ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘太陽光発電

電動三輪車,タライ快走

カトマンズの電動三輪小型バス(サファ・テンポ)は,坂道が多いせいか生息吐息,このままでは排ガス排出車との競争に負け,姿を消しそうな雲行きだ。

ところが,広大な平地のタライでは,電動三輪タクシーが多数走っている。新しくてピカピカ,音もなく走り寄り,客を拾い,さっそうと走り去る。

構造はいたって簡単。三輪車車体に電動モーターをつけ,蓄電池を乗せ,その電力で走る。部品さえあれば,私でもすぐ組み立てられそうだ。

人力三輪車(リキシャ)もまだ多いが,電動三輪車の方が速く,美しく,カッコよいので,いずれとってかわられそうだ。

問題はコスト。蓄電池の購入・維持にどの程度のコストがかかるのか? 蓄電池は技術開発が急速に進み,また太陽光発電用にもますます多数使用されるようになってきているので,購入・維持コストは今後低下していくものと思われる。

理想は,太陽光発電との組み合わせ。これも,技術的にはいたって簡単。私でも,すぐできる。太陽光発電の効率とコストがさらに下がれば,いずれ太陽光発電・充電による電動車運用の夢が実現するだろう。

このように,持続可能エコ電動車がさらに増えていけば,タライは,低公害交通のモデル地域になるだろう。頑張れ,静かで美しく,かわいい電動三輪車!

▼電動三輪タクシー
最初の写真のみビラトナガル郊外,他はイタハリ。動力は,蓄電池電動モーターが主,ペダル人力が補助。また,電動モータのみのタイプもある。速度は,人力三輪車よりはるかに速く,エンジン駆動車より遅い。平地での中短距離輸送に最適。
150208a

150208b150208e

150208c150208d

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/02/08 at 14:29

太陽光発電の光明

夜8時すぎ,ソーラーLED街灯を見にラーニポカリ付近に行ってきた。新設街灯は見た限りではすべて点灯していたし,ソーラーLED照明バス停にも明かりがともっていた。ただし,少し古いと思われる,ガネッシュマン像周辺の街灯は,いくつか消えていた。

150206c
 ■ラーニポカリ西側

150206d
 ■LED街灯とラーニポカリ

150206e150206ff
 ■ガネッシュマン像周辺の消灯LED街灯/LED照明バス停

ソーラーLED街灯の仕様は,素人には正確にはわからないが,基本構成は次のようなものらしい。
 ▼太陽光発電板 1枚
 ▼LED照明板 12V/DC 40W 1枚
 ▼蓄電池 1組

150206b150206a
 ■上から太陽光発電板,照明板,蓄電池箱/LED電球照明板

40Wと表示してあったので,たいして明るくないのではと思っていたら,実際に夜みてみると,かなり明るく,十分実用にたえるものであった。この基本セットを2つ組み合わせたものもあり,これだとさらに明るい。

製造国は,照明板が中国製なので,他の部品もおそらくそうだろうが,まだ確認はしていない。

太陽光発電は,都市部だけでなく,地方にも広がっている。設置はいたって簡単なので,増設し,うまく維持すれば,ネパールの人々の生活を大きく変えることになるであろう。

太陽光発電の光明は限りなく大きい。ネパールが,原発に固執する日本を飛び越え,太陽光発電超先進国になる可能性は大だ。むろん,中国援助によること大ではあろうが。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/02/06 at 16:50

カテゴリー: その他, 経済, 中国

Tagged with , ,

太陽光発電援助,地味な報道

日本援助の太陽光発電プラントが完成し,1月11日,ネパール側に引き渡された。各紙報道によると,概要は次の通り。
  ・設置場所:ドビガード。ラリトプルのバグマティ河畔
  ・発電能力:680Kw
  ・電力用途:カトマンズ盆地上水道公社(KUKL),および一般電力網への送電
  ・事業費:5.38億ルピー

太陽光発電は機器の価格も急速に下がってきており,ネパールにとっても,近い将来,有望なエネルギー源となるであろう。その意味で,この援助は先駆的と評価されよう。

その一方,今回も,報道は極めて地味だった。各紙の記事はごく小さく,これでは気づかなかった人も少なくあるまい。

昨年11月26日午後,現地付近を歩いてみた。バグマティ河畔は荒涼としていて,散乱するゴミに枯れ木のカラス,まるで賽の河原。午後の日差しポカポカなのに,あまりの不気味さで寒気がした。

そのバグマティ川西側のダクシンカリ道路に面して「カトマンズ盆地上水道公社」があり,その一角に今回の太陽光発電援助事業の説明板が掲示してある。しかし,これも地味。注意していないと,見落としてしまう。

援助広報がどうあるべきかは,たしかに難しい課題であろう。やらないと,日本の援助努力が一般の人々に知られないままとなるし,今回のような先駆的的案件だと,ネパールの人々が将来のエネルギーを考えるための問題提起,選択肢提示の役割を十分に果たせないことにもなる。

日本人の奥ゆかしさは美徳ではあるが,多様な異文化のせめぎ合う世界社会にあっては,効果的な援助広報にもう少し努力することも必要ではないだろうか。

130117g ■KUKL付近(Google)

130117d 130117c 
■バグマティ河畔の仏像とカラス(2012-11-26)

130117e 130117h
■KUKL(Google) / バグマティ東河畔設置の発電パネル(?)。(Google)

130117a ■KUKL構内の援助事業説明パネル(11-26)

130117b ■上掲写真左上部分(11-26)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/01/17 at 11:51

カテゴリー: 経済, 外交

Tagged with , ,