ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘死生観

渥美資子さんとNBSAのユニークな支援活動

渥美資子さんが,2014年8月10日,休養帰国中の東京で亡くなられた。まだ60歳すこしのはず,まったくもって惜しまれる。

140919a ■渥美さんとグワッチャさん:広島講演会(AICAT=中国新聞2002/5/18)

1.NBSAの活動
渥美さんが,NBSA(Nepal Blind Support Association,ネパールの視覚障害者を支える会)を本格的に立ち上げられたのは,2002年3月。以来,12年の長きにわたり,しかも人民戦争とその後の大混乱の中で,NBSAの様々な支援活動を現地ネパールにおいて精力的に続けてこられた。主な活動は以下の通り。
 *視覚障害者訓練所兼集会所の開設・運営
 *点字情報誌『タッチ』発行
 *カセットライブラリー,トーキングブック(大学教科書,小説などの音読録音ライブラリー)の作成・発行
 *音声パソコン講習会
 *「子供クイズ大会」を毎年夏の「子供の日」に実施
 *点字講習会
 *裁縫,アイロンがけなどの家事訓練
 *つめ切り,顔剃りなどの身だしなみ訓練
 *「白杖の日」行事参加
 *各種障害者団体との連携事業
 *日本でのNBSA活動報告会(年1回開催)
 [参照]NBSAホームページ

140919c 140919d ■裁縫訓練/爪切り訓練(渥美2008年9月)

2.ユニークな自立支援
私は,これらの活動のほんの一部を拝見したにすぎないが,それでも渥美さんのユニークな支援方法に強い印象を受け,多くを教えられた。

第一に,渥美さんには,視覚障害者支援に強い関心をもち,信念を持って取り組んでいたが,それにもかかわらず,支援者が陥りがちな「押しつけ支援」的なところは全く見られなかった。視覚障害者の自立が支援目的なので,はたから見ていると冷たくさえ感じるほど,障害者自身の努力に任せていた。

最も印象的だったのは,毎年夏に開催の「子供クイズ大会」。大会の運営はすべてネパール側に任されていたし,また,視覚障害者のクイズ問答も驚くほど高度なものであった。
 [参照]視覚障害児クイズ大会

第二に,渥美さんもNBSA活動の宣伝はされていたが,それでも,あえて組織を大きくしようとはせず,視覚障害者個々人の自立努力を見守ることが出来る範囲にとどめられていた。カトマンズにほぼ通年居住し,活動されているのに,この自己抑制。見習おうとしても,なかなか出来ない規律ある態度である。

このように,渥美さんの活動は,専門外の私が年一度の訪ネの際,垣間見る程度にすぎなかったが,それでも強い印象を受けるユニークなものであった。この渥美さんの信念,活動への献身は,そもそも何に由って来たるものであったのだろうか?

3.死生観
ネパール視覚障害者支援の動機について,直接,渥美さんにお伺いしたことはない。視覚障害者問題は専門外なので,渥美さんとの議論は,ネパールの文化や政治に関するものが多かった。

そうした議論の中で,最も興味深かったのが,死に関する渥美さんの考え方。

ネパールは,死に満ちあふれていた。出生率は高いが,母子死亡率も高かった。平均余命は短く,特に医療不備の地方では,人はあっけなく死んだ。死はごく身近な現象であった。(最近は大幅に改善されているが,まだまだ不十分。)

人が死ぬと,遺体は川岸のガートの火葬場で荼毘に付される。薪を積み,遺体を乗せ,焼き,灰は川に流す。即物的であり,身体が焼け,灰となっていくのが,丸見えだ。その限りでは,サンマやブタの丸焼きと,何ら変わりはない。その光景は,よそ者の目には,厳粛,非日常とはほど遠い。人間も,生ある無数のものの一つとして生まれ,死ぬにすぎない。やるせない無常観,そこはかとない寂寥観に囚われざるをえない。

カトマンズに居住しネパールのそのような死を日々目にしていたであろう渥美さんの死生観は,極めて即物的であり,死は自然現象の一つにすぎない,というものであった。しかもその上,渥美さんは唯物論者であり,ヒンドゥー教や仏教の信仰はない。したがって,輪廻転生を信じることにより,自然現象としての死を意味づけ受け入れるという逃げ道もない。死は死であり,ただそれだけ。

140919b ■日常の中の死:パシュパチナート(Ekantipur)

4.評価峻拒の支援活動
私が聞きえた限りでは,渥美さんの死生観は,このようなものであったが,もしそうだとすると,NBSA活動の動機は何であり,それをどう意義づけられていたのであろうか? 

現世での世間的評価を全くといってよいほど気にかけていなかったことは,先述の通りだ。現世的成功は目的ではない。では,死後の評価はどうか? ネパール人民,人類,歴史など,何でもよいが,そのような個々人の存在を超えて存続すると想定されるものへの貢献と,その結果としての評価。これについても,渥美さんははっきりと否定された。そのような超個人的なものによる意義づけは無用だというのだ。

世評にも,何らかの普遍的理念や価値にも訴えないとすると,残るは,働きかけるネパール視覚障害者との関係だけだが,ここでも渥美さんは,彼らからの感謝や評価を特段期待しているようには,少なくとも私には見えなかった。淡々と,しかし本気でもって献身的に,NBSA活動に打ち込むだけ。

このような評価峻拒の支援活動そのものへの献身を12年の長きにわたって続けることが,どうして出来たのか? まったくもって凡人には解きがたい,大きな謎である。

5.没後の評価
渥美さん本人はNBSA活動の評価を峻拒ないし超越していたが,没後の現在,世間がそれをしていけないわけはない。専門外の私が年一回の訪ネで垣間見ただけでも,NBSAの活動はユニークであり,指導者養成など,ネパール視覚障害者自立運動にいくつもの重要な貢献をしている。これは,今後,日ネ両国において正当に評価されるべきであろう。

――以上は,渥美さんの訃報を聞き,私が感じたこと,思ったことを,あやふやな記憶を頼りに書き記したにすぎない。事実関係や解釈の間違いが多々あるかもしれないが,それらは,もし天国というものがあり,そこで再びお目にかかる機会があれば,お叱りいただき,訂正させていただくことにしたい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/09/19 at 13:52

チティパティに魅せられて(2)

こちらのチティパティ・タンカは,さらにシンプルであり,好ましい。仏教知識皆無で専門的な絵解きはできないが,それだけにかえって邪念なしに,絵そのものを見ることができる。

この男女は骸骨であり,当然,死んでしまっているが,それにもかかわらず歓喜にあふれている。

近代の哲学者,ホッブスは,死を最大苦=最大悪と考え,死を防止するための主権国家リバイアサンを構想した。このように,近代人にとって死は如何ともしがたい宿命ではなく,人為により最大限防止すべきものとなった。医学をはじめ近代諸科学の目標は,死の克服である。

このようにして,神仏の加護ではなく,人為による死の克服が目標になると,現実の死はとりあえずカッコ(病院など)にいれ,日常生活においては,できるだけ見えないようにされる。あたかも死が存在しないかのような生活が,一般化したのである。

しかし,これは根拠なき生の永続幻想である。そのため,近現代人は,そこはかとない不安に常につきまとわれ,生の無上の歓喜を味わうことが出来なくなってしまっている。

ところが,チティパティの男女は,ホッブス流の最大苦=死にもかかわらず,歓喜雀躍している。あるいは,この男女は,骸骨になっているにもかかわらず性行為中のようであり,もしそうなら,生(性)から死まで,すべてを悟得して,そこに無限の歓喜はあるといっているのかもしれない。

いずれにせよ,この骸骨男女の表情は,すばらしい。無邪気な歓喜にあふれている。骸骨なのに,生者より生き生きとしている。彼らを見ると,見返され,つい微笑まざるをえない。このような満面の笑みをもって死を迎えられたら,これに勝る幸せはあるまい。

130413b

130413a

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/04/13 at 11:39

カテゴリー: 宗教, 文化

Tagged with , , , , , ,

チティパティに魅せられて(1)

ネパールに初めていった頃,何もかもが珍しかったが,それらの中でも最も深く魅せられたのが,チティパティ・タンカ(Cicipati Thangka)である。

仏教の知識は皆無に近く,チティパティについても詳しくは何も知らない。ネット情報によれば,チベットのツャム(仮面舞踏)の祭りに登場する男女の骸骨が「墓場の主(lords of the cemetery)」たるチティパティ(屍陀林王)。

伝承によれば,この2人は深く瞑想修行していたため,賊に首を切られても気づかなかったという。チティパティは,このような深い瞑想,人生を果てなき死の舞踏と悟ること,あるいは完全な解脱,を意味するらしい。恐ろしい骸骨姿のため,盗人や悪霊からの守護といった現世利益も期待されているようだが,これはいわば方便であろう。

いずれにせよ,そうした宗教的な深遠なことは,私には分からない。しかし,何の予備知識もなかったが,曼荼羅屋さんでチティパテイ・タンカを見たとたん,深く魅せられ,どうしても欲しくなってしまった。言い値は,高僧が修行で描いたとかで,かなり高かったが,仏罰も顧みず散々値切り,それでも大枚をはたいて購入し,持ち帰った。

気が滅入ったとき,落ち込んだとき,このチティパティをみると,大いに癒やされ,心穏やかとなる。信心を超えた,深甚な真実の力に大きく包まれるからであろう。

130412

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/04/12 at 19:36

レグミ内閣とキリスト教墓地問題

キリスト教墓地問題の解決が,レグミ暫定内閣の初の「成果」となりそうだ。カーター元大統領の訪ネも,おそらく影響しているのであろう。

レグミ暫定内閣議長(首相代行)は,就任早々,新たな墓地問題特別委員会を発足させた。委員長はビノット・パハディ元CA議員,委員は16人で,その一人は「ネパール全国キリスト教連盟(FNCN)」のCB.ガハトラジ書記長。この委員会は,75郡すべてにキリスト教徒らの墓地を設置することを決め,7月15日までに用地の選定を終える,と発表した。実現すれば,画期的なことだ。

「これまで,キリスト教徒とキラント諸民族は,自費で土地を購入し,墓地として使用してきた。しかしながら,墓はしばしば冒涜され,墓地は没収された。多くのところで,土地は少なく,一つの墓に10遺体も埋葬する有様だった。」(Asia News, Mar21,2013)

キリスト教墓地については,2009年,パシュパティ寺院の近くのシュレシュマンタクの森が割り当てられたが,ヒンドゥー教徒が猛反発,使用禁止とされた。これに対し,2011年,最高裁が使用禁止処分の取り消しを言い渡したが,警察もパシュパティ寺院も使用を認めてこなかった(ibid)。しかし,今度は大丈夫だろう,とガハトラジFNCN書記長はいう。

「今回は大丈夫だろう。以前のマオイストや共産党政府は,マイノリティを政治目的で利用しただけだったが,新政府は政党利権とかかわらない官僚たちから構成されているからだ。」(ibid)

以前も紹介したように,このところキリスト教徒は急増している。数字は種々あるが,たとえば――

▼国家人口統計
 2006年 キリスト教徒 全人口の0.5%(カトリック教徒は4,000人)
 2011年 キリスト教徒 全人口の1.5%(カトリック教徒は10,000人)

このイースターにも,受洗者は多かった。「洗礼志願者の多くは,2008年のヒンドゥー教王国崩壊後,活発化したカトリックの学校や慈善団体の活動を通してカトリック教会を知ることになったヒンドゥー教徒であった。彼らは,2年間,キリスト教を学び,受洗した。」(Asia News, Apr2, 2013)

「これは,キリスト教徒に信仰の自由が認められるようになった近年の状況の好転によるところが大きいが,それだけではなく,ヒンドゥー教やマオイズム・共産主義の退潮にもよるものだ。この数十年間,マオイズムや共産主義は,ネパール青年の多くにとって自由のモデルであったのだ。」(ibid)

こうしたキリスト教拡大を受け,「殉死者・不明者調査委員会」は,この一月,ジョン・プラカシ神父を,キリスト教徒初の「国家殉死者」とすると発表した。神父はインド生まれのインド人だが,2008年,ヒンドゥー原理主義者に殺害された。発表通り「国家殉死者」に叙されたかは,不明。

いずれにせよ,近年のキリスト教の拡大は,顕著である。ただ,一神教で,死者復活を信じるキリスト教が,ネパールのヒンドゥー教や仏教の伝統とは,原理的に異なる宗教であることは,いうまでもない。

アメリカなどで行われる「遺体防腐処置(embalming)」では,遺体から血液を抜き去り,防腐剤を入れ,スーツやドレスを着せ,埋葬する。もちろん,時が満ちたとき,生前の姿のまま復活するためだ。これに対し,ヒンドゥー教徒は,河岸で火葬後,遺灰はバグマティ川(ガンジス川)に流す。死生観が原理的に異なる。

130410a ■防腐処置されたリンカーン(May6,1865)

130410b
■ヒンドゥー教徒の荼毘(パシュパティナート,2009年8月23日)

こうした二種類の宗教が,いまネパールで真正面から対峙し,勢力関係が大きく変わろうとしている。宗教的にも,ネパールは非常に不安定な状況になってきたといわざるをえない。

【参照】キリスト教

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/04/10 at 14:54

キリスト教墓地要求,ハンストへ

1.復活のための遺体
墓は,キリスト教にとって,おそらく他のどの宗教におけるよりも大切だろう。自分の身体(骨)を残さねば,唯一独自の存在たる自分が復活し,永遠の命をえることができなくなるからだ。したがって,本来なら,火葬は許されず,ましてや海への散骨など,もってのほかということになる。

2.国家世俗化による社会宗教化
ネパールがヒンドゥー教国家であった頃は,キリスト教は抑圧され,埋葬などの権利を表立って主張できなかった反面,地域社会もパシュパティ森への埋葬を黙認するなど,キリスト教を諸宗教の1つとして事実上容認してきた。

ところが,2006年革命により,ネパールが世俗国家となり,各民族・各宗教の固有の「権利」が公認されると,キリスト教も当然ながら自己のアイデンティティを明確化させ,信者各個人の永遠のアイデンティティの地上における拠点たる墓を要求し始めた。

直接の引き金は,「パシュパティ地域開発トラスト(PADT)」によるパシュパティ森キリスト教徒埋葬拒否宣言だが,国家がアイデンティティ政治を公認し推進し始めたのだから,ヒンドゥー教側も自己のアイデンティティの明確化に乗り出し,そうした宗教紛争を引き起こすのは当然といえよう。

3.墓地要求ハンスト
こうした流れを背景に,キリスト教会は,10月31日までに,カトマンズ地区にキリスト教墓地が確保されるめどがつかなければ,全国ハンストに入ると宣言した。「キリスト教墓地全国闘争委員会」によれば,政府は文化省内に5人委員会を設置したものの,今のところ何の進展もないという。

闘争委員会は,パタンの南方のゴティケルに2000ロパニの墓地を直ちに提供せよ,と政府に要求している。

4.コミュナル紛争へ?
国家世俗化が社会宗教化を促し,コミュナル(宗教社会間)紛争を激化させる。これは,予想されたこととはいえ,やっかいな事態だ。

9月26日には,カトマンズのど真ん中,ジャメ・マスジット前で,イスラム青年指導者が,白昼,暗殺された。ムスリムは激怒し,徹底捜査を要求しているが,全く進展がない。犯人のめどはついているのだろうが,おそらく恐ろしくて手が出せないのだろう。

一方,唯物論マオイスト政権は,いたるところで仏教を政治的に利用し,たとえばルンビニ大開発を進めようとしている。政府がこのようにして仏教を「国教化」すれば,いずれヒンドゥー教やイスラム教,あるいはキリスト教が反発し,反仏教闘争が始まるだろう。

難しい状況だ。キリスト教墓地問題は,こじらせると,大変なことになる。

キリスト教墓地問題
* ekantipur, Oct29

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/10/30 at 11:30

カテゴリー: 宗教, 人権

Tagged with , , ,

最高裁,パシュパティ埋葬許可命令

最高裁は3月18日,政府とパシュパティ地域開発トラスト(PADT)に対し,スレスマンタク森への他宗派埋葬許可を命令した。

キリスト教会の新憲法助言委員会は,政府に対し,代替墓地提供と,それまでのパシュパティの森への埋葬継続を要求している。

これに対し,世界ヒンドゥー協会(WHF)は,パシュパティはヒンドゥーの聖地であり,キリスト教会はここを墓地として使用すべきではない,と反論する。キリスト教会は自分で墓地を探すか,政府に探してもらうべきだというのだ。

18日の最高裁命令は,WHFやPADTの言い分と真っ向から対立しており,当然,ヒンドゥー側は最高裁に異議申し立てをすることになる。

これまでにも述べたように,これは、結局,死生観をめぐる争いであり,本来なら、そうしたものを政治の場に持ち出すべきではない。国家世俗化は,皮肉なことに,本来隠されてあるべき非政治的な死後の世界を不用意に暴き,生臭い生者の政治の世界に持ち出してしまった。

死者の祟りは恐ろしい。墓地使用問題を何とか政治化することなく,死後の世界を知る聖職者・聖者の知恵を持ち寄り,解消してもらいたいものだ。

* ekantipur, 2011-03-21

キリスト教会,「宗教省」設置要求
墓地紛争,ヒンドゥー惨敗か?
墓地紛争:キリスト教vsヒンドゥー教
死者をめぐる神仏の争い
神々の自由競争市場へ? 新憲法の課題

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/03/22 at 08:36