ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘知的ヘゲモニー

落日の日本,選挙報道も新華社に負け

ナショナリストの私としては,近年の秋の陽のような落日は,まことに残念至極,切歯扼腕するも,いかんともしがたい。

この情況に対し,内弁慶軍国主義者は,「固有の領土」を守るため軍艦を派遣せよとか,戦闘機を出撃させよとか,勇ましいことを言っているが,日本の衰退は別の要因によるものであり,軍事力ではどうしようもない。

たとえば,昨日の選挙について,ネパールがどう報道しているか,ネットで見ると,ほとんどのメディアがたいした扱いをしていない(日本時間16時現在)。日本の選挙など,ネパールにはどうでもよいことなのだ。

この扱いは,わからないではないが,それよりも,ショックだったのは,ネパール二大メディアの一つであるマーカンタイル(nepalnews.com)が,日本の選挙記事として,「新華社」配信記事を掲載していること。カンチプールはロイター,リパブリカはAFP。日本の選挙なのに,なぜKyodo, Jiji, Asahi, Yomiuri, Mainichiなどではないのか?

新華社配信記事そのものは,客観的なように見える。「平和憲法改正には衆参両院の三分の二が必要なので,自民党は維新との協力を目指す,と安倍は語った。」「外交については,自民党は日中関係の緊張を高めるつもりはなく,早急に両国関係の改善を図るつもりだ,と安倍は語った。」

しかし,ニュース記事などの情報源を外国に握られていることが,いかに危険かはいうまでもない。どの国も見え見えの幼稚な情報操作などやるはずがない。英米の世界支配は,英米語を世界語とすることによって可能となった。知は力なり。

もしそうだとすると,日本の出来事が新華社など外国通信社の配信記事により報道されることが,日本国益にとって,長期的に見ていかに深刻な事態を招くかは,容易に理解できるであろう。

グローバル情報化時代にあっては,軍艦や戦闘機ではなく,情報こそが,国家・国民の利益と安全の必須条件なのだ。戦艦大和の巨艦巨砲主義のアナクロニズムを,またまた繰り返してはならない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/12/17 at 16:46

中央法学図書館の選書センス

トリチャンドラ校の中央法学図書館(Central Law Library)を見学してきた。

ネパールの図書館や文書館は、たいてい雑然としていて埃だらけ、どの本がどこにあるのやら見当もつかないのが普通だが、この図書館は建物は古いものの、掃除が行き届き、ゴミひとつない。署名し、荷物を預けさえすれば、誰でも利用できる。


  ■中央法学図書館

蔵書は、規模の割にはよく揃っている。法理論、法哲学、憲法、民法、刑法、国際法、判例集、政治理論、政治哲学、ネパール政治、民主主義、平和学、国際関係など。レベルは高く、院生、研究者向け。

選書センスは非常によい。日本の自治体図書館は、一般に選書が悪く、きわもの、ゴミ本が多い。本棚をみると、日本人の知的レベルを疑われ、恥じ入るばかりだ。自治体図書館はネパールに視察団を送り、選書方法を学ぶべきである。

本揃えを見ていると、当然ながら、インド法が圧倒的に多く、次に英米法。日本はいうまでもなく、独仏もほとんどない。

法は、本来、市民の自由と権利を守るためのものだが、多くの場合、逆に支配の道具として悪用されている。法を作るものが、法を使って支配する。

インドや英米が、その法学の力によりネパール法学に深い影響を与えていることは明白であり、これは要するにネパールの基本構造をこれらの国が自然な形で規定しているということだ。

インド・英米の知的ヘゲモニー。まさしく、知は力なり、である。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/11/03 at 13:32

カテゴリー: インド, 憲法, 教育

Tagged with , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。