権への配慮はなされているのか?

2.キリスト教墓地問題
クリスマスは、また懸案の墓地問題をも再浮上させた。(以下、参照:Anjali Subedi, “Christians don’t get secular-state feel,” Republica, Dec25)

キリスト教徒は、イエスの下での死後の復活を信じている。復活には身体も必要だから、遺体は墓地で保存されなければならない。キリスト教徒にとって、墓地は必要不可欠のものなのである。

旧体制の下では、キリスト教徒は、暗黙の了解の下に、たとえばパシュパティナートの森の墓地を利用してきた。ところが、「人民運動Ⅱ」以後のアイデンティティ政治の激化により、宗教アイデンティティの明確化が進み、パシュパティナートの利用はヒンドゥー教側に拒否された。

こうしてキリスト教墓地が、世俗国家ネパールの早急に解決すべき大問題となって急浮上した。キリスト教会側は、「全ネパール・キリスト教連盟(FNCN)」が中心となって政府と交渉し、この5月、「6項目合意」を取り付けた。「合意」によれば、政府は「キリスト教委員会」を設置し、クリスマス以外のキリスト教祭日(イースターなど)も「国家祭日」として公認し、墓地については墓地問題特別委員会を設置して問題解決に当たることになった。

「連盟」側の説明によれば、「合意」において政府はゴティケルに2000ロパニ(100ヘクタール)の墓地を用意する約束をした。そして、この2000ロパニについては、現地の住民もラリトプル郡当局もすでに同意している。ところが、政府の承認がないため、墓地はいまだに棚上げにされたままだという。

これに対し、墓地問題特別委員会によれば、政府は、すべての宗教共同体に対し墓地を分配することはできないが、それぞれの宗教共同体が墓地を購入することは認めるし、墓地使用の安全も保障するという。

「連盟」と政府との交渉の詳細は分からないが、ゴティケルにキリスト教墓地がまだ設置されていないのは事実である。ただ、国家と宗教共同体との関係から言えば、国家が直接墓地を宗教共同体に供与するよりも、特別委員会の勧告のような間接的な関与の方が望ましいことはいうまでもない。

121225b ■ゴティケル(google)

3.墓地闘争の強化
いずれにせよ、キリスト教墓地はまだ実現しておらず、「連盟」はクリスマス闘争に引き続き、墓地闘争を強化すると宣言している。

「連盟」によれば、この11月発表の2011年人口調査では、キリスト教徒は30万人とされているが、実際には、教会は8500あり、登録信者だけでも250万人にのぼる。事実とすれば、全国民の10%弱に相当する。すでに大勢力である。

こうした勢力拡大を背景に、キリスト教徒は、クリスマス・イブにカトマンズでバイク行進を敢行した。そして、25日には、バブラム首相を招いてアカデミーホールでキリスト教大集会を開催する。

「われわれは、深夜までクリスマスを祝い、主イエス・キリストの全人類への愛と犠牲を広く宣べ伝えていきたい。」(FNCNカボ副会長)

「全ネパール・キリスト教連盟」は、クリスマス後、墓地問題をはじめとする諸要求の実現のため、抗議活動をさらに強化していくという。

4.政教分離のあり方
キリスト教は、ネパール社会では少数派であり、行使が認められるべき自由や権利を国家に対して要求するのは当然である。しかし、その一方、他の少数派とは異なり、ネパールのキリスト教徒の背後には圧倒的に強大な世界のキリスト教社会が控えている。

ユニセフですら、キリスト教を応援している。他の宗教が、同等の支援をユニセフに求めても、はなから相手にされないであろう。キリスト教は、世界社会ではそのような特権的な位置にいる。

このことは、ネパールのキリスト教会もよくよく考えて、行動すべきだろう。たとえば、墓地を政府に要求し造らせるのは、欧米諸国民の応援もあり、たしかに手っ取り早いであろうが、これは政教一致であり、極めて危険である。ヒンドゥー教国家が認められないなら、キリスト教国家も認められるべきではない。迂遠かもしれないが、やはり政教分離の原則に則り運動し、宗教集団に当然認められるべき諸権利の実現を目指すべきであろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/12/25 at 18:51

キリスト教会,「宗教省」設置要求

ネパール・キリスト教連合(UCAN)が2月4日,政府に対し,非ヒンドゥー諸宗教の権利実現のため「宗教省」を設置することを求める声明を出した(ekantipur, Feb6)。

先述のように,パシュパティ地区開発トラスト(PADT)がパシュパティの森への非ヒンドゥーの埋葬を拒否したため,埋葬できなくなったキリスト教徒や非ヒンドゥー諸民族が,政府に対し,代替墓地を保障するよう要求し始めた。UCANの「宗教省」設置要求は,直接的にはこの墓地問題が契機であるようだ。

たしかに墓(死)は誰にとっても深刻な問題だ。何とか,墓(死)を政治問題化せず,穏便に解決できないものだろうか?

私にはネパール・キリスト教会の事情はよく分からないが,通りすがりに見た教会やキリスト教系諸施設のなかには,かなり広い敷地をもつものがいくつもあった。PADTが埋葬を受け入れるかしばらく黙認してくれればそれでよいが,もしそうでない場合は,そうした教会や教会系諸施設の敷地にとりあえず信者を埋葬し,時間をかけて適切な墓地を自分たちで工面するということは出来ないのだろうか? それとも,パシュパティの森に埋葬されるような信者は受け入れられない何らかの理由があるのだろうか? 微妙な問題であり,そこの所は私には分からない。

いずれにせよ,宗教とくに「死」を政治問題化することは危険である。何とか知恵を出し合い,非政治的な方法で解決を見いだしてほしいと願っている。

墓地紛争,ヒンドゥー惨敗か?
墓地紛争:キリスト教vsヒンドゥー教

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/02/07 at 14:20

カテゴリー: 宗教, 憲法, 人権

Tagged with , , ,

墓地紛争,ヒンドゥー惨敗か?

パシュパティの森(シャレスメンタク)の墓地紛争は,1月31日,警察の催涙弾発射,3人負傷,20数名逮捕の事態に拡大した。

パシュパティの森は,ライ,リンブー,ヤカ,スヌワルなどが墓地として使用してきた。そして,カトリックニューズ(2/1)によると,2006年国家世俗化後は,キリスト教徒も墓地として使用し始めた(もっと以前から埋葬してきたのかもしれないが,顕在化し始めたのはこの頃からであろう)。

これに対し,パシュパティ地区開発トラスト(PADT)は,この地区をヒンドゥーのものとする政府方針に従い,2010年12月から非ヒンドゥー墓地にブルトーザーをいれ,整地を始めた。ヒンドゥーの聖地パシュパティの非ヒンドゥー墓地は,世界中のヒンドゥーの心情を著しく害するからだという(PADT)。

世俗国家政府のミネンドラ・リジャル文化相は,政府方針を断固守る,と一歩も引かない構え。これに対し,キリスト教会,非ヒンドゥー諸民族が対抗し,マオイストが支援するという構図だ。

キリスト教会は,すでに各政党に圧力をかけ,墓地問題の「政治的」解決を要求し始めた。国連人権委員会でも,西洋諸国(ネパール援助国)が問題視し,介入を始めた。

これは,やっかいだ。キリスト教は一神教の普遍教会。ネパール・キリスト教会の問題は,世界のキリスト教会の問題となる。事実,ネパールメディアがいまのところ「触らぬ神にたたりなし」でやり過ごそうとしているのに対し,西洋メディアは問題を大きく伝え始めた。

勝敗は明白。このままではカネと力を持つキリスト教会の完勝,ヒンドゥーは屈辱的惨敗となる。

しかし,本当に,これでよいのか? もしもカトリックニューズが書いているように,クリスチャンのパシュパティの森埋葬(あるいはその顕在化)が2006年国家世俗化後のことなら,キリスト教会側にも反省すべき点はある。

以上は,情報不足の現時点での分析であり,誤りがあるかもしれない。宗教と政治は,取り扱い要注意,慎重の上にも慎重であらねばならぬ。新たな情報が入ったら,補足,修正をすることにする。

パシュパティの森(グーグル)

* Anil Giri, “Burial rights spark protest in Nepal,” AHN, Jan31.
* “Burial battle intensifies in Nepal,” India Talkies, Jan31.
* “Nepal Christians pressure govt for land,” cathnews.com, Jan1

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/02/01 at 12:42

カテゴリー: 宗教

Tagged with , , ,

墓地紛争:キリスト教vsヒンドゥー教

国家世俗化は,墓地まで政争の具とし始めた。死にかかわることであり,こじれると宗教紛争になりかねない。

これまでクリスチャンはパシュパティナートの森(Sleshmantak)を墓地として使用してきた。一遺体の埋葬1600ルピー。ところが,パシュパティナート寺院当局が,そこは寺院のものであるとして,1月から使用禁止としてしまった。

墓地を失ったクリスチャンたちは,政府が救済策をとらないなら,遺体を制憲議会前,あるいはシンハダルバール(官庁街)に並べる,と宣言した。

このクリスチャンの墓地要求運動を支援しているのが「キリスト教会新憲法提案委員会」。国家世俗化を求めるキリスト教会が,国家にキリスト教会墓地の提供を要求する。なんたる皮肉か! これまで私は,キリスト教会がこんな政治圧力団体をつくっていることを全く知らなかった。宗教と政治――これはやっかいだ。

ネパールのキリスト教会が政治に介入すれば,当然,世界中のキリスト教会がそれへの支援に回る。墓地問題は,ネパール宗教紛争の引き金になりかねない。

そもそもキリスト教とヒンドゥー教では,死生観が全く異なる。クリスチャン,特にカトリックにとって,遺体は死後の復活に不可欠のものであり,遺体は可能な限り完全な形で墓地で保存しなければならない。自分の身体がないと,最後の審判のとき,復活し神のもとで永遠の命をえることができないからだ。イエスは,その身体のまま復活した。イエスを信じるクリスチャンは,イエスにならい自分たちも生前の身体をもって復活できると信じているのだ。

これに対し,ヒンドゥーは,一部の人を除き墓をつくらない。亡くなったら,パシュパティナートかどこかで荼毘に付され,遺灰はガンジスに流してもらう。これにより,身体は自然に帰り,魂は輪廻転生するか解脱することになる。

このようにキリスト教とヒンドゥー教では,遺体の位置づけが全く異なる。遺体は,クリスチャンにとっては聖なるものであるのに対し,ヒンドゥーにとっては死でケガレたものであるにすぎない。ケガレた遺体など,ヒンドゥーは保存したいと思いもしないだろう。両者の相互理解は絶望的だ。

キリスト教会憲法提案委員会がクリスチャンの埋葬の権利をキリスト教諸国に訴え,諸外国が「人権」を理由にネパール政治に介入しはじめたら,どうなるか? 遺体をシンハダルバール前に並べる――これはショッキングな光景であり,世界世論は沸騰,ネパール政府は激しいバッシングを浴びるだろう。

これに対し,ヒンドゥー教も激高し原理主義が支持を拡大,キリスト教会への反撃が始まるだろう。

これは,キリスト教にもヒンドゥー教にとっても不幸なことである。何とか,政治問題化させずに解決できないだろうか? たとえば,しばらくはクリスチャンの墓地使用をこれまで通り黙認し,その間に代替墓地を探し徐々に移転する,といったやり方である。死は人生の最大関心事。これを政治問題にしてはならない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/01/31 at 09:08

カテゴリー: 宗教, 文化, 人権

Tagged with , , , ,