ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘時間

老々介護(16): アナログ回帰

高齢認知症者介護は,日々新たな問題への挑戦であり,たいへんは大変だが,面白くもある。どうして,こんな突拍子もないことをするのだろう? なぜ,こんな風になるのだろう? などなど。常識をはるかに超える行為や変化に驚き,考えさせられる毎日である。

その一つが,デジタルからアナログへの認識方法の変化。これに最初に気づいたのは,日時を電光数字で表示する置時計があるのに,それを使わず,針で時刻表示する目覚まし時計を持ち歩くようになった時のこと。

ベッドの横にデジタル数字電光表示時計があり,夜間もよく見えるのに,寝るときにはわざわざ針付き時計をもってくるようになった。テレビの横にもデジタル数字電光表示時計が置いてあるが,それでもやはり針付き時計を持ってくる。

当初,これは認知症が進み,なじみの旧式アナログ時計へのこだわりが昂進したため,それを持ち歩くようになったのだ,と思っていた。しかし,様子を観察していると,どうもそうではないらしいことに気づいた。実際には,デジタル時計の表示する数字が,いま現在の時刻としては認識されなくなったからのようだ。

母は高齢だが,カナや数字はむろんのこと,相当難しい漢字であっても,ほぼ問題なく読解できる。テレビも,字幕――難聴のため文字表示設定――をみて,楽しんでいる。だからデジタル表示時計の数字が読めないはずはない。数字は読め,理解できている。

ところが,それにもかかわらず,デジタル時計が刻々表示する電光数字を,いま現在の時刻としては認識できていないらしい。観念的なデジタル数字を生活の場で使う具体的なアナログ時刻へと変換する神経回路が,どこかでプツンと切れてしまったらしい。

他方,針式のアナログ時計は,時刻を具体的な図形として表示するからなのか,何の問題もなく使用できている。「時間」の観念それ自体はまだ健在であり,生活は時間によりほぼ規律できている。これから先も,生活に必須のこの時間認識が何とか維持できればよいのだが。

というわけで,100円ショップに行き,針付きアナログ時計を数個,買ってきて,家のあちこちにおいている。いずれも正確無比! いまや時刻は100円時計でお手軽に知ることが出来るのだ。

⇒⇒
 ■デジタル数字表示時計/アナログ針式時計(100円)

Written by Tanigawa

2018/08/22 at 14:27

カテゴリー: 健康

Tagged with , , ,

時間の豊かさ

いつものことだが,ネパールの伝統的集落,たとえばここキルティプルを歩いていると,前資本主義社会の豊かさに圧倒される。

キルティプルの丘の上の集落は,本当に不思議な社会だ。あちこちで人々が手で糸を紡ぎ,手織りで布を織っている。絨毯の手組もやっている。そうかと思えば,いつ売れるのか,売る気があるのか見当もつかないような彫刻置物屋さんもある。そして,商店。狭い丘の上の小さな路地裏にまで,いたるところにある。いったい何人を相手に商売をしているのだろう? 1日に客が何人来るのだろう? 

キルティプルの丘の上の商工業は,資本主義の観点からすれば,およそ不合理,経済合理性がまるでない。もし誰かが「資本主義の精神」に目覚め,利潤の合理的追求を始めるなら,これらの商店や家内手工業は,あっという間に淘汰され,消えてしまうだろう。

が,そうはならない。いつまでも同じ。時はカネに変換されることなく,丘の上にふんだんにあふれかえっている。とにかく,みな暇そうだ。あちこちにたむろし,ボケーとしたり,おしゃべりしたり。無為の時間ほど,人生にとって贅沢で豊かなものはない。

150731a 150731b
 ■豊かな時間の中の人々/野の花。牛も山羊も食わないらしく,いたるところ生い茂っている。無用の美。

谷川昌幸(C)

 

Written by Tanigawa

2015/07/31 at 10:09

カテゴリー: 経済, 文化, 旅行

Tagged with , ,

30党連合,第二波抗議闘争

マオイスト主導30党連合は,3月19日~4月9日,多数決ではなく合意による憲法の制定を求め,第二波抗議闘争を実施する。ゼネスト(バンダ)もあるらしい。

一方,バイダ派マオイスト(CPN-M)は,プラチャンダ派マオイスト(UCPN-M)に接近,再統合を交渉している。NC,UMLの出方にもよるが,いまのところ早急な再統合は難しそうだ。

肝心の新憲法については,草案は何通りか出来上がっているはずだが,1月22日期限切れ以降,これといった動きはない。次は5月末といわれているが,さてどうなるか?

そもそも,ネパールに本当に成文憲法は必要なのか? 正式成文憲法などなくても,あった時と大差なく,そこそこうまくやっていけているのだから,やはり成文憲法などいらないのではないか? 

英国がお手本。成文憲法などなくても,その気になれば,やっていける。日本製信号機などなくても,ネパールの交差点は,ちゃんと立派に機能している。それと同じこと。

▼セピア色のネパール:1993年8月
150316c ■ダクシンカーリ。退色し補正しきれない。新憲法ができると,ここでの動物供犠も禁止されるかもしれない。

150316d ■時間はまだ時計に奪われることなく,ふんだんに有り余っていた。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/03/18 at 10:41

囲い込まれた自然と文化:宝塚

宝塚に転居して一年,近隣の目もくらむ自然格差・文化格差に愕然たる思いだ。

宝塚は神戸・六甲山系の東山麓。かつては美しい里山・田園地帯であったのだろうが,容赦ない宅地開発で,いまや醜怪な現代都市に変貌している。

以前の比較的余裕のあった邸宅が相続で売却されると,跡地は分割され,3~4軒のマッチ箱住宅が建つ。あるいは,わがアパートのような,貧相な墓石型集合住宅となる。

このような新興住宅住民には,豊かな自然や文化は無縁だ。働き,食い,寝るだけ。貴族主義者のハンナ・アーレントは,「労働」を必然と消費に隷従する最下級の人間行為と喝破したが,私のような庶民アパート住民には,反論のしようもない。

かつて高度成長以前の日本社会では,そうではなかった。人々の多くは貧しかったが,下町でも農村でも時間はあふれ,様々な趣味や遊び,つまり多様な文化が栄えていた。美しい自然と多様な文化は,日本を訪れた外国人を痛く感動させた,日本古来の伝統であった。

いまの宝塚には,もはやそのような自然や文化はない。雑然とした必要と消費のための街に成り下がってしまった。

例外があるとすれば,それは金網と鉄格子で囲い込まれた広大なゴルフ場だけ。そこは別天地。花々が咲き乱れ,小鳥がさえずる美しい自然の中で,時間はゆったり流れ,優雅なゴルフ文化が享受されている。

現代資本主義は,富だけでなく,自然と文化をも囲い込む。現代型エンクロージャー! 貧しくとも,自然と時間と文化を享受できた頃の方が,庶民は幸福であったのではないだろうか。

130331a
■切れ切れながらも,わずかに残る里道の桜並木。先人の風流が忍ばれる。金網の向こうはゴルフ場。

130331d ■現代の囲い込み:ゴルフ場

130331b ■貧乏人立ち入り禁止

130331c ■貧乏人のひがみ根性

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/03/31 at 23:12

村の開発:人からコンクリートへ

日本三大秘境の一つ,丹後のわが村へも近代開発の恩恵がようやく及び始めた。もちろん,民主党が「コンクリートから人へ」のマニフェストを反故にしてくれたおかげ。

わが村は,百戸あまりの小さな山間農村。それでも1960年頃までは,立派な小学校や,生活用品がほぼそろう農協(兼郵便局)があり,商店も5軒ばかりあった。村祭りや,いくつもの小さな神社や祠の祭事があり,農閑期には囲碁将棋や盆栽,芸事,釣りといった遊びや趣味が盛んであった。村には神仏があふれ,時間と多彩な文化があった。

▼小学校跡と古道破壊高速道路

これは,私が通っていた小学校の跡。ほんの数十年前まで,ここには立派な由緒ある木造校舎があり,百数十人の生徒が通っていた。春は前の用水路で魚取り,夏は裏の小川を堰き止めた簡易プールで水泳,秋には村総出の運動会,冬は校庭で雪合戦。子供にも大人にも時間はたっぷりあり,遊び文化があふれていた。

この小学校の横を通る小路は,裏山を越え,天橋立・宮津へとつづく古くからの交易路であった。路傍にはお地蔵さんや水飲み場などがあり,春には桜,秋には紅葉で美しく彩られ,夢見心地で遠足を楽しんだものだ。大内峠,それはわが村の歴史と文化の古道であった。

それらが,ほんの数十年の高度成長経済のおかげで,ほぼすべてなくなってしまった。小学校も,神社・祠の多くも,フナやナマズの小川も。そのかわり,有り難いことに,カネにもならない古道・大内峠はブルによりあっという間に掘り崩され,近代的な高速道路に変わり始めた。わが村にも近代資本主義の光明が射し始めたのだ。

▼自然破壊高速道路

これは,子供の頃,友達と毎日のように出かけ,魚取りや水泳で遊んだ小川。信じられないだろうが,当時は,小学生や中学生,そして高校生にすら,時間は有り余るほどあった。こんな小さな小川でも自然は無限に豊かであり,新しい発見や工夫で,いくらでも遊べた。

▼工業団地予定地付近

ところが,この岸辺にもブルが入り,風景は一変した。ここには高速道路の出入口ができ,予定では工業団地となる。「時は金なり」。有り難いことに,高速道路による時間短縮で,丹後での生産も採算がとれるようになるらしい。

村の自然と時間は,カネにはならない。無用の自然と時間を放棄することにより,なにがしかのカネが村に落ちることになる。「人からコンクリートへ」とは,そのようなことらしい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/27 at 20:50

カテゴリー: 経済, 文化

Tagged with , , , ,

近代化とリキシャの悲哀

リキシャが庶民の足として復活しつつある。インフレ,燃料高騰による料金値上げと,渋滞慢性化で,リキシャに客が戻ってきたのだ。

それは喜ばしいことだが,近代化によって奪われてしまった「時間」は,リキシャにももはや取り戻せない。かつてネパールには「豊かな時間」があふれていた。「時」はゆったりと流れ,その意味では人々は豊かであり,幸せであった(もちろん,別の不幸,苦しみがあったことはいうまでもないので,ここではいわない)。

たとえば,以前であれば,リキシャといえば,このような風景の中にあるのが普通であった。時間は無限にあり,人々は豊かな「無為の時」を楽しんでいた。
 Jyata,2011-9-7

ところが,近代化は,その「時間」を奪ってしまった。近代化のスローガンは「時は金なり」であり,そして「法の支配」。人々は,非人間的・機械的な規則(法)に従い,「時間」を「金」に変えなければならない。これが「近代の精神」であり,「資本主義の教え」なのだ。

この写真を見よ。欧米の近視眼的近代化=現代化論者どもが強制した近代的合理的規則に従い,リキシャが整然と一列に並んでいる。そして,車夫はみな,早く客が来ないかと,いらいら苛立ち,客待ちをしている。同じ客待ちでも,上掲の伝統的客待ちと,その精神において,これは全く異なる。「時は金なり」を内面化した近代的リキシャには,もはやあの無限の「豊かな時間」は失われてしまっているのだ。
Thamel, 2011-9-7

しかも,米帝・印大国主義のお節介により無節操な自由市場化が進み,タクシーは激増,リキシャも含め,過当競争となっている。

このリキシャ,タクシーの客待ちの列を見ると,わが長崎のタクシー業界の悲哀を思わずにはいられない。新自由主義的規制緩和のおかげでタクシーが増え,夜になると連日,客待ちタクシーの列が数キロにも伸びる。120円プロレタリア路面電車から,道路沿いに並ぶ客待ちタクシーの長蛇の列を見るたびに,タクシー業界の苦しさを思い,また繁華街でタクシーを拾うことを躊躇せざるを得ない。長時間客待ちしてきたタクシーかもしれないのだから。

同じ客待ちでも,伝統的リキシャと近代的リキシャでは,その精神は全く異なる。無限の時間の中のリキシャと,時を金に換えようと焦燥するリキシャ。共通するのは,金がないことだけ。とすれば,リキシャにとって,そして他の労働者・農民にとっても,「時は金なり」はペテンだ。近現代化は,「時」だけ奪って「金」はもたらさなかったから。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/10/05 at 11:25

カテゴリー: 社会, 経済, 文化

Tagged with , , , ,