ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘大江山

晩春の山村:大江山中腹

丹後の村に帰る途中,絶好の好天に誘われ,大江山(832m)越えの,これまで通ったことのない別の谷沿いの山道を車で登ってみた。

すでに4月21日,下界では桜はほぼ終わり,緑が濃くなり始めていた。ところが,大江山の谷へ西から少し入ると,そこはまだ春たけなわ,桜や野辺の花々が一面に咲き乱れ,まるで別天地!

大江山は,信州の山々のように高くも峻険でもないが,以前は曲がりくねった狭い山道しかなく,峠越えは至難の業だった。それでも,人々は沢沿いに山頂近くまで開墾し,平和に暮らしていた。

その大江山の生活インフラも,この数十年で見覚ましく改善された。特に目立つのが道路。いつも利用する国道176号線は,拡幅・直線化され,長いトンネルが開通し,谷をまたぐ立派な高架橋もかけられた。冬には,融雪・凍結防止の散水装置さえ作動する。建設費,維持費はいかほどかと心配しつつも,この高速道路並みの無料国道を便利に利用させていただいている。

今回入った別の谷の地方道は,この176号線とは比較にならないが,それでも拡幅され,車の通行には何の不便もなかった。

日本の道路は,この谷沿いだけでなく,どこでも,いまやたいてい舗装されている。こんな細い田んぼ道でも,こんな人里離れた山奥の小道でさえ,とビックリするほど舗装されつくしている。

道路だけではない。山腹の田畑も耕地整理され,格段に耕作しやすくなっている。大型農機を入れ,効率的に農作業ができる。

しかし,それにもかかわらず,この地方でも空家や廃屋が目に付く。道路や農地のインフラ整備だけでは,過疎化を押しとどめることは出来ないようだ。いったい,どうすればよいのだろうか?


■標識と白い花/野の花


■古民家と桜/廃屋と新緑の山


■耕地整理された田/防獣フェンスで囲われた畑と桜


■防獣フェンスと古民家/古民家と新緑の山

■花桃と舗装道路(上方176号線)
(注)田畑や住宅の庭などには,猪,鹿,猿,熊などの侵入を防ぐため,かなり頑丈な柵が張り巡らされている。費用がかさむが,それでも侵入は防止しきれない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/05/25 at 11:33

カテゴリー: 社会, 経済, 自然, 農業, 旅行

Tagged with , ,

雪中の仏像とバス停

丹後の雪も,地球温暖化で,以前とは比較にならないほど少なくなったが,それでもお地蔵さんやバス停が埋まるほどには積もる。見る分には情緒があるが,生活は大変だ。

170120b170120a
 ■雲原バス停付近

170120c
 ■長尾公民館横

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/01/20 at 16:08

カテゴリー: 社会, 自然, 旅行

Tagged with , , ,

京都の米軍基地(71):基地補助金で住民監視カメラ

1.監視カメラ予算と設置場所
京丹後市は,基地補助金(米軍基地配置に伴う再編交付金)による監視カメラの設置を進めている。

▼平成26年度経ヶ岬関連補助金等執行状況・再編交付金(平成27年2月27日現在)
 住民の生活の安全の向上に関する事業:
   駅舎駐輪場防犯カメラ設置事業   防犯カメラ設置工 8基
   宇川地区防犯カメラ設置事業    防犯カメラ設置工 7基
   幹線道路等防犯カメラ設置     防犯カメラ設置工 7基
▼平成26年追加補正予算・再編交付金活用事業
   漁港防犯カメラ設置事業      3カ所(詳細不明)
   防犯カメラ設置事業        駅駐輪場(詳細不明)

▼設置場所
 駅駐輪場:京丹後大宮駅(1),峰山駅(2),網野駅(1),夕日ヶ浦木津温泉駅(1),小天橋駅(1),かぶと山駅(1),久美浜駅(1)
 道路:消防本部入口(1),大宮織物ホール(1),木津防災資機材備蓄倉庫付近(1),丹後市民局(1),宇川小学校正門(1),黒部駐在所付近(1),消防久美浜分署入口(1)
 漁港:袖志漁港(3),尾和港(1),中浜漁港(3)

150616■防犯カメラ・派出所増設(広報・きょうたんご,2015年5月号)

2.住民監視
これらの監視カメラは,すでに設置済みの他の多くのカメラとも連携し,京丹後全域を常時監視するために使用される。

監視対象は,こそ泥や痴漢なども含まれはするが,最も重要なのは,いうまでもなく反基地活動家であり,そしていわゆる「テロリスト」や「過激派」である。

「ぼくは,こそ泥や痴漢ではなく,ましてやテロリストでも過激派でも絶対にないから,監視カメラがあっても平気だ」と,多くの人は思うかもしれないが,実際には決してそうではない。

監視カメラは,過激派やテロリストを識別するため,住民全員をことごとく記録しデータベース化する。今すぐではなくとも,イザとなれば,必ずそうする。そうしなければ,過激派やテロリストは識別できないからだ。

3.テロリスト監視に無力
ところが,プロのテロリストや過激派は,監視カメラの存在を当然の前提として行動する。監視カメラで捕まるようなマヌケなテロリストや過激派は,アマチュアだ。

このことは,監視カメラ設置者の側にもよく分かっている。それなのに,なぜ大量に設置するのか?

4.良識的多数派住民の監視
監視カメラ設置の本当のねらいは,基地に不安を感じている良識的多数派住民だ。

民主主義総本家のアメリカが最も恐れているのが,基地周辺の住民。住民多数が反対したら,民主主義防衛を錦の御旗にする米軍は,基地設置の倫理的・政治的正統性を失い,基地の維持運営が困難になってしまう。米軍は,良識的多数派住民の「左傾化」を恐れている。

そこで米軍は,忠犬ハチ公の日本政府に良識的多数派住民を監視させ,彼らの「左傾化」を防止させるわけだ。自分の手は汚さない,高潔な民主主義国アメリカ!

プロのテロリストや過激派には,監視カメラなど屁の突っ張りにもならない。他方,「国益」第一の市長やその同調者らにも,監視は苦にならない。なぜなら,彼らは「見る権力の側」であり,その意味では「見られて困る」ところがどこにもないからだ。

監視カメラによる監視の対象は,したがって米軍基地に不安を感じている良識的多数派住民,あるいは基地反対署名に応じたり反対集会に参加したりする基地に批判的な一般市民ということにならざるをえない。

監視カメラは,こうした人々に見せるためにある。見ていることを見せるための監視カメラ。そして,ときには,ちょっと目立つ活動家の「事情聴取」や「逮捕」のためのネタ提供。

たぶん,「監視カメラは規則に則り厳正に運用し,目的外の使用は絶対に行わない」,「映像保存は2週間,期限後は完全消去する」などと言っているであろうが,こんな口約束は全く信用できない。すでに世間では監視カメラ映像の流用は日常茶飯事だし,そもそも最高法規の憲法ですら守らない人物が首相をやっているお国柄だ。信用せよというほうが,どだい無理な注文なのだ。

5.米軍の「安心・安全」のための監視カメラ
京丹後における警察や監視カメラの大増強は,米軍とその下働きたる日本政府の「安心・安全」のため。

そもそも米軍基地さえなければ,このような警察や監視カメラの大増強は全く必要なかった。監視カメラが基地補助金で設置されていることが,何よりの証拠だ。

【参考】
大江山(国道176号線)の監視カメラ。これらは福知山市域にあり,基地補助金事業ではない。気象ないし交通監視が表向きの目的だろうが,人や車もむろん写る。
150616b150616c150616a

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/06/16 at 18:17