ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘第二の自然

カモとイルカと伝統文化

4月4日,阪神間の桜の名所,夙川公園に行ってきた。満開! 花吹雪が舞い,夙川はまるで桜花のせせらぎ,花筏。

その桜花の清流に,つがいのカモと一羽のサギが来ていた。せせらぎで桜花と戯れ,時折,エサをついばんでいる。悠々泰然,人を恐れることはほとんどない。この鳥・人共生関係は,調和的な「第二の自然」であり,地域の伝統「文化」だ。

この「文化」の中でカモやサギは意味づけられており,もし誰かが無警戒のカモを捕らえ,カモ鍋にして食べてしまったら,なんたる野蛮,残酷と非難されるだろう。それは地域の伝統「文化」の否定であり,道徳的に許されない。

しかし,そのような文化がなく,カモは狩猟の対象とされているところでは,カモを捕まえ食べたとしても,誰もそれを非難したりはしない。もしかりに生息数減少で保護が必要なら,そう説明し捕獲制限を話し合えばよいだけのことだ。

140407a140407b ■夙川公園4月4日

この自明の理がわからないフリをしているのが,ケネディ駐日大使ら,米欧イルカ人道主義派。イルカ漁が「非人道的(inhumane)」とは,自文化絶対のタメにする妄論に他ならない。

ネパールにはサルを捕獲して食べている少数民族がいる。ヒトと同じ霊長類だから,サル猟は「非人道的」と言って言えないことはないが,「文化」を尊重するネパールの人々は決してそんな「非文化的」なことを言いはしない。私たち日本人も言わない。もしかりに助言を求められたら,近年,生息数が減ってきているので,サル猟はそろそろ見直した方がよいのではないですか,と科学的に冷静に答えるであろう。

イルカ漁を「非人道的」と非難できないのは,牛屠殺を「非人道的」と非難できないのと同じこと。牛屠殺であれ,特定文化の中で,許容されているにすぎない。ウソだと思うなら,インドに行き、公然と牛を殺してみよ。

イルカ漁も,種保護のため制限が必要となるかもしれない。しかし,それはそれだけのこと。決して「非人道的」などといった普遍的価値判断の問題ではない。むろん,ケネディ大使らは,そんなことは,十分わかっている。わかっていながら,わからないフリをして無茶を言う。なぜか?

いうまでもなく,政治が目的。イルカは票になる。米欧は政治力で世界を征服した。政治的に有効と思えば何でもやる。たとえば,ベトナム戦争。米国は,肥沃なベトナムの山野・田園に有毒枯葉剤を大量散布し,無数の美しく愛らしい動植物を虐殺した。被害は「ヒト」にもおよび,いまなお多くの「人」が苦しめられている。もしイルカ漁が「非人道的」なら,これはいったい何と表現すればよいのか?

140407c ■夙川公園4月4日

[参照]
イルカ漁非難,その反キリスト教的含意と政治的戦略性
ケネディ大使,ジュゴン保護を!

伴野準一『イルカ漁は残酷か』平凡社新書,2015(2016年3月19日追加)
イルカ追い込み漁は、はたして日本の伝統なのか、はたまた反捕鯨団体が批判するような心ない行為なのか。映画「ザ・コーヴ」を契機に巻き起こったこの議論は、残念なことに、双方の主張が不毛な感情論のまま平行線をたどっている。だが今必要なのは、虚心坦懐にイルカと人間の関係を知ることだ──。気鋭のノンフィクション作家による詳細な歴史調査と関係者への徹底インタビューから、この問題の驚くべき真実が見えてきた。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/04/07 at 12:16

制憲議会選挙2013(13):パンドラ狂宴後の幻滅

選挙運動期間が昨日(16日)終了し,街は静かになった。キルティプルでは,自家用車とバスは完全ストップ,警察車両,清掃車,水運搬車などごくわずかの車と,バイクが走っているだけ。高原の清浄な空気と静けさ。ヒマラヤ全山がくっきり見え,絶好のピクニック日和だ。

対照的に,選挙はパンドラ狂宴後の落胆と幻滅の陰鬱な空気の中。投票に託す夢はほとんど聞かれない。いったい何のための選挙なのか?

そもそも不用意にパンドラの箱を開けたのは誰か? ネパールの人々自身ではない。いずれネパール人自身が開けることになるにせよ,それを待つことなく,自分たちの都合で,カネと功名のため,性急に,無責任にパンドラの箱を開け,有象無象を一気に解き放ったのは,西洋諸国だ。

パンドラの箱から出てきた有象無象の中でも,とりわけやっかいのが,多文化主義的民族主義選挙民主主義

西洋の「知の商人」は,そもそも民主主義と諸民族自治をお題目としていながら,ネパールの運命をネパール人自身に委ねておくことが出来ず,自分たちの都合で,それを取り上げ,西洋のもっとも「進歩的」な理論や制度を,カネで釣りながら,お節介にも押しつけ,ネパールを文化的植民地にしてしまった。

たとえば,言語。西洋諸国は,多言語主義を押しつけ,各民族の母語使用権を法制化させた。結果はどうか? パンドラの箱から無数の言語が飛び出し,西洋好みの自由競争をさせられ,たちまち自分たちのものではない最強言語=英語の支配に屈服させられた。

お題目を括弧に入れ,経過と結果を,科学的かつ客観的に分析・評価するなら,多文化主義的多言語主義は,ネパールの各民族の母語の維持強化ではなく,それらを世界言語市場に引き入れ,最強言語たる英語に屈服させるためのものであったことがわかる。何のため? いうまでもなく,ネパールをグローバル資本主義の市場とするためであり,また英語使用ネパール人を安価な労働力として使用し搾取するためである。

選挙民主主義も同じこと。ネパールも,選挙民主主義にいずれは移行せざるをえないであろう。それは,まず間違いない。しかし,短気な西洋諸国は,それを待てない。功名を焦り,パンドラの箱を一気に開け,一人一票,選挙至上主義を解き放った。

選挙が有効に機能するのは様々な前提条件が揃っているときであることを,西洋諸国は,自分たちの歴史の中でイヤというほど経験し,熟知している。しかし,そんなことは素知らぬ顔で無視し,自分たちの利益のため,選挙民主主義をネパールに押しつけたのだ。

さらに悪いことに,本来,相性の悪いはずの集団主義的多文化主義が,個人主義的一人一票選挙とセットになっている。原理的にも実践的にも無茶苦茶だが,ネパールはモルモット,「解体」さえしてしまえば,後はどうでもよい。解体後は,世界資本主義の思いのままだ。

ネパール庶民は,多文化主義も選挙民主主義も,結局,国際社会の「知の商人」や,その下働きたる新しい買弁特権階級を太らせるだけで,自分たちの生活向上には,ほとんど役に立たないという事実を,イヤというほど見せつけられてしまった。選挙は,やらされるのであって,自分たちが自分たちのためにやるのではない。

投票日直前というのに,盛り上がらず,シラケと幻滅が広がっているのは,そのためだろう。選挙への期待,選挙後の明るい展望がほとんど聞かれない。

性急にパンドラの箱を開けた西洋諸国,特にネパールを最新理論の実験台にした開発寄生知識人・専門家の責任は重いと言わざるをえない。

▼自然と伝統(第二の自然)と人為(キルティプルとその付近)

131117c131117a
 ■マナスルと菜の花/ヒマラヤの満月

131117d131117e
 ■宗教と政治/民主主義のコスト(有権者登録証発行警戒)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/11/18 at 12:31

カテゴリー: 選挙, 政治, 歴史, 民族

Tagged with , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。