ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘大統領

大統領の政治化助長

コングレス,統一共産党などが,ヤダブ大統領に対し,11月22日総選挙経費70億ルピーを認めるべきではない,と圧力をかけている。これは,予算の当否よりも,そのような要求の仕方そのものの方が問題である。

暫定憲法は,議院内閣制であり,「行政権は内閣にある」(第37条)。大統領は議会により任免され,内閣または議会議長等の助言により,憲法で定められた儀式的・形式的行為のみを行う。大統領は,国政に関する実質的な決定権限は一切持たない。大統領は,1990年憲法の定める国王の儀式的・形式的行為を継承しているのである。

ところが,その大統領に対し,NCやUMLは,首相や内閣の予算に関する助言を拒否せよ,と要求している。憲法で認められていない政治的権限を行使せよと迫っているのだ。

これは,実は,諸政党が1990年以降,国王に対して繰り返し行ってきたことだ。1990年憲法は日本国憲法よりはるかによくできた憲法であった。ビレンドラ国王も,少なくとも1990年以降は,憲法を遵守し行動しようと努力していた。

ところが,民主化により権力を得た諸政党は十分な統治能力をもたず,自党に都合が悪くなると,すぐ国王に直訴し国王介入により政治を有利に動かそうとした。国民民主党だけでなく,コングレス党も共産党も,みな同じこと,何かあると王宮に参内し,「ご聖断」を仰いだ。

それでも,ビレンドラ国王は最大限憲法を遵守し国王介入を抑制したが,ギャネンドラ国王になると,そのような抑制は一気に取り払われ,国王親政へと一気に突き進んだ。ギャネンドラ専制は,国王というよりは,国王の政治的利用を繰り返してきた諸政党の責任である。

それと同じことを,またNC,UMLなど諸政党が大統領を使ってやり始めた。暫定憲法で儀式的大統領を決めておきながら,その大統領の「ご聖断」を仰ぎ,政治介入を要求する。民主国家の政党にあるまじき,幼児的行為だ。専制は権限を越えた権力行使。それを,諸政党が大統領にやらせようとしているのだ。

大統領の民主専制は,国王専制よりもはるかに恐ろしいことを忘れてはならないだろう。

【参照】ネパール王制と天皇制:苅部直「新・皇室制度論」をめぐって

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/07/13 at 14:47

大統領か首相か?

Yubaraj Ghimire, “President vs Prime Minister”(Indian Express,30 Jun)によれば,ヤダブ大統領とバブラム・バタライ首相の対立が激化し,ネパール政治の先行きがますます怪しくなってきた。

バブラム首相にとって,第一の関門は,まもなく始まる新年度のための予算策定。首相は1年間の本格予算を目論んでいるが,大統領は3ヶ月の暫定予算とせよと要求している。議会はなく,また諸政党の合意もない現状では,これは大統領の方に理がある。予算が組めなければ,首相は窮地に陥る。

第二の関門は,11月22日予定の総選挙。選挙管理委員の任期は10月までだが,議会はないので新委員の選任はできない。現状では,総選挙はできないということらしい。

この体制危機に対し,コングレスは議会の復活を要求し,マオイストのプラチャンダ議長もこれを支持しているが,しかし制憲議会は無能とされまったく人気がない。復活は無理だという。

また大統領は,首相が辞任し挙国政府をつくるべきだとも主張するが,首相は,もしいま辞職すれば,2005年2月1日(ギャネンドラ国王親政開始)に戻ることになる,と反論する。たしかに,ギャネンドラ元国王はこのところあちこちでプジャをするなど,なかなかお元気だ。首相の危惧することも分からないではない。

結局,どうしたらよいのか? 選挙で選ばれた正統性の源泉たる議会が何も決めないまま消えてしまったため,誰にも確たる正統性はなく,ときとともに混迷は深まるばかりだ。とりあえずは,予算がどうなるか,注視していたい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/07/03 at 20:33

カテゴリー: 議会, 政党

Tagged with , , , ,

初代大統領はプラチャンダ?

新憲法玉虫合意がさっそく本領を発揮、大統領制か議院内閣制かでもめ始めた。大統領優位がマオイスト、首相優位がNC,UML。

とくにプラチャンダ議長は、確信的大統領制論者で、16日にも、大統領制要求を明言した。選挙となれば、一番人気はプラチャンダであり、初代大統領としてネパールを統治し、偉大な建国の父として歴史に名声を残すことになるからだ。

さきの4党合意によれば、大統領は国民直接選挙であり、この場合、正統性は議会選出の首相よりも大統領の方が上になる。通常は首相が統治していても、例外状況になれば(ネパールでは例外状況が常態だが)、大統領が決断する。イザというときの大統領の独裁。これは理の当然だ。

プラチャンダは、直感的に、この政治の本質を見抜き、「国民選出大統領は首相以上の行政権を行使する」と、はばかることなく公言したのだ(nepalnews.com, May16)。やはり、われらがプラチャンダは偉い。

マオイスト=プラチャンダが要求する大統領権限は、防衛、外交、連邦・州関係調整。ここからは、非常事態権限、軍隊指揮権、大使任免権などが導き出され、また首相任免権や連邦議会解散権にも及ぶかもしれない。「国家元首(大統領)」と「政府元首(首相)」であれば、例外状況では、国家元首上位は当然であろう。

これに対し、NCやUMLは大統領にそのような権限を与えると反民主的な統治になると批判するが、民主主義はもともと「人民の支配」「人民独裁」であり、人民直接選挙大統領の独裁こそが、もっとも民主的な統治なのだ。

しかし、人民直接選挙大統領に専制化のおそれがないかといえば、そんなことはない。プラチャンダがいかに偉大であれ、いかに愛すべきネアカ政治家であれ、プラチャンダ大統領独裁は一夜にして大統領専制と化しうる。民主主義は、原理的に、これを防止できない。

NCやUMLは、民主主義に民主主義の原理で対抗しようとしているが、そんなことは理論的にも政治的にも無理である。彼らが実際に依拠しているのは、非民主主義的な諸原理である。まったく無自覚であるが、彼らの理屈は保守主義であり貴族主義であり、ときには封建主義である。

いや、国政権限の全くない、国家・国民の統合の象徴としての大統領は、限りなく王制に近い。NCやUMLは、実際には、象徴(儀式)君主制主義者なのだ。これは、恥ずべきことではない。非民主主義的諸原理に依拠しながら、民主主義者と錯覚していることこそが、問題なのだ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/05/17 at 11:54

カテゴリー: 議会, 憲法, 政党, 民主主義

Tagged with , , , ,

マオイストの憲法案(34)

第8編 立法手続き

第120条 法案提出手続き
(1)すべての法案は人民代表議会に提出。
(2)財政法案,およびネパール軍もしくは武装警察関係法案は,政府提出法案。
(3)「財政法案」は,次の事項に関する法案:
 (a)連邦税
 (b)連邦統合基金など
 (c)~(e)略
(4)略

第121条 法案の可決手続き
(1)議会可決法案は,認証のため大統領に提出。
(2)略

第122条 法案の取り下げ
 略

第123条 法案の認証
(1)議長は,認証のため法案を大統領に提出。
(2)大統領の法案認証は,速やかに議長に通知。
(3)財政法案以外の法案については,国家元首が再審議が必要と考える場合,元首は1月以内に意見を付しその法案を議会に差し戻すことが出来る。
(4)大統領意見を付し差し戻された法案を議会が再審議し,原案のまま,もしくは修正をして再可決した場合,それは再び大統領に提出される。国家元首は,15日以内にこの法案を認証する。
(5)法案は大統領の認証により法律となる。

第124条 政令
(1)連邦議会開会中を除き,大統領は緊急事態に対応するため,内閣の同意に基づき,政令を発することが出来る。
(2)政令は,法律と同等の効力を持つ。ただし,
 (a)次の議会に提出され,議会が可決しなければ,失効する。
 (b)大統領により,いつでも取り消される。
 (c)公布後,6月もしくは議会開会後6日で,失効する。

自治州運営手続き
第125条 法案の提出手続き
(1)法案は,自治州人民代表議会に提出。
(2)財政法案は,政府提出法案。
(3)「財政法案」は,次の事項に関する法案:
 (a)州税
 (b)~(e)略(連邦規定に準ず)
(4)略

第126条 法案可決手続き
(1)州人民代表議会可決法案は,認証のため,速やかに州知事に提出される。
(2)略

第127条 法案の取り下げ
 略

第128条 法案の認証
(1)議長は,議会可決法案を,認証のため州知事に提出する。
(2)~(5)略(連邦規定に準ず)

第129条 政令
(1)州議会開会中を除き,州知事は,緊急事態に対応するため,内閣の決定により,政令を公布する。
(2))略(連邦規定に準ず)

■コメント
大統領・知事+議院内閣制を採っているため,連邦でも州でも,立法手続きがやや複雑である。法案は,議会可決後,大統領または知事に送られ,認証(प्रमाणीकरण)をえて法律となる。

問題は,この大統領ないし知事の「認証」である。1990年憲法では,国王に法案認証権限があった。国王はこれを根拠に認証を拒み,議会立法権に介入した。

マオイスト憲法案では,第123条(4)により,議会再可決法案は15日以内に認証されると定めており,議会優位は保障されているとはいえる。しかし,実際には,大統領や州知事が認証権限を乱用し,議会立法権に介入する恐れがないとは言えないであろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/10/09 at 09:53

カテゴリー: 議会, 憲法

Tagged with , , ,

マオイストの憲法案(31)

第6編 行政(1)

第71条 連邦行政権の執行
(1)連邦行政権は大統領にある。

(2)大統領は,内閣(大臣会議)の同意に基づき,統治する。

(3)連邦行政は,ネパール政府の名で執行。

(4)連邦行政権の執行は,付則(5)の連邦リストおよび付則(7)の共同リストに掲げる事項に限定される。

(5)付則(3)によるネパール政府の決定または命令,およびそれに関する文書は,法律に定める方法で認証。

第72条 大統領
(1)大統領をおく。

(2)大統領は,国家元首であり,かつ政府首長。

(3)大統領は,ネパール軍の最高司令官。

(4)大統領は,ネパール国とネパール人民統一の象徴。

(5)大統領の憲法遵守義務。

(6)大統領は,ネパール人民,連邦議会および自らの党に対し,責任を負う。

第73条 大統領選挙
(1)大統領選挙は,成人普通直接選挙により5年ごとに実施。ただし,任期は2年以内。

(2)大統領選挙は,全国1選挙区とし,有効投票の完全多数[過半数]をもって当選とする。

(3)(2)による完全多数票獲得者がいない場合,上位2候補による再選挙実施。最多得票者が再選挙に立候補しない場合,残りの上位2候補による再選挙実施。

(4)再選挙は,初回選挙結果確定後,15日以内。

(5)大統領当選者のもつ他の政治的役職は,当選により空席となる。

(6)大統領に関する他の事項は法令により規定。

第74条 大統領の権限と職務
(1)国家元首としての職務
 (a)法案の認証。
 (b)特赦等の実施。
 (c)名誉等の授与。
 (d)外国大使等の信認状受諾。

(2)内閣を通して遂行する職務
 (a)通常の国家行政。
 (b)大臣への職務割り当てと実施命令。
 (c)行政による通常の平和と秩序の維持。
 (d)一般行政職員の任命。
 (e)軍の動員,開戦・和平の宣言,非常事態の宣言。
 (f)政策案,計画,プログラムおよび予算案の議会提出。
 (g)政令の発布。
 (h)行政に関する他の業務。

(3)議会を通して遂行する職務
 (a)国家諸機関の執行権を担当する役職員の任命。
 (b)大使,特別代表,最高裁長官および判事,ならびに総裁[?]の任命。
 (c)外交および条約等の締結に関すること。
 (d)年次計画,予算案等の承認。
 (e)想定外の事態のための特別プログラムおよび特別予算の要求。

第75条 副大統領選挙
(1)大統領候補者は,立候補登録の時,本人とは別のカースト,共同体,家族および性の者を副大統領候補として推薦する。

(2)当選した大統領候補者の推薦していた者が,副大統領となる。

第76条 大統領と副大統領の資格
以下の要件を満たす者は大統領または副大統領の候補者としての資格を有する。
 (a)ネパール市民として生まれた者。
 (b)35歳以上。
 (c)連邦議会の議員となる資格を有する者。
 (d)他の法により欠格とされていない者。

第77条 大統領の解任
(1)次の場合,大統領は解任される。
 (a)死去。
 (b)任期満了。
 (c)辞職を申し出たとき。
 (d)リコールされたとき。
 (e)議会議員の1/4以上により提出された弾劾動議が,議会議員の2/3の多数をもって可決されたとき。

(2)(1)により大統領が在職3年6月以内に解任されたときは,副大統領が次の大統領選挙の実施日を解任後6月以内のいずれかの日に定める。

(3)大統領が,3年6月以上在職後,(1)により解職されたときは,副大統領が残存期間,大統領の職務を遂行する。

第78条 リコール
(1)各州の10%以上の有権者は,署名を添え,大統領リコール動議を提出できる。

(2)選挙管理委員会は,リコール動議を2ヶ月以内に確認し,要件を満たしておれば,確認後7日以内にそれを議会に送付。

(3)議会が2/3の多数をもってそのリコール動議を可決したとき,大統領は解任される。

第79条 副大統領の解任
(1)以下の場合,副大統領は解任。
 (a)死去。
 (b)任期満了。
 (c)辞職願提出。
 (d)大統領弾劾動議が可決されたとき。

■コメント[一部修正8月14日]
大統領制 マオイスト憲法案は,人民直接選挙による大統領を国家元首とする「大統領制」である。大統領は,国家元首であり,国家と人民(国民)統一の象徴であり,そして国軍最高司令官である。

大統領権限の制約 大統領は,議会と内閣を通して立法権と行政権を行使する。また,大統領には任期があり,弾劾やリコールもある。

国王以上の大統領権限 しかし,その反面,法案の認証,非常事態の宣言,軍の動員と指揮などの重要な大統領権限については,具体的にはどこまでが大統領の裁量の範囲内かは,ここの規定だけでは分からない。

実際には,人民直接選挙が大統領に強力な正統性を付与し,大統領独裁となる恐れもある。運用にもよるが,大統領は1990年憲法の国王以上の権限を行使しようと思えば,十分に行使できるとみてよいであろう。

出身政党への責任 ここの大統領規定の中で,特に興味深いのは,大統領が、人民と議会に対してばかりか,自分の出身政党にたいしても責任を負うこと(第72条2)。共産党の一党独裁なら,この規定も分からないではないが,マオイスト憲法案は多党競争制民主主義を採っている。なぜ,このような奇妙な規定を置いたのか? 多党競争制は建前で,本音は人民独裁(共産党独裁)とすると,つじつまは合う。

コミュナル大統領制 それと,もう一つ,いかにもマオイストらしいと感心するのが,副大統領候補の決定方法。第75条(1)によると,副大統領は大統領とは別の社会的属性をもつ人物でなければならない。

(例) ●大統領候補者   男 バフン ヒンドゥー教徒 ・・・・
   ▼副大統領候補者  女 ネワ―ル キリスト教徒  ・・・・

これは面白い。「コミュナル大統領制」といってもよいだろう。

「国民代表」の否定 このように,マオイストの包摂参加民主主義,権力分有民主主義は,「国民代表」の理念を完全に否定してしまう。

全国1選挙区から人民直接普通選挙で選出される大統領ですら,「出身政党代表」であり,「コミュナル代表」である。「カースト代表制」と言い換えてもよい。「国民代表」などという,ブルジョア的・保守反動的な民主主義理念は完全に粉砕されている。

痛快ではある。ではあるが,「人民代表」は,裏口からこっそり引き入れられている。コミュナル政治か,人民独裁か,という選択であろうか? 

無責任な部外者にとって,これはあまりにも面白すぎるが,こんなことをやっていては,収拾がつかなくなるのではないか? コミュナリズムが強化され,アイデンティティ政治が制御できなくなり,大混乱の末,一発大逆転で人民独裁の到来。そんなことになりかねない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/08/13 at 11:50

ヤダブ大統領,議会招集

ヤダブ大統領が12月28日,MK・ネパール暫定首相の助言に基づき,議会を招集した。1月9日開会。切迫した課題は2つ。

一つは,首相選出。17回目の首相選挙が12月中旬に予定されていたが,理由不明のまま先送りされてきた。時間が正統性を生み出すとすれば,MK・ネパール首相の統治もかなりの正統性を得ているはずだが,ネパールには保守主義はなく,こうした大人の知恵を述べる人は全く見当たらない。何が何でも民主的選挙で首相を選出するのだそうだ。というわけで,新春には17回目の首相選挙がにぎにぎしく挙行されるであろう。

もう一つの課題は,UNMIN撤退問題。マオイスト=UNMIN共闘が成立すれば,UNMINはめでたく派遣延長となる。もしインドが「ノー」に固執すれば,UNMINは追い出され,マオイスト人民解放軍(PLA)は,政府(=NC=UML=軍=インド)の監視下にはいることになるが,まさかPLAがおとなしく敵の軍門にくだるとは思えない。マオイストが分裂でもしなければ,人民蜂起,人民戦争再開となる可能性が大きくなる。

1月議会の2課題は,いずれも難問だ。絶望的とならざるをえない。ネパール流「いい加減」で何とか乗り切ってもらいたいものだ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2010/12/28 at 23:49

カテゴリー: マオイスト, 議会, 政治

Tagged with , , ,

労農党は大統領統治支持

労農党のナラヤンマン・ビジュチェ議長が11月5日,大統領統治への移行を訴えた。

いまネパール政治はせっぱ詰まっている。マダブクマール・ネパール首相は,なかなかのくせ者だが,予算を人質に取られ,身動きがとれなくなった。なんとか打開をと,ラムチャンドラ・ポウデル氏(NC)を1月ばかり首相に選出し,とりあえず予算を通そう,と提案してみたり,それがだめなら首相を辞め全権を大統領に委ね,大統領の下で予算を通してもらおう,といったりしている。

このネパール首相の提案には,マオイストもUMLも猛反対だが,ここにきて首相に救いの手をさしのべたのが,おなじみビジュチェ労農党議長。彼はかなり前から大統領統治を提案していた。

ビジェチェ議長は,バクタプールの小党の党首だが,支持基盤は安定しており,政治危機になると登場し重要な役割を果たす名士,今回も案外,彼の目指す方向に政治が動き始めるかもしれない。ネパール首相もネパール国家も,いよいよせっぱ詰まってきたのだから。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2010/11/06 at 21:17

カテゴリー: 議会, 政党, 政治

Tagged with , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。