ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘空港

ネパールの国際空港,二つとも中国企業が建設

1.ポカラ国際空港
ポカラ国際空港の起工式が8月2日,催行された。新空港は2500m滑走路を備え,ボーイング757,エアバス320クラスが離着陸できる。2021年7月完成予定。

中国輸出入銀行が2億2千万ドル融資。全融資額の25%が無利子,75%が年2%の利子で,期限20年。空港工事も,中国のCAMCエンジニアリングが2014年5月,受注している。

 
 ■ポカラ国際空港建設予定地(右下)/CAMLエンジニアリング

2.ゴータマ・ブッダ国際空港
ゴータマ・ブッダ国際空港は,既存のバイラワ空港を拡張し国際空港に格上げするもの。2017年12月完成予定であった。

この工事は2014年10月,中国のNorthwest Civil Aviation Airport Constructionが受注し,2015年6月15日に工事を開始したが,地震や経済封鎖があったため工事が遅延し,開港予定は2018年6月に延期されていた。

ところが,ここにきてまた別の問題が生じた。建設元受けの中国企業が,ネパール政府に無断でネパール企業と下請け契約を結び工事をさせていたが,代金の支払いをめぐって争いとなり,この春から工事が止まってしまった。そのため2018年6月の開港も危ぶまれている。

 ■ゴータマ・ブッダ空港FB

3.元気な中国企業
中国企業のネパールでの仕事は,カトマンズの道路建設のように,信じられないほど荒っぽいものが目に付く。ブッダ空港のトラブルも,地元政治家の介入があったにせよ,中国企業の大雑把な事業の進め方にそのそもの原因があるのだろう。別の会社だが,ポカラ国際空港の建設工事の方も気がかりだ。

しかし,それはそれとして,社会の現状との適合性という点では,大きく見ると,中国企業のようなやり方の方が,いまのネパールには案外適しているのかもしれない。

これと対照的に,日本企業は日本流に固執しすぎてきたような気がする。たとえば,タパタリのバグマティ川に架かっている橋は,日本企業が建設したものだが,竣工当時,あまりにも立派・豪華で,本当にこんなものが必要かなぁ,と疑問に思ったものだ。橋の手前の複雑精緻を極める交通信号システムもしかり。

これから先当分は,ネパールでは,多少のゴタゴタはものともせず,蛮勇をもって前進する中国企業がますます事業を拡大していくであろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/09/01 at 18:54

カテゴリー: ネパール, 経済, 旅行, 中国

Tagged with , ,

タイ南部テロと厳戒スワンナプーム空港

何年かぶりにタイ航空で訪ネ。中国各社との競争激化のせいか,往復4万円+燃料費と,ずいぶん安くなった。

乗り継ぎのスワンナプーム空港は厳戒。身体検査は厳しく,どこに行っても監視カメラで監視されている。

タイ政治は難しい状況にあるようだ。軍政だし,最近は亡命ウイグル族の強制送還を内外から厳しく批判されている。

関西空港搭乗口でもらった12日付Sunday Nationによれば,7月10-11日,タイ南部8か所で爆破テロがあり,6人死亡,11人負傷。積年のムスリム系抑圧や中国寄り軍政への不満が高まっているのではないか?

150712a■客を見守る=見張る監視カメラ

その一方,空港ビル内はますます品がなくなってきた。有名ブランド店,上客専用ラウンジ,高価レストランばかり。いやそればかりか,空港必需の時計(時刻表示)ですら,探し回らなければ,見つからない。客は皆,オメガかロレックスを着けているということらしい。タイ庶民がこんなところに来たら,どう思うだろうか?

結局,空港内では水1滴飲まず,1円も使わず,カトマンズ便に乗ることになってしまった。

150712b■ブランド店ばかり

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/14 at 00:21

カテゴリー: 政党, 民族

Tagged with ,

バイラワ空港から仏陀空港へ

バイラワ空港は地方の小さな空港だが,開発機運が盛り上がり,一躍,国際便が飛び交う巨大な「仏陀空港」となりそうな予感がする。めでたい。

150201c150201b

150201a

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/02/03 at 22:13

カテゴリー: 経済, 旅行, 中国

Tagged with , ,

仏陀空港工事も中国企業優勢

バイラワの「仏陀(ゴータマ・ブッダ)空港」の拡張・国際化工事も,受注は中国企業が優勢だ。

仏陀空港の拡張は,3000mの滑走路をもつ本格的な国際空港化が目標。ネパール政府は,もっぱらルンビニ観光のためと宣伝しているが,実際には,タライ地方の産業化のためと見るべきだろう。タライは,中央諸勢力による長年の支配搾取により貧しかったが,ネパールには珍しい広大な平地であり,開発余地は大きい。国境を接して巨大なインド市場もあり,産業化には最適だ。中国資本はさずが目の付け所がよい。(参照:タライの豊かさと貧しさタライの魚釣り少年

[工事予定]
 第1期(2017年完成?) 76万人/年
 第2期(10年後)    200万人/年
 第3期(--)     600万人/年

乗降客600万人/年の多くが国際線利用だとすると,いまの中部国際空港なみ。野心的だが,絶好の立地を考えると,決して夢ではない。

融資は,ADBアジア開発銀行5850万ドル,OPEC国際開発基金(OFID)1500万ドル。OFIDは他の案件でもときどき目にする。最近は,産油国の経済進出もめざましい。

140917a ■バイラワ空港(nepaldomesticflights.com,文字追加)

この仏陀空港拡張工事の第1期入札は,2月26日実施され,7社が応札した。
 (1)西北民航機場建設 Northwest Civil Aviation Airport Co.
 (2)中国交通建設 China Harbour Engineering Co.
 (3)ネパール=スペインJV Sanjose-Kalika
 (-)中国水力発電建設 Sinohydro Co.
 (-)中国海外工程 Overseas Engineering Group Co.
 (-)Isolux-Carsan(スペイン)
 (-)不明1社 

応札7社のうち,4社が中国企業であり,最低価格応札は中国企業。おそらく,この企業が落札するであろう。

朝日新聞の新連載「攻防日中」(9月17日)をみても,このところ他国でもインフラ受注は中国圧勝だ。斜陽日本とは,勢いが違う。インド台頭まで,しばらくは中国の時代――この現実は誰しも認めざるをえないだろう。

140917 ■朝日新聞9月17日

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/09/17 at 10:07

カテゴリー: 経済, 旅行, 中国

Tagged with , , , ,

仏陀空港拡張工事,6月末開始予定

バイラワのゴータマ・ブッダ(仏陀)空港の拡張工事が6月末から始まりそうだ(Ekantipur, 5 May)。

事業費9千万ドル。アジア開発銀行から3千万ドル,OPEC国際開発基金から1.5千万ドルの融資を受ける予定。現行1500mの滑走路が3000mに拡張され,国際線の離発着が可能となる。2017年運用開始予定。

拡張工事への応札は,中国5社,スペイン系2社。ここでも中国は元気だ。

この空港拡張については,ルンビニまで20kmということもあり,観光振興が事業目的として強調されている。しかし,タライは広大な平地であり,しかも大市場インドのすぐ近くだ。観光よりもむしろ産業立地としての方が魅力的だ。

仏陀空港が拡張され国際線の離発着が始まれば,カトマンズ(TIA)やポカラ(国際空港新設予定)は敬遠され,タライの産業化が急速に進むのではないだろうか。

 140506 ■仏陀空港拡張予想図(Ekantipur, 10 Jul. 2013)

[参照]ルンビニ  タライ 

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/05/06 at 22:40

カテゴリー: 経済, 旅行

Tagged with , , ,

対ネ最大投資国,中国

新華社(8月21日)によれば,対ネパール投資において,中国が最大投資国となった。

ネパール政府統計2012-13によれば,諸外国の対ネ直接投資は193.9億ルピーで,中国がその30.9%を占め,初めてインドを抜き,最大の対ネ投資国となった。
 ▼2011-12年度 インド:38.8億ルピー  中国:10億ルピー
 ▼2012-13年度 中国:59.9億ルピー  インド:25億ルピー

これが大きな意味を持つことは明白。中国にとって,ネパールは南にインドを控えており,経済的にも政治的にも重要性は増すばかり。インドとの軋轢はあろうが,この流れはもはや止められない。

この中国投資でいま注目されているのが,ポカラ国際空港の建設。中国輸出入銀行からの長期低利融資1億4500万ドルを受け,中国の空港(成都双流国際空港など)をモデルに, 中国CAMC(中工国际工程股份有限公司)が施工する。

このポカラ国際空港は,1989年頃から日本のJICAが手がけたが,結局,中国丸抱えで建設されることになった。ルンビニ開発も,もとは日本が手がけていたが,こちらも,バイラワ国際空港建設を手始めに,結局,中国勢が中心となりそうだ。

まさに破竹の中国経済進出。昨日の新華社ニュースによれば,中国は公館もネパール国内に増設するという。日本は蹴散らされても実害は大してないが,インドにとっては,心中穏やかではあるまい。

130823e 130823d
 ■ポカラ国際空港フェイスブック

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/08/23 at 09:12

カテゴリー: インド, 経済, 旅行, 中国

Tagged with , ,

麻薬中継地,ネパール

ネパール麻薬取締局によると,ネパールはアジア麻薬黄金地帯(アフガン・パキスタン・イラン)からの麻薬中継基地となりつつあるという(ekantipur,2012-30-10)。トリブバン空港で押収されたヘロイン等は,この2年間で30Kg以上。この1月にも,タイ女性がコカイン1kg所持で逮捕された。

ネパールは,ヒッピーの1960-70年代,ドラッグ天国だった。1978年,麻薬禁止法が成立したが,それ以後も取締は緩く,ハッシシなどは,いたるところに出回っていた。

人民戦争中は,マオイストが麻薬取引で軍資金を得ているといったウワサがよく流れたが,その真偽は分からない。ただ,西部は治安機関崩壊で麻薬取締もできていなかったことは確かであろう。

そんなこんなで,ネパールは危なくなった。ごく普通の観光客でも,いつ運び屋として利用されるか分からない。禁固何年だったか忘れたが,ネパールでも麻薬犯罪は重罪だ。くれぐれも,ご用心を!

麻薬の対日密輸拠点,ネパール

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/03/11 at 20:17

カテゴリー: 旅行

Tagged with , ,