ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘美しい国

「美しい国」首相の美しくない日本語

16日の日露首脳共同記者会見を聴き始めたものの,どこのものとも知れない変な言葉に当惑し,気恥ずかしくなり,薄気味悪くなり,寒気がしてきて聴き続けられず,スイッチを切った。これが,「美しい国」を取り戻すことを信条とする日本国の首相の言葉なのだ。首相官邸HPによれば,安倍首相の発言は次の通り。

「プーチン大統領、ウラジーミル。ようこそ、日本へ。日本国民を代表して君を歓迎したいと思います。・・・・・君と約束をしました。・・・・ウラジーミル、今回の君と私との合意を『出発点』に、『自他共栄』の新たな日露関係を、本日ここから共に築いていこうではありませんか。」

親密さを示したいなら,「ウラジーミルさん,あなたを・・・・」ではないか? 名を呼び捨てにし,ぞんざいに「君(キミ)」で受ける。日本語文化文脈では。あまりにも不自然だ。馬鹿にしているようにさえ,聞こえかねない。

西洋語文脈ないしアメリカ語文脈を金科玉条とし,植民地根性丸出しで,それに卑屈に迎合し,このような気恥ずかしく,薄気味悪い言葉遣いになったのではないか? 日本国元首たるもの,外交の場では「美しい日本語」で語り,親密さ表現のさじ加減は,専門の通訳に任せるべきであろう。

【参照】島崎今日子「無理していない? その呼び方」朝日新聞12月21日
「どんなに親密になろうと,私たちは互いを『さん』付けの名字で呼び合っていた。・・・・『さん』で仲良くなることになんの支障もなかったからだ。・・・・だが,・・・・政治の世界では海外の要人とはファーストネームで呼び合うことこそ,親密さの表れだとなっていて,メディアも盛んにそう報じている。・・・・それにしても,『ウラジーミル』『シンゾー』と呼び合うわりには,とても胸襟を開く関係には見えなかった。むしろ,無理しているようで,そういうお膳立てが必要なのだろうと推測させられた。」(12月21日追加)

161219首相官邸HP

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/12/19 at 17:05

カテゴリー: 言語, 外交

Tagged with , ,

英語帝国主義植民地としての「美しい国」

在ネ米大使館が今日もアメリカ語(アメリカ英語)の宣伝をしている。ほぼ毎日。今日は,”attentive” だそうだ。「拝聴せよ」ということ。

さすが世界帝国アメリカ。言葉(文化,精神,魂)を支配する者が,結局は他のすべてのもの(政治,経済,身体など)を支配することを熟知し,長期的戦略を立て,それを着々と実践している。

ネパールでは,すでにアメリカ語が初等教育必修科目となり,保育園や幼稚園でも「アメリカ語のみ使用・母語禁止」がウリとなっている。そのため,自分の子供と,母語のネパール語や他のネパール国民語では十分な意思疎通ができない家庭さえ現れ始めたという。

160210■在ネ米大使館ツイッター(2月10日)

そのネパールよりも,政府主導という意味では,もっとアメリカ語使用に前のめりなのが,「美しい国・日本」。政府が率先して日本語を放棄しアメリカ語に切り替え,国民へも政府の範に習うよう呼び掛けている。たとえば,今日の朝日記事――
————————
個人番号カード→「マイナンバーカード」と呼んで 総務省,普及へ呼び名統一
・・・・「個人番号カード」が、「マイナンバーカード」と呼ばれるようになる。「親しまれやすい名前」(総務省)にして、普及につなげるねらいだ。・・・・総務省は5日付で、今後は呼び名を「マイナンバーカード」で統一するよう、国の省庁や全国の自治体に要請した。(朝日2月10日朝刊)
————————
あまりに倒錯的にして自虐的! 日本人には日本語は親しまれない,カタカナ表記のアメリカ語は日本人に親しまれる――のだそうだ。

自国の大多数の人々が母語として日々使用している言葉を,これほどバカにし,嬉々として外国語と置き換えようとするような政府は,かつての植民地傀儡政府を除けば,どこにもない。「美しい国」の政府には,長い歴史と豊かな伝統を持つ独立国としての矜持も愛国心もないのだろうか?

160210a■カタカナ英語ばかり(総務省HP)

【追加】「美しい国」のPRキャラクター・マイナちゃん(2016年2月13日)
2月13日朝,朝日新聞を見たら,「天声人語」の左隣,「折々のことば」の真下,朝刊第1面一等地に,内閣官房・内閣府・総務省連名の政府広報が目についた。軽薄丸出し。「美しい国」の忠良なる臣民が,こんな広報を見せられる日が来るとは,まったくもって信じがたい。「美しい国」のお上は,ふたたびその民を「赤子」として慈しみ始めたらしい。

なお,「PRキャラクター マイナちゃん」の”PR“は”Poor Representation(貧弱な表現)“の「美しい国」欽定略語であり,また「マイナ」は”minor(二流の,ちっちゃな,未熟な)“の「美しい国」欽定カタカナ語訳である。

160213160213a
 ■朝日1面の政府広報と「PRキャラクター マイナちゃん」

【参照】
マイナンバーはゼアナンバー,頻繁変更を
アメリカ英語の貧困
英語帝国主義

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/02/10 at 12:04

「新しい国へ」,オノゴロ島から?

オノゴロ島の風景(2015年5月)。神国はここから始まり,いままたここから「新しい国へ」「美しい国へ」と生まれ変わるのだろうか?

150703a

150703c

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/03 at 20:16

カテゴリー: 宗教, 憲法, 政治

Tagged with , , ,

京都の米軍基地(58):「売国的」停波合意

下品な言葉は使いたくないが,Xバンドレーダー停波合意は「売国的」「植民地的」と言わざるをえない。ヒドイ!

141025a
 ■米軍経ヶ岬基地,10月22日

1.停波手続
正式の合意文書が手元にないので京都新聞報道(10月23日)に依らざるをえないが,記事によると,レーダー停波手続は次の通り。

(1)ドクターヘリの場合
 要請者(京丹後市消防本部,宮津与謝消防本部またはヘリ運航会社)が,英語で,米軍通信所に停波要請し回答を受ける。
(2)海難救助の場合
 要請者(地元の消防本部と警察)が,英語で,米軍通信所に停波要請し回答を受ける。

2.使用言語は英語
まず第一に問題にすべきは,停波関係者の正式使用言語が,英語(米語)だということ。(停波合意文書正文が英語か否かは不明。)

言語は,繰り返し述べてきたように,文化の基盤であり核である。日本では大部分の国民が日本語を母語としており,したがって日本語がそれに当たることはいうまでもない。(少数派言語の権利尊重は当然の大前提。)

京丹後でも,日本語は大多数の住民の古来の母語だ。人々は,日本語で日々生活し,日本語を使って仕事をしてきた。それなのに,米軍との交渉に,なぜ外国語の英語(米語)を使用しなければならないのか?

そもそも米軍は,米国益のために京丹後にやってきた,はた迷惑で危険な居候にすぎない。その居候に,卑屈にもペコペコへつらい,自らの魂ともいってもよい日本語を放棄し,カタコト英語であれこれお願いする。あまりにもミジメ,情けない。

停波は,たとえかりに米軍基地の存在を認めるにせよ,もともと丹後住民の当然の権利であり,必要なときは,日本語で,堂々と停波を要求すべきだ。その日本語で伝えられる日本側要求を,英語に正確に翻訳し,忠実に実行するのが,居候たる米軍の当然の義務だ。

異文化間の交渉において,どの言語を用いるかは,決定的に重要だ。京丹後の要請者が,たどたどしい英語で,”Dokutaa-Heli kamu, puliizu sutoppu reidaa! Onegai-shimasu” などと要請しても,米軍側は「ナニ,イッテイルノカ,ワーカリマセン???」とかいって,無視してしまうのが落ちだ。

米軍との交渉に英語(米語)を使えば,交渉の最終解釈権は米軍側に握られる。英語帝国主義への屈服! これをもって「売国的」「植民地的」といわずして何とする。

3.防衛省と京都府の免責
つぎに,停波要請が,防衛省や京都府を介してではなく,地元の消防や警察署あるいはヘリ会社から,直接,米軍に提出されることになっているのも,不可解だ。(自衛隊はバックアップ[10月26日追加])

たしかに,防衛省や京都府を通すと時間がかかり,緊急時に間に合わない恐れもある。しかし,このハイテク時代,情報伝達は瞬時であり,制度さえ整えておけば,遅延はそれほど心配するに当たらない。

が,防衛省(政府)と京都府は,そうはしなかった。なぜか? おそらく,停波を地元関係機関と米軍との直接交渉にしておけば,国家も府も面倒なことに巻き込まれず,責任逃れができるからであろう。

考えてもみよ。相手は世界最強国家の巨大軍隊。こちらは極東の辺境のちっぽけな自治体の,予算も人員もままならない小さな小さな消防や警察か,あるいは民間ヘリ会社。まともに相手にされるはずがない。

4.米国「植民地」としての「美しい国」
米軍基地については,一事が万事これ。米軍はむろんのこと,日本政府も地域住民のことなど,眼中にはない。英語と軍隊の二刀流の達人,米国=美国の帝国主義支配にひれ伏し,いじぎたなくおこぼれに預かろうとしているのが,「美しい国」日本の現在の偽らざる姿である。

141025c
------------------------------

[参考資料:10月26日追加]「経ヶ岬飛行制限区域に係る停波要請手続きについて」(京都府,2014-10-23)
141026

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/10/25 at 18:37

「美しい国」のニュースピーク国語

安倍首相の「美しい国」では,カタカナ英語の導入が進み,いまやニュースピーク文法によるダブルスピークや二枚舌が慣用化している。(ニュースピークは,元来,オセアニア国公用語。下記注参照)

すでにいくどか指摘したが,「美しい国」では,“Proactive Contribution to Peace”は「積極的平和主義」である。これは,「戦後日本」標準国語(オールドスピーク)に翻訳すれば,「戦争は平和である」ということ。新旧国語で意味が逆転している。

「美しい国」ニュースピークでは,このような転倒語法のほかに,ぼかし語法,ずらし語法も多用される。たとえば,先日の日米共同記者会見(4月24日)でも,外交の重要問題について,決定的な点で,ぼかし語法が用いられた。偶然,拝見した”Peace Philosophy(乗松聡子さん)”ブログに教えられ,愕然とした。

140502a ■琉球新報4月27日

Peace Philosophyによると,記者会見の公式同時通訳が,オバマ大統領の”profound mistake(深刻な過ち,重大な誤り)“を「非常に好ましくない過ち」と訳し,またマスコミも,NHKをはじめTBS,フジTV,産経,毎日,東京,日経など多くが「正しくない」と訳し報道したという。

▼大統領発言:(CNN記者質問への回答)
At the same time, as I’ve said directly to the Prime Minister that it would be a profound mistake to continue to see escalation around this issue rather than dialogue and confidence-building measures between Japan and China. And we’re going to do everything we can to encourage that diplomatically.(The White House,Joint Press Conference with President Obama and Prime Minister Abe of Japan, April, 24, 2014)

公式同時通訳
同時に総理に言いました。引き続きエスカレーションになってしまうということは、非常に好ましくない過ちになるということ。日中の間で対話や信頼醸成措置を形成すべきだと。我々としてもこれを外交的に奨励したいと思います。

NHK同時通訳
同時に安倍総理に申し上げましたが、この問題について事態がエスカレートし続けるのは正しくない ということです。日本と中国は信頼醸成措置をとるべきでしょう。そしてできるだけのことを外交的に私たちも協力していきたいと思います。

Peace Philosophyの訳語批判
Profound という言葉は非常に強い言葉である。・・・・serious よりもさらに強い言葉だ。もうこれ以上深刻なものはないというぐらい根本的に深刻だ・・・・。オバマ氏は、尖閣問題をこれ以上エスカレートさせるのは深刻な過ちであると安倍首相に私は直接言いました、と共同会見で表明したのである。・・・・これを「正しくない」などとの生ぬるい言葉にすり替えた日本のメディアは大罪を犯している。

Peace Philosophy指摘のとおり,これは巧妙な意味ぼかし語法だ。「美しい国」では,カタカナ英語や,日英翻訳を巧妙に利用し,総動員体制で日本版ニュースピークの普及が図られているのだ。

「美しい国」は「一民族・一言語・一文化」であり,世論操作はいとも容易。たとえば,つい先日まで「韓流」一色だったのが,いまでは一億総「嫌韓」。このような「品格」を持つ国では,ニュースピークへの抵抗は至難と覚悟すべきだろう。

[参照] G・オーウェル『1984年』1949年(新庄哲夫訳,ハヤカワ文庫,1972年)
 ・ニュースピーク: オセアニア国公用語,オールドスピーク(標準英語)に代わるもの(p.391)。「戦争は平和である。」「自由は屈従である。」「無知は力である。」(p.10)
 ・二重思考: 一つの精神が同時に相矛盾する二つの信条を持ち,その両方とも受け容れられる能力(p.274)。

140502b ■『1984年』表紙

谷川昌幸(C)

「第三の性」パスポート,最高裁作成命令

ネパール最高裁は6月11日,DK. Buduja氏の訴えを認め,「第三の性」パスポートの作成を政府に命令した(ekantipur, Jan11)。市民証はすでに「第三の性」用が発行されている。

パスポートへの男女以外の性の記載を認めている国は,ネパール以外にもいくつかある。たとえば,インドは「M,F,E」であった。「E」は”Eunuch”。意味は調べていただきたい(*)。これに比べて,ネパールははるかに先進的であり,「M,F,X」としているオーストラリアやニュージーランドなどと並び,世界最先端を行くといってもよい(**)。
  * 最近,「M,F,Others」に変更されたようだ。
 ** Bochenek, M. & K. Knight, Establishing a Third Gender Category in Nepal, Emory International Law Review, Vol.26, 2012.

いまではネパールは,法制度や政治制度のいくつかの点で,日本のはるか先を行っている。最新制度を学ぶためネパール留学が必要になり始めた。古色蒼然たる「美しい国」日本,安倍「復古調」日本は,「第三の性」パスポート所持のネパール人を,どう扱うのだろうか?

130613c ■日本旅券発給申請書(部分)

ネパールでは,2007年12月27日,「ブルーダイヤモンド・ソサエティ(BDS)」SB.パント会長が,性的少数派の権利保障を求め訴えた裁判の最高裁判決において,「第三の性」の権利が認められた。「第三の性」とは,LGBTI,つまりレスビアン,ゲイ,バイセクシャル,トランスジェンダー,インターセックスなどの総称である。

この最高裁判決により,2008年11月以降,「第三の性」市民証が発行されはじめ,2010年からは「第三の性」での有権者登録も始まった。また,2011年の中央統計局(CBS)全国人口調査では,初めて「第三の性」カテゴリーが追加された。そして,今回,最高裁はパスポートにも「第三の性」を記入できるようにせよ,と政府に命令した。ネパールは,「ジョグジャカルタ原則」(2006/2007)制度化の優等生と言ってもよいだろう。

しかも,ネパールの「第三の性」は,本人の申請による。本人が,自分がそうだと思う性アイデンティティを申告する。これは,人権理念に忠実なラディカルな考え方である。

人権は,人は人として尊重されるべきだという理念。しかし,裸のヒトとして尊重されるだけでは,日常生活においては実際にはあまり意味はない。人を人として尊重するとは,人をその人の人格において,つまりその人固有のアイデンティティにおいて,尊重するということだ。もしこれが人権本来の理念だとすると,ネパールの「第三の性」の権利尊重は,その人権理念のストレートな制度化といってもよい。

「ネパールの性的少数派権利要求運動――特に2007年最高裁判決の獲得――は,世界中で,効果的な草の根人権運動の一つの範例と見られている。」(Sharma, Preeti, Historical Background and Legal Status of Third Gender in Indian Society, International journal of Research in Economics & Social Sciences, Vol.2,Issue 12, 2012, p.68 )

130613 ■BDSフェイスブック

このように,ネパールの「第三の性」権利要求運動の評価は高い。しかしながら,これがいわゆる「アイデンティティ政治」の一種であり,それ特有の難しさを免れえないのもまた事実だ。アイデンティティは,本質的に主観的なものであり,覚醒を訴えれば訴えるほど他との違いが際立ち,多様化し,共通利害を見いだしにくくなる。そして,多様化し個々の権利要求が高まれば高まるほど,それに対応すべき制度が複雑化し,運用が難しくなり,経費もかさむ。崇高な理念に水をかけるような興ざめな話だが,この現実を見ようとしないアイデンティティ政治は,必ず行き詰まる。

個人がその固有のアイデンティティにおいて,そしてマイノリティがその集団固有のアイデンティティにおいて,尊重されるべきことは言うまでもない。それを当然の前提とした上で,諸個人間,諸集団間の利害対立をどう調整していくか? これは難しい課題だ。ネパールが,この難問にどう取り組んでいくか,見守っていたい。

なお,蛇足ながら,性的少数派の権利要求運動も,西洋NGOや国連機関(UNDPなど)が,物心両面で,強力に支援していることはいうまでもない。

谷川昌幸(C)

「美しい国」と「国益」,あるいは「ロマン」と「実益」

一昨日,愛国心に自己陶酔し,超国家主義に先祖返りすると,アメリカにも見放され,戦前のように世界で孤立し,再び破滅に向かって転落しかねないと警告したが,それが単なる杞憂ではないと感じさせるような本が出版されている。まだ手元になく読んではいないが,書評がいくつか出ているので,以下に紹介する。

●Thomas U. Berger, War, Guilt, and World Politics After World War II, Cambridge University Press, 2012.
130427

1.Foreign Affairs書評(May/June 2013 ,Twitter Apr26)
「ドイツは,最も残虐非道な国家行為を行ったが,自己のその負の過去を公的に徹底的に語ることにより,深い悔悟を幾度も公的に表明してきた。これに対し,日本は,自分を加害者でもあり被害者でもあると見ようとしてきた。」
(http://www.foreignaffairs.com/articles/139227/thomas-u-berger/war-guilt-and-world-politics-after-world-war-ii)

2.Time「著者Q&A:日本が今なお十分謝罪しないのはなぜか」(Dec11,2012)
「注意深い観察者であれば,よく知っていることだが,近隣諸国との日本の醜い領土争いは,実際には,漁場や石油,あるいはガス田や古来の歴史的要求をめぐるものではない。日本が固執するのは,第二次世界大戦や長期にわたるアジア植民地支配において,日本人は何も悪いことはしなかったということを,まだ――そう,まだ――認めるつもりはない,ということだ。

これは,近隣諸国がそう見ているということ。そして,これこそが,ちっぽけな小島をめぐる中国や韓国との争いを,いまにも衝突を招きかねない危険なものとしてしまった理由である。・・・・

本書において,著者は,日本が過去の過ちを認めていないと見られているのはなぜか,その理由を解明している。1945年まで続いた日本の半世紀に及ぶ戦争と植民地支配により,2千万人もの人々が死に,おびただしい人々が支配・抑圧されたのである。」
(http://nation.time.com/2012/12/11/why-japan-is-still-not-sorry-enough/)

著者のトマス・U・バーガー氏はボストン大学准教授であり,本書もきわもの時局本ではない。知日派と思われる著者が,このような本を書かねばならないような事態に,日本は立ち至っているのである。

3.先祖返り「ロマン」と実利的「国益」
現代がグローバル化時代であることは,誰もが認める常識。そのグローバル化時代に,近隣関係をぶち壊し,アメリカにも軽蔑され,世界社会での孤立を招くような愚行に,なぜ突き進むのか? 復古ナショナリストのお題目たる「国益」を害しているのは,いわゆる「平和ぼけ」の平和主義者ではなく,まさに彼ら,ロマンチックな懐古趣味ナショナリストらだ。

そもそも尖閣でドンパチやっても,日本に勝ち目はない。イザとなったら,アメリカは日本を切る。先祖返りはアメリカへの裏切りだし,ちっぽけな日本よりも巨大中国をとるのは当然だからだ。中国は,現実主義という点でアメリカと同類。日本のロマンは理解不能だが,同類の中国とは,現実主義的「実利」で「実務的」に理解し妥協しうる。

日本は,夢見るロマンチストであり,理解不能の神秘の国。それでも,霞を食って生きる覚悟があれば細々と生きられるかもしれないが,それはイヤ,俗臭ぷんぷん,贅沢三昧浪費生活を続けようとする。破綻必定。

ロマンチックな「美しい国」たらんと欲するなら,鎖国せよ。いやなら,世界社会の中で常識をわきまえて行動する「実務的」な国家となれ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/04/27 at 13:19