ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘現代化

カドガ・KC著「丸山真男と近代日本の政治思想」

Khadga K.C.,”MARUYAMA MASAO AND MODERN JAPANESE POLITICAL THOUGHT,” International Journal of East Asian Studies, Vol.4, No.1,2015,pp.27-34.

Maruyama Masao is one of Japan’s influential political thinkers of the twentieth-century. This article attempts to briefly discuss Maruyama Masao’s thoughts on Japanese political engagement by focusing on the intellectual and psychological causes of Japan’s political ambitions over the years. Maruyama Masao commented on numerous issues like the intellectual history of Tokugawa Japan, theory and psychology of ultra-nationalism and reflections on Article IX of the Japanese Constitution. Maruyama’s modern thought helped the Japanese understand their role in nation building and the importance of preserving peace at all cost. The paper concludes that Maruyama’s political thoughts are still relevant in this day and age.

丸山真男が,急激な近現代化の諸矛盾に苦しむネパールにおいて注目され始めた。

「近現代化」とは,文字通り「近代化」と「現代化」の二重の課題を同時に遂行せざるを得ないということ。つまり,一つは,前近代的封建社会を解体して自由・平等・独立の諸個人を析出し,その諸個人から民主的な主権的国民国家を構築するという近代化の課題。もう一つは,理論的仮設としては可能であっても実際には解体しきれない文化的諸集団(民族集団,言語集団,宗教集団など)の諸要求を国家社会に取り入れるべきだという現代的な包摂民主主義の課題。

この「近代化」と「現代化」は,欧米では数世紀かけて,日本でも百数十年かけて,段階的に進行してきた。ところが,ネパールでは,これら相矛盾するところの多い「近代化」と「現代化」の二つが,ほぼ同時に,急激に,進行し始めた。これがいかに困難であり,多くの深刻な軋轢を生み出すかは,想像に難くない。

そうしたネパールの苦しみについて,欧米諸国は極めて鈍感であり,「近代化」をすっ飛ばし,一気に「現代化」をせよと無理難題を押し付け,様々な圧力をかけている。無責任極まりない。(単線的歴史発展論は,いまどき流行らないが,ここではあえて近代化抜きの現代化の危険性を強調しておきたい。)

むろん,ネパールにとっても「現代化」は避けられないし望ましくもあるが,しかし,ネパールにはネパール固有の事情がある。「近代化」は欧米にとっては過去のことかもしれないが,ネパールにとってはまだまだ追求し実現されるべき課題である。ネパールは,「現代化」を受け入れるためにも,その前提となる「近代化」について,もっと注目し,研究し,少なくともその最も基本的な諸原理だけは社会においてある程度実現しておく必要がある。

こうした観点からすると,カドガ・KC氏のこの論文は,大いに注目に値する。丸山真男こそ,欧米に遅れて近現代化した――その意味でネパールの近現代化の参考になり得る――日本を理論的に鋭く分析し,その問題点と課題を最も明晰に示してくれた20世紀日本の政治学者だからである。

カドガ氏の論文は,おそらくネパール初の学術的な丸山研究であろう。これを契機に,丸山がネパールにおいて注目され,さらに研究が進められていくことを期待している。

論文抜粋(pp.33-34, 改行追加引用者)
「戦前日本のファシズムないし超国家主義を厳しく批判した丸山のような自由主義思想家たちが育成した社会意識こそが,憲法第9条の擁護を可能としたのだ。

ところが,残念なことに,安倍首相の指導の下に,第9条の解釈が今年半ばに変更されてしまった。

日本国憲法そのものは何ら改正も変更もされていないのに,第9条の解釈変更により,日本はいまでは集団的自衛権を行使できるようになり,武力紛争当事国を積極的に支援できることになった。

換言するなら,安倍首相は,丸山が生涯をかけて反対し闘ってきたこと,すなわち日本の軍事防衛政策を正常化することに,成功したのである。」

 151212■カドガ・KC氏(同氏FB

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/12/12 at 21:31

農業現代化と動植物の権利

11月9日、奇跡の家を見学したついでに、キルティプールの南西の山麓を散策すると、農業の現代化(近代化)が急速に進行していることに驚いた。

これはトマトのビニールハウス栽培。他に、キャベツ、花などもハウス栽培。日本以上にぎっしり密集して植えている。

これは鶏舎。こちらも驚くほど多くの鶏を詰め込み、飼育している。
 

これは豚舎。やはり過密だ。

ネパールといえば、かつては自然粗放農業。米や野菜は雑草と競争しつつ共生していたし、鶏は庭先や畑を勝手に走り回り、卵を産み、そして肉となっていた。豚も、ビシュヌマティ川の川岸などで放牧されていた。いずれも生産性は低く、農民の生活が苦しかったことは容易に想像がつく。

ところが、写真に見るように、ネパールはその前近代的自然農法から一足飛びに現代的な高度集約農法に大飛躍。大丈夫だろうか?

農業専門家ではなく調査もしていないので推測にすぎないが、野菜にせよ鶏や豚にせよ、ビニールハウスや鶏舎・畜舎にこんなに詰め込めば、化学肥料・人工飼料に頼らざるをえないだろうし、殺虫剤・殺菌剤も欠かせないだろう。抗生物質やホルモン剤も使用されているかもしれない。

動物や植物にも、自然に生き、自由に育つ「権利」があるはずだ。たしかリンボウ先生の本に出ていたと思うが、イギリスでは豚にも自由と独立を認め、清潔な一戸建て豚舎をそれぞれの豚家族に割り当てているそうだ。

西洋の動物愛護団体は、動物の権利を理由に、水牛や山羊や鶏などの供犠に猛反対しているが、神の前で聖別され首を切り落とされるのと、鶏舎や豚舎に閉じこめられ、抗生物質入り人工飼料や殺菌剤まみれで飼育され、食肉工場で機械的に殺されていくのと、どちらがより残酷かは言うまでもあるまい。動物愛護団体の動物供犠反対の偽善は、惨めなまでに浅薄であり、愚劣だ。

ここで大切なことは、動植物の権利を守ることは、人間の権利を守ることでもある、ということだ。権利を奪われた不健康な動植物を食べると、当然、人間の健康も保たれない。日本の農村では、化学肥料・農薬まみれの作物は出荷用、自然農法作物は自宅用と、区別して作られている。これは、田舎の常識だ。

ただ、日本や先進諸国の場合、農薬規制がある程度きいており、短期的な被害は目立たない。しかし、ネパールの場合、そのような規制はあまり期待できない。だからこそ、ネパールでは、ヒステリックな偽善的動物供犠反対ではなく、動植物の自然な権利の擁護が、先進国以上に強く主張されなければならないのである。

郊外を散策していると、近代以前から近代以後への近代抜き飛躍が、とんでもない無理を引き起こしていることを、いたるところで目にすることができる。
 

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/11/16 at 23:35