ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘格差

後進国への後退とシャネル広告

シャネルが,朝日新聞朝刊(3月29日)に,全面広告を6頁(!!)も出している。日本人を見くびり,自然や人類をバカにした,許されざる所業だ。

後進国が「途上国」と改称される以前の後進国にいって真っ先に驚いたのが,高級ブランド店の超豪華仕様。後進国住民の大半はその日暮らしさえままならない惨状なのに,ごくわずかの特権階級相手に,目玉の飛び出そうな高価な贅沢品を売っていた。最近はめでたく「途上国」に発展したので,以前ほど酷くはなくなったが,それでも庶民生活と高級ブランド店との落差は大きい。

高級ブランド店は,少数の特権階級に寄生し,格差拡大とともに厚かましくも派手になり,格差を商品化し,繁栄する。

シャネルが高級紙に6頁もの全面広告を出したのは,日本が後進国へと後退し,宿主が生まれ生長し始めたからだ。特権階級は,むろん大多数の庶民を搾取して太っていく。日本は,搾取が構造化された後進国型階級社会に転落し始めたのだ。マルクス万歳!

そもそも6頁全面広告は,日本人見くびり以前に,自然浪費だ。この空疎な広告のため,山や森の木が何本切り倒されたのか? 石油が何ガロン燃やされたのか? 川の水や地下水が何万KL汚染されたのか? 反自然的・反人類的と断罪せざるをえない。

こんな反倫理的・反社会的広告を掲載した朝日も,むろん同罪だ。高級紙なら,貧すれども鈍せず,高級紙としての品格を堅持すべきだろう。

140329a140329b140329c

[参照]シャネルの新聞広告

谷川昌幸(C)

 

Written by Tanigawa

2014/03/29 at 11:34

牛乳値上げ,1リットル68ルピー

ネパールで牛乳がまた値上げされる。市場占有率40%の国有企業「乳業開発公社(Dairy Development Co.)」が発表した。1割以上の大幅値上げ(以下,1リットル当たり価格)。
 ・非スキム牛乳:60ルピー → 68ルピー
 ・スキム牛乳: 50ルピー → 56ルピー
 *農家からの買い取り価格:35~38ルピー (Republica, 12 Mar)

値上げ理由は,(1)生産・加工・流通の経費増大。(2)供給不足(ekantipur, 27 Jan)。
 ・牛乳需要:80万トン/日
 ・国内生産:60万トン/日
 ・輸  入:6万トン/日(インドより輸入,ネパール産より高価)        

  140313

牛乳1リットル68ルピー(約70円)は,かなり高い。アメリカでは約100円。保護政策により割高の日本でも,ほんの数ヶ月前までは,140~200円であった。アベノミックス物価上昇により,現在は,180~270円。ネパールの68ルピーは,酪農国にしては,高いといわざるをえない。

これが深刻なのは,このインフレが今後も進行しそうなこと。牛乳需要は,世界的に,特に中国で増大しており,しかもグローバル化(世界市場化)により,それは直接ネパール国内市場にも影響を与える。ネパール国内での需要増もあって,牛乳価格の値上がりは避けられないだろう。

日本でも,生活必需品価格は,食糧を中心に急騰している。「狂乱物価」の前兆といっても過言ではない。私のような年金生活者や非正規労働者など,インフレ弱者は,お先真っ暗,生活を切り詰める以外に対策はない。

日本にしてそうだとするなら,ネパール,特に現金収入の少ない地方は,比較にならないほど深刻だ。自由市場社会化は,結局,世界中の相対的弱者から自由に搾取するための,強国の強者の巧妙な奸計といわざるをえない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/03/13 at 17:05

カテゴリー: 経済

Tagged with , , , , ,

爆破テロの恐怖

ネパール石油公社(NOC)が2月27日午後1時頃,高性能爆薬で爆破され,3人死亡,7人負傷の大惨事となった。

NOCビルの隣のカトマンズ郡裁判所には,商売柄,よく行く。前の路上の屋台で,お茶をすすりながら,あれこれ観察する。そのすぐそばのNOCビルが爆破され,外壁が崩れ,犠牲者の身体がバラバラになって飛んできたというから,恐ろしい。もし訪ネ中だったら,犠牲者の1人になっていたかもしれない。

爆破声明を「統一民族解放戦線」が出しているが,本当かどうか,まだ分からない。人民戦争中,爆発物やその製造方法が国中に広まり,その気になれば,容易に爆破テロは実行できる。

このような状況で,失業や物価上昇が拡大していくと,危険なことになる。今回の石油値上げは,国際価格が急騰しネパール政府の手に余る事態とはいえ,一般庶民にはそのメカニズムはよく分からず,非難は目の前の石油公社に向かいがちである。

それでも政党系団体や学生組合などの抗議ストは,まだしも統制がとれているが,庶民の不満がこのまま拡大・深化していくと,今回のような爆破テロ,さらには社会不安の拡大そのもの,社会秩序の破壊そのものを目的とした無差別テロさえ惹起しかねない。

不況下の物価上昇は,日本のような先進国よりもむしろネパールのような途上国にとって,より深刻な事態をもたらすだろう。


 ■ネパール石油公社(下),カトマンズ郡裁判所(上)  [Google]

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/02/28 at 15:24

カテゴリー: 経済, 政治

Tagged with , ,

ゴルカの落差と格差:美少女の不幸

 谷川昌幸(C)
ゴルカの町(バスターミナル付近)と,その上下の村との高度格差と生活格差には,目がくらくらする。 バスターミナル付近は,電気,水道が普及し,生活はカトマンズや日本の地方都市と大差ない。この十数年で急速に近代化したのだろう。
 
ところが,そこから急勾配の踏み分け道を20~30分も登ると,電気も水道もない民家がたくさんある。ゴルカの女性はみな美しい。これらの家の美しい少女や主婦たちが,重い水瓶を右手で腰のところに抱え,あるいはドッコに乗せ,転げ落ちそうな急坂をあえぎ,あえぎ登ってくるのを見ると,胸が痛む。
 
水場のある眼下のバス・ターミナル付近が急発展しなければ,これら美少女たちの生活は苦しくとも幸せであったであろう。しかし,いまは幸せとは到底思われない。眼下の町では蛇口をひねれば水が出て,炊飯器でご飯を炊き,テレビを楽しむことができる。空いた時間には美しい服を着て,友人たちと外出もできる。眼下の町との生活格差は,高度落差以上にはなはだしい。幸せでいられるはずがない。
 
このゴルカでは,そして他の大部分の地方では,マオイズムは決して時代錯誤でもなければユートピアでもない。この生活格差を救済するには,革命的変化によらざるをえない。日本も欧米も,みな血なまぐさい暴力革命により近代化してきたのだ。
 
たしかに暴力革命は犠牲が大きく,避けることができれば,それにこしたことはない。しかし,この目もくらむような高度落差の国の絶望的生活格差を見ると,平和的改良の難しさに,だれしも途方にくれざるをえないだろう。
 
 ゴルカ・バスターミナル
 
 水運びの村の美少女2人
 
 山腹の民家(バスターミナルから約20分)

Written by Tanigawa

2009/03/21 at 15:16

カテゴリー: 社会, 文化

Tagged with , ,