ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘老齢化

老老介護,事始め(14):人口ピラミッドの日ネ比較

論より図,ネパールが日本ほど極端ではないにせよ高齢化社会に向かい始めたことは,人口ピラミッドを見れば一目瞭然である(下図参照)。ほんの四半世紀前,1990年ころまでは先の鋭くとがったスマートな若々しい三角形だったし,2000年になってもまだ最下部(最若年層)が少し減り始めたくらいだったのに,2010年になると下部が大きくへこみ,三角形が台形に変わり始めている。平均余命の急伸で中高年層が増えているのに,子供の数は相対的に減り始めたからだ。ネパールでも,高齢者扶養負担増は避けられない。

ネパールの老齢年金は,支給年齢の引き下げと支給額の引き上げが段階的に行われてきた。
ネパールの老齢年金
 1994-96支給開始:75歳以上,100ルピー/月
 1999/00改定:75歳以上,150ルピー/月
 2008/09改定:70歳以上(ダリット,カルナリ住民60歳以上),500ルピー/月
 2011/12改定:70歳以上(ダリット,カルナリ住民60歳以上),1000ルピー/月
 2015/16改定:70歳以上(ダリット,カルナリ住民60歳以上),2000ルピー/月
  *開始年度等に一部不明確な部分がある。

このように,ネパールの老齢年金は,まだまだ不十分とはいえ,いままでのところ近年の日本の年金引き下げとは逆に,拡充に向かって動いてきた。しかし,そのネパールでも,このまま高齢化が進めば,憲法や高齢市民法が保障している「高齢市民の権利」の実現のはるか手前で,逆転・逆行が始まるのは避けられそうにない。ネパールは日本以上に高齢者問題が深刻になる恐れがある。

ネパールと日本の人口ピラミッドWorld Life Expectancyより作成)

* DEMOGRAPHIC CHANGES OF NEPAL: Trends and Policy Implications, National Planning Commission, Government of Nepal & United Nations Children’s Fund (UNICEF). KATHMANDU, MARCH 2017

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/05/24 at 10:24

老老介護,事始め(7):科学者の如く

斑状の記憶喪失の母は,残存の記憶や何らかの拍子に蘇った記憶をつなぎ合わせ,いまの物事を理解し行動しようとしている。常識外れの,奇想天外な話や行動が,次から次へと繰り出されるのは,そのためであろう。世間の常識にこだわらず,思いもよらないようなことを試みるのは,科学者であり哲学者。その意味で,母は科学者であり哲学者である。

たとえば,最近のシャワー事件。風呂のシャワーには,取手に湯を出したり止めたりする手元押しボタンがある。シャワーを持つと,手のすぐ上に位置するかなり大きなボタン。これまでは,このボタンを押して湯を出したり止めたりし,シャワーを使ってきた。何の問題もなし。

ところが,先日,風呂から出たので片付けに入ってみると,シャワーのホースが根元から外され,湯が給湯配管の口から噴出するようにされていた。びっくり仰天。何だ,これは!

常識に囚われていては,毎日使っていた一番近くの目につきやすい,一番簡単な手元ボタンをなぜ押してみないのか,まったく理解できないはずだ。が,その常識をいったんカッコに入れ,科学の目で見るならば,それは合理的な行為であることがわかる。湯が出ない原因を次々と確かめていき,その結果,ホースを根元から外すことにより,湯を出すという目的を達成することが出来たのだ。

同様のことが,ほかにもたくさんある。もう一つだけ紹介すると,たとえばポット事件。村の家でも転居後のアパートでも,居間の,ほとんど一日中使っている机の上に電気ポットを置いてきた。高齢になると喉が渇くので,しょっちゅうポットから湯を出し,お茶を飲む。操作は2つ。「ロック解除」ボタンを押し,「給湯」ボタンを押すだけ。長年,十数年以上,毎日,この操作を幾度となく繰り返し,お茶を飲んできた。

ところが,昨年暮れ,ボタンを二つ押す操作が出来なくなった。見ていると,すべての操作ボタンをあれこれ押すが,「ロック解除」⇒「給湯」の組み合わせはできない。もちろん,何回も,この操作方法を教えやらせてみたが,一人ではできなくなってしまった。仕方なく,旧式の魔法ビンを出してきて,使わせていた。

数日後,居間に行くと,びっくり仰天! 電気ポットの上蓋を開けて傾け,熱湯を急須に注ごうとしているのだ。魔法ビンの湯が無くなっていたのだろう。

この行為も,ボタン二つを押すという操作をカッコに入れるなら,危険ではあるが,目的合理的である。科学は,与えられた条件の下で,可能な限り単純明快たろうとする。電気ポットからの直そそぎは,科学の精神に合致している。(世間でも,このところ電気ポットは,機能過剰型から沸かして傾け注ぐだけの単機能型に移行しつつある。)

母のこの「科学的」な電気ポット使用法は,幸か不幸か,その後,記憶がよみがえったため取りやめとなり,以前の「ロック解除」⇒「給湯」の方法に戻ってしまった。ほっとしたような,ちょっと残念なような。

このように見てくると,母の他の行為の多くも,困り危なくはあるが,理解できないものではないことがわかる。認知症の母は,常識をカッコに入れた上で,他のあらゆる可能性を試そうとする科学者の如き存在である。

▼アルツハイマー病による死亡,ネパールは日本より深刻(死因判定方法の相違不明)
 
 *ネパール=2番目に高い緑色,日本=最も低い灰色(World Health Rankings)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/05/07 at 14:12

カテゴリー: 社会, 健康

Tagged with , , ,

老老介護,事始め(5):「餓鬼」の如く

高齢の母は,認知力が減退するにつれ,全般的に意欲が低下し,まったく無関心の領域も虫食い状に広がっていった。

自分の身なりや家の掃除・整頓をあまり気にしなくなり,近隣との付き合いも減っていった。近くの畑での野菜や花の栽培は,かつては仕事であり,農業をやめた後は最大の趣味であったのだが,それも徐々に興味を失い,やめてしまった。

新聞は,毎朝,読むのが日課だったが,徐々に読むのではなく,ページを開き,眺めるだけとなった。テレビも,画面を眺めるだけ,番組を見て楽しんでいるようには見えなくなった。

新聞やテレビは,それらを見ているとき話しかけると,その都度,都度の記事や番組の断片的な内容は理解しており,話すことが出来た。ところが,それにもかかわらず,記事や番組を全体として理解しているようには見えない。おそらく記憶が持続せず,通して読んだり見たりして記述や出来事の相互関係を把握し,それらの意味を理解して楽しむことが出来なくなったのだろう。

こうして,ほとんどの物事への関心が減退していく中にあって,唯一,変わることなく持続しているのが,食べることへの意欲。他の物事への関心が薄れているので,食欲だけが目立つ。むしろ,食欲が異常に昂進しているようにさえ見える。

とにかく四六時中,食べることの心配ばかり。最大の関心事は,ご飯。コメと炊飯器は台所に置いてあったが,もう大変。コメは,次々に米櫃から出し,洗ってしまう。炊飯器は,しょっちゅうスイッチに触り,ふたを開け,中を見る。炊けているか確認するのであろうが,こんなことをすれば中のご飯はいたみ食べられなくなってしまう。炊飯器も故障する。仕方なく,コメを隠したが,そうすると「コメがない,コメがない」と大騒ぎし家中を探し回る。炊飯器も隠すと,パニック。仕方なく,古い炊飯器をダミーとして出してある。配線の一部を切り,電源は入らない。ひっきりなしに触れ,ふたを開閉するが,騒がしいだけで,実害はなくなった。

他の食品も大変。冷蔵庫をひっきりなしに開け,ひっかきまわし,食品があるかどうか確認する。そして,たとえば沢庵漬けを見つけると,1本丸ごと切り,食卓に出す。他の食品も同様。とても食べられはしないが,それでも見つけると,大量に出し,食卓に並べようとする。もう無茶苦茶。仕方なく,冷蔵庫はロープで縛り,鍵をかけた。

食事は,毎日,3食準備し,きちんと食べさせている。おやつのお菓子や果物も十二分に出してある。それなのに,なぜ食べ物にこれほど執着するのか? たしかに,認知症のため,食べたことをすぐ忘れ,次々と食べる,ということはある。いわゆる「認知症過食」。が,単に忘れたから,また食べる,ということだけではなさそうだ。

食へのこれほどのすさまじい執着。それは,生物としての最も根源的な生存本能によるものではないだろうか? 他の物事への関心が低下し,次々と失われて行っても,自己保存の本能的欲求だけは残る。その自己保存本能が食へのあくなき執着をもたらし,まるで「餓鬼」であるかのような行動をとらせているのではないだろうか?
 *餓鬼=餓鬼道に落ち,飢えとかわきに苦しむ亡者。[がつがつ食べるというので,俗に子供の意にも用いられる](新明解国語辞典)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/05/04 at 17:34

カテゴリー: 社会

Tagged with , ,

休耕田と向日葵

農村では,過疎化と老齢化で,休耕田が増えている。雑草が茂り,原野に戻りつつある田畑も少なくない。

というわけで,ということであろうか,田畑に四季の花々を植えているところが,あちこちにある。あるいは,村おこしのため,という場合もあろう。

田畑のお花畑を愛でつつも,心境は複雑とならざるをえない。

▼丹後の向日葵(2016年8月)
160810c

 
160810b
160810a

▼駒ヶ根の水仙(2016年4月)
160414d

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/08/10 at 10:51

カテゴリー: 社会, 経済, 農業

Tagged with , ,

野生動物軍団と専守防衛農業

丹後の村は盛夏,野山に生命があふれ躍動している。動物たちも元気だ。

クマは桃の木に登り桃色に熟した実をほおばり,イノシシは牙でサツマイモを掘り起こし,一家で食べ尽くす。やがて秋になれば,猿軍団が山から下りてきて,庭の柿の木に登り,柿を食べてしまうだろう。コメも野生動物たちの好物だが,さて今秋はどうなることやら。

日本国民は,北方某国など,外国に対しては,防衛には先制攻撃が必要だなどと勇ましいが,自国農業についてはもっぱら専守防衛,欧米の「動物の権利」擁護団体から表彰状がもらえそうなほど平和主義に徹している。

日本農業は,TPP以前に,野生動物連合軍の波状攻撃で崩壊するのではないだろうか。

130731c 130731d
 ■イノシシにより一夜で壊滅したサツマイモ畑。国道側。電気柵も効果なし。(2013.7.28)

130731a 130731b
 ■自宅横の畑(防獣網設置)。イノシシによりサツマイモ壊滅後,小豆を播き,芽が出た(2013.7.28)。撮影日夜,今度はタヌキかアライグマに掘り起こされた(2013.7.29)。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/07/31 at 12:26

カテゴリー: 社会, 経済

Tagged with , , , ,

過疎化と老齢化と葬儀社の品位

5月連休後半を故郷の丹後で過ごした。快晴で新緑が目に鮮やか。山野はいたるところ生命の息吹に充ち満ちていた。

ところが,自然とは対照的に,地方の生活は過疎化と老齢化で荒涼としている。空き家が増え,耕作放棄地がいたるところ見られる。人が減ると学校や商店などがなくなり,不便となると,また人が減る。悪循環だが,止めようもない。

そうしたなか,おそらく唯一,地方で繁盛しているのが,老人向け産業だ。地方で新しい豪華な建物が目に入れば,たいていそれは老人施設か葬儀場だ。加速度的な老齢化だから,これは当然の成り行きといえよう。

しかし,それはそうとしても,今回驚いたのは葬儀社の派手な宣伝。わが家周辺の町村の総人口はせいぜい数万程度だが,顧客急増の葬儀社はネット電話帳で見ただけでも20社ほどある(支社・営業所等含む)。それらの葬儀社が,死亡者が出ると,新聞に競って死亡通知広告を折り込むのだ。

死亡通知広告には,死亡者の姓名,死亡日,年齢,肩書き,住所,喪主,親族,葬儀会場,葬儀日時,出棺時間など事細かに記載し,そして引き受け葬儀社の各種葬儀商品の説明が地図と共に大きく掲載されている。プライバシーなし。もちろん,黒枠

葬儀社は,死亡者が出ると,いち早く情報をつかみ,葬儀を引き受け,黒枠死亡通知広告を印刷し,それを朝刊(地方は朝刊のみ)に折り込み,各家庭に配達してもらう。

村の人々は,朝起き,新聞を開くと,いやでも黒枠死亡通知広告が目に入る。読者はほとんど老人。「まだ若いのに・・・・」とか「この歳ならしかたないなぁ・・・・」などと,自分と比べ,ため息をつく。自分が顧客になり,広告に載る日のことを,多かれ少なかれ,思わざるをえないのだ。

先週の,たしか5月8日だったと思うが,朝刊を開くと,4人の黒枠死亡通知広告がドサッと出てきた。小さな町村なのに,なんと4人も!

葬儀社にとって,人が死ぬと,それはビジネス・チャンス。いち早く情報をキャッチし,葬儀一式を売り込み,死亡通知広告を配布する。広告のターゲットは,もちろん死を待つ老人たちだ。顧客老人は多いが,葬儀社も多い。勢い,競争は激しくなる。

これは,まさしく死の商人。峻厳な死への畏れは,いったいどこへ行ったのか? 金儲けの前では,人としてのつつしみ,たしなみ,品位,品格といったものへの配慮は色あせ,蹴散らされ,もはやどこにも見られない。

朝っぱらから黒枠死亡通知広告を一方的に送りつけ,老人たちを脅し,それで商売が成り立つとは,よい時代になったものだ。資本主義は万物を商品化する。死も例外ではない。

地方の過疎化は,人間も倫理もますます疎外しつつある。死すら商品化された地方の人々は,自分自身の死すら奪われ,死ぬに死ねない有様だ。日本の地方は,もうダメだ。

130512a 130512b 130512c
■朝刊折り込みの死亡通知広告(2013年5月)

【追加2013/5/23】
葬祭関係の方から,次のようなご意見をいただいた。

▼地域コミュニティは,かつては緊密であり,死亡情報も伝令により共有されていたが,生活の変化で困難となり,迅速大量伝達方法として新聞折り込み広告を使うようになった。

▼地域の人びとにとって,新聞紙面の死亡通知欄よりも,配布範囲を限定できる折り込み広告の方が,好都合であった。

▼このような地域の理解と利益により,新聞折り込み広告が使われるようになった。

▼したがって,新聞折り込み広告は,地域社会・葬儀社・新聞販売店の「三方一両得」となり,「地域の独自の文化」となった。

丹後の現状は,このご意見の通りだと思う。新聞折り込み死亡広告は,多かれ少なかれ遺族・関係者の了解のもとに作られ,配布され,それを地域社会も受け入れているということであろう。

では,この新しい慣行をどう考えるか? 便利で必要だと肯定的に考える人もいれば,私のように,いくら何でもやり過ぎだと考える人もいるであろう。これは評価の問題だから,意見が分かれるのは致し方ない。

現代は,万物を商品化する資本主義社会であり,そこでは,多かれ少なかれ,たとえば教師は「知の商人」,画家は「美の商人」,男女は「愛の商人(性の商人)」たらざるをえない。そして,商品化されればされるほど,「知」や「美」や「愛(性)」は,それ本来の在り方・扱われ方から離れ,利潤のための手段とされていく。「死」とて例外ではあるまい。

このような観点から見た場合,人の死や葬儀はどうあるべきか? いま一度,原点に立ち戻って,考え直してみるべきではないだろうか。

【参照】ショッピングモールみたいな日本の葬儀場
「ヨーロッパの教会や、日本の昔ながらのお寺は、ここで最後に送られるんだったらまあいいか、という感じがありますが、今は葬儀場でさえ、イオンモールみたいな感じになってきています。・・・・ 」(死んだ家族が、“戻れない”マンションができるわけ 養老孟司×隈研吾 日本人はどう死ぬべきか? 第3回,『日経ビジネスオンライン』2014/12/18) [2014-12-19追加]

スーパーやネットでお葬式(2016年2月2日追加)
 160202 160202a
  ■朝日新聞(2016年2月1日)/価格COM HP(2016年2月2日)

アマゾン「お坊さん便」大繁盛(2016年2月22日追加)[アマゾン閲覧2月22日]
 Amazon [お坊さん便] 法事法要手配チケット (移動なし)
 価格:¥ 35,000  5つ星のうち 3.1 55件のカスタマーレビュー  通常3~5週間以内に発送します。 在庫状況について
 住所からお届け予定日を確認  お届け予定日:3/24-4/9 通常配送を利用した場合のお届け予定日です。
 この商品は、株式会社みんれびが販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。

谷川昌幸(C)

 ウェッブ魚拓,削除申し立て済(2013-05/21)。

Written by Tanigawa

2013/05/12 at 21:07