ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘歴史認識

皇太子憲法言及不掲載,答えにならない朝日新聞の「お答え」

朝日新聞が,またまた記事批判への言い訳記事を掲載した。菅野俊秀(社会部次長)「皇太子さまの憲法への言及、なぜ載ってないの? Re:お答えします 新しい発言紹介 指摘真摯に受け止めます」(朝日3月10日)。(皇太子の憲法言及については,「あつものに懲りて憲法を消す朝日新聞」参照。

これは,読者の質問への「お答え」の形を取っているものの,内容的には,皇太子憲法言及不掲載を批判した池上彰氏への弁解であることは明白である。要旨は以下抜粋の通り。

「[皇太子の憲法言及は]昨年は記事に盛り込みました。・・・・今年も、デジタル版の記事では皇太子さまが憲法に言及した部分も含めて、会見全文とともに掲載しました。しかし、紙面ではスペースが限られ、できるだけ新しい内容を読者に伝えようと、前述の部分を優先させました。」(朝日3月10日)

しかし,スペース不足でカットしたなどという弁解を額面通り受け取るお人好しで脳天気な読者は,一人もいないだろう。改憲や「70年談話」問題が連日マスコミで報じられているさなか,皇太子が戦争の惨禍や平和の大切さと関連づけて憲法に言及した。当然,大きな政治的意味を持ちうる。その皇太子発言を,朝日新聞は掲載しなかったのだ。

好意的に解釈するならば,記事を執筆した皇室担当記者が,皇太子や皇室が政治に巻き込まれるのをはばかり,憲法言及部分をカットした,ということになるだろう。ちなみに,その皇室担当記者ツイッターは,皇室記事満載。

しかしながら,前回も述べたように,天皇には憲法尊重擁護の義務があり,機会あるごとに天皇や皇族が憲法尊重の立場に立つ発言をするのは当然のことである。もし,それを非難する者がいるとすれば,それこそ天下の不忠者ということになってしまうであろう。

この場合,皇太子の憲法言及部分をカットした心情はわからないではないが,その判断がジャーナリズムとして正しかったかといえば,そんなことは断じてない。池上彰氏が「こんな大事な発言を記事に書かない朝日新聞の判断は,果たしてどんなものなのでしょうか」と,手厳しく批判しているとおりだ。ジャーナリズム失格!

それでは,もし本当に,菅野社会部次長が「お答えします」で説明しているように,皇太子の憲法言及が「新しい内容」ではないのでカットしたというのであれば,それは,いま現在,いったい何が問題となり重要なのか,いまジャーナリズムとして何を伝えなければならないのか,といったことすら全く念頭になかった,ということに他ならない。それこそ,まさしくジャーナリズム失格! 

池上彰氏は,皇太子の「謙虚に過去を振り返る」という発言の前の,これもカットされてしまった部分の重要性をも指摘しつつ,「新聞ななめ読み」(朝日2月27日)をこう結んでいる――

「記者やデスクの問題意識の希薄さが気になります。」

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/03/11 at 13:29

目を引く日本批判記事

ネパールで販売されている新聞を見ると,「中国日報」はむろんのこと,他の新聞でも,このところ日本批判記事が目に付く。日本の積極面を伝える記事は,あっても小さく,目立たない。

たとえば,2月7-8日付「リパブリカ」。AFP無署名記事「中国の苦しみ,731部隊からの解放70年後の今も」を,最上段に大きく掲載している。

731部隊は,大日本帝国の皇軍の秘密研究機関。生物化学兵器研究のため,中国人,モンゴル人,朝鮮人,ロシア人,アメリカ人などの捕虜やスパイ容疑拘束者らを使い,様々な人体実験・生体実験をした。その残虐非道は,言語に絶する。

ところが,この重大きわまる反人道行為は,敗戦のどさくさにまぎれ,米軍との裏取引か何かで,解明されないまま,うやむやにされてしまった。

リパブリカ記事によれば,中国政府は,1939~1945年の間に人体実験で虐殺されたのは3000人以上とみている。秘密機関のため不明な部分も多いが,人体実験で多数の人々が犠牲になったことは事実であり,日本政府も日本国民も,何の申し開きもできない。責任は,あげてわれわれ日本の側にある。日本自らが事実関係を解明し,責任の所在を明確にし,そのうえで誠心誠意謝り,許しを請う以外に,とるべき道はない。

この記事に見られるように,日本批判は,日本以外では,このところ好んで掲載される傾向にある。これに対し,偏狭な排外的ナショナリズムに凝り固まり,嫌韓,嫌中,嫌米など,嫌○○で対抗しようとするのは,危険きわまりない愚策中の愚策であり,日本の立場をさらに悪化させるだけである。

歴史の直視は,他の誰でもない,日本自身のために,絶対に避けられない,避けてはならない日本自身の義務なのである。

【補足】「リパブリカ」は「インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ」と提携,両紙同時購読も少なくない。一方,「ネパリタイムズ」は「中国日報」と協力。では,「カトマンズ・ポスト」はどうするのか? 「朝日新聞」あるいは「読売新聞」などとの提携にむけて動くのか? たぶん,そうはしないだろう。世界戦略で動く超大国と,それができない日本との,どうしようもない格の差は,そこにある。

150209

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/02/09 at 10:40