ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘焼岳

奥飛騨の秋(1):西穂高

秋たけなわ,奥飛騨に,駆け足で行ってきた。渓谷の谷沿い,平湯~栃尾~新穂高温泉付近は紅葉にはまだ少し早かったが,西穂高岳(2909m),焼岳(2455m)など高山の中腹から上の方は木々が黄や赤に色づき始めていた。

新穂高には,平日にもかかわらず,ロープウェイを増発しなければならないほど多くの観光客が来ていた。しかも,その三分の一くらいは外国人。

面白いのは,ここでのアジア系と西洋系の人々の行動パターンのちがい。ロープウェイ終点「西穂高口駅(2156m)」に着くと,アジア系の人々の多くはまず屋上展望台に上り自撮り棒などで写真を撮り,次に階下の土産物屋に向かう。これに対し西洋系の人々の相当数は,屋上展望台はそこそこにして,曇天で寒かったにもかかわらず駅舎から出て,周辺の散策に向かう。中には,子供連れで西穂登山道を登り始めた家族さえいた。軽装だったから途中までであろうが。

短期間であっても旅に出ると,日常を離れ,心身ともにリフレッシュできる。


■西穂高口駅展望台ポスト/ロープウェイから望む焼岳


■しらかば平駅(1308m)から錫杖岳(2168m)方面を望む/しらかば平の野菊(?)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/10/17 at 16:01

カテゴリー: 自然, 文化, 旅行

Tagged with , , , , ,

上高地の自然と人為

上高地の自然が人を呼び寄せれば寄せるほど,自然は人為にとってかわられる。道路は舗装され,駐車場は拡張され,川は浚渫・護岸される。

動植物も適応を免れない。梓川沿いの散策路には猿がたむろし,本来なら警戒心の強い山鳩ですら観光客の足元まで寄ってきて餌をねだる。ペットを持ち込む人もいれば,高山植物群生地に踏み込み,写真を撮ったり花を採ったりする人もいる。

山小屋は絶滅危惧種。宿泊施設は次々と高級ホテル化。バス・トイレ付エアコン完備個室,展望浴場,刺身付き海鮮料理等々,都市部と変わりはない。槍や穂の先にケーブルカーで登る日も,遠い先ではあるまい。


 ■穂高と大正池の観光客/焼岳と大正池・東電取水口


 ■客待ちの猿親子/観光客足元の山鳩

 
 ■上高地の花々(5月30日撮影)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/06/02 at 11:30

カテゴリー: 自然, 旅行

Tagged with , , ,