ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘文化適合性

信号機、ほぼ全滅(4):カランキ交差点(付:タタの威厳)

11月25日、キルティプールの西の対岸の新興住宅を見たあと、バルクー川沿いを歩いてカランキ交差点の見学に行った。

カランキ交差点は、幹線道路の大きな交差点。一方のリングロードは、ネパール基準で片道3~4車線、他方のカトマンズ市内カリマティ方面とタンコット・ポカラ方面とを結ぶ道路が片側2~3車線。日本援助のシンズリ道路が完成し、通行量が減ったとはいえ、主要道路の大交差点であることに変わりはない。

この交差点にも、どこかの援助(日本?)で信号機が設置されていた。当然だろう。ところが、行ってみると、信号機は跡形もなく消えている。そして、その代わり、歩行者用陸橋と陸橋の橋脚を利用したロータリーが設置されていた。いたく感動し、2時間あまり、観察していた。

ロータリーには、交通警官が一人いて、交通整理をしている。しかし、ここを通過するトラック、バス、乗用車、タクシー、耕耘機、バイク、犬(牛は道端で寝ころんでいた)はすべて、基本的には、相互の動きを見ながら自主的に判断し通行しているのだ。見事というほかない。

この交差点の設計・施工は、絶対、日本ではない。日本はこんな交差点は絶対に造らない。杓子定規というか、どうしても日本基準に合わせてしまう。かつて長崎の離島に行って感動したことがある。狭い島で、港の反対側の海岸沿いは車はあまり通らず、歩行者もほとんどいないのに、なんと、両側にガードレール付きの立派な歩道が造られていた。タヌキ用歩道? これが日本式だ。

カランキ交差点は、明らかにネパール交通文化にあわせて設計され、建設されている。だから、ちゃんと機能しているのだ。

そのかわり、造りは、きわめてチャチだ。いつ壊れても、いつ壊してもよいようにつくられている。歩道橋の上は薄い鉄板敷きでガタガタだし、コンクリート部分もせんべいのように薄い。手抜きは見え見えだ。そのくせ、歩道橋の下の空き空間は、寸分の余地なく商売用に利用されている。お見事! これがネパール式なのだ。

再び繰り返すが、いつかはわからないが、ネパールでもロータリーでは対応できないときがくる。信号機が設置され、警官がいなくても、信号(規則=法)に従い交通整理が行われるようになったとき、ネパール社会は大きく変わっているだろう。

 
 ■カランキ交差点北西側/交差点北東側

 
 ■タタをも恐れぬ歩行者/歩道橋と商店

 
 ■交差点横の子牛/消灯信号機と歩行者(バスターミナル前)

【付録】タタの威厳
ネパールでもっとも威厳のあるものの一つが、タタ・トラックだ。どんな悪路も平気。絶対に壊れず、壊れてもすぐ直せる(ように見える)。インドの威厳の象徴だ。たまに道路横の田んぼに仰向けになっているが、これは実に愛らしい。

タタや、その前を平気で横切る人や牛や犬を見るだけでも、ネパールに来る価値がある。タタ、万歳!

 
 ■タタの勇姿(1)/(2)

 
 ■タタの勇姿(3)/タタと張り合うスズキ

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/11/28 at 20:49

信号機、ほぼ全滅(2):タパタリ交差点ほか

1.タパタリ
11月18日、信号機「定点観測地」の一つ、タパタリ交差点に行ってみた。無惨、悲惨! 唖然とした。

華々しく点灯したときから、こんな複雑な信号システムは機能しないのではないかと危惧したが、現状は想像以上だ。歩行者用信号はへし曲げられ、車両用信号は看板でランプを隠され、信号ケーブルは至る所で垂れ下がり、すべてが醜悪な残骸と化している。

信号機を維持し使用する意思は寸毫も認められない。早く切り倒して鉄屑にした方がよい。論より証拠、現状は写真で見ていただきたい。

 
 ■消灯信号と寺院修理/曲がった信号と修理済み寺院

 
 ■警官の交通整理/広告優先

2.トリプレスワル
世界貿易センター前の信号機は、文字通り切り倒されたのか、一つを除いて信号ランプそのものが全く見あたらない。この交差点は、幸い昔からのロータリーがそのまま残されているので、このロータリーと交通警官の手信号とで交通整理がされている。

 
 ■一つだけ残った信号/警官の交通整理

3.マイティガルほか
中央統計局、農業開発銀行、最高裁などの近くのマイティガル交差点も、一つだけ黄点滅だったが、他は消灯。黄の点滅など、ほとんど無意味なので、ここも全滅といってよい。また、シンハダーバー前、ディリーバザール出口など、他の大きな交差点もみな全滅だった。

 ■曲がった消灯信号(マイティガル)

4.ATMとの対比
悲惨、無惨の信号機援助の現状を見ると、援助の文化適合性と必要性を改めて考えざるをえない。

ネパールの人々は好奇心が強く、必要でさえあれば、新しいものを日本人以上に大胆、積極的に取り入れ、使いこなす。その好例がATM。

ATMは、導入当初は、銃を持った警備員が警戒し、機械もよく故障した。ところが、いまやATMはいたるところにある。警備員はほとんどいないし、故障もない。残骸信号機のタパタリ付近にもたくさんある。日本以上に便利だ。

つまりATMは、ネパールの人々が必要としており、かつネパール文化に適合していたから、援助などしなくても自然に広がり、見事に保守管理されているのだ。

携帯電話もそうだ。ネパールの人々が必要とし、文化に適合しているので、こちらも自然に普及し、使用されている。カトマンズを見る限り、日本より安価で便利といってもよいであろう。

5.援助の必要性と文化適合性
ATMや携帯電話と対照的なのが、信号機。おそらく日本をはじめ先進諸国が信号機は近代化に不可欠と考え、大金を援助し設置させたのだろう。

しかし、ネパールは、少なくとも現在まではロータリー文化であり、信号機文化ではない。信号機は文化適合性が無く、人々も必要性を感じてはいない。だから、いくら大金を援助し高機能信号機を設置しても、しばらくすると使用されなくなり、数年もするとガラクタとなり、結局は切り倒され、鉄屑とされてしまうだけなのだ。

むろん、繰り返し留保するように、ネパールでもいずれ信号機が必要とされる時期が来るであろう。しかし、見る限り、まだその状況ではない。信号機ほど、援助における「文化適合性と必要性」の問題を目に見える形で具体的に示してくれるものはない。

ネパール観光やネパール・スタディツアーには、援助信号機見学コースをぜひ追加していただきたい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/11/21 at 00:41