ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘

M・F・X:ネパール「第三の性」旅券発行へ

ネパール政府は1月7日,パスポート記載の性別欄に「第三の性」を追加すると発表した。「パスポート規則を改正し,男でも女でもない人々のために,第三の性を追加することにした。」(ロック・B・タパ旅券局長) (b,c,)

1.先例としてのオーストラリアとニュージーランド
この問題では,オーストラリアとニュージーランドが先行している(e,f,g)。海外旅行の際,外見とパスポート記載の性別とが一致せず,トラブルとなることが少なくいなかった。そこでオーストラリアでは2011年9月,医師の証明書を付け申請すれば,「男(M)」,「女(F)」,「第三の性(X)」のいずれかを選択できるようにした。性転換手術は不要。

1年後の2012年,ニュージーランドでも,同様のパスポート規則改正が行われた。

2.南アジアのヒジュラ―
南アジアは,「第三の性」については,かなり先進的ないし現実的である(h)。

ヒンドゥー教では両性具有は神的なものとみられきたし,また他方では,古くから「ヒジュラ―(हिजड़ा)」と呼ばれる人々もいた。ヒジュラ―は,伝統的な女装した「第三の性」の人々であり,インドには数十~数百万人いると言われているが,人口調査区分が「男」「女」ということもあり,実数はよくわからない。いずれにせよ,両性具有信仰やヒジュラ―の伝統があったことが,南アジアで「第三の性」問題への取組が他の地域以上に切実であり早かった理由の一つであろう。

インドでは2005年,パスポートの性選択欄に「E(Eunuch)」が追加された。(Eunuch=去勢男性。ただし,ヒジュラ―は必ずしも去勢しているわけではない。) この「E」表記は,いつからかは不明だが,現在では「Transgender」に変更されている(下図参照)。また,2009年には,選挙管理委員会が有権者登録に「Other」を追加し,「男」「女」以外の人々は「第三の性」として投票できるようにした。

こうした流れを受けて,インド最高裁判所は2014年4月15日,次のような画期的な判決を下した。「男女いずれかのジェンダーとは別のヒジュラ―ないし去勢男性(Eunuch)は,『第三の性』として扱われ,[憲法,国法,州法により]その権利を保障される。」(a)

バングラデッシュでも,2011年から,ヒジュラ―は「Other」としてパスポートを取得できるようになっている。

150111e150111d ■インド旅券申請書の性選択欄

130613c ■日本旅券発給申請書(部分)

3.新憲法と「第三の性」権利保障
ネパールは,インドやバングラデッシュより少し遅れたが,それでも2013年6月,最高裁が「第三の性」パスポートの発行命令を出した(i)。そして今回,それに基づき「パスポート規則(2010年)」が改正され,「第三の性」の選択が可能となった。

パスポートの性選択欄を「X」(オーストラリア,ニュージーランド)とするか「Transgender」(インド)ないし「O(Other)」(バングラデッシュ)とするかは,まだ未定。また,実際に「第三の性」パスポートが発行されるのは,必要機器の準備が出来てからとなる。

ここで注目すべきは,このような「第三の性」の権利保障が,憲法の中にも書き込まれるか否かいうこと。もし書き込まれるなら,ネパール新憲法は,この点でも世界最先端となり,注目を集めることになるであろう。

[参照]
(a)http://supremecourtofindia.nic.in/outtoday/wc40012.pdf
(b)”Nepal to issue passports with third gender,” REUTERS,2015-01-07
(c)”Road clear for 3rd sex passports,” Ekantipur, 2015-01-07
(d)”Germany allows ‘indeterminate’ gender at birth,” BBC News,2013-11-01
(e)”New Australian passports allow third gender option,” BBC News,2011-09-15
(f)”Male,female,or neither? Australian passports offer third gender option,”
AFP,2011-09-15
(g)”Australian passports to have third gender option,” The Guardian, 2011-09-15
(h)” ‘Third sex’ finds a place on Indian passport forms,” The Telegraph, 2005-03-10
(i)谷川「夫婦別姓: 公文書でも旧姓表記! ・財界・自民も賛成へ ・別姓パスポート取得/別姓クレジットカード <特報>長崎大別姓へ ・オーストラリアの別姓 ・住基ネットを別姓で笑殺

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/01/11 at 20:43

チティパティに魅せられて(2)

こちらのチティパティ・タンカは,さらにシンプルであり,好ましい。仏教知識皆無で専門的な絵解きはできないが,それだけにかえって邪念なしに,絵そのものを見ることができる。

この男女は骸骨であり,当然,死んでしまっているが,それにもかかわらず歓喜にあふれている。

近代の哲学者,ホッブスは,死を最大苦=最大悪と考え,死を防止するための主権国家リバイアサンを構想した。このように,近代人にとって死は如何ともしがたい宿命ではなく,人為により最大限防止すべきものとなった。医学をはじめ近代諸科学の目標は,死の克服である。

このようにして,神仏の加護ではなく,人為による死の克服が目標になると,現実の死はとりあえずカッコ(病院など)にいれ,日常生活においては,できるだけ見えないようにされる。あたかも死が存在しないかのような生活が,一般化したのである。

しかし,これは根拠なき生の永続幻想である。そのため,近現代人は,そこはかとない不安に常につきまとわれ,生の無上の歓喜を味わうことが出来なくなってしまっている。

ところが,チティパティの男女は,ホッブス流の最大苦=死にもかかわらず,歓喜雀躍している。あるいは,この男女は,骸骨になっているにもかかわらず性行為中のようであり,もしそうなら,生(性)から死まで,すべてを悟得して,そこに無限の歓喜はあるといっているのかもしれない。

いずれにせよ,この骸骨男女の表情は,すばらしい。無邪気な歓喜にあふれている。骸骨なのに,生者より生き生きとしている。彼らを見ると,見返され,つい微笑まざるをえない。このような満面の笑みをもって死を迎えられたら,これに勝る幸せはあるまい。

130413b

130413a

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/04/13 at 11:39

カテゴリー: 宗教, 文化

Tagged with , , , , , ,

伝統的性文化健在、キルティプール付近

1.伝統的性文化
ネパールは、いうまでもなく性の天国。かつては、カトマンズ盆地のどこに行っても、男根や女陰や男女合体像など、性が氾濫していた。歩けば男根につまづき、女陰にはまるといった有様。

民俗学的には様々な説明が可能だろうが、要するに、家族子孫の繁栄と、家畜や五穀の豊穣を願う、健康でマジメなものであったことはいうまでもない。

 ■チョバール山麓路傍の男根(リンガ)

2.原罪処罰としての性:キリスト教
ところが、性を原罪への処罰と信じ込まされている西洋キリスト教徒の多くは、そのような健康な見方をすることができない。淫らだとか、猥褻だとか、不道徳だとか、野蛮だとか――要するに、抑圧され歪になった、イジケた思い込みにとりつかれているのだ。

キリスト教は、何とも罪つくりな宗教である。というか、見方によれば、キリスト教は罪をつくることによって成立し、罪の脅しによって存立している宗教だといっても過言ではない(異端説ではあろうが)。

キリスト教にとって、性器はイチジクの葉で隠さなければならないほど恥ずかしい身体の一部だし、性行為は原罪への処罰だから、それらを彫刻や絵画で開けっぴろげに開陳し礼拝することなど想像もできないことだ。彼らにとって、それらは、せいぜい必要悪、したがって厳に隠されてあらねばなぬものなのである。

3.性抑圧西洋文化の影
この性抑圧西洋文化が、ネパールにも暗い影を落とし始めたように見える。かつていたるところにあった男根や女陰や男女合体像の中には、意図的か偶然かはわからないが、壊れたり、ゴミためとなってしまったりしているものも少なくない。

あるいは、旧王宮など、いたるところの寺にあったリアルな男女性器や男女合体像の彫刻は、多くが放置され、もはや原型が見分けられないほど劣化してしまっている。

あるいはまた、タメル入口の寺のように、最近修理されはしたものの、以前のようなリアルな性表現ではなく、肝心の部分がぼかされているものが多い。キリスト教的西洋道徳による直接的あるいは間接的な検閲ではないかと疑われる。

そもそも見たくない人は、来なければよいのだ。頼みもしないのに押しかけて来て、やれ未開で不道徳だの、淫らだのと勝手なことをいい、伝統文化を自分好みに改変してしまう。見たくなければ、動物供儀にも性礼拝の場にも来るべきではない。

4.村の健康な性文化
と、そんな嘆かわしい今日この頃だが、わがキルティプール付近の村は頑張っている。先日、キルティプールとチョバールの丘の谷間を流れる小川のほとりに行ったら、そこの小さな寺院を修理していた。修理費寄進者一覧らしきものが掲げられ、その横の部屋では男性たちが屋根支柱の彫刻、下の庭では女性たちがレンガ粉つくり(?)をしていた。村総出の修理であろう。

そうして修理された新しい屋根支柱を見上げると、実に見事、古き良き時代と全く同様の、リアルな男女性器や男女合体像が浮き彫りにされている。日本だと猥褻物陳列罪は間違いない。つまり、この近辺の人々は、テレビで西洋堕落番組を見ているはずなのに、文化の基底にある性文化は伝統をそのまま継承しているのだ。

5.余計なお世話は控えよ
まじめに、敬虔に男女性器や男女合体図像を造っている村人たちに、「そんな未開人のような淫らなことをしてはいけません」などと、知ったかぶりをしていうのは、敬虔な動物供儀を残酷だと非難するのと同様、お門違いの余計なお世話だ。抑圧され歪んでしまったヒガミ根性で、村人たちの健康な願いをぶち壊し不幸の道連れにしてはならない。

「悔い改めよ」――余計なお世話だ!

 
 ■寺院屋根修理/女性も修理参加

 
 ■寄進者表とその横の作業部屋/屋根支柱制作

 
 ■レンガ粉つくり(?)/新しい屋根支柱(道路側)

[補足]悔い改めるべきはセックス商売
インターネットには、科学偽装男女性器写真(ウィキペディアなど)や、祈りなき即物的性行為動画がいくらでもあるが、それらは似てまったく非なるもの。悔い改めるべきは、西洋発・日本発のそうした神をないがしろにするセックス商売である。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/11/29 at 12:45

出生前診断で女児中絶

ネパールでは,出生前診断で胎児が女児と判かった場合,親族の圧力により中絶させられることが少なくない。その数,年5万人に上るという(社説「女児胎児殺戮」Nepali Times, Sep14-20, 2012)。

1.悪魔の医術
医学の「進歩」により,出生前診断は日々高度化している。いまではNT法,MPS法,マイクロアレイ法などの出生前診断により,ダウン症,自閉症,血友病など,200以上の「異常」や疾病が判るという(朝日新聞2012-09-20)。

また,羊水検査ではなく,妊婦の血液を調べるだけで,胎児の遺伝子異常が99%の精度で判別できる簡便な検査方法も開発され,使用され始めている(朝日新聞2012-09-04)。

古来,「子は天からの授かりもの」とされ,出生は神の領域であった。キリスト教でも,子は親のものではなく,神の子供である。子の生命は,親のものではなく,神のものであった。

ところが,出生前診断は,この古来の生命観を根本から覆し,親や親族にとって好ましくない子は中絶し,その生命を奪うことができるようになった。生命は選別操作され,商品化され始めた。

出生前診断は,悪魔の医術である。知らなければ,判らなければ,天からの授かりものとして,わが子を産む。ところが,出生前診断により,早い段階で胎児の「異常」が判ってしまう。どうすべきか? 親,とくに母親の苦悩は計り知れない。本来なら神の領域の問題を,母親が引き受けなければならない事態になったのだ。生命選別の悪魔の技術としての医術!

2.男児選別出産
このように出生前診断は,日本でも深刻な問題となっているが,それよりもはるかにナマナマしく露骨なのが,ネパール。古来,男尊女卑で,食事,教育,医療など,あらゆる点で男児優先,女児後回しが慣行となっている。無事生長できても,娘への相続は忌避され,ダウリー殺人(結婚持参金回避殺害)ですら行われる。結婚は男児を得るためであり,嫁には男児出産が期待されてきたのだ。そのようなネパールで出生前診断が普及すれば,何が起こるか?

前掲ネパリタイムズ社説「女児胎児殺戮」によれば,ネパールでは,5年前,中絶が合法化された。中絶非合法のときは,密かに中絶した嫁を悪意で訴えたり,無理な出産で母親が死亡したりすることが少なくなかった。中絶合法化は,そのような女性にとっては救いであったが,他方では,中絶が容易となり激増した。

特に問題なのは,出生前診断で女児と判ると,夫や親族により中絶を強要されること。拒否すれば,虐待され,ときには殺されたりする。社説によれば,たとえば次のような事例があった――

▼女児出産の妻に,夫が石油をかけ火をつけた。

▼2人の女児出産後,3人目を妊娠し5ヶ月となる妻が,教師の夫に殴られ流産。夫は別の女性を妻とした。

▼カトマンズの裕福な家庭出身でオーストラリア留学後結婚した妻は,2女児出産後虐待され,その後妊娠のたびに出生前診断を受けさせられ,女児と判ると4回中絶させられ,離婚。

▼2女児出産後,3人目を妊娠した妻は,出生前診断後中絶させられたが,実際には、その胎児は男児であった。病院は10万ルピーを払い口止め。医師は中絶料稼ぎのため,男児なのに女児と嘘をつくこともある。

3.性の脱神秘化の非人間性
ネパールでは,このような神をも怖れぬ,恐ろしいことが日常茶飯事となりつつあるという。社説は,その原因を男尊女卑の父権主義と指摘している。

たしかにその通りだが,出生前診断の根本的問題は,子供選別出産そのものにある。前述のように,出生前診断技術の「進歩」により,早い段階で胎児の遺伝特性が判別できるようになった。男児選別出産の次は,優秀児選別出産((優生学)に向かうことは,火を見るよりも明らかだ。このバチ当たりな涜神行為をどう抑止するか?

繰り返しになるが,生死はもともと神の領域。そもそも性のタブーを破り,性を脱神秘化したところから,性と生死の資本主義化が始まった。人間性にとって,不可視の不合理の闇は不可欠ではないか? 性行為を覗き胎児を覗くことは神を冒涜することであり,生命を商品化し操作する結果とならざるをえない。それは,人間にとって本当に幸福なことであろうか?

【追加2012/09/24】出生前、血液で父子判定 精度99%、1年で150件
   (朝日デジタル2012年9月24日)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/09/23 at 23:49

マオイストとブラジャー:権力欲と性欲とメディア

ネパールのメディアは,一面,面白い。実験的といってよい。たとえば,これはネパールニューズコムのトップページ――

(Nepalnews.com, 2011-6-5)

画面上部は,マオイストがカナル首相(UML)の続投を支持したという政治記事。6月4日,マオイスト指導者たち(プラチャンダ議長,バブラム・バタライ副議長,モハン・バイダ副議長,ナラヤンカジ・シュレスタ書記長)が首相官邸を訪れ,カナル首相に「挙国政府具体化まで辞めなくてもよい」と進言した。カナル首相にも早期退陣の考えはない。

日本とは好対照。菅首相は,せっかく玉虫色妥協で不信任案否決を勝ち取ったにもかかわらず,すぐ腰砕け,6月4日には,早期(8月頃)退陣を表明してしまった。なんたる淡泊さか。

ネパールでは,こうはならない。マオイストの三巨頭は犬猿の仲であり,内紛が絶えないが,イザとなると結束し権力保持・拡大に当たる。カナル首相もそれをうまく利用し,政権の延命を図る。権力欲が政治家の本性だとすると,ネパールの政治家の方が,日本の政治家よりも,はるかに政治家らしいといえる。

このように,ネパールの政治や政治家はいまや日本の学ぶべきモデルとなりつつあるが,そこに目をつけたのが,ネパール・メディア。

ネパールニューズコムは,上記トップページにおいて,日本人の興味を引きそうな政治記事のすぐ下に,魅惑的な下着広告を配している。性が人間のもう一つの本性だとするなら,権力関係記事の下に性関係商品広告を掲載するのは,理にかなっている。ネパールニューズコムは,劣化著しい日本の政治と性事に商機を見いだし,「日本頑張れ」と鼓舞激励してくれているのだ。(日本では「週刊ポスト」などの週刊誌がこの戦略をとってきたが,かつてほどの元気はない。)

日本の権力欲減退政治家や性欲減退草食系男児は,いまこそギラギラ・ギトギトの濃厚味ネパールに目を向け,自らの本性を覚醒させるべきであろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/06/05 at 12:47

カテゴリー: 情報 IT, 政治, 文化

Tagged with , ,

日本女性紹介・ブッダ平和賞・孔子学院

ネパール・メディアは,記事内容はいまいちだが,あっけらかん儲け主義に徹していて,合理的だ。このヒマラヤン紙面を見よ。アクセス連動広告だろうが,実にクール,美事だ。
The Himalayan, May 13

上段で,下心丸見えの日本女性紹介ハデハデ広告。ネパール男性向けの「女性」商品の宣伝だ。一等地に広告を出すのだから,よく売れているのだろう。

中段は,田上長崎市長・秋葉前広島市長への仏陀平和賞授与記事。これは,日本人の名誉心をくすぐりつつ,内政における仏教の政治的利用を図るという高等戦術。ネパール政治家の政治能力は、日本の政治家より上だ。

そして下段は,孔子学院の広告。上段との落差,コントラストが絶妙だ。片や「性」商品を売り,片や「文化」を売る。

ニッポン惨敗。これは日本蔑視ではない。日本なんて,中国四千年の歴史文化の前では,せいぜいこの程度のものなのだ。

中国は孔子(文化)を宣伝し売り込む。日本は,女性(性)を宣伝し売り込む。勝負あり。文化で負け,政治で負け,経済で負け,そしていずれ性でも負けるだろう。

ニッポン頑張れ!

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/05/14 at 22:00

カテゴリー: 社会, 政治, 文化, 中国

Tagged with , ,

性器と貨幣の目的外使用禁止タブー

谷川昌幸(C)

これまた民俗学の常識であろうが,素人の蛇足を2,3本。

ネパールや日本の寺社などに性器や性交図が祭られているのは,いうまでもなく子孫繁栄祈願のために他ならない。性器は正当目的のため使用されており,それゆえ神聖なものとして祭られる。

ネパールのP寺院では,白昼堂々と女性たちが石造りの男性器を撫で礼拝する。かつては日本でも各地に同様の習俗があった。見方によれば,ずいぶん卑猥な光景だが,誰もこれを猥褻とはいわない。性器の目的外使用禁止タブーが利いているからだ。

では,なぜタブーで目的外使用を禁止しなければならないほどの快楽を性行為に与えたのか? それは神のみぞ知るだが,下司の勘ぐりでは,ときには生命を失うほどの苦痛に耐え子供を産ませるには,それ以上の快楽が必要だと神が考えたからだろう。

同じく貨幣(蓄積)が快楽なのも,それがなければ人間は働かないからにちがいない。したがって,働いた対価として貨幣を受け取り,それを他の必要な物品と交換しても,誰もそれを強欲とはいわない。貨幣は本来の目的のために使用されているからだ。

聖書もいうように,出産と労働は原罪に対する神罰であり,死に次ぐ人間の二大苦だ。そんな苦痛の対価だから,性の快楽も貨幣の快楽も尋常なものではない。とてもじゃないが,人智,人力で制御できはしない。そこで神のタブーとなったのだろう。

ところが人間は,神の目を盗んでこのタブーを破り,性を生殖から,貨幣を労働から切り離し,快楽のための目的それ自体として追求し始めた。当初は破戒を恥じ,性器を恥部,陰部などと呼び,性行為も隠れて行っていたし(祭事としての性行為は別),また金儲け,特に金(快楽)が金(快楽)を生む金貸しは賤しい行為とされていた(ここにも問題はあるが別の事柄)が,科学信仰が広まるにつて,性と貨幣のタブーは非科学的として否定され,性や貨幣の快楽を目的そのものとしてよいということになり,ついにはグローバルネット社会における性欲,金銭欲丸出しの,恥も外聞もないバーチャル・セックス,バーチャル・マネーとなってしまったのである。こんな不毛なセックス・バブル,マネー・バブルがいつまでも続くはずがない。

この末世の狂宴は,不思議なことに,原罪以前の性の楽園に似ている。アダムもイブも原罪以前はスッポンポンの丸裸だった。性行為があったかどうか分からないが,少なくとも彼らの性器は恥部でも陰部でもなかった。この堕落以前と末世の現在,理念化すればネパールと今の日本は,性器や性行為が公然と陳列されているという点では,同じだ。違いはただ一つ,性タブーの有無。ただそれだけだが,両者には天地の差がある。どちらがまとも(正気)か,幸福かといえば,それはいうまでもなくネパールの方だ。

日本は,少なくとも堕罪を自らにとどめ,ネパールに性タブーを犯させるようなことだけは,すべきではないだろう。

(多面的な性風俗やネパール文化をかなり強引に理念化しています。仮説に近いものなので,機会があれば,出来るだけ実証していきたいと思っています。)

Written by Tanigawa

2007/03/16 at 18:55

カテゴリー: 文化

Tagged with , , , , ,