ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘支援

震災深刻(3):ムルク付近

カトマンズからカカニに向かう道路を少し上った右側の谷にあるゴルドゥンガ,ナカンドルなどの村々の被害も大きい。

下の写真は,ムルクの現状。伝統的なレンガや土壁の家屋が,完全に倒壊している。また,豪華な鉄筋3階建ても,大きなひびが入り使用できない。

地震後3か月経過しているので,ここムルクでも他の地区でも,仮設住宅がつくられ,家を失った人々が住んでいる。

屋根はトタン波板が多い。これは,昼間フライトなら離着陸前の上空からカトマンズ付近を見下ろすと,よくわかる。トタン板は,かつては高価で手に入りにくかったが,いまでは支援があったからかもしれないが,少なくともカトマンズとその周辺では,大量に出回っている。

柱と壁は,竹が大活躍。加工が容易なのに,強い。夏の蚊,冬の寒さなどの対策を工夫すれば,かなり快適だろう。

壁がレンガや粘土のカマボコ型仮設住宅もある(写真参照)。少々狭いが,簡潔でデザインもよい。竹製住宅より快適かもしれない。これなら,だれにでもすぐできそうだ。

それにしても,ネパールの人々は,粘り強い。家屋倒壊で絶望のどん底に落ち込んで不思議はないのに,まるで何事もなかったかのごとく,淡々と,黙々と後片付けや家事や仕事をしている人が多い。以前から厳しい生活だったからかもしれないが。

▼ムルクの被害状況
150721c150721d

150721e150721f

150721b150721a

150721g

【参照】カトマンズ市街の震災「軽微」,観光支障なし(2015-07-16)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/21 at 12:45

カテゴリー: 自然, 国際協力

Tagged with , , ,

ヌアコットの山村,壊滅状態

震源に近い山村は,壊滅に近いところが少なくないようだ。情報は,現地と長年にわたり深く関わってきたNGOのものが,詳しい。

たとえば,ヌアコット(ヌワコット)郡を中心に植林活動を続けてきた「NGOカトマンドゥ」。その「NGOカトマンドゥ日記」によれば,現状は以下の通り。

【トゥプチェ】1,2軒を除いて、全戸が倒壊した。植林センターも倒壊。母の橋は健在。死者6名。行方不明、多数。
【マネ村】全戸が倒壊。死者はミンクマリさん他10人以上。
【カウレ村】死者15人。ほとんど全戸が倒壊。グンバ(チベット仏教の寺)は壁にひび割れがあるものの、健在。

救援義援金については,参照:「NGOカトマンドゥ日記」(http://nkathmandu.exblog.jp/)

150502a■ヌアコット(wiki)

150502b150502c
 ■カカニの急斜面::開墾/枝採取の女性(谷川:2002年)

また,ネパールとの交流を続けてこられた名古屋の徳林寺でも,救援チャリティーが開催される。(以下転載)

ネパール大地震義援金チャリティーイベント@徳林寺
40年以上ネパールとおつきあいしてきた徳林寺、ネパールの友人から地震 の悲惨なニュースが毎日届けられています。
この度GW限定のネパール大地震義援金チャリティーイベントを開催致します。飲食や雑貨販売、ワークショップなど売り上げをネパールの義援金と致します。期間中 ネパール罹災者への思いを捧げる<祈りの献灯>も開催いたします。

日程:5月2、3、6日12時から日没まで;4日9時から日没まで
【イベント参加者】ナンとカレー:ネパール・タマン協会中部北陸支部,ネパールの定食:徳林寺花まつりルンビニフェアグループ,ベトナム料理:ベトナム寺院福慧寺in徳林寺のみなさん,トーク・ワークショップ:名古屋パーマカルチャー塾,土釜のパン:パン亀の会。そのほか個人のチャリティー店有ります

チャリティーに出店して下さる方、ボランティア募集中 物資も受け付けます。
5月3、4日午後6時から— ネパールの罹災者へ祈りを込めて— 百八灯明を点して祈ります

会場: 相生山 徳林寺 名古屋市天白区天白町野並相生28-340  地下鉄「鳴子北」「相生山下車」徒歩十分
主催:ネパール大地震義援金ST @徳林寺(http://www.aioiyama.net/)

高岡住職、徳林寺境内を案内 @みんなの家プロジェクト
徳林寺 つながりの朝市
150502d(徳林寺HP)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/05/02 at 14:12

カテゴリー: ネパール, 社会, 国際協力

Tagged with , ,

ネパール救援初動態勢,世界と日本

下図は,ニューヨーク大学アイアン・ブレマー教授(ユーラシア・グループ代表)がツイッターに掲載し,広くリツイートされ世界中に広まっているもの。右下にAFPとあるが,元の記事は見つけられなかった。

かつて,自衛隊を非軍事的な「国際救援隊」に改組し,どの国にも,どの地域の人々にも警戒されず,世界で最も期待され信頼される救援・支援組織とすべきだという提案がなされ,かなり広く支持されていた。ネパール救援の初動状況を見ると,いま一度,検討されてよい提案である。

Who’s Helping Nepal(ブレマー教授ツイッター)[□印追加]
150429a

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/29 at 10:59

カテゴリー: ネパール, 国際協力, 情報 IT

Tagged with , ,

震源地ゴルカの被害状況

ゴルカは震源地であり,前述のように,村や町の被害が心配されている。ゴルカ出身のバブラム・バタライ元首相(マオイスト)がヘリで緊急視察したところ,全壊に近い村もあるようだ。

ネパールの村々は,急峻な山腹にへばりつくように点在したり,ナイフの刃先のような狭い稜線上に位置するものが多く,素人目にも,揺れや地滑りには極めて弱そうだ。。

それらの村々への道路も,山腹を切り開いただけの山道が多く,各所で不通となっていると思われる。ヘリなどの支援はできないのだろうか?

▼ゴルカの村と町(バタライ元首相FBより)
150427f150427g

▼ゴルカ(2009年3月)

[参照]ゴルカ関連記事
ゴルカの落差と格差:美少女の不幸
血みどろのゴルカ王宮

[追加]ゴルカ郡だけで,死者375人,不明多数(Republica, 28 Apr)。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/28 at 11:24

ネパール震災救援支援

ネパール震災被害救援を支援するための募金活動が始まった。以下は,ネットで情報提供されている主な活動(4月27日現在)。

150427a ネパール:大規模地震の被災地に緊急援助チームを派遣
ネパールで25日に発生した大規模地震をうけ、国境なき医師団(MSF)は4編成からなる緊急医療援助チームを派遣する。・・・・さらに、MSFは医療物資など緊急援助物資3000セットを送る予定。・・・・
http://www.msf.or.jp/news/detail/headline_2127.html

150427b ネパール 地震被害緊急支援募金
2015年4月25日に発生した地震により、ネパールおよび周辺国での死傷者は6500人超となり、建物や文化財も多数倒壊するなど甚大な被害がでています。・・・・Yahoo!基金では、これらの被害状況を受けて緊急支援募金の実施をいたします。
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630016/

150427c ネパール地震緊急募金
日本ユニセフ協会は、ネパール地震の被害を受けた子どもたちを支援するための「ネパール地震緊急募金」の受付を開始しました。・・・・
http://www.unicef.or.jp/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=nepal

日本ネパール協会 ネパール地震被害義捐金の募集
日本ネパール協会は、ネパール国民及び政府、被害を受けられた皆様に対し心からのお見舞いを申し上げますと共に、海外在住ネパール人協会(NRNA)などと連携して、義捐金を募集致します・・・・。
http://nichine.or.jp/JNS/?p=7771

150427d  救援調整のため職員を派遣~ネパール地震災害
国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)は、各国赤十字社に対して緊急支援を要請する準備を進めています。
http://www.jrc.or.jp/press/150426_003566.html

150427ePM DISASTER RELIEF FUND
The government has appealed to all to make contributions to the Prime Minister Disaster Relief Fund to help with the treatment, rescue and relief of those caught in the Saturday earthquake and to facilitate the unprecedented scale of disaster management.[…] Anyone wishing to make contributions can do so by making deposits to any of the Relief Fund bank accounts:
 00100105200270 and 00101102200012 at Everest Bank
 002-11-053313 at Nepal Bank
 0411010000005 at Global Bank
 18013243801 at Standard Chartered Bank
 035142 ‘C’ at Nepal Bangladesh Bank
http://www.myrepublica.com/politics/item/20014-govt-appeals-for-contributions-to-pm-disaster-relief-fund.html

【追加】
150427m ネパール中部地震被災者に対する緊急医療支援
AMDA街頭募金
ネパール中部地震被災者に対する緊急医療支援活動のための街頭募金
5月1日(金)12時00分~13時00分,岡山高島屋 正面玄関前あたり

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/27 at 07:57

カテゴリー: ネパール, 国際協力

Tagged with ,

中国と米国,震災救援に着手

中国と米国が,いち早く,ネパール震災被害救援に着手した。

中国は,26日,専門家65人からなる救援隊と救急支援用品一式を,特別機でネパールに送り,救援活動に着手する。また,米国大使館も,ただちに100万ドルの緊急支援を発表。USAIDの災害救援隊などが救援活動を始める。

地震の震源はゴルカ,マグニチュードは7.9。死者は約1400人。カトマンズだけで約500人に及ぶ。女性と子供の犠牲者が多い。(日本時間4月26日午前現在)

[参照]高層ビルの耐震性:モルタル塗り煉瓦壁

150426b ■米国大使館HP

150426a ■MBS・TV(4月26日)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/26 at 09:12

カテゴリー: ネパール, 社会, 自然

Tagged with ,

視覚障害児クイズ大会

谷川昌幸(C)
9月14日,NBSA(ネパールの視覚障害者を支える会)主催の「視覚障害児学校対抗クイズ大会」の見学に行った。
 
会場はラーニポカリ西側のダルバール校。古い宮殿風の格式ある建物で,ラナ時代の校舎かもしれない。近くのTU芸術学部,トリチャンドラ校など,歴史的建造物は修理修復して使い続けてほしい。
 
クイズ大会は,5校対抗で行われた。自身が視覚障害の司会者が点字書きの問題を読み上げ,各校代表チームがこれに答え,正解数を競う。参加者のレベルは,非常に高い。地理,歴史,政治などの問題に,次々と回答していた。 11時頃から始まり,2時間ほどで終了。表彰式後,軽食が出され,散会となった。
 
この分野の知識はほとんどないが,ざっと見ただけでも,この十数年で都市部の障害者の処遇が急速に改善されたことがわかる。市内では,白杖をもった視覚障害者や車椅子の身体障害者たちが,介護者なしに自由に行動しているのが日常的に見られるようになった。障害を恥じ隠そうとしていた十数年前とは,隔世の感がある。
 
これは理念・理論と実践活動の成果である。1990年憲法以降の人権保障規定の拡充と,たとえばNBSAのような地道な実践活動の相乗効果といってよい。わずか十数年で,障害者の地位がこれほど改善されたのは,驚異的である。 ネパールの人々は,ネパールはダメだと口癖のようにいうが,歴史的に見てネパールの変化は欧米や日本よりもはるかに速い。ネパールは,もっと自信をもってよいのである。
 
 ラーニポカリとダルバル校(グーグル)
 
 校門とクイズ大会横断幕
 
 大会終了後,帰路につく参加者たち

Written by Tanigawa

2010/09/18 at 22:07

カテゴリー: 社会, 教育, 人権

Tagged with , , ,