ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘暗殺

暗殺政治

ネパリタイムズの社説が、このところ冴えている。第609号(6月15-21日)は、「暗殺の目的」。

1.暗殺の目的
社説によれば、このところ有力者や著名人の暗殺が続いているが、ネパール・メディアはそれらを個別の事件として取り扱い、関連性や政治的意味を探ろうとはしない。しかし、これは誤りである。それらの襲撃は、標的を定め、計画的に殺害した政治的暗殺であるという。

(1)ランジュ・ジャー暗殺:4月30日
ジャナクプールのラマナンダチョークで4月30日午前、「ミティラ州闘争委員会」が自治州要求の座り込みデモをしていた。そのとき、バイク積載の強力爆薬が爆発、5人が死亡し、30人以上負傷した。

5人の死者のうちの一人が、ランジュ・ジャーさん(32歳)。才能豊かな人気女優であり、人権活動家でもあった。特にマデシ女性の権利獲得のために、熱心に活動していた。即死であった。

爆発後、バイク所有者が捕まり、警察に引き渡されたものの、事件の全容は不明のままだ。政府は、ランジュさんを「殉死者」とし、遺族に100万ルピーを給付した。

ネパリタイムズ社説は、この爆破事件を「政治的暗殺」とみる。アイデンティティ連邦制であれば、マイティリがタライにミティラ自治州を要求するのは当然。また、もしそうであれば、ボジュプリやアワディも、同様の要求をするだろう。

爆破テロは、この動きに反対するいずれかの勢力の仕業である。そして、事実、事件後、マイティリや他の同種の自治州要求運動は下火になったという。

(2)バム最高裁判事暗殺:5月31日
この事件については以前このブログで取り上げたので、概要はその記事をご参照いただきたい。

ネパリタイムズ社説は、バム判事銃殺を、明確な目的の下に実行された政治的暗殺だと解釈する。たしかに、バム判事は汚職容疑で弾劾裁判中であったが、しかしそれはカムフラージュ。暗殺の目的は別のところにあるという。

つまり、最高裁は「法の支配」「適正手続き」を遵守させることが任務だが、極左・極右にとっては、それが目障りであった。そこでバム判事が標的とされ、判事を暗殺することによって、裁判所、警察、人権活動家などに警告を発した。バム判事暗殺は、司法制度の弱体化が目的であったというのだ。

2.暗殺の政治的効果
以上のネパリタイムズ社説の解釈は、私のそれとほぼ同じだ。バム判事暗殺については、制憲議会解散後の最高裁の積極的介入への警告の意味がより強いと私は思うが、しかし全体としては社説の解釈は妥当である。

政治テロや暗殺は、政治活動を萎縮させる。たとえば、長崎。キリシタン弾圧、原爆被爆の地、長崎は、テロの街でもある。

(1)本島市長銃撃事件
1998年12月、本島市長が市議会で「天皇にも戦争責任はある」と発言、これに怒った右翼幹部が1990年1月、市長を銃撃し重傷を負わせた。

この右翼テロが後の天皇制反対運動に与えた影響は深甚であり、現在もなお、重苦しい重圧となって残っている。

(2)伊藤市長銃殺事件
2007年4月17日には、伊藤市長が長崎駅前で暴力団幹部に銃撃され、死亡した。私は、この銃撃事件の直後、おそらく数分後に、市電で現場前を通過した。車内に火薬らしい臭いが漂ってきたが、電車は停止することなく通過したため、帰宅してから報道でそれが市長銃撃であったことを知った。

この事件は、捜査の結果、政治的動機はないとされたが、どこか納得しきれないものが残る。しかし、明確でないにせよ、市長暗殺は、たとえば入札とか他の市行政に、どことなく重苦しい重圧となって残っていることは確かだ。

このように、政治テロや暗殺は、実行者がたとえ一人であっても、大きな政治的目的を実現しうる、極めて効果的な魅力的な手段である。

しかし、いかに魅力的であれ、あるいはいかに正義感に駆られてにせよ、いったんこれに手を染めれば、民主主義はたちまち危機に瀕する。

ネパリタイムス社説は、「事件を解明し、責任を追及すべきだ」と主張しているが、まさしくこれは正論、党派を超えて取り組まれるべき重要課題である。

(参照)
■2012/05/01 民族州要求に爆破テロ
■2012/06/01 選挙実施理由提示命令と判事暗殺
■2007/04/18 長崎市長銃撃:「非政治的」の政治的作為性?
■2007/04/17 長崎市長銃撃とネパール選挙

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/20 at 18:38

カテゴリー: 政治, 民主主義

Tagged with ,

選挙実施理由提示命令と判事暗殺

1.選挙実施理由提示命令
最高裁(TA.アンサリ判事)は,S.バスネット弁護士からの公益訴訟を審理し,5月30日,バブラム・バタライ内閣に対し,制憲議会選挙の11月22日実施を決定した理由を,文書で,10日以内に提示するように命令した。ただし,選挙実施の停止命令は,認めなかった。

最高裁が選挙実施決定の理由説明を命じたのは,首相,内閣府,選挙管理委員会に対してだけであり,大統領と大統領府は回答の義務なし,とした。

先日も述べたように(マオイスト親政,平和革命への序曲か?),制憲議会=立法議会が後のことを何も決めないまま消滅してしまった現在,最も大きな正統性を有するのが最高裁,次が大統領であるのに対し,首相には法的合法性も政治的正統性もほとんどない。

もし最高裁が,30日の決定に従い,KR.レグミ最高裁長官を裁判長とする特別法廷で11月22日選挙実施決定の合憲性を審理すると,違憲と判定される可能性が高い。たとえ違憲と判定されなくても,バタライ内閣の非正統性が露わとなり,政府はほぼ完全に死に体となってしまうであろう。

■最高裁判事15名。赤印がバム判事。

2.バム判事暗殺
この危機状況の最中の5月31日,最高裁RB.バム判事が暗殺された。覆面をしたバイクの2人組が,午前11時頃,ラリトプールで車内のバム判事を銃撃,判事はすぐノルビック病院に運ばれたものの,助からなかった。

これはもちろんプロの仕業。数発の銃弾は正確に急所に命中しており,確実な殺害が目的だ。昨年9月26日のイスラム青年指導者暗殺のときと,まったく同じ手口(イスラム協会書記長,暗殺される)。ネパールには,このようなプロの暗殺者がいて暗躍していることは明白である。

難しいのは,どの勢力がこの暗殺を依頼したかである。バム判事は,収賄容疑で弾劾裁判を受けており,職務停止中。暗殺がこの収賄容疑事件に絡むものである可能性は否定できないが,しかし報道を見る限り,暗殺しなければならないほどの理由は見当たらない。やはり政治的な暗殺とみるべきだろう。

現場からは,”Nepalbad NJSSR Party”のパンフレットが見つかったという。正体不明の団体で,カモフラージュの可能性が高い。

とすると,現在のところ最も大きな正統性を持つ,したがって政治的影響力の強い最高裁をねらった,と見るべきだろう。しかも,弾劾裁判で職務停止中のバム判事が標的となった。誰かが,誰かに対して,政治的な警告を発したのではないか。

むろん私怨かもしれないし,真相は分からない。ネパールでは,ビレンドラ国王暗殺(王族殺害事件)も闇の中,イスラム青年指導者暗殺も闇の中。しかし,中枢にいる権力者・有力者には,誰が,あるいはどの方面の力が暗殺に動き,何を警告しているかは,ほぼ見当がついているはずだ。バム判事暗殺も,同じ構図であろう。

こうした暗殺事件が庶民にとっても無縁でないと思われるのは,もっと矮小であれ,同じような手口が身の回りでも使われているのではないかという疑念がぬぐいきれないこと。紛争が泥沼化すると,手っ取り早く暗殺や謀殺で始末してしまう。関係者には何となく見当がつくが,確かなことは分からず,結局うやむやになるという図式だ。

暗殺,謀殺という漆黒の暗闇。不気味この上ない。仏陀の国には,このような暗黒の側面もあることを,決して忘れてはならないであろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/01 at 10:18

カテゴリー: 政治, 民主主義

Tagged with , ,

イスラム協会書記長,暗殺される

26日午後1時半頃,加徳満都で「ネパール・イスラム協会」書記長のファイザル・アフマド氏(35歳,あるいは40ないし41歳)が,バイク2人組に銃殺された。頭,首,胸など全身に十数発の銃弾を受けたとされるから,確実な殺害を意図した白昼の暗殺である。

暗殺現場は,加徳満都のど真ん中,トリチャンドラ校前,ラニポカリ警察署横で,いつも多数の人通りがある。アフマド書記長は,トリチャンドラ校・ラニポカリ署向かいのジャメ・マスジット(イスラム教モスク)での礼拝後,近くの事務所に戻る途中であった。

アフマド書記長は,国際イスラム大学(パキスタン)で経済学,アリガ・イスラム大学(インド)でイスラム学を学び帰国,ネパール・ムスリムの青年リーダーとして頭角を現し,「ネパール・イスラム協会」書記長となり,協会8委員会の一つAl-Hera Associationを担当,イスラム教育に尽力していた。

そのアフマド書記長が,礼拝後,殺害された。これは,常識的に見て,白昼の暗殺であり,「脅し」「見せしめ」と考えざるを得ない。
ジャメ・マスジット。左下が警察署,左上方がトリチャンドラ校(2007.3.26)。

実は,これと瓜二つの事件が,2010年2月7日にもあった。Jamim Shah殺害事件である。ジャミム・シャハ氏は,メディア起業に成功し,スペースタイム・ネットワーク会長,チャンネル・ネパール会長となっていた。そのシャハ氏が2月7日昼過ぎ,車で帰宅途中,ラジンパットの仏大使館近くで,バイク2人組に銃で至近距離から頭や胸を撃たれ,死亡した。確実な殺害を狙った白昼の暗殺といわざるをえない。

ジャミム・シャハ氏は,インド筋から,ISI(パキスタン情報局)の手先と非難されていた。そのため,シャハ氏暗殺にはインドが絡んでいると噂され,事件解明が繰り返し叫ばれてきたが,今のところめどが立っていない。おそらく迷宮入りであろう。

今回のアフマド氏殺害と昨年のシャハ氏殺害は,構図が同じである。加徳満都の人通りの多い表通りで,白昼堂々と,2人組が至近距離から銃を頭や胸に向け発射する。人前で確実に射殺することを意図した政治的・宗教的暗殺であることは明白である。

しかし,ネパールでは,これを明言・公言することはタブーである。誰にも分かっている。しかし,それを明言すれば,大変なことになる。言えないこと,言ってはいけないことなのである。

ここで危惧されるのは,民主化・自由化の別の側面である。以前であれば,タブーへの暗黙の社会的了解があった。むろん非民主的なものだ。ところが,革命成功のおかげで,そうしたタブーが次々と解除され,見聞きしたこと,思ったことをそのまま語ってもよいことになってきた。キリスト教墓地問題もその一つ。革命スローガンの包摂民主主義は,アイデンティティ政治であり,それによれば誰でも自分のアイデンティティを主張してよいし,主張すべきである。もはや暗黙のタブーを恐れ,自分のアイデンティティを曖昧なままにしておく必要はなくなった。

こうした状況の下で,もし力をつけつつあるイスラム社会が,ジャミン・シャハ事件やアフマド事件を政治的・宗教的暗殺と明言し,抗議行動を始めたらどうなるか? 悲惨,凄惨なコミュナル紛争の泥沼にはまりこむことは避けられないだろう。世俗的人民戦争の比ではない。難しい事態だ。

暗殺は昔からあったし,今もある。加徳満都は,各国秘密機関が暗躍する,現代の日本では想像も出来ないほど緊張に満ちた,危険と背中合わせの政治都市なのである。

* Nepalnews.com, Sep.26; eKantipur,Sep.26; Himalayan, Sep.26; republica, Sep.26.

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/09/27 at 12:24