ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘植民地

京都の米軍基地(32):捨て石としての沖縄・グアム・京丹後

京丹後・経ヶ岬へのXバンドレーダー配備が,米軍再編,特に沖縄海兵隊グアム移転と連動していることはいうまでもない。京丹後は,米国の対中「封じ込め」監視戦略の中にガッチリ組み込まれてしまった。

中山市長が,いくらお得意のお念仏,日本「国益」を唱えようが,米国はそんなものは馬耳東風,蚊の鳴声ですらない。丹後の命運は,米軍基地受け入れにより米国の手中に落ちてしまったのだ。

1.中国・北朝鮮監視のためのXバンドレーダー網
米国は,中国・北朝鮮監視のため,東南アジアにXバンドレーダー網を構築する。ウォールストリートジャーナル(2012年8月23日)によると,Xバンドレーダー設置は,車力(既設),京丹後(建設中),そしてフィリピンの予定。きれいにな中国監視網だ。

こうした戦略に基づき,2012年9月17日には,パネッタ国防長官が訪日し,日本側とXバンドレーダー配備について協議した。設置目的は,抵抗の少ない北朝鮮ミサイルからの防衛とされた。

2013年2月には安倍首相が訪米し,日米首脳会談(22日)において重要な合意を交わした。
 ・オバマ大統領の訪日
 ・集団的自衛権の検討
 ・ガイドラインの見直し
 ・米軍再編促進と沖縄負担の軽減
 ・宇宙・サーバー分野での協力
 ・Xバンドレーダーの配備
 「両首脳は,北朝鮮の核・ミサイル活動も踏まえ,弾道ミサイル防衛協力を進め,米軍のTPY-2レーダーを我が国に追加配備する方針で一致した。」(日米首脳会談(概要)

京都の米軍基地は,安倍訪米の手土産の一つだったのだ。以下,事態は次のように展開する。
▼2013年3月4日:ヘーゲル国防長官が,北朝鮮の脅威に対抗するため,グアムに最新鋭迎撃ミサイルシステムを配備すると発表。
▼2013年3月21日:朝鮮人民軍最高司令部,グアム米軍基地は北朝鮮の「精密照準爆撃の射程内にある」と発表(CNN)。
▼2013年12月19日:米上院,在沖海兵隊グアム移転費8600万ドル,Xバンドレーダー京丹後設置費1500万ドル可決。ちなみに,海兵隊グアム移転総経費86億ドル,そのうち日本負担28億ドル。

このように,Xバンドレーダーの京丹後配備は,大きくは米軍の対中戦略の一環であり,より直接的には在沖海兵隊移転先グアム基地の北朝鮮ミサイルからの防衛が主目的である。

以前にも述べたように,当初日本側は,Xバンドレーダーの対馬か佐賀県内への設置を希望した。しかし,これでは位置的にグアム・ハワイ防衛には適さないので,米側は能登半島か丹後半島を要求した。AFPはじめ多くの通信社が,米政府筋の情報として,「Xバンドレーダー配備地は,グアムやハワイに向かう北朝鮮ミサイルは日本の西部または中部を飛ぶと想定されるので,そこ(京丹後)が選定された」と伝えている。京丹後・経ヶ岬のXバンドレーダーは,グアム・ハワイ米軍基地の防衛を,当面の主目的としている。

これは,米軍にとっては,最も合理的な選択だ。在沖海兵隊が移動し,ますます重要性を増すグアム基地。もし仮に北朝鮮がグアム基地攻撃を試みるなら,真っ先に経ヶ岬Xバンドレーダー基地を攻撃する。この攻撃情報は瞬時にグアム基地に届くであろうから,米軍には迎撃のための幾ばくかの時間的余裕ができる。いかにも米国らしい冷徹な合理的計算。京丹後は米国の弾よけ,捨て石。日本「国益」のためですらない。「米国益」のための滅私奉公なのだ。

というわけで,沖縄海兵隊の移転先(沖縄負担の押しつけ先)にして京丹後の滅私奉公先たるグアム米軍基地を見に行ってきた。

140225a■グアム移転概要(2012年4月「2+2」共同発表)

140225b
 ■グアム基地(宜野湾市「グアム米軍基地視察報告」2007年8月13日)

2.軍事基地用「植民地」としてのグアム
グアムは近い。3時間余で着く。淡路島くらいの小さな島で,人口約17万人。チャモロ人37%,フィリピン系26%,他のアジア系11%,白人7%(2013年)。そのうち,約10%(1万7千人)が米軍関係者。

グアムは,政治的には,米国の「未編入領土(Unincorporated Territory)」。自治政府をもつが,米国大統領の選挙権も米国議会での議決権もない。「準州」などとも呼ばれるが,事実上,植民地である。

産業は,観光約7割,基地関係約3割。失業率12-13%。通貨は米ドル。物価は,地元住民向けスーパーでも非常に高い。公用語は英語とチャモロ語。

島の約1/3が米軍基地。特に平地は米軍が使用している。また,良港は海軍が使用。アメリカは土地収用の権利を持つ。沖縄と比べても,米軍基地負担ははるかに重い。

140225c■グアム紋章

3.自然破壊
グアムに着いて,まず驚いたのは,あまりにもすさまじい自然破壊。南太平洋の珊瑚礁に囲まれた小島であり,本来なら南海の美しい別天地のはずだ。ところが,めぼしい海岸や丘の上は,観光資本により乱開発され,見てくれだけの安普請ホテルや張りぼてリゾート施設が林立している。街中は,いかにもといった土産物店や飲食店ばかり。お人好し某国観光客からぼったくり,稼ぐだけ稼いだら,ハイさようなら,醜い廃虚を残して撤退するつもりだろう。

140225i■乱開発リゾート地(2014-1-30)

4.文化破壊
文化破壊もすさまじい。16世紀半ば,スペインが植民地とし,伝統的チャロモ文化を弾圧し,カトリック布教を強行した。19世紀末,米西戦争で勝利したアメリカがスペインに取って代わった。アメリカは,チャロモ語辞書を焚書にし,チャロモ語使用を処罰をもって禁止した。太平洋戦争が始まると,日本軍の侵略を受け,グアムは「大宮島」と改名され,米軍に奪還されるまで日本軍国支配下に置かれた。

文化は奥深いものであり,よそ者一見客には本当のところはすぐには分からないが,少なくとも見た限りでは,はっきりそれと分かる生活の場における伝統文化は見当たらなかった。

140225h■大砲と十字架(2014-1-29)

5.天皇制国家と横井さんの平凡の悲惨
グアムに行って次に衝撃を受けたのは,横井庄一さんの,あまりにも悲惨な地下壕潜伏生活。横井さんは戦死とされ,靖国神社に祀られたが,実際には,島南部の小川(タロホホ川)上流域に地下壕を掘り,1972年に発見されるまで28年間も隠れ住んでいた。

これが筆舌に尽くしがたいほど悲惨なのは,万事すべてが平凡であって,どこを見ても劇的・英雄的ではないこと。横井さんの地下壕付近は,遠望で見る限り,うっそうたるジャングルではない。小高い山や丘に灌木や草が生え,小川が流れているだけ。近くには村もある。ごくごくありふれた平凡な土地。

人跡未踏のジャングルなら,あるいは深山幽谷や絶海の孤島なら,それだけで劇的,英雄的たりうる。ところが,タロホホ川付近は,ごくありふれた土地。そんな平々凡々たる土地に,横井さんは28年間も地下壕で隠れ住んでいた。

お国のため,神国「国益」のために戦った兵士をこのような惨めな生活に追い込む天皇制国家,日本軍国主義のあまりの非情,残酷さ。横井さんは,平凡に徹したからこそ,28年間も隠れ住むことができた。その意味で,つまり平凡に徹しえたという意味で横井さんは非凡であったが,それは非人間的非凡を強いた日本軍国主義の免責にも,ましてやその顕彰にも利用されるべきでは,断じてない。

横井さんの地下壕生活それ自体は平凡であり,したがって観光資源になるはずもないが,なんと驚くなかれ横井さんの地下壕から少し離れたところのテーマパーク(タロホホの滝)に「横井洞穴(Yokoi Cave)」がつくられ,観光名所となっている。むろんニセモノだが,そのあまりの安易,軽薄に涙せざるをえなかった。

しかも,横井さんの28年間の隠れ家地下壕生活については,その非人間的平凡さへの強制をこそ直視すべきなのに,それをせず,国家のために戦い抜いた英雄としての利用があちこちに見られる。商売目的であれ政治目的であれ,そのような横井さんの利用は,彼の人間としての尊厳を根底から否定するものといわざるをえない。

140225g140225e140225f
 ■「横井洞穴」付近(Google)/「横井洞穴」/同左説明版(2014-1-30)

6.住民監視の米軍基地
そして,最後に,米軍基地の不気味さ。島内一周観光バスは,「横井洞穴」から北部の「南太平洋戦没慰霊記念公園」に向かう。

この「公園」近くは,広大な米軍基地だが,バスはむろん公道を走り,樹林帯の向こうの基地はまったく見えない。近くには巨大スーパーや様々な事業所もあり,多くの車が走っている。一見,ごく普通の街。その風景を見ながら,女性ガイドさんが恐ろしい体験を話してくれた。

もう何年も前のことだそうだが,ガイドさんがその付近を通ったとき,何気なく写真を撮ったら,米兵がすっ飛んできて,あっという間にカメラを取り上げられ,取り調べを受けたのだそうだ。ガイドさんによると,その付近には,信号機の横など,あちこちに監視カメラがあり,常時監視されているのだという。それを聞き,周辺を見回したが,「撮影禁止」とか「監視カメラ作動中」といった標識は,どこにも見当たらなかった。おそらく住民にとっては常識であり,自己規制が習い性となっているのだろう。

「見られないで見る」,これこそ監視の極意であり常道。巨大な基地の島グアムでは,常時監視されていると考えた方がよいだろう。グアム入管では,両手の指紋を入念に,徹底的に採取される。監視カメラと顔識別装置などにパスポート情報,指紋などを組み合わせれば,島内での人々の動きはすべて把握できる。スッポンポンで街を歩き回っているようなもの。

140225d■アンダーセン基地とリゾート地(左下)(Google)

7.京丹後も監視社会に
経ヶ岬に米軍基地ができたら,京丹後もグアムのような監視社会にされてしまうだろう。経ヶ岬は丹後半島の先端にある。ここに通ずる道路は,国道1本のみ。東と西の道路のどこかに監視カメラを設置すれば,通行人の監視は容易。監視カメラで撮影したナンバープレートや顔写真を,文字読み取り機や顔識別装置で分析し他の個人情報と自動照合すれば,その人物が何者か瞬時に識別できる。

むろん,よそ者(stranger)や要注意人物を割り出すには,付近住民すべての情報が必要だから,住民の個人情報は,ことごとく収集され,日々,更新されると考えるべきだろう。というよりもむしろ,そのような作業はすでに着手されていると覚悟すべきかもしれない。

8.「国益」呪文の危険性
グアムの米軍は,グアム住民を守るため,広大な土地や良港を占拠し駐留しているわけではない。軍事基地さえなければ,北朝鮮がグアムを攻撃目標にすることは絶対にない。これは自明の理。同様に,沖縄米軍が,沖縄の人々を守るために,沖縄に駐留しているわけでもない。これも自明の理。とすれば,当然,経ヶ岬に進駐する米軍が,京丹後の人々を守ることを目的としていないことも,自明の理。

中山市長の「国益」は,この自明の理を住民に見せないための呪文にすぎない。それは,イワシの頭と大差ない代物だが,いったんかかってしまうと,一巻の終わり。京丹後がはるか彼方のワシントンや東京の捨て石となり滅私奉公するのが,京丹後の当然の義務であり誇りである,と感じられるようになってしまう。

振り込め詐欺より悪質だ。「国益」の呪文には,いくら巧妙にはやし立てられようとも,いっさい耳を貸さないのが賢明だ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/02/25 at 21:03

制憲議会選挙2013(1):イデオロギーとしての選挙民主主義

制憲議会選挙(संविधानसभा सढस्य निर्बचन २०७०)が近づいてきた。投票日は11月19日だというのに,いまだ実施延期も含め,様々な議論があるが,選管は準備を進め,主要諸政党の比例制候補もほぼ出そろい,よほどのことがない限り,おそらく選挙は実施できるであろう。そこで,あとで検索(右欄検索ツール使用)しやすいように,「制憲議会選挙2013」のタイトルの下に,関連記事をアトランダムに掲載していくことにする。

131004a 131004b ■制憲議会選挙啓発(前回)

1.市場社会化と選挙民主主義
選挙民主主義(electoral democracy)については,これまで何回か批判した。冷戦終結(1989-91年)以降,世界は自由競争市場社会化に向け大きく前進した。これは,アメリカを中心とする先進諸国が,選挙民主主義を武器として,戦略的に巧妙に押し進めてきたものだ。途上国は非民主的であり,それゆえ開発が遅れ,紛争が絶えず,悲惨で貧しい。先進国のように豊かになり,よい生活がしたければ,選挙をやり,民主化せよ。これが先進諸国の途上国に対する選挙民主主義のお説教である。

選挙民主主義がいかに欺瞞的かは,途上国の貧困は先進諸国の長年の搾取によるものであることへの反省が選挙民主主義者にはまるでないことを見てもよく分かる。今日の途上国,つまり「後進国」は,先進諸国に侵略され略奪されるまでは,例外なく豊かであった。欧米諸国,そして遅れて日本などが,自分たちは貧しかったので、豊かな「後進国」の富を目当てに軍隊を送り込み,資源や財産,あげくは人間までも強奪し,自分たちの国を豊かにしてきたのだ。

先進諸国は,軍隊で強奪しうるものはほぼ強奪した。次はソフトパワーの出番だ。こうして選挙民主主義が,軍隊により強奪し「後進国」に陥れた地域から先進諸国がさらに搾り取るための次の手段として戦略的に投入されたのである。

むろん選挙民主主義は,先進諸国においては,その欠点や限界が改めて意識され始めている。ところが,途上国においては,決してそうではない。イラク,アフガン,そしてネパールにおいても,先進国押しつけ選挙民主主義は大失敗であった。にもかかわらず,その反省もなく,先進諸国は途上国に選挙民主主義を押しつけようとしている。なぜか? いうまでもなく,選挙民主主義こそは,途上国をグローバル市場に引き込むための最強のイデオロギーであり,先進諸国にとっては――途上国自身にとってではなく――最も有効かつ有益だからである。

選挙は,現代グローバル資本主義のイデオロギーであり,軍隊に代わる現代型搾取の手段として途上国に対して戦略的に用いられている。

2.必要悪としての選挙
しかしながら,難しいのは,選挙民主主義は欠陥と限界を十分意識しておれば,国家社会統合の手段として一定の有効性をもつということ。偉大な貴族保守主義者にして現実主義者のチャーチルが喝破したように,「民主主義は,歴史上存在した他の統治を除けば,最悪の統治である」。悪しき統治だが,われわれには,もはやこれしか選択の余地はない。先進諸国がケシカランのは,自分たちが限界を意識していながら,途上国に対しては,まるで万能特効薬であるかのように純粋選挙民主主義を処方し,押しつけようとする点にある。

下心は,むろん,手っ取り早く途上国を市場社会化すること。先進国企業の市場にしてしまえば,あとは,どうなろうが知ったことではない。これは,かつて軍隊や宣教師を送り込み,地域の伝統文化や言語を奪い,西洋文化や英語・スペイン語などを押しつけ,かくして「文明化」することによって世界を植民地化し搾取したのと,方法においては異なれ,目的は同じである。

3.謙虚な選挙側面協力
われわれは,途上国に対し,そのような不遜な,利己的なことはやってはならない。選挙民主主義は欠陥だらけ。にもかかわらず,選挙以外の選択肢は,今のところ,ない。この冷厳な事実を十分自覚しつつ,途上国の選挙に側面からそっと協力する。純粋選挙民主主義の劇薬を押しつけるなどといった愚行は,いかにその誘惑に駆られようとも自制し,その国,その地域に適した形の選挙に,裏方として,そっとやさしく協力する。自分たちが,数百年かかって不十分ながらやっと手にしたものを,短兵急に,途上国で無菌促成栽培しようなどと高望みしてはならない。

ネパール制憲議会選挙についても,先進諸国は,そのような謙虚な姿勢で臨んでほしいと願っている。

[参照]
穀潰しの選挙民主主義
カーター元大統領:救済者か布教者か?
ガルトゥング提案の観念性と危険性
派兵はNGOの危機,ネパールとアフガン
選挙後体制と擦り寄り知識人
選挙民主主義関係記事一覧

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/10/04 at 14:20

スワンナプーム空港の倒錯と愚劣

谷川昌幸(C)

バンコクのスワンナプーム空港を使うたびに,その滑稽な植民地的倒錯に苦笑せざるをえない。今回は,写真付きで,実態をご紹介する。 (参照:過剰と欠如:スワンナプーム空港の悲喜劇スーツケース,連続被害

1.ソファーなし
この空港の非人間性の第一にあげられるのは,石のように固く冷たいイスはあるが,30分以上,時間待ちするに耐えるソファーがないこと。

そのため,今回6月16日には,なんと通路に布を敷き,寒さでふるえながら時間待ちをしている人を見た。怪しまれると困るので写真は撮らなかったが,グッチか何かの高級店の前で野宿。それで平気なのが,植民地文化なのだ。

2.トイレなし
さらに悲惨なのが,トイレがないこと。信じられないかもしれないが,本当なのだ。

少し早めに最終荷物検査を受け,搭乗待合室(下図エスカレータ下)に行こうとすると,まだ開いていない。そこで乗客は通路に1,2時間待たされることになるが,ここにはなんとトイレがない。6月16日も,出ることも入ることも出来ない数十人の乗客が通路で怒りまくっていた。その一人が,私。

bkk5 *固く冷たいイス。早く来ると,ここにすら入れず,エスカレーターの上部右横の通路で待たされる。トイレなし。イスも少ないので,大半の乗客は通路で野宿となる。

3.寒い
南国では「寒さ」は北の宗主国を思い出させるためのサービスであり,この空港も環境,省エネなど完全無視,凍えるほど寒い。天井が高く,ガラス張り温室のような構造なので冷房効率は極端に悪いはずなのに,冷房ガンガン,ふるえながら,窓外の南国の太陽を楽しむことができる。南国の植民地的極上サービスだ。

リュックの衣類を全部着込み,やはり寒いタイ航空機で関空に着いたとたん,暑くなり,半袖になった。南国で寒く,北国で暑い。まさしく,植民地的倒錯だ。

4.暗い
太陽いっぱいの南国で,しかも総ガラス張りに近い構造なのに,空港内は異常に暗い。これも,北の宗主国の陰気な暗い冬を思い出させるための植民地的サービスだ。

倒錯の極みが,間接照明。明るいのは天井だけ。通路も待合室も恐ろしく暗い。傘を上下逆にするだけだから,たいした費用はかからない。宗主国に気兼ねせず,南国らしく明るくすべきだ。

bkk3 bkk4*この照明は転倒している。室内は暗く,本も読めない。右の写真を見よ。搭乗券が見えないので,天井照明直下であるにもかかわらず,係員は読書灯をつけている。転倒した世界では,転倒が正常と思えるのだ。

 5.高い
高級店ばかり。私は,この空港では1バーツも使わない。同志も多いらしく,開店休業で,閉店も出始めた。

この点でも,関空は偉い。ユニクロを出店させ,レストランも大学食堂より少し高いくらい。ユニクロ関空とグッチ・スワナンプーム。大衆文化と植民地文化の比較研究に絶好だ。

5.愚劣
この空港の愚劣さを象徴するのが,庭園。金をかけた一見美しい庭園に,なんと模型の白い鳥(白鳩?)が群舞している。

やれやれ。こんな愚劣なことをしていると,本物の野鳥が飛んできて,飛行機を自爆攻撃するぞ。飛行機のために野鳥を撃ち殺しておいて(多分そうしているのだろう),そのかわり模型の鳥をおく。愚劣の極みだ。

固いベンチで,おしりが痛くなった。気晴らしに,他の愚劣を見学に行こう。

bkk6 *白く点々と見えるのが,模型の鳥(白鳩?)。これを美しいと感じることが出来れば,めでたく倒錯世界の住人となれる。

Written by Tanigawa

2008/06/28 at 21:49

カテゴリー: 旅行

Tagged with , , , , , ,