ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘性差別

女児選別中絶の拡大

リパブリカ(7月20日)によれば,ネパールでは,特に都市部において,女児選別中絶が拡大している。この問題については,すでに何回か指摘したが,この記事は改めてそれを裏付けるものである。(参照:出生前診断で女児中絶

調査機関:タパタリ産科病院 CAP-Nepal
調査期間:2012年7月~2013年6月
調査対象:3人目を妊娠した妊婦 288人

・胎児が男であることを知っている妊婦 123人
・胎児が女であることを知っている妊婦  16人
・胎児の性別を知らない妊婦      123人
・胎児の性別を知りたいと思っている妊婦 28人

CAPによれば,胎児の性別を知っている妊婦の胎児は,男が123人,女が16人。この顕著な差は,女児胎児を選別中絶した結果だという。

もしこれが事実だとすると,女性にとって悲惨きわまりないし,またネパールの将来にとっても憂慮すべきことだ。周知のように,ネパールでは(かつての日本と同様),家族や世間から女児出産への強い圧力がかかる。しかも,ネパールでも性選別中絶は違法であるにもかかわらず,実際には手術をする医者は処罰されない。法律はあっても適用されないため,違法な性選別中絶が拡大しているのだ。

さらに危惧されるのが,出生前診断の「進歩」により,優秀児選別出産が広まること。ケイタイやWIFIあるいは英語教育などに見られるように,ネパールは日本よりもはるかに「先取的」だ。このままでは,ネパールは生命操作最先進国になるにちがいない。

(注)CAP-Nepal調査は,小規模で,結果をどこまで一般化できるか不明。CIA(The World Factbook,2013)によると,出生性比(0-14歳)は以下の通り。

ネパール  女100:男104
・アメリカ    100: 104
・スウェーデン  100: 106
・日  本    100: 108
・韓  国    100: 109
・インド     100: 113
・中  国    100: 117

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/07/20 at 14:51

カテゴリー: 社会, 人権

Tagged with , ,

関西空港と国家の品格

関西空港を利用して,びっくり仰天。「美しい国」の「国家の品格」について,改めて考えさせられた。

関西空港については,以前,閑古鳥が鳴いていると,その惨状をご紹介したが,いまは様変わり,普通の空港なみにまで利用者が回復していた。理由の一つは,格安航空の参入であろう。見慣れない様々な航空会社が乗り入れ,そこそこ繁盛していた。もう一つは,安倍=黒田バブル経済で,はや人心が浮かれ,プチブル海外旅行が急増しているのだろう。

このように利用者増加は喜ばしいが,品格という点では,関空はいまいちだ。というか,いかにもエゲツない大阪の空港らしい,といった方が適切かもしれない。

関西空港ビルの3階中央に丸善書店がある。高尚な哲学新書でも買うつもりで行ってみると,通路側の一等地陳列台に,なんとエロチックな半裸女性を表紙に掲載したいわゆる「ピンク本」が,堂々と平積み販売されていた。

エゲツないエロ・グロは大阪の伝統文化だし,丸善がピンク本を売ってイケナイ理由もない。平積み販売であり,よく売れているのだろう。マンガの次はピンクだ。ピンクを世界に!

ピンク本は,日本国の,特に大阪の誇るべき伝統文化だが,関西空港の一流店舗街の表通りで売るには,相当の度胸がいる。2階にTsutayaがあるので,行ってみると,「成人向け」はあるにはあったが,奥の方の書棚に入れられ,表紙グラビアは一部しか見えないように工夫されていた。

丸善とTsutaya。センスの差がモロみえだ。重厚な洋書やバーバリ等の渋い舶来製品を扱っていたころの丸善,もはやその残り香すら感じられない。

関西空港は,れっきとした国際空港。他の国の国際空港において,このようなピンク本の表通り平積み販売の事例は,あるだろうか? 私が見た限りでは,ない。

「美しい国」の古き良き伝統は,浮世絵であり,混浴であり,庭先行水だ。外国客人をピンク本平積み販売で古都にお迎えする。「美しい国」の「国家の品格」とは,きっとこのようなものに違いない。

130429a

130429b 
  ■丸善書店・関空店。矢印の先がピンク本平積み販売台(2013/4/20&23)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/04/29 at 19:18

カテゴリー: 文化, 旅行

Tagged with , , ,

ミス・ネパール: コーラ帝国主義の完勝

ネパールのミス好きは,世界に冠たるもの。ミス,ミスだらけといってよいが,それらの中でも最も有名な,ミス中のミスは,おそらくTHT(The Hidden Treasure)主催の「ミスネパール」であろう。(ミスコンについては下欄タグ「ミスコン」クリック)

そのミスネパール最終審査が,この3月20日,権威ある「ネパール学芸会館」において華々しく開催され,美事,イシャニ・シュレスタさんが「2013年度ミスネパール」の栄冠を獲得された。もちろん,それにつづく「ミスネパール地球2013」も「ミスネパール国際」も,そして他の諸々の「ミス○○」も,みな文句なしに美しい。

130322 ■ミスネパール表彰式(THT-HPより)

今年のミスネパール・コンテストは,ファンタがメーン・スポンサー。コカコーラ社は,他にも「コカコーラ・フットボールカップ」など,多くのイベントを協賛している。大攻勢といってもよい。むろんコカコーラは営利目的の私企業であり宣伝活動をするのは当然だが,それにしても,最近は少々度が過ぎるのではないか。特に露骨な「女」の利用は,あまりにも品がない。

いまや,時代は激変した。マオイストは,かつて人民の友たりし頃,コーラを帝国主義の先兵とみなし,ネパール事業所を攻撃した。ところが,少し優勢になるとコーラ帝国主義批判は沙汰やみとなり,いまではコーラ片手にミスコンを観ていても,性搾取者とも帝国主義者とも非難される恐れはなくなった。マオイストも,コーラを飲んで,スカッと爽やかになったのだろうか?

「ファンタTHTミスネパール2013」は,コーラ帝国主義完勝の象徴といってもよいだろう。

130322a ■ファンタに飲まれる3美女(THT-HPより)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/03/22 at 14:10

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。