ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘太陽光

太陽光蓄電池式LED照明,激増中

ネパールでは,小型の太陽光発電が激増している。乾季,雨季を問わず,連日,長時間停電なので,いまや当地の生活必需品となったようだ。後発国の技術的優位。モバイルに続き,太陽光発電でも,ネパールは日本を追い越し,はるか先を疾走しつつある。

太陽光発電でも特に目立つのが,蓄電池式LED照明。いたるところにあり,なお激増中。

が,よいことばかりではない。近代合理主義が「もっと光を」と叫んだように,近代の光は効率本位で,文化的暖かさがない。LEDは暖色も発光させうるが,近代化を急ぐ先行ネパールでは効率本位の白色光ばかり。どぎついLED光が,いたるところで目を射る。

私のネパール初体験は,夜間フライトで上空からカトマンズを見たこと。盆地全体が,電燈の暖かくやわらかい光で,やさし~く包まれていた。

それが,少しずつ蛍光灯に置き換えられ,そして今,冷たい合理主義の反文化の光によって急速に取って代わられつつある。

それともう一つ,気がかりなのは蓄電池の処分。ネパールのLED照明の多くは蓄電池式なので,しばらくすると蓄電池が大量に廃棄され始める。日常生活ゴミですらまともに処理されていないのに,廃棄蓄電池をどう処分するのだろう。文化もさることながら,現実生活の方も心配だ。ガンジス源流域に大量放棄といったことにならなければよいが。

150715a150715b
 ■トリブバン大学の合理のLED光/LED街灯とアパートの太陽光発電版(7月15日早朝)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/15 at 11:05

カテゴリー: 経済, 文化

Tagged with , , ,

ソーラーLEDの街灯とバス停

憲法制定が泥沼停滞中なので,カトマンズ市内を見ることにした。すぐ目についたのが,太陽光発電の街灯とバス停。道路沿いに大量設置中だ。

連日長時間停電なので,電線配電をあきらめ,一足飛びに最先端のエコ持続可能ソーラーLED照明へのポストモダン化。スゴイ,スゴイと驚嘆,感動,雨あられ。憲法に続き,街灯でもバス停照明でも,日本を追い越しつつある。

設置予算は,どこから出ているのか? 街灯の柱は鋼鉄かアルミ(たぶん鋼鉄)で,とにかく立派。上部に太陽光発電板,中間に蓄電池が取り付けられている。バス停の場合は,屋根の上に太陽光発電板,蓄電池はたぶん天井部分収納であろう。

スゴイ,たしかにスゴイが,全体として,どことなく野暮ったく,あか抜けない。もし援助しているとすれば,中国かな?

そう思いながら歩いていると,ありました! ネパール民主主義再建の父の一人,ガネッシュマン・シン像の前にこれ見よがしに林立しているソーラー照明の,像のすぐそばの最も目立つ支柱に,「中国西蔵自治区○○○○」の掲示。○部分は消えているが,英語表記では「贈呈」となっている。他はどうかは不明だが,少なくともここでは中国が援助していた。スゴイぞ,中国!

が,しかし,そこはネパール,太陽光エコ照明でネパールが一気に西洋文明近代を超克するかというと,どうも,そううまくはいきそうにない。少し前に設置された同様の仕様のソーラー発電式街灯を見ると,受光面にはすでに厚くほこりが積もり,どう見ても発電しているようには見えない。日本援助の信号機以上の,文字通り立ち枯れソーラー街灯となっているのだ。年に何回か掃除すれば,使えそうなのに,それすらやっていないようだ。この調子では,蓄電池メンテナンスもやっていないのだろう。(実際の点灯状況は,後日,夜間観察し,報告する。)

いやはや,前近代からの近代以後への一足飛びの跳躍は,かくも難しいことなのだ。街路灯にして然りとすれば,憲法においては,なおさらのことではないのだろうか?

150127■H.エベレスト前

150124a■王宮博物館前

150124b150124c
  ■ガネッシュマン像前/同贈呈表示板

150124d150124e
  ■バス停/埃まみれ太陽光発電版と従来型信号機 

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/02/03 at 12:40

太陽光発電も中国

Republica(12 Oct)によると,ネパール電力公社(NEA)は,中国企業との間で,30MWの太陽光発電所の建設に合意し,覚書を交わした。NEAが土地を提供し,中国企業がそこに太陽光発電装置を設置,生みだされた電力はNEAが購入する。30MWといえば,関西電力堺太陽光発電所が10MWだから,かなりの規模だ。35年契約で,事業会社の持ち分は中国側98%,ネパール側8%。

さすが中国,目の付け所がよい。ネパールは,水力と同様,太陽光発電にも適地だし,それ以上に,ヒマラヤをバックに中国製太陽光発電パネルが並べば,宣伝効果は大きい。シャープなど日本製ほど変換効率はよくなくても,とにかく設置し場所取りしてしまえば,勝ちだ。

また,この程度のプロジェクトについても,新聞で大きく取り上げさせるなど,中国は広報活動もうまい。ダム(西セティ他),空港(ポカラ他),レジャーランド(ルンビニ他)など,まさに昇竜の勢いである。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/10/12 at 14:30

カテゴリー: 経済, 中国

Tagged with ,