ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘救援

震災救援の複雑な利害関係(7):中国とパキスタン

中国は,自国被災地チベットに大救援隊を送る一方,ネパールにもいち早く中国史上最大の外国救援隊を派遣した。インドや米国の動きをにらみながらであることは,各紙コメントにあるとおりである。概要は以下の通り。(重複や漏れがあるかもしれない。)

▼中国救援隊(Xinhua, 7 May)
 ・人民解放軍・武装警察隊:1,088人 救助犬:6匹
 ・空軍:IL-76 8機,MI-17ヘリ 3機
 ・医療救援隊展開:カトマンズ,シンドパルチョーク,ゴルカ,ダディン
 ・負傷者治療:2387人

中国救援隊は,地震発生の翌日にはカトマンズに入った。ネパール側の評価も高い。たとえば,ラナ国軍統幕長は,こう述べ感謝してる。「中国救援隊は,道路が切断された遠隔地にも行ってくれた。われわれが必要としていたすべてのものを供給してくれた。」(Ibid)

150512■各国の救援機(OCHA, 4 May)

中国と関係の深いパキスタンも,いち早く支援に駆け付けた。ネパールにおけるパキスタンの動きは,特にインドに警戒されている。
 ・パキスタン軍:医療チーム50人,救援隊38人
 ・空軍:C-130 4機
 ・仮設住居30万人分(全必要数の4分の1)
 ・救援金:150万ドル (Telegraph Nepal, 5 May; Dawn, 4 May)

150506k■パキスタンの救援機(Dawn, 4 May)

谷川昌幸(C)

 

Written by Tanigawa

2015/05/18 at 20:26

震災救援の複雑な利害関係(6):自衛隊展開の遅れ

前回,米軍「支援の手作戦」の日本への影響について述べたが,そのような素人の思いつくようなことなど,すでに軍事専門家によって,はるかに鋭くラジカルに指摘されていた。たとえば,文谷氏(軍事ライター)の次の記事:

文谷数重「ネパールへの自衛隊展開は、なぜ遅れたのか 長距離輸送機の調達戦略に問題あり」東洋経済ネット版,2015年05月04日

文谷氏によれば,自衛隊のネパール展開の遅れの原因は,C-17輸送機がなかったこと。

「4月25日に発生したネパール大地震を受けて、各国は即座に災害援助を行った。それを実現したのは米国製のC-17輸送機であった。大搭載量と長大な航続距離を兼ね備えた長距離輸送機であり、小型飛行場でも離着陸可能である。米英、オーストラリア、カナダはC-17の特性を活かし、災害現場のネパールに直接展開できた。しかし、自衛隊の展開は遅れた。これは[自衛隊現有]最大の輸送機であるC-130の性能不足が大きく影響している。」
「自衛隊は、[C-17購入ではなく]C-2の国産を選択した結果、長距離空輸能力で不具合を抱えている。長距離輸送機を持たないため、空輸展開によるタイムリーな災害援助、国際貢献、重量物輸送をできない状態にある。」

150516a■嘉手納のC130(嘉手納米空軍HP4月29日)

自衛隊のこの海外展開能力不足は,文谷氏によれば,軍事的にもむろん大問題である。

「2000年以降に自衛隊の海外派遣は量も質も拡大している。国際貢献としては、インド洋やイラク、ソマリア沖海賊対処が始まっている。これは従来以上に大規模であり、長期間継続するものであった。他国戦闘部隊への兵站支援や、日本自身が海外基地を建設するといった意味で本格的な任務である。」
「さらに将来をみれば、輸送力不足はより深刻となる。自衛隊の海外活動は今以上に大規模、本格化する。より大重量・大容積の物資を、より遠方に運ばなければならないためだ。・・・・C-2では戦車を運べない。」

だから,「より大重量・大容積の物資をより遠距離に運べる機材」であるC-17を購入せよ,こう文谷氏は主張されるのである。

150517b■開発中のC-2(日本政府HPより)

文谷氏は,「自衛隊の展開は遅れた」という事実認識では,全くその通りであり,正しい。しかし,その事実認識から,自衛隊の海外展開能力の強化や,戦車すらも積載可能なC-17の購入といった政策が直ちに引き出されてよいわけではない。

そもそも,海外救援活動は,軍事を主目的とする軍隊には,ふさわしくない。文谷氏は,C-17があれば,自衛隊のネパール展開の遅れはなかったと主張されたいのだろうが,本当にそうか?

インドの「ともだち作戦」に対してですら,あれほどの反対があったのだ。日本が,もし戦車も積載可能なC-17などで自衛隊を運び込もうとすれば,ネパールのナショナリスト,あるいは中国やインドを多かれ少なかれバックに持つネパールの諸勢力が,どう反応するか? 自衛隊は,れっきとした日本の軍隊なのだ。

150517a■横田のC-17(米軍横田基地HP2014-11-17)

「自衛隊の展開の遅れ」は,このままでは,積極的平和主義を唱える人々により,絶好の奇貨とされてしまうであろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/05/17 at 14:56

カテゴリー: ネパール, 軍事, 国際協力

Tagged with , , ,

震災救援の複雑な利害関係(5):米国「支援の手作戦」と日本

アメリカは,「支援の手作戦(Operation Sahayogi Haat)」を展開している。いかにも世界超大国アメリカらしく,総合的で効率的な「作戦」だ。ネパールの被災住民にとって,頼りになる力強い救援「作戦」であることはいうまでもない。

150516d■支援の手作戦(海兵隊ツイッター5月11日)

米国のネパール震災救援(2015-05-14現在,在ネ米大使館FB5月14日)
  米国対ネ援助総額:$27,648,399
  国防省:$8,809,856(4万人の医療品,3か月分ほか)
  USAID外国災害救援:$21,000,000(救援物資17万5千ポンドほか)
  USAID平和のための食糧:$2,500,000(17,500人にビニールシート700巻ほか)

150516c■在ネ米大使館FB(5月14日)

その一方,この「支援の手作戦」も米軍中心の「作戦」であり,ネパールへの米軍の緊急展開や中ネ国境付近での米軍の作戦行動は,当然,軍事的意味を持ちうる。しかしながら,ネパールでは今のところ,オスプレイが風圧で民家を壊すといった苦情があるくらいで,インドの「ともだち作戦」に対するような「作戦」そのものへの表立った批判はない。

米軍「支援の手作戦」が大きな意味を持ちそうなのは,むしろ,米軍の軍用機や人員の主な発進基地となっている日本においてである。

米軍は,沖縄の海兵隊中将を指揮官とする「第505統合任務部隊」を編成し,沖縄や横田の米軍基地から軍用機で救援隊や救援物資をネパールに運んだ。

米軍派遣航空機
 オスプレイ 4機;KC-130J 2機; C17 4機
 UH-1Yヘリ 3機(1機墜落,海兵隊6名,ネ兵2名死亡との報道)

150516a 150516e
 ■C-130 Hercules,嘉手納発進(嘉手納空軍基地HP4月29日)/横田発進(在日米軍ツイッター5月7日)

この「支援の手作戦」により,軍が迅速かつ広範な「作戦」展開能力を持つことの有効性が,改めて日本の人々に強く印象づけられた。しかも,「人道支援」「災害派遣」という,誰にも反対しにくい日本人好みの平和的「作戦」によって。積極的(proactive)な平和貢献には,米軍のような積極的な「作戦」展開能力が不可欠だということ(”proactive”は米軍愛用)。

特にオスプレイは,ヘリのような運用に加え,航続距離が長く,速度も速く,大量の人員・物資を輸送できる。災害救援はむろんのこと,尖閣など離島防衛にも有効だ。あるいは,日本の領域を超えた遠方での作戦のことまで考えるなら,なおさら有効性は増すといってよいであろう。

というわけかどうか知らないが,日本政府もオスプレイを17機(3600億円)ばかり購入し,佐賀空港かどこかに配備する計画らしい。

150516b■カトマンズ着オスプレイ(沖縄海兵隊HP5月4日)

大規模災害は,いつ,どこで起こるかわからない。そのための備えは必要不可欠だ。しかし,それを軍にやらせるのは,特に日本にとっては危険だ。軍の場合,どこに派遣されようが,多かれ少なかれ軍事的意図を勘ぐられ,敵視される。

日本は,平和憲法をもつ日本こそは,いついかなる時に,いかなる場所に派遣されようとも,軍事的に警戒されることのない,完全非軍事の有能な,世界で最も信頼される常設救援隊をもつべきであろう。

【参照】野口健ツイッター(5月18日)
「先日、米軍ヘリがネパールで墜落し複数の犠牲者をだしたばかりなのに、米軍オスプレイは救援物資を積み飛び続けている。昨日カトマンズの空港でオスプレイを見ましたが、一緒にいたシェルパ達が涙ぐみながらオスプレイに手を合わせて祈りを捧げていた。」

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/05/16 at 11:58

ネパール震災救援:支援の輪の広がり

5月12日,大きな余震があった。震源はカトマンズの北東,エベレスト近くのコダリ付近(下図参照)。山村を中心に,被害のさらなる拡大が心配される。

このネパール大震災については,公的機関や大手NGOだけでなく,中小さまざまな団体や組織にも,自発的な支援の輪が広がっている。以下,再掲も含め,そのいくつかを紹介する。(アピール文は各団体のページより転載)
.
****************
.
150513kネパール 震災支援 ムスムス

2015年5月6日 ネパール震災復興支援ムスムス 第一回を台東区谷中の宗善寺にて開催しました。
*展示コーナー
 「ネパールの今」と言うことでネパールの友人から送られた被災の写真を展示。
*販売コーナー
 「チャイとパウンドケーキ」を手作り。「フリーマーケット」は古着、おもちゃ、雑貨、ネパールの土産物などの他、友人の作家さんから漆芸品や七宝などの作品もご寄付頂き販売しました。また、少し原価はかかりましたがネパリバザーロから仕入れたものや、仙台のネパール料理店から仕入れた東北支援レトルトカレーも販売しました。
*ネパールを知るお楽しみコーナー
 「国旗を描いて応援」世界で唯一四角ではないネパール国旗を描いて応援ボードに貼ってもらいます。貼りきれなくなるまで継続したいと思います。
 「ゲームコーナー」ネパールで遊んだ思い出のゲーム。キャランボーと呼ばれるおはじきビリヤードを体験できます。

当日スタッフは総勢9名。急遽開催の運びとなったのですが、チャリティ用に沢山の品をご寄付頂き、ボランティアスタッフも集まりなんとか無事それらしく第一回目を開く事ができました。全ての繋がりに感謝します。

また、第二回、第三回と規模や場所を変えながらも開催して行く予定です。大震災の残した傷跡を少しでも消して行けますように。皆様のお力添えをお願い申し上げます。

150513a

 ▼詳細は参照:ネパール 震災支援 ムスムス https://www.facebook.com/musumusu.tuad
.
.
150513hラルパテの会 
ネパール地震のための募金のお願い

皆様もご存じのとおり 25日に大きな地震がおこり ネパールが大変なことになっています。 連日のニュースで見られていると思いますが 現地の様子はもっともっと厳しいです。

私たちの会の現地スタッフとやっと連絡がとれました。会の事務所などは倒壊していませんが 亀裂がはいりしばらくは外で寝ていたようです。昨日からわずかですが電気が通り始めたとのこと。しかし 家が壊れている人が多く 外で生活する人がたくさんいます。各国の援助も 政府の援助もやはりカトマンズの中心部が優先のようで 私たちの会の事務所のあるカトマンズの端の村には全く支援の手は入っていません。村に住んでいる人たちで食べ物を融通しあい飢えをしのいでいます。

とりあえずは 現金が必要です。

 ▼詳細は参照:ラルパテの会  募金 http://larupate.blog102.fc2.com/
.
.
150513jネパール大地震義援金チャリティーイベント@徳林寺
 ネパール大地震義援金チャリティーイベント
 参照:https://nepalreview.wordpress.com/2015/05/02/a-918/
.
.
150513iNGOカトマンドゥ日記
 NGOカトマンドゥ NGOカトマンドゥ日記
 ▼参照:https://nepalreview.wordpress.com/2015/05/02/a-918/
.
****************
▼余震(5月12日)震源
150513e■AFP(5月13日)より

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/05/13 at 11:24

カテゴリー: ネパール, 国際協力

Tagged with , ,

震災救援の複雑な利害関係(2):インド政府「ともだち作戦」(1)

ネパール震災に際し,最も迅速にして最大の救援活動を展開したのは,インド政府である。駐ネ印大使によれば,インド政府は,地震発生直後から救援準備に入り,6時間以内に,インド空軍機が「NDRF(国家災害対応部隊)」の隊員と救援物資を積み,トリブバン空港に到着した。

以後,インド政府は,ネパール震災救援活動を「ともだち作戦(Operation Maitri)」と命名,陸軍・空軍を中心に,「積極的(proactive)」な救援活動を繰り広げてきたのである[a]。

150511d■[d]

1.「ともだち作戦」
「ともだち作戦(Operation Maitri)」は,正式には地震翌日の4月26日に発足し,ネパール政府が外国救援隊撤収要請を出した5月4日をもって満了する。(救援活動そのものは継続)。

この「ともだち作戦」には,外務省,内務省,NDMA(国家防災委員会),気象局が参画しているが,実働部隊の中心はむろん軍である。作戦全体をまとめたものはまだ見当たらないが,5月4日の駐ネ印大使の説明によれば,それは,おおよそ次のようなものであった[a]。(漏れや重複があるかもしれない。)
 ・空輸:32フライト,物資520トン(テント,毛布,薬,食糧,飲料水,救急用品,酸素ボンベなど)
 ・陸送:トラック450台,4500トン
 ・野戦病院:2
 ・救急医療隊:18
 ・工兵隊:18
 ・NDRF(国家災害対応部隊):18
 ・航空機,ヘリ(カトマンズ基地,ポカラ基地):「Mi17」8,「ALH」8
 ・救出:傷病者900人,他1700人
 ・治療:2600人(うちゴルカのバルパクで1170人)

これとは別の説明としては,NDMA発表(Aggregate Report on Relief Materials as on 08 May 2015)がある。救援概要は以下の通り[b]。
 ・調理済み食品(トン):1331(空軍118,列車131,トラック1082)
 ・飲料水(トン):334(空軍94,列車47,トラック193)
 ・薬品(トン):10(空軍5,列車5)
 ・毛布(枚):126609(空軍16500,列車35040,トラック75069)
 ・テント(張):8131(空軍2125,列車2817,トラック3189)
 ・防水布(枚):132718(空軍2590,列車7304,トラック122824)
 ・トラウマ治療隊:31人
 ・医療隊:70人(ビハール州ほか3州政府)

150511a150511b■[d]

2.インドの救援活動地域
インド救援隊は,軍の救援作戦本部をカトマンズに置き,以下のような地域で活動したとされる(順不同,インド内もあるかもしれない)。[b&c]。
Lukla, Dhading, Millanchi, Gorkha, Chautara, Charikot, Melum, Aroghat, Dhunche, Trishuli, Ramchap, Barpak, Narayan Chor, Namchi Bazar, Tatopani, Jorbat, Dolakha, Pokhara, Basantpur, Kathmandu, Balaju Bypass, Chaumati, Maharajgunj, Gongbhu, Brijeshwari, Basundra Namunatol, Tilangana, AD Artilery, Budget Hotel Thamel, etc.

150511g150511h
 ■各国都市部救援隊(OCHA4月29日)[e]/各国軍救援拠点(MNMCC5月11日)[e]
[参照]
[a]”Press Release on briefing by Ambassador Ranjit Rae to the diplomatic community and India’s ongoing relief assistance to Nepal,” http://www.indianembassy.org.np/(在ネ印大使館HP,5月4日)
[b],NDMA,”Aggregate Report on Relief Materials as on 08 May 2015,” http://www.ndma.gov.in/en/operation-maitri
[c]”Non-stop Operation Maitri continues in Nepal,” bdnews24.com,2015-05-02
[d]https://twitter.com/hashtag/OperationMaitri?src=hash
[e]Nepal Risk Reduction Consortium, https://twitter.com/NepalDRR
【以下次回】

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/05/10 at 20:53

カテゴリー: インド, ネパール, 軍事, 国際協力

Tagged with ,