ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘登山

紹介:安倍泰夫『ネパールで木を植える』(2)

1 運命的な「声」の導き:雪崩からの生還・少女との出会い・植林事業へ
著者を植林事業へと導いたのは,運命的な「声」であった。

1974年10月,著者はラムジュン・ヒマール登山隊に医師として参加,6984mの山頂への登頂にも成功した。が,下山途中,雪崩に巻き込まれ,意識を失った。やがて意識は戻ったものの,高山病と降雪ホワイトアウトで先に進めず,極寒の雪原に横たわったまま身動きできなくなってしまった。

遭難死寸前。と,そのとき,「イェタ(こっち)」という声が聞こえ,起き上がると,前方にトンネルがあり,出口の先には登山隊テントが見えた。そのトンネルを通り,著者はテントにたどり着いた。そして,振り返ると雪が降りしきるだけ,そこにはトンネルはなかった。

幻聴,幻視だったのか? が,たとえそうだったにせよ,まさにそれらにより著者は救われ奇跡的に生還できたのだ。

首都カトマンズに戻った著者は,帰国せず,現地小児科病院のボランティア医師として働き始めた。そして1974年暮れ,休暇中に出かけたランタン・ヒマラヤ偵察からの帰途,トリスリ河畔でテント場を探しているとき,チェットリの少女を見かけ尋ねると,「イェタ(こっち)」と言って案内してくれた。

著者は,「ハッとした」。「雪原でのあの声」とそっくりだ。

この少女,14歳のドゥルガを,著者は養女とした。そして,それをきっかけとして,親族,知人,地域住民へと人間関係が広がっていった。

一方,著者は小児病院勤務を通して,子供の死の多くが汚染された川水に起因することを知り,清潔な飲料水を確保することの必要性を確信するに至った。そのためには,乱伐で砂漠化した山地に木を植え,湧水を回復しなければならない。

こうして著者は,運命的な「声」に導かれて生還し,少女ドゥルガと出会い,そして今日にまでも継続されることになる植林の大事業の開始へと向かうことになったのである。

200206b ■おび(表側)

2 運命的な出来事と人生
『ネパールで木を植える』を読んでいると,合理的には説明しきれない運命的な出来事がその後の人生に大きな影響を及ぼすこともあることが,よくわかる。人生はドラマチックでもありうる。

私も早や「後期高齢者」。75年の人生を振り返ってみると,著者ほどではないが,それでも「運命的」と思えるような出来事がいくつかあった。たとえば,穂高での遭難危機もその一つ。

数十年前の秋,上高地に行った。河童橋~明神池付近の散策が目的だったが,雲一つない晴天。そこで,つい魔が差して,軽装にもかかわらず穂高に登ることにした。ルートは岳沢小屋⇒奥穂高岳⇒穂高岳山荘。絶景にルンルン気分だったが,秋の空は急変,奥穂頂上まであとわずかのところで猛吹雪,身動きできなくなってしまった。極寒の中,じっとうずくまり,もうだめかと観念しかけたとき,突如,目の前に人が現れた。屈強な山男で,吹雪・積雪だがルートは熟知とのこと。お願いして,あとをたどらせていただき,無事,奥穂山頂にたどり着いた。山荘までは稜線沿いに少し下るだけ。文字通り危機一髪,九死に一生を得た。助けてくれた山男は,何事もなかったかのごとく,山頂から一人,歩き去った。

この穂高での山男との出会いは,植林事業に結実した著者ほどではないが,それでも私の人生において折に触れ思い起こされる運命的な出来事の一つとなった。

『ネパールで木を植える』は,それを読む人に,誰にでも多かれ少なかれ運命的な出会いや出来事があること,そして,それを忘れることなく自らに引き受け,それぞれの仕方で人生を誠実に生きる努力をすること,そのことの大切さを改めて思い起こさせてくれるのである。

200206c ■おび(裏側)

谷川昌幸(c)

Written by Tanigawa

2022/02/07 at 14:01

カテゴリー: ネパール, 自然, 健康, 国際協力,

Tagged with , , , ,

山に展望台,街に人造動植物:ネパールの景観破壊

ネパールでは,山や丘の上に展望台をつくったり,道路わきや広場に人造動植物モニュメントを設置するのが流行っているという。観光客や買い物客を呼び寄せ,村おこしや街活性化を図るのが目的だろうが,自然・文化景観の観点からの反対も少なくない。

1.いくつかの事例
(1)山上の展望台
▼第1州:イラムの山の上に,予算8千万ルピーで展望台建設予定。
▼第3州:12の山の頂上に,予算1億8千万ルピーで展望台建設予定。
▼ポカラ:「サランコット開発5カ年計画(予算2億9千万ルピー)」で市近郊にケーブルカー,展望台,公園,ヘリポート,博物館,ホテルなどを設置予定。

[批判]
「連邦,州,地方自治体の権力亡者たちが,われわれの苦労して働き納めた税金を,あちこちの山の上に無用な展望台を建てるのに浪費している。彼らのスローガンは,『1つの丘に1つの展望台』。・・・・惨めなカネの浪費というべきか,バカらしい嘲笑のタネというべきか。」(*1)

「サランコットからの景観は比類なきものなのに,1千万ルピーもかけて,そこに展望台をつくるとは,まったく信じがたいことだ。」(*2)

「ネパールの山々は,もともと世界で最も高い山々だ。頂上からの景色は自然の絶景だ。それなのに,そこを20メートルばかり嵩上げすることに何の意味があるのか。そんなものではなく,これらの山々には,公衆トイレ,快適な宿,ゴミ処理施設など,もっと適切なものをつくるべきではないか。」(*1)

211122aKathmandu P, 2021/9/3

(2)コンクリやプラスチックの人造動植物
▼各地の道路わきや広場:コンクリ(コンクリート)やプラスチックで,コブシや沙羅の木,蓮の花,ニンニク,タマネギなどが造られ,設置されている。
▼ウダイプル:コンクリ製のブタ(予算600万ルピー)。
▼モラン郡:世界最大のコンクリ製牝牛

[批判]
「中央政府や地方自治体の役人たちは,『観光振興』を名目に巨額の予算をつけ,交差点や公園にコンクリやプラスチックのレプリカを設置している。」(*3)

「村でも町でも新しいことが流行り始めた。交差点や公園などにコンクリやプラスチックの造形物を設置することだ。」(*3)

211122bonlinekhabar.com, 2021/4/21
(3)万里の長城
カトマンズ北方のヘランブでは,観光振興のため,60kmにも及ぶ巨大な人造壁の建設が計画されている。

[批判]
「コンクリ製の塔や神話上の人物,あるいは石造りの壁などを見に,わざわざ訪ネする観光客がいるとは思われない。」(*1)

2.欧米や日本でも
山上の展望台や広場の人造モニュメントは,ネパールではいま急増し始めたばかりだが,欧米や日本では,はるか以前から設置されてきた。

たとえば,ヨーロッパ・アルプス。幾度かトレッキングに行き,急峻な山岳の迫力や山麓の絵のように美しい光景に魅了されたが,その一方,いたるところにケーブルカー,展望台など人造物が設置され,しかも景観とはそぐわない奇抜なデザインや色も少なくなく,いたく失望させられた。

たとえばモンブラン(モンテビアンコ)には,仏伊両国側から頂上近くまでケーブルカーで登り,そこの展望台から周囲を見回すことが出来る。が,それで何が得られるのか?

ケーブル終点の展望台は標高3777mもの高所! 観光客はすぐ高山病の症状に襲われ,寒さで震え上がる。見えるのは,相対的に――3777mも――低くなってしまった山々。氷河はあっても,山々の風景そのものは平凡。観光客は暖房の利いた軽食店や土産物屋に駆け込み,金を巻き上げられ,早々に,ケーブルカーに駆け戻り,下山することになる。

211122dモンブラン・ロープウェイ

日本にも,そんな高山観光施設が,いくつもある。

が,山にしても地域にしても,有名なところは,まだましだ。悲惨なのが,そうでないところ。大金をかけ観光施設を設置しても,赤字垂れ流しで維持するか,さもなければ放置・荒廃,あるいは撤去だ。残るは,自然・文化景観の無残な破壊と赤字だけ。

そんなところが,日本中,いたるところにある。

211217a 211217b

 ■天橋立ビューランド / 三峯山展望台(長野県観光機構)

3.先進国の景観破壊から学ぶべきこと
先進諸国の環境保護派・景観保護派は,自分たちの,これまでのすさまじい環境・景観破壊には頬かむりして途上国にお説教するきらいがあるが,彼らの主張そのものには耳を傾けるべきところも少なくない。

ネパールの人造構造物による山岳観光開発や地域振興も,いくつかは成功するかもしれないが,他の大部分は失敗し,無残な残骸と負債を残すだけとなるだろう。

先進諸国の失敗から学ぶべきことは,少なくない。

*1 “EDIFICE COMPLEX, We need more health posts, affordable medical care and quality schools. Not more statues of mythical figures, and view towers,” Editorial,Nepali Times,July 26, 2019
*2 “The decline in Nepali public aesthetics; Why are we spending millions on view towers on hilltops, where the view is already worthwhile?,” Kathmandu Post, September 3, 2021
*3 Rabindra Ghimire, “‘More trees’for less greenery: The ‘concrete’ irony in Nepal’s cities,” english.onlinekhabar, April 21, 2021
*4 “Five-year master plan mooted for extensive development of Sarangkot,” Himalayan, Dec 16, 2017
*5 Umesh Pun, “Nepal’s tallest Shiva statue being built in Pokhara, expected to boost religious tourism,” Republica, November 9, 2020
*6 日々のネパール情報
 ▼ ネパール各地で見られる、その土地の名産を模した像
 ▼ネパールの巨大猫|新宿3D猫にネコに負けてないかも!
 ▼ハッティチョウク、ガイダチョウク(象の交差点とサイの交差点)/チトワン・ソウラハ
*7 Ramesh Kumar, The land of the watchtower!, Himalkhabar, July 22, 2076
*8 Still Rising Nepal, Nepali Times, 2022/04/01
*9 Ramesh Kumar, Nepal’s shortsighted view-tower craze, Nepali Times,2022/04/03
*10 “How myopic they are: People in far-flung areas lack basic necessities, and they are building view towers,” Editorial, Kathmandu Post, 2022/04/04

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2021/11/23 at 11:47

秋の木曽駒と駒ヶ根

先週,木曽駒ケ岳に行ってきた。ロープウェイで千畳敷(2612m)まで登れるので,頑張れば,2956mの山頂まで日帰りで往復できないことはないが,あいにくの濃霧,千畳敷周辺を散策するにとどめた。

驚いたのは,人の多さ。平日,悪天にもかかわらず,早朝から観光客が押し寄せ,ロープウェイはゴンドラ(定員61人)をピストン運転するも運びきれず,待たねば乗れない。千畳敷でも休憩所は満員電車状態,カール遊歩道はしばしば渋滞。びっくり仰天!

それでも濃霧の高山には特有の趣があり,秋の花々や紅葉を存分に楽しめた。

登山前後は,駒ケ根高原で2泊した。山麓の美しい高原だが,驚いたことに,一部を除き,恐ろしく寂れていた。あれほど観光客が多いのに,大部分は観光バスや自家用車で来て,ゴンドラで山麓・千畳敷を往復し,そのまま,駒ケ根高原は素通りし帰ってしまうらしい。散策に十分値する高原なのに,もったいない。

駒ヶ根で,もう一つ驚いたのは,大きなネパール料理店が2店もあったこと。帰りのバス待ち時間に,ぶらぶら歩いていて,たまたま目にしただけなので,他にもあるかもしれないが,たとえこれら2店だけだとしても,それほど大きな町ではないので,十分注目には値する。ネパールの人々のたくましさには驚かされる。次に来た時には,いずれかのお店に入ってみたいと思っている。


■濃霧の木曽駒登山/駒ケ岳神社付近

■千畳敷のコバイケイソウ


■千畳敷の花々


■駒ケ根高原:バス停


■駒ケ根高原:旧庁舎(洋館)と旧竹村家(重文)

■駒ケ根高原:庭球場の野猿たち

■駒ケ根の街角


■駒ケ根のネパール料理店

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/10/14 at 14:26

カテゴリー: 自然, 旅行

Tagged with , , ,

伊吹山の花々

伊吹山に,日帰りで行ってきた。滋賀県と岐阜県の県境に位置し,標高は1377m。高山ではないが,本州中央のくびれ部分に位置し,季節風の通路となっているため,気候はきびしく,積雪も多い。

登山は,「関が原」からのドライブウェイを利用すると,頂上直下まで車で行ける。山頂まで歩いて30~60分。

登山道沿いには,高山の花々が咲き,アルプスの雰囲気を楽しめる。イヌワシが獲物をワシづかみにして飛来することもあるという。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/08/13 at 16:27

カテゴリー: 自然, 旅行

Tagged with , ,

上高地の様変わり

好天に誘われ,上高地に行ってきた。槍穂方面には折に触れ出かけていたが,上高地に入ったのは数十年ぶり。激変にびっくり仰天した。

上高地への路線バスが早朝から夕方まで毎時4~6本。さらに臨時便もある。これに東京,大阪,名古屋などからの直行バスと,多数の団体観光バスが加わる。河童橋や大正池付近は繁華街並みだ。

しかも,その観光客の相当数,ざっと見たところ三分の一ほどが外国人客だ。上高地は,いまや日本有数の国際観光地となっているといってよいだろう。


 ■大正池バス停


 ■上高地バス乗り場

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/06/01 at 19:40

カテゴリー: 自然, 旅行

Tagged with , , ,

アルプスの花園を踏み歩く:オーストリア

オーストリアには,それほど高い山はない。グロースグロックナー3798mが最高峰で,富士山3776mとほぼ同じ。しかし,緯度が高いのと,氷河による氷食のため,気候はきびしく,地形は険しい。今回見てきたのは,ロープウェーや登山列車で山頂直下まで登れる2千メートル前後の山々。
 ▼パッチャーコーフェル 2247m
 ▼ゼーフェルダー・シュピツェ 2220m
 ▼ノルトケッテ 2334m
 ▼シャーフベルク 1783m

いずれも,それほど高くはないが,山容はゾォーとするほど峻険で,気候も厳しい。カメラ置忘れのため,間に合わせ写真にすぎないが,それでも垂直あるいはそれ以上に切り立つ山々の威容は,よく見て取れる。(4山の中で最もアルプスらしいノルトケッテも撮ったのだが,画面を触っていたら,全部消えてしまった。)

これらの山々には,中腹から山頂にかけて,高山植物が様々な花をつけ,一面に広がっている。まさにアルプスの花園。

驚いたのは,そのようなアルプスの花園と人々とのかかわり方。日本の山だと,高山植物保護のため,立ち入り禁止の札が立てられ,柵やロープが設置されている。また,そうでないところでも,登山道からそれること,高山植物を踏みつけることは,ご法度とされている。

ところが,今回のぼったアルプスの山々では,そのような立て札や柵やロープは一切なく,しかも登山者たちは,平気で高山の可憐な花々を踏みつけ歩き回ったり,パラグライダーを飛ばしたりしていた。

花々は,下界から山頂まで無数に咲いているし,2千メートルくらいだとヒツジやヤギがやってきて草を食べるから,地元の人々にとっては特別に保護すべきものではないのかもしれない。

いずれにせよ,アルプスの花園の中を無邪気に歩き回り寝そべる自由は,「立ち入り禁止」を内面化し縛られている日本人にとっては,うらやましい限りであった。

160719a
 ■パッチャーコーフェル中腹

160719b
 ■ゼーフェルダー・シュピツェ

160719c
 ■花園からの飛翔(ゼーフェルダー・シュピツェ)

160719d 160719e
 ■シャーフベルクの切り立つ岩壁

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/07/19 at 00:51

カテゴリー: 自然, 旅行

Tagged with , , ,

美しくなった日本の山

久しぶりに日本の山に登ってきた。といっても,運動不足の虚弱老体,新穂高ロープウェイで2156mまで登り,西穂独標(2701m)まで行ってきたにすぎないが。

150819e■美しい日本の山

感心したのは,登山道や山小屋周辺が美しくなり,文字通りゴミ一つ落ちていなかったこと。以前は,人の気配のするところには,たいていビニールや紙屑,生ゴミなどがが散乱していたが,今回,西穂を歩いた限りでは,そのようなことはまったくなかった。

これは,おそらく山関係の方々の長年の努力の結果,一般の登山者にも山にゴミを捨てない習慣が身についてきたからであろう。

これは誇るべき文化だ。こうした文化は,形成には長年の地道な努力が必要だが,破壊は簡単,誰かが無視し始めたら,すぐ元に戻ってしまう。大切に守り育てていきたいものだ。

150819d150819c
 ■西穂~奥穂:難所多し。滑落者捜索ヘリ(右図中央)

150819a150819b■まだ花盛り

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/08/26 at 14:36

カテゴリー: 自然, 文化

Tagged with , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。