ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘経ヶ岬

京都の米軍基地(79): 「パンとサーカス」と軍事支配

京丹後にとって,8月24日の穴文珠祭は,米軍による「パンとサーカス(食事と娯楽)」饗応が軍事支配と表裏一体であることを,事実をもって示してくれた最初のまたとない機会となった。

穴文珠祭では,米軍がホットドッグとポップコーン(食事)を振る舞い,米軍軍楽隊演奏(娯楽)で地元民を楽しませた。まさしく「パンとサーカス」。ここに市長,区長等々の地元有力者,名士らが参加していたことはいうまでもない。

150827g150827h
 ■軍楽隊演奏/屋台(経ヶ岬米軍FB,8月27日)

その一方,おそらくほぼ同時期に,隣の米軍基地では,Xバンドレーダーの能力強化作業が着々と進められていた。作業に当たったのは,米軍通信担当軍人,レイセオン社とロッキード・マーチン社の社員,そして「現地社員(日本の下請軍需産業社員?)」である(米陸軍HP,8月25日)。見方によれば,穴文珠祭での「パンとサーカス」による住民饗応は軍事基地強化のカモフラージュといってもよいかもしれない。さすが,「パンとサーカス」の先進国だ。

米軍Xバンドレーダーは,どのようなものか? はっきりそうとは明示されていないが,米陸軍HP(8月25日)によれば,経ヶ岬レーダードーム内のレーダー本体は,下図のものらしい。レーダー能力強化担当者らしき人々がレーダードームの横に立っている写真の前の写真に,このレーダーが写っているのだから,たぶん間違いないだろう。

150827i150827j
 ■整備担当らしき人々とレーダードーム/ドーム内レーダー(米陸軍HP,8月25日)

これは,8月25日以前であれば,「軍事秘密」であり,たぶん「特定秘密」だ。が,宗主国が流したのだから,そのあとで従属国臣民が転載しても,よもや重罪に問われることはあるまい。

こと,さほどに従属国臣民は卑屈にして屈辱的な立場にある。「パンとサーカス」饗応に浮かれていては,気付きもしないだろうが。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/08/27 at 19:23

京都の米軍基地(78): パンとサーカス

「パンとサーカス」あるいは「酒食と見世物」は,古来,支配権力が住民を懐柔し服従させるため使用する常套手段である。

これは,古代ローマについてと同様,現代日本の京丹後についても,そのまま妥当する。現在,京丹後最強の権力は,事実上,進駐米軍。したがって,その米軍が,彼らの古き良き伝統に忠実に従い,原住民たる京丹後市民に対し,「パンとサーカス」の提供を始めたのは,至極当然の成り行きといえよう。

米軍とその奉公人たる防衛省の提供する「パンとサーカス」は,目白押し。以下,その一部を紹介する。

盆踊り参加
14th Missile Defense Battery participated “BON dance” at the Kyotango City hall, Mineyama, on Aug.14 and 15 and enjoyed Japanese traditional culture with the local community.
第14ミサイル防衛中隊は8/14,15に京丹後市役所で開催された盆踊り大会に参加し、地域の方と日本の伝統的文化を楽しみました。(経ヶ岬米軍FB,8月17日;赤強調引用者)
150822d
 ■微妙な表現の綾はむろん意図的。そこが「パンとサーカス」の巧妙さ。子供の顔は引用者消去(米軍は原住民肖像権無視)。

日米交流事業
150822e
 ■日米交流屋台+米軍軍楽隊演奏+花火+盆踊り。主催:近畿中部防衛局/会場:穴文珠。(経ヶ岬米軍FB,8月17日;京丹後市日米友好協会FB,8月18日)

在日米軍軍楽隊演奏会(1)
150822f
 ■主催:米陸軍経ヶ岬通信所/連絡先:近畿中部防衛局。(経ヶ岬米軍FB,8月13日;京丹後市日米友好協会FB,8月18日;京丹後市観光協会FB,8月18日)

在日米軍軍楽隊演奏会(2)
150822g
 ■主催:米陸軍経ヶ岬通信所/連絡先:近畿中部防衛局。(経ヶ岬米軍FB,8月13日;京丹後市日米友好協会FB,8月19日,)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/08/22 at 17:39

京都の米軍基地(77):裁かれない米兵犯罪

米軍経ヶ岬基地は,在日米軍基地の一つであり,したがって他の基地周辺で起こっていることが京丹後でもいずれ起こると覚悟すべきである。京丹後だけは例外と考えるのは非合理であり,根拠なき単なる希望的観測にすぎない。では,何が起こるのか? この問題を考えるのに参考になるのが,この本:

布施裕仁『日米密約 裁かれない米兵犯罪』岩波書店,2010年
「なぜ米兵犯罪は裁かれないのか。強姦や暴行の被害者が裁きを求めて得られないのは,なぜなのかーー。徹底的取材で明らかになった日米密約とその関連文書には,米兵犯罪を日本で裁かせないようにするための数々の巧妙なトリックと日米両政府の申し合わせが隠されていた。・・・・現代の治外法権を追う。」(表紙カバー)
150814a

本書によれば,米軍人・軍属らによる犯罪や重大事故が,いまも日本各地で幾度となく繰り返されている。その要因はいくつか考えられるが,最も根本的なものの一つが米軍人・軍属には日本の警察権や刑事裁判権が十分には及ばないこと。

米軍人・軍属は,日米地位協定により,基地に逃げ込めば日本側には逮捕されず,また「公務中」の犯罪や交通事故は米軍側に裁判権がある。(「公務中」か否かは米軍側が判断。)さらに,「協定」以外にも,「非公開取り決め」や「密約」が巧妙に幾層にも仕組まれており,米軍人・軍属は不起訴にされたり,刑が著しく軽くされたりする事例が多数ある(vii頁)。いわば「現代の治外法権」。これでは,米軍人らの犯罪や交通違反がなくならないのは当然といえよう。

米軍人らの犯罪(2001~08年,17頁表2より作成)

[罪名] [起訴(人)] 「不起訴(人)] [起訴率(%)] [起訴+不起訴(人)]
殺人 3 1 75 4
傷害暴行 64 174 27 238
強姦 8 23 26 31
強制猥褻 2 17 11 19
住居侵入 17 78 18 95
強盗 33 13 72 46
窃盗 37 474 7 511
車等による
業務上過失
死傷
427 2140 17 2567

 

この数字は,表沙汰になったものだけ。それでも,8年間で,これだけある。被害者の中には,米軍人・軍属らの享受する「現代の治外法権」に絶望し,被害の訴えを諦め,泣き寝入りしてしまった人も少なくないはずだ。

京丹後は,「国益」のために米軍基地を受け入れた。その代償も,むろん地元京丹後が支払うことになる。お国のために滅私奉公!

▼基地交付金設置の住民監視カメラ
150814b150814c

【参照】伊波洋一・柳澤協二『対論 普天間基地はなくせる』かもがわブックレット,2012 [2016年1月26日追加]
 [伊波](米軍基地の)残し方に二つの大きな問題があります。・・・・
 一つは、米軍基地の運用を米軍に委ね、日本政府の関与を認めないというものです。つまり、米軍基地の使用権の白由です。
 もう一つは、米軍人とその家族及び軍属が起こす犯罪について、目本政府が責任を問わないというものです。日本に裁判権があっても、それを放棄するという密約がある。
 最近、沖縄で帰宅時の危険運転の事故で軍属が若者を死亡させ、目本側に裁判権がないことが問題になりました。なぜかと言うと、公務中の事故はアメリカが裁くことが取り決められているからです。でも、アメリカでは一九六〇年の連邦最高裁判決で戦時以外は軍属を軍法会議で裁いてはいけないということが確定している。つまり、軍属は日本でもアメリカでも裁かれない。飲酒運転であっても帰宅中は公務とされます。こういうことがずっと続いてきたのです。(7頁)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/08/14 at 17:40

京都の米軍基地(76):分断支配に向けて

分断支配(分断統治,分割支配,Divide and Rule, Devide and Conquer)は,西洋の古典的戦略であり,特にアングロサクソンはこの戦略に長けている。米軍の京丹後政策が,お得意のこの分断支配戦略の現地適用であることはいうまでもない。

関連情報は,ふんだんにある。といっても日本側はご主人様にお伺いを立てないと出せないので少ないが,支配者側の米軍はおうよう,気前がよい。のぞいてみると,面白い情報がいくらでも見つかる。

下掲はそのいくつか。米軍は,軍事的,政治的には言うまでもなく,文化的にも圧倒的な優位にあり,日本側は劣位。正誤,優劣の判断は,彼らが下す。この優劣関係の下では,現地住民は,米軍に近づけば近づくほど文化的,政治的,経済的な様々な利得にありつける。住民分断は,住民自身の自発的協力により進行していく。

米軍は,軍人・軍属やその家族に米語をしゃべらせ,飲み食いさせ,遊ばせるだけでも,住民分断支配を進めることができる。お見事!

[参照]内田樹・白井聡『日本戦後史論』(徳間書店2015年)。「米属国としての日本」の「対米従属」に関する刺激的で面白い対話。

▼京丹後米軍「フェスタ飛天(弥栄町8月1ー2日)」参加
150808a■米軍が「カンティーナ」(日米友好協会経営)を支援し参加(京丹後米軍FB,8月3日)

▼京丹後米軍「ドラゴンカヌーレース(久美浜町7月26日)」参加(京丹後米軍FB,7月26日)
150808b

▼沖縄米軍による成績評価(嘉手納町7月16日)
150808c■後援:米軍第18航空団,審査員:同航空団副司令官他(在日米軍FB,7月20日)

▼京丹後市日米友好協会
150808d■協会FB,7月10日

150808e■協会経営レストラン「カンティーナ」(同店FB,8月3日)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/08/08 at 16:24

京都の米軍基地(75): 議員質問の制限

京丹後市議会6月定例会において,議長が米軍基地に関する質問をしていた平林議員の発言を途中で遮り,質問範囲の制限を宣言した。要旨は以下の通り(正確には議事録参照)。

「質問は当該団体の行政を対象としますので,この範囲で行われる必要があります。このため,たとえば防衛,郵政(?),外交,司法,国会に関する事項については,質問することは出来ません。しばしば問題になるのは,米軍や自衛隊の基地が所在する地方議会において,国の防衛政策や日米安保条約の是非等が議論・論議の対象となることです。この場合,基地所在の結果として,たとえば騒音が激しいとか青少年の非行の誘因となるとか,その対策等を議論するのであれば差し支えないが,騒音や青少年非行の根源として国の防衛政策の是非を論議することは出来ません。それは国会がやるべきことであり,地方議会の守備範囲を超えるからです。」

「[安保法制は]まだ国会で議論されており,決まっておりませんので[京丹後市議会では質疑すべきではない]」([]内引用者補足)。

これは面白い。一昔前の行政学者も真っ青の御用形式論理だ。でも,日本国憲法の定める「地方自治の本旨」って,本当にこんなものなのかな?

▼京丹後市議会 平成27年6月定例会 (質疑視聴は下図右リンクをクリック)
第2日(6月18日)
平林智江美(日本共産党)
1 安保法案と米軍基地について
(1)戦後70年節目の時、まちがった戦争という認識はあるか
(2)安倍首相の暴走で戦争する国にしようとしている。安保法案について市長の考えを聞く
(3)米軍基地が安保法案により市民にとって安心安全とはいえないが
(4)米軍関係者の居住地が網野島津にできると聞く。弥栄は通過地域として不安の声が出ている。弥栄住民への説明対応は
 150709f 質疑視聴

第3日(6月19日)
森 勝(日本共産党)
1 戦争法案と「集団的自衛権」について
(1)戦争法案のネライとその目的について
(2)戦争法案と憲法9条の関係について
(3)集団的自衛権行使は自治体、国民に何をもたらすのか
2 宇川米軍基地と米軍居住地問題について
(1)戦争抑止論と沖縄の負担軽減について
 150709g 質疑視聴(7分経過付近の中間部分割愛)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/09 at 18:43

京都の米軍基地(74):大使訪問情報隠しのハシゴ外し

京丹後市は,6月25日のケネディ大使訪丹について,親善・観光を前面に出すことによって,その「政治性」ないし「軍事性」を薄めようと涙ぐましい努力をしてきた。

が,そんなこと,米軍は知ったことじゃない。さっそくFBなどで,訪問を世界に向け宣伝し,そしらぬ顔で京丹後市のハシゴを外してしまった。米軍の常套手段。これから先,同じようなことが次々と繰り返されることになるだろう。

米軍は進駐軍であり,大本では治外法権。進駐先の現地人との約束など,守りはしない。沖縄を見よ! 

それでも「住民にとっての安全・安心が第一」などといった口約束を信じるとしたら,よほどのお人好し。「安全と安心」は,駐留米軍にとってのものであり,基地周辺の行政組織はその目的のために動員される。これから先,そのことも次々と事実により証明されて行くであろう。

▼経ヶ岬通信所視察
150629a150629e
 ■建屋外部。左上監視カメラ(基地FB6月27日)/基地海側(同6月28日)

150629c150629f
 ■建屋内(基地FB6月27日)/駐留軍閲兵は大使職務:三沢基地(米大使館FB6月11日)

▼「住民」との懇談
150629b住民はどこに?(基地FB6月27日)

▼「和み庵・空と海」(丹後町平)で昼食
150629d■米好みの和風(基地FB6月27日)
150629h150629i
 ■基地()の西近く。米軍御用達となるか?(空と海FB)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/06/29 at 13:43

京都の米軍基地(73):ケネディ大使歓迎,米軍とイルカ軍

1.不自然な報道記事
ケネディ駐日大使が6月25日,経ヶ岬米軍基地を視察した。有名大使視察であり各紙報道したが,記事がどこか変だ。不自然,あるいはピント外れ。
 ▼ケネディ駐日米大使「騒音問題改善に努力」 京丹後の基地視察し表明 /毎日新聞2015-06-26
 ▼ケネディ大使、基地周辺住民と懇談 京都・京丹後を訪問 /京都新聞2015-06-25
 ▼ケネディ米駐日大使、京丹後・琴引浜で住民らと懇談 /産経新聞2015-06-26
 ▼ケネディ駐日大使が京丹後視察 /NHK京都2015-06-25
 ▼キャロライン・ケネディ駐日米国大使が来丹 /京丹後市FB2015-06-26

2.基地訪問隠し
ケネディ大使が,辺境地・奥丹後にまでわざわざ出かけたのは,いうまでもなく米軍基地視察のため。ところが,そのことを記事冒頭ではっきり書いたのは,毎日新聞だけ。

「ケネディ駐日米大使は25日、京丹後市丹後町の米軍経ケ岬通信所を視察後、基地周辺住民らと懇談した。」(毎日)

京都新聞は,かなり腰が引け,記事の最後にこう付け足した。

「これに先立ち、大使は米軍経ケ岬通信所を視察したとみられる。」(京都)

「視察」したに決まっているのに,「みられる」としか書けない。なぜか? たぶん「外交秘密」か「防衛秘密」のせいだろう。

しかし,それでも京都新聞はまだまし。産経新聞やNHK京都ともなると,大使は「鳴き砂」見物に訪れ,ついでに住民懇談をした,といった書きぶりとなる。産経はこう書いている。

「米国のキャロライン・ケネディ駐日大使が25日、京丹後市網野町を訪れ、「鳴き砂」で知られる国の天然記念物「琴引浜」を見学するとともに、地元の住民らと懇談した。」(産経)

また,NHK京都は,京丹後視察が主目的であるかのような見出しをつけ(上掲参照),記事をこう書き出している。

「米国のケネディ駐日大使が25日、近畿地方で唯一の米国軍基地がある京丹後市を訪れ、地元住民らと懇談しました。」(NHK京都)

そして,期待通り出色の出来映えなのが,京丹後市役所のFB記事。冒頭は,こうだ。

「キャロライン・ケネディ駐日米国大使が本日、京丹後市を訪れ、国の天然記念物に指定されている琴引浜の視察や、市長や山内副知事、住民らとの懇談を行いました。」(京丹後市FB)

住民との懇談の記載もあるにはあるが,発言の直接引用は一語もなく,住民の安全安心に努力するという発言があったと記すにとどまる。そして,また琴引浜の話しに戻り,ここでは直接引用の礼が尽くされる。

「素足で浜を歩いて砂音を鳴らしたり、海に入ったりしながら「very good」と喜びを話していました。本市を「美しいまち、美しい環境ですね」と絶賛された・・・・」(同上)

京丹後市役所が大使の基地訪問をどう扱おうとしているかは,一目瞭然だ。それにしても「very good」とは! 「美しい国」の「国益」を守るとは,結局。こういうことなのだ。

3.中山市長の役回り
ケネディ大使の京丹後訪問は米軍基地訪問が主目的なのに,京丹後市はそれを隠そうとする。ここでも,やはり毎日は鋭い。こう書いている。

「ケネディ大使が基地視察で騒音をどう感じたかについての質問に対し、中山市長は「私にはわからない。(今回の懇談会は)要望をする場ではない」としたうえで、「大使は環境問題に深い関心があり、私としては素晴らしい環境にある琴引浜を見てほしいとお願いし、来ていただいた」と述べ、今回の視察は環境問題がテーマであることを強調した。」

そして,記事の最後に,「ケネディ大使は鳴き砂文化館を視察後、鳴き砂で知られる国の天然記念物の琴引浜を裸足で歩いた」と付け足している。いくら由緒正しきケネディ家のご令嬢が裸足で琴引浜を歩こうが,そんなことなど本筋には関わりないということ。さすが毎日新聞!

ケネディ大使は,最前線基地の米軍人・軍属を激励するためにやってきた。その本質を隠すため,中山市長は大使に哀願し,琴引浜にも来てもらい,和服姿で接待し,これをもって環境問題のための大使来訪という方向へと住民の見方を誘導しようとしているのである。

しかも,琴引浜は網野町で,丹後町の米軍基地からは遠く離れたところにある。いま丹後半島の美しく平和な環境を破壊しつつある最大の元凶は,いうまでもなく米軍基地そのもの。騒音,排水,沿岸部景観破壊,伝統的文化環境破壊,そして地域の平和環境破壊――すべてこれらの環境破壊は,米軍基地がやっているのだ。騒音や交通事故については少し話題になったそうだが,それは基地による環境破壊のごく一部。なぜ,「環境問題に関心の深いケネディ大使」(市役所FB)に他の多くの問題について問い質さなかったのか?

150626b150626a
 ■遠く離れた米軍基地()と琴引浜()(Google)/琴引浜の大使と市長(市役所FB)

なお,蛇足ながら,市長の和服着用が国内的には会合の「非政治性」を,そして対外的にはいわゆる「フジヤマ・ゲイシャ効果」をもつことはいうまでもない。(和服産業宣伝の意味も多少はあるだろうが。)

たとえば,kyodo,”U.S. envoy Kennedy visits Kyotango”(25 Jun)をみよ。この英文記事には,琴引浜で和服姿の市長と戯れる大使といった,いかにもそれらしい写真が添えられている。

このkyodo記事は,世界中に配信され,また転載されている。民族衣装の現地人との写真ほど,先進国市民に優越感を与え,満足され,歓迎されるものはない。

 150626d■琴引浜の大使と市長(Kyodo)

4.非公開「住民」懇談会
それともう一つ,各記事が当然のように用いている「住民との懇談」ないし「住民懇談会」。これも怪しい。

地元側出席者は,中山市長,山内副知事,三崎市議会議長,吉岡基地対策委員長,袖志区長,婦人会(代表?),琴引浜の鳴り砂を守る会(代表?)など8人だけで,しかも非公開。こんなものが,「住民懇談会」などと呼べるのか?

たった8人で「住民」,しかも「非公開」。懇談内容をバラすと,「特定秘密保護法」でしょっ引かれるのかもしれない。クワバラ桑原。
 
150626c■非公開「住民」懇談会(市役所FB)

5.大使大歓迎のイルカ軍団
ケネディ大使来訪が米軍人・軍属を感激させたのはまちがいないが,鼓舞されたのはそれだけではない。マル秘の情報筋から聞いたのだが,大使来訪に欣喜しているのは,日本有数の好漁場たる丹後半島沖に狙いを定め,近辺に基地を建設しようとしている例のイルカ軍団。

ケネディ大使は,世界周知のイルカ人権擁護主義者。和歌山・太地でのイルカ捕獲は残虐で非人道的だ,イルカの人権を守れ,と大キャンペーンを張り,太平洋のイルカ軍団を感激させた。

つぎは日本海の番だ。もし丹後の漁民がイルカをいじめたり殺したりしたら,ケネディ大使がすっ飛んできて,イルカの人権擁護のため,駐留米軍をバックに,猛然と漁民を非難攻撃するだろう。人権擁護を旗頭とする米軍の基地の目の前でイルカを虐待するとは何事か,絶対に許さない,と。

丹後半島付近のイルカ軍団は,米軍基地ができ,さらに守護女神ケネディ大使まで激励に訪れてくれたことに,大感激しているにちがいない。ウソだと思われるなら,経ヶ岬灯台下か琴引浜付近でイルカたちに尋ねてみていただきたい。むろん,監視カメラでバッチリ監視されていることは言うまでもないが。

[参照]
ケネディ大使,ジュゴン保護を!
イルカ漁非難,その反キリスト教的含意と政治的戦略性
京都の米軍基地(34):イルカ軍団,丹後半島近海来襲
カモとイルカと伝統文化

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/06/26 at 21:50