ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘投機

ネパール不動産バブル,日本人もビックリ!(5)

5.不動産価格に日本人もビックリ
ネパールの不動産価格高騰は,ネパリタイムズ記事が批判するように異様であり,これには地価上昇に慣れているはずの日本人も驚いている。たとえば,こんな記事がある――

miyachika「ネパールに移住するなら知っておきたい,年々高騰し続けるネパールの土地事情」miyachikaのネパール暮らし,2016/11/23日
ネパール民宿 Katunje Diary「だから言ったじゃないの♪♪」2018/01/31
ネパール民宿 Katunje Diary「カトマンズで家を探す義弟」2018/01/23
ネパール民宿 Katunje Diary「カトマンズの土地転がし」2018/03/26
宮本ちか子「地価が異常な上昇をし続けるヒマラヤの見える都市で、家を持つために大家になる」R.E.port, 2020/2/1

たしかに,このところのネパール不動産価格の高騰は異様であり,私自身,驚きを禁じ得ないが,その一方,振り返ってみると,すでに前世紀末頃には,カトマンズ盆地の不動産はかなり割高となっていた。その頃,これは不動産バブルであり,いずれ破裂するに違いないと危惧した記憶がある。

ところが,それから早や四半世紀たつというのに,不動産バブルは膨らみ続け,一向に破裂しそうにない。

これでは,たとえ不動産ローン金利が12%,あるいはそれ以上であっても,借金して不動産を買ったものが勝ちと多くの人々が考え,不動産投資に走るのも分からないではない。

不動産バブルはいつかは破裂するだろうが自分はその前に売り逃げられる――ネパールの不動産投機家たちも,かつての日本の同業者と同様,そう楽観視しているにちがいない。

■建設中の「カトマンズ・ビュータワー」。29階建高層ビルとなる予定だが,反対も多い(Rising Nepal,2020/12/02)

谷川昌幸(c)

Written by Tanigawa

2022/02/28 at 13:38

ネパール不動産バブル,日本人もビックリ!(4)

4.不動産価格高騰の危険性
ネパールの不動産価格の高騰は,様々な問題を生み出している。重複もあるが,主にネパリタイムズ記事に依拠し,以下に列挙する。

(1)不動産ギャンブル
不動産価格高騰は,不動産投機を拡大再生産する。これは「不動産ギャンブル」であり,非生産的。

ネパールのこの20年間の経済成長率は年4%だが,その多くが不動産によるもの。他の産業は見るべきほどの成長を示していない。庶民の金も不動産投資に回され,不動産価格は高騰,彼らは自分自身の住む家さえ買えなくなっている。

(2)汚職,腐敗の蔓延
政治家,官僚,裁判官,銀行員らは,不動産取引につき利益相反(公益と私益の対立)の関係にあるのに,そこに関与することにより巨利をえている。不動産価格高騰が,政官財の有力者の間に汚職・腐敗を蔓延させている。

(3)経済の不健全化
不動産所有者や不動産取引関係者は,短期間に億万長者となり,豪華SUVなど,ぜいたく品の輸入に拍車をかけた。国内産業は成長せず,貧富格差は拡大,外貨準備も減少してきた。

「この悪循環を止め,不動産投機ではなく生産部門へ投資するようにしなければ,ネパールの経済バブルは遅かれ早かれ破裂するだろう。」(Dill Raj Khanal,経済学者

■新築高層マンション林立,手前はバグマティ川(パタン,2012/12/10撮影)

谷川昌幸(c)

Written by Tanigawa

2022/02/27 at 10:22

ネパール不動産バブル,日本人もビックリ!(2)

2.給与・金利と不動産価格
ネパリタイムズ記事は,市街地や近郊の不動産価格の高騰を警告しているが,そこで暮らす住民にとって,それはどの程度のものなのか? 比較のため,現在の所得水準と銀行金利を見ておこう。

(1)平均給与
ネパールの実勢給与については,インターネットの職業紹介サイトが概観には便利だ。サイトごとにかなり大きな差があるが,以下,おおよその参考までに。

SALARY IN NEPAL(2022)[ルピー/月,$1=Rs120]
平均月収:大企業[57,456] 中企業[48,600] 小企業[29,160] 零細企業[16,200]

Salalies on position in Nepal(2022/02/22)[ルピー/月]
平均的給与(賞与込)[15,053~55,556]
職種別:行政[30,256] 教育[26,282] 農業[22,470] 商業[28,561] 旅行・ホテル[22,006] 自動車関係[28,380] 銀行[37,372]

Average Salary in Nepal 2022[ルピー/月]
全国平均的給与(手当込)[20,400~360,000](全体の25%が47,000以下,75%が84,000以下)
都市別平均的給与: カトマンズ[86,900],ポカラ[80,700]
職種別:小学校教員[52,900] 中学校教員[67,800] 警官[45,800] 看護師[60,200] 歯科医[151,000] 土木技師[73,600] プログラマー[76,700] パイロット[142,000] フライト・アテンダント[53,800] ホテル・マネージャー[145,000] 弁護士[158,000]

(2)銀行金利
Nabil Bank(2022/02/13)
住宅ローン 12.00% / 普通預金 6.03%  定期預金(3か月以上)11.03%

他の銀行については,以下参照。Nepal Bank Ltd Everest Bank Limited

(3)不動産価格
ネパリタイムズ記事では,不動産価格の実例が,いくつか紹介されている。
・パタンのアパート(ベッドルーム2)=850万ルピー
・パタンの小住宅用地=1600万ルピー
・バクタプルの道路沿いの土地=20年前の70倍の価格
・カトマンズ・ダルバルマルグの不動産(土地?)=9千万ルピー/33㎡
・カトマンズ・ティンクネの土地付き住宅=8千万ルピー(6年前の4倍)
・カトマンズ・リングロードから4㎞の土地=5年前の5倍の価格

不動産価格について,より “real” なのは,ネット広告。無数にある。たとえば,以下参照。Hamro Bazaar Nepal Homes Real Estate Nepal Basobaas Nepal 99aana

▼不動産の販売価格例Hamro Bazaar 2022/02/24)

◆住宅(土地付き)

  • ラジンパト: 3階建 土地89.0㎡ 1700万ルピー
  • ラジンパト: 平屋 土地286.2㎡ 4000万ルピー
  • ブダニルカンタ: 3階建 土地116.4㎡ 2800万ルピー
  • マハラジガンジ: 2階建 土地79.5㎡ 1300万ルピー
  • テク: 3.5階建 79.5㎡ 1750万ルピー
  • チェットラパティ: 3.5階建 土地79.5㎡ 2250万ルピー
  • マイティデビ: 3階建 土地47.7㎡ 1300万ルピー
  • カランキ: 2階建 土地111.3㎡ 1150万ルピー
  • ニューバネスワル: 3階建 土地31.8㎡ 400万ルピー
  • バクタプル: 2.5階建 土地79.5㎡ 860万ルピー

◆アパート(マンション)

  • ラリトプル: 107.5㎡ 1720万ルピー
  • ラリトプル: 63.2㎡ 1250万ルピー
  • ラリトプル: 47.4㎡ 890万ルピー
  • タパガウン: 158.1㎡ 3150万ルピー
  • カリマティ: 35.3㎡ 627万ルピー
  • ドゥンバラヒ: 93.0㎡ 1650万ルピー

◆土地

  • カランキ: 95.4㎡  230万ルピー
  • カリマティ: 101.8㎡ 300万ルピー
  • カリマティ: 435.7㎡ 580万ルピー
  • スワヤンブー: 127.2㎡ 240万ルピー
  • ゴカルナ: 349.8㎡ 120万ルピー
  • ラリトプル: 190.8㎡ 129万ルピー
  • バクタプル: 149.5㎡ 120万ルピー
  • ブダニルカンタ: 127.2㎡ 250万ルピー

220222a ■不動産広告 Real Estate in Nepal

谷川昌幸(c)

Written by Tanigawa

2022/02/25 at 11:15

ネパール不動産バブル,日本人もビックリ!(1)

1.Unreal Real Estate Prices: 非現実的な不動産価格
ネパールでは,不動産価格の高騰がなおも続いている。狂乱地価を体験した日本人から見ても,その様は,かつての日本以上に異様とさえ見える。「不動産バブル」といわざるをえない。

この問題につき,ネパリタイムズが長文の批判記事を掲載している。

Ramesh Kumar,”Kathmandu’s unreal real estate prices;The urban property value bubble is artificial,and could spell an economic crisis if it bursts,” Nepali Times,February 5,2022

タイトルは,「カトマンズの非現実的な不動産価格」。土地や建物は「現実の,不動の(real)」財産(estate)であるはずなのに,カトマンズではそれらが「非現実的な,夢のような(unreal)」価格になっている,というのだ。

では,どうなるか? 「都市部の不動産価格は不自然な作為的バブルであり,破裂すれば経済危機を招くだろう。」

これは大変。日本では1980年代半ばからの不動産バブルが90年代初めに破裂,以後,長年にわたり日本は深刻な後遺症に苦しめられた。日本沈没の悪夢が正夢になりかけた。国力がそこそこあった日本にして,この有様。もしこれと同じようなことがネパールで起きたなら,日本以上に深刻な経済危機に陥るのではないか?

以下,他のネット情報も参照しつつ,ネパールの不動産取引について検討してみよう。

220219aNepali Times,February 5,2022

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2022/02/23 at 15:01

カテゴリー: ネパール, 社会, 経済

Tagged with , , , , ,

失業とハゲタカ金融

谷川昌幸(C)
13日のnepalnews.comに,南アジア青年(15-24歳)の失業増加の記事が出ている。
 
 ■青年失業者数(百万人,2009, ILO)
   南アジア      15.3
   東南アジア     8.3
   東アジア      12.8
  
この不安なニュース記事の横に,派手な日本語広告があり,それをクリックすると,FX取引へと誘導される。FXとは,「外国為替証拠金取引」のことらしいが,要するにバクチ,素人が手を出すと破滅は必定。こんな危険な賭け事は,その筋の玄人さんに任せておくべきだ。
 
  (左)青年失業増加記事,(右)FX広告
 
そんなバクチ資本主義の広告が,Least Developed Countriesの一つたるネパールのネットに出される。まるでハゲタカのようだ。下欄のこの有名な写真と,見比べてほしい。精神態度において,資本主義とは,結局,どこでも餌をあさるこのハゲタカのようなものなのだ。
 
 ハゲタカと少女(K カーター/ピューリッツアー賞)
 

Written by Tanigawa

2010/08/14 at 14:17

カテゴリー: 経済

Tagged with , , ,

ホリエモンの高貴さ,政財界の卑俗さ

谷川昌幸:

ホリエモンが勾留され,四面楚歌,非難の大合唱だ。卑怯ではないか! 口封じに閉じこめ,安全圏から一方的に糾弾するとは。ホリエモンに反論の自由があるとき,なぜ批判しなかったのか?

▼犠牲の子羊,ホリエモン
これは陰謀ではないか? ホリエモンは,巨悪を隠すためのスケープゴートにされたにちがいない。巨悪に骨までしゃぶられている庶民は,ゆめゆめ政財界やマスコミにたぶらかされ,ホリエモン非難の楚歌を合唱してはならない。

すでに何回か指摘したように(1/11,1/18,1/25),ホリエモン・バブルを煽ってきたのは政財界や朝日等のマスコミであり,それに便乗して一儲けしようとしたのは投機家たちだ。株や金融商品取引は,本来,投機家たちの化かし合いの世界,それこそ自民党のいう「自己責任」の下にある。額に汗することなく,指先一本で,巨万の富を得ようとすること自体,庶民倫理にもとる。それを承知で始めたくせに,いまになって騙されたと泣きつくのは,何ともみっともない。

▼朝日のホリエモン糾弾特集
みっともないばかりか,許せないのが,朝日だ。2月26日から「ホリエモンはなぜ生まれたか」という糾弾特集の連載を始めた。

「ライブドアが・・・・急成長できたのは,なぜなのか。拝金主義をあおるような言動も辞さなかった堀江貴文社長は,なぜ時代の寵児になれたのか。」(朝日2/26)

あれあれ,それは朝日新聞社のおかげではないか。大朝日が,はやし立てなければ,堅気の庶民が株バクチなんかに手を出すはずがない。

その朝日が,自分の大罪にほおかむりして,ホリエモン糾弾を始めたのは,なぜか?

▼搾取のからくり
ホリエモンは,根が正直,本物の美意識が災いして,小汚く騙しきれなかった。これに対し,巨悪は老獪であり,卑屈をものともせず庶民や途上国から富を搾り取っている。

健忘症の日本人はもう忘れたかもしれないが,前回バブルのころ,日本の金融機関は,アメリカに騙され,マスコミに煽られ,節税対策アパート経営,地上げなど,詐欺師かヤクザまがいのことを日本中で繰り広げた。ホリエモンの比ではない。挙げ句の果て,バブル破裂で,金融機関は負債まみれになり,とても返済できない,と誰もが思った。

ところが,いまやそれらの金融機関は,ぼろ儲け,儲かりすぎてカネの使い道に困っている。あの天文学的負債は,誰が穴埋めしたのか?

もちろん,庶民だ。時給700円,月給12万円(某米系保険会社の例)の中から,新自由主義の生み出した将来不安に備えコツコツためた貯金に,銀行は0.001%程度の利息しか付けない。ただ同然。そして,そうして集めた金を銀行は内外の株,債権,不動産に投資し,莫大な利益を得ている。自己責任には頬被りし,税金で尻ぬぐいしてもらい,さらに庶民からも,日々,かすめ取っている。

仕掛けが巨大すぎて,実直な庶民には見えないだけ。政財界ぐるみの国家的詐欺といっても,言い過ぎではあるまい。

▼実のなる花の卑俗さ
この詐欺同然の巨悪をカモフラージュしているのが,政財界の「心」や「心の教育」だ。ホリエモンは,その「心」でさえ,金で買えることを天下に知らしめたため,そう,あまりにも正直であったため,巨悪の仕掛けをバラされては困る政財界の怒りを買ったのだ。

政財界の「心」は,おいしい実をつける花である。いや,もっと正確に言うと,巨利を産み出す仕組みをごまかし,美化する卑俗な花に他ならない。

ホリエモンは偉い。実(利得)が尊いものなら,なぜ花で隠す必要があるのか,と語り,実践した。子(利益)が本当に大切なものなら,子を産む行為も子を生み出す部分も,恥部ではなく,隠す必要はないではないか。

これは逆鱗に触れた。政財界の利得行為は恥ずかしい行為,生み出す部分は恥部であり,花でもって覆い隠さなければ,とてもじゃないがやっていけない。

その卑俗な花を,ホリエモンはむしり取ろうとした。恥部丸出しでは,恥ずかしくて巨利は生み出せない。政財界が一致団結してホリエモン抹殺に動いたのはそのためである。

▼あだ花の高貴さ
その提灯持ちが,朝日だ。26日のホリエモン糾弾シリーズ(1)の見出は「あだ花」。これはまた,何たる浅はかさか!

ホリエモンは,資本主義社会で利潤を生むことは恥ずかしいことではなく,隠蔽するための花など必要ない,と喝破した。そして,儲けはどうせ浮利だから,浮利の論理に徹したらよいと開き直った。ここにホリエモンの偉さがある。

花は,本来,昆虫などを騙すためのものだ。うまく騙せば,受精し,実が稔る。だから,花を咲かせ,おいしい実をたわわに稔らせている政財界のお歴々は,本心(受精)を隠し,庶民をうまく騙していることになる。

ところが,その反面,実をつける花は,実をつけるという,後ろめたい不純な動機を持っているので,つまり恥部隠蔽の卑小な原罪意識に災いされ,美に徹しきれず,美しくはなりきれない。

これに対し,実のならない「あだ花」は,美しく騙すことそれ自体が目的であり,したがって純粋であり,絶対的に美しい。観賞用の花が実をつけなくても,誰も「騙された」といって怒りはしない。あだ花の美と戯れ,美しさに騙され,これを楽しめば,それでよい。

▼ホリエモンの美しさ
ホリエモンは,善良な庶民を騙すつもりは,毛頭なかった。彼は,政財界の卑俗な「心」(実のなる花)の本性を暴露した上で,バーチャル金融の花札に参加した。そして,そこで「株式時価総額」という「あだ花」で投機家たちを誘った。

ホリエモンは,政財界のように「心」で「利得」を隠すような卑小な詐術は弄していない。カネはカネだと明言した上で,「時価総額」という美しい「あだ花」で投機家たちを誘惑した。最初から「あだ花」だよ,といって金融投機の花札をやっているのだから,ウソはついていない。

ところが,皮肉なことに,「あだ花」の方が,実のなる花よりも圧倒的に美しい。花札だと分かって始めた投機家たちも,そのあまりの妖艶さに魂を奪われ,我を忘れ,のめり込んでしまったのだ。

ただ,それだけのこと。バーチャル金融世界は,本来そういうところであり,魂を奪われたのは,奪われた方が悪い。自己責任に決まっている。それなのに,失恋の責任を恋人の美しさになすり付け,権力に泣きつくとは,何とも情けない話しだ。

▼小姑的嫉妬に負けるな!
政財界や朝日などのホリエモン糾弾は,ホリエモンの「あだ花」的美しさへの,小姑的な醜い嫉妬に由来する。ホリエモンの美しさは,彼の罪ではない。遊び心を忘れ,本気で惚れ,振られた。自業自得だ。

ホリエモン頑張れ! 出獄したら,もう一度同じことをやり,その美しさで朝日や投機家どもを魅了し,そして,もう一度捨ててやれ!

Written by Tanigawa

2006/03/01 at 19:01

カテゴリー: 経済

Tagged with , , ,

ホリエモン・バブル破裂とネパール的生活再説

予言的中。1月11日付「ギャンブル経済とネパール的生活」で指摘したギャンブル経済の病理が,ネット・バブルの象徴,ホリエモン氏のライブドアへの東京地検強制捜査,ライブドア錬金術の破綻となって現実のものとなった。残念なのは,神のような予言能力を持ちながら,マモン批判に気をとられ,バブル破裂によるぼろ儲け――マモン神への復讐――の絶好のチャンスを失したこと。あの予言の時点で株の空売り(投機の極意!)をやっておれば,一瞬にして何十億と儲け,ホリエモン氏退去後の六本木ヒルズに入居し,都下を睥睨していたはずなのに,残念!

▼ホリエモンと大衆
しかし,私はホリエモン氏を高く評価している。授業でもホリエモンは偉い,と公言してきた。そもそも,株,いや資本主義とはそんなものだ。その原理を知り抜き,投機で急成長してきたのが,ホリエモン氏。どこが悪い! 資本家やその寄生者のくせに反資本主義的封建徳目を唱える政財界の親玉よりも,はるかに立派ではないか。

愚かなのは,そんな見え透いたカラクリにだまされ,時給700円前後(長崎市最低賃金,パート実勢時給)で細々貯めたなけなしの金や,「非文化的で不健康な生活」を保障する国民年金を元手に,一攫千金を夢見て,株バクチに投資した多くの国民だ。ホリエモン・バブル破裂で茫然自失,狼狽しているのではないか?

▼朝日新聞の大罪
大衆投機家は愚かだが,同情には値する。これに対し,許せないのは,先に指摘した高級紙のバブル扇動だ。今日1月18日の朝日新聞を見よ。1面で,ホリエモンが株操作によって2004年11月8日から12月16日の間に株価総額を37倍にした疑惑を報じ,権威ある社説では「ライブドア『勝ち組』暗転の衝撃」の見出しの下に,ホリエモン氏への刑事責任追求を高飛車に要求している。ところが,8面の「アエラ」広告では,堂々と,「一周遅れ人のための株入門,上昇銘柄予想の仕方/平均株価2万円の壁超す時期」とバブルを煽っている。これは何だ! 社説に従い,バブルに乗るのを止めるべきか,アエラに従い,株投機一周遅れを取り戻すべきか?

株投資で一番危険なのは,「一周遅れ」を唱え,「乗り遅れ」不安をかき立て,投機へと大衆を誘い込むことだ。大衆は株知識がないから,煽られるとたちまち不安になり,一斉に株投機へと走り出す。信じられないことだが,最近では,郵便局までが,郵便配達の特権を利用し(これは違法ではないか?),投機商品をさかんに勧誘している。多少慎重な人であっても,大朝日や郵便局が勧めておれば,まあ安全かと思い,投機へと傾くであろう。

しかし,大衆が走り出した頃には,バブルを仕掛けたワルは,そっと退却し始めている。そして,バブル全面破裂で大衆が気づいた頃には,もう手遅れ,どうにもならない。しかも,ワルは悪知恵が働くから,「自己責任」の論理で何の責任もとらない。

ギャンブルで儲けるのは胴元だけ,ということは江戸の昔から,分かり切っている。資本主義ギャンブルの胴元は,誰か? それも,ちょっと冷静になれば,すぐ分かる。だったら,投機には手をださにことだ。

▼ネパール的生活で億万長者に
そして,敬愛するネパールへ行き,しばらくネパール的生活の修行をすることだ。そうすれば,資本主義ギャンブルの胴元の手が透けて見え,マモン神の裏をかき,一攫千金の夢を実現できるかもしれない。

*『朝日新聞』2006年1月18日

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2006/01/18 at 10:51

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。