ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘自然

初秋の村:別荘生活のすすめ

半年ぶりに丹後の村に行ってきた。文字通りの「負動産」となった村のわが家。窓を開け放って外気を入れ,庭木を電気鋸でバッサリ剪定し,雑草を引っこ抜いて回った。重労働。

それでも,ほっとし,慰められるのが,周囲の自然。彼岸花,野菊,ツユクサなどが咲き,イナゴが飛び,トカゲが駆け,かたつむりが角をふりふり這っている。村にいたときは,日常のありふれた風景であり,美しいとも面白いとも特に感じなかったが,都会からたまに帰ると,自然の豊かさに改めて気づき,心和まされる。

丹後に限らず,地方はどこも人口減少,空き家が急増している。それらの多くは,都会では信じがたいほど安い。なかには維持するにせよ解体するにせよ経費が掛かるので,タダ同然で譲ってもらえる家さえあるという。しかも田舎だから敷地は広い。百坪,二百坪,いや三百,四百坪のものもある。広い菜園付きも少なくない。そうした家屋が,電気・水道付きで,つまりすぐ使える状態で,手に入るのだ。都市住民の別荘に最適ではないか。

別荘は,近代化以降,都市住民の憧れでありステータスシンボルでもあった。彼らは,大金をはたき,軽井沢などに別荘を持とうとしたが,不自然な都会生活から一時的に逃れ,人間の自然(human nature)を取り戻すためであれば,何も別荘のために開発された別荘地に行く必要はない。別荘地は,所詮,人造の疑似自然にすぎない。

いまの日本であれば,自然豊かな地方に行けば,買うにせよ借りるにせよタダ同然で,すぐにでも使える家が簡単に見つかるのだ。都市住民は,このチャンスを見逃さず,地方に第二の家(セカンドハウス)を持ち,その別荘で何日か暮らすことにより,自分の人間としての自然(本性)を取り戻そう。

これは,過疎の地方にとってもチャンスだ。どのような形であれ人が来て住めば,地方は活気を取り戻し,地域社会として蘇るきっかけをつかむことができるに違いない。


 ■畔の彼岸花


 ■彼岸花とカタツムリ/バッタ(食用可)


 ■ツユクサ/野菊

■猫じゃらし

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/09/21 at 15:29

カテゴリー: 社会, 自然, 文化

Tagged with , , ,

八重山諸島:自然の善美と人為の醜悪

八重山諸島に行ってきた。旅行社の企画旅行で自由時間は少なかったが,それでも一通りは楽しめた。竹富島⇒小浜島⇒由布島⇒西表島⇒石垣島。

141005n

141005o
 ■珊瑚礁の海(石垣島)/仲良川マングローブ(西表島)

1.自然の善美
八重山諸島は亜熱帯というよりは,むしろ熱帯という感じだ。10月なのに太陽はジリジリ照りつけ,ハイビスカス,ブーゲンビリアなど原色の花々が咲き乱れ,珊瑚礁の海には色鮮やかな熱帯魚が群れ泳ぐ。ジャングルはうっそうと深く,水辺のマングローブはみずみずしく生命力にあふれている。

特筆すべきは,西表の海岸。山々と深いジャングルと広いマングローブのおかげだろうか,珊瑚礁の海は信じられないほど遠浅で,色鮮やか。入り江には細かなサラサラの砂浜が広がり,その陸地側には昼顔のような花や,他の名も知らぬ花々が咲き,蝶々が乱舞している。

まさしく自然は多様で豊かで汚れを知らない。人間にとって,自然は,たしかに美しく善いものだ。考えるまでもなく,誰しもそう直感せざるを得ないから。

141005l 141005m
 ■西表島の蝶々

2.人為の醜悪
対照的に,人為は新しければ新しいほど醜悪だ。舗装道路は,本土基準らしく,白ペンキのガードレールに縁取りされ,自然を切り裂き,不自然に走っている。護岸はマングローブ林を分断し,岸壁では海水が浄化されず澱み,ゴミをため始めている。

効率第一のビジネスビルは四角四面に南国の自然空間を破壊し,展望第一のリゾートホテルは自らの売りの自然を自ら破壊して恬として恥じない。自然が豊かであればあるほど,人為の醜悪が目につく。

3.国家支配の不自然
そうした醜悪な人為の最たるものが,不自然な国家支配だ。東京からはるか遠方,台湾のすぐ近くの八重山諸島が,なぜ東京の日本政府の支配を受けなければならないのか?

今回はお定まりの観光旅行のため歴史見学は全くなかったが,八重山諸島が日本軍国主義の残酷無慈悲な支配の犠牲にされたことは,周知の事実だ。本土防衛のため,島民たちは住居も田畑・家畜も奪われ,着の身着のままジャングルに追われ,マラリヤや飢餓で多数が死亡した。理不尽で不自然,醜悪この上ない。

しかも,これは,すでに過ぎ去った過去の話ではない。八重山諸島は南方の国境近くの島々であり,また再び,同じような手前勝手な理屈で,日本国家防衛の最前線に立たされようとしている。

東京の日本政府は,尖閣問題を口実に「島嶼作戦」「離島奪還作戦」を練り,この4月には与那国島で陸自基地建設に着手し,さらに石垣島にも陸自基地を新設しようとしている。海上自衛隊はすでに軍艦を石垣港に寄港させ始めた。

東京から見れば,はるか彼方のちっぽけな八重山諸島など,所詮,本土防衛のための「捨て石」にすぎない。それが国家主権を命とする近代国家の習性であり本質だ。八重山諸島に軍隊が置かれれば,攻撃対象となり,有事には住民はまた捨てられる。

4.二つの自然の豊かさ
八重山諸島には,どこに行っても老若男女の旅行者があふれていた。クルーズ船で訪れる外国人客も多い。さらに,本土から移住してくる若者さえも少なくないという。ここには,世界有数の豊かな二つの自然が,すなわち海と空と陸の第一の自然と,多様な地域文化としての第二の自然が,あるからだ。

八重山諸島は,もしこれら二つの自然を守り育て持続可能な仕方で有効活用を図るならば,経済的にも十分豊かになり得るのではないだろうか。極東の東のはての東京よりも,世界の成長センターの中心近くに位置する八重山諸島の方が,いまや,はるかに地の利に恵まれているからである。

141005r 141005s
 ■竹富島の民家/西表島の浜辺の花

141005p 141005q
 ■川平湾(石垣島)/満車の旅行者駐車場(川平湾)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/10/05 at 17:47

3Gの悲哀と自然に戻る喜び

情報格差(デジタル・デバイド)は,日本でも著しい。地方は,高齢化・過疎化で商売にならず,ネットは3Gがせいぜい。亀のように遅い。これでは,ネパールの方が通信環境はよいのではないか。

ネット新聞を読むときは,アドレスをクリックしてから,外でちょっと一仕事,数分後もどると,ようやくページが開かれている。写真があると,さらに遅い。

近現代化・民主化は,合理化=中央集権化であり,これは情報についても同じこと。いまやあらゆる情報が中央に集められ,整理分析され,保存され,利用されている。こんなことなら,少なくとも権力と情報の多元的分散という意味では,中世封建制の方がまだましだ。わが村も,つい数十年前までは,自主独立していた。が,それも今や昔。地方は中央の単なる末端であり,万事後回し,3Gの悲哀をかこつことにならざるをえない。

しかし,それは事の反面,ネット・アドレスをクリックして一歩家の外に出ると,春爛漫,動植物みな生の喜びにあふれ,一目見るだけでも深く癒される。わざわざ高山に登らなくても,あるいは人工交配や遺伝子操作をしなくても,自然は十二分に美しく多彩なのだ。

自宅のすぐそば,どこにでも,こんな美しい花々が咲き乱れ,生命が躍動している。そんなことに気づかせてくれたのが,鈍足3G。人間には,この程度の速度が相応しいのかもしれない。

自宅そばの野草(5月4日午後)

140504a 140504b 140504c

140504d 140504e 140504g

140504f 140504h

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/05/04 at 22:08

カテゴリー: 情報 IT, 文化

Tagged with , , , , ,

制憲議会選挙2013(13):パンドラ狂宴後の幻滅

選挙運動期間が昨日(16日)終了し,街は静かになった。キルティプルでは,自家用車とバスは完全ストップ,警察車両,清掃車,水運搬車などごくわずかの車と,バイクが走っているだけ。高原の清浄な空気と静けさ。ヒマラヤ全山がくっきり見え,絶好のピクニック日和だ。

対照的に,選挙はパンドラ狂宴後の落胆と幻滅の陰鬱な空気の中。投票に託す夢はほとんど聞かれない。いったい何のための選挙なのか?

そもそも不用意にパンドラの箱を開けたのは誰か? ネパールの人々自身ではない。いずれネパール人自身が開けることになるにせよ,それを待つことなく,自分たちの都合で,カネと功名のため,性急に,無責任にパンドラの箱を開け,有象無象を一気に解き放ったのは,西洋諸国だ。

パンドラの箱から出てきた有象無象の中でも,とりわけやっかいのが,多文化主義的民族主義選挙民主主義

西洋の「知の商人」は,そもそも民主主義と諸民族自治をお題目としていながら,ネパールの運命をネパール人自身に委ねておくことが出来ず,自分たちの都合で,それを取り上げ,西洋のもっとも「進歩的」な理論や制度を,カネで釣りながら,お節介にも押しつけ,ネパールを文化的植民地にしてしまった。

たとえば,言語。西洋諸国は,多言語主義を押しつけ,各民族の母語使用権を法制化させた。結果はどうか? パンドラの箱から無数の言語が飛び出し,西洋好みの自由競争をさせられ,たちまち自分たちのものではない最強言語=英語の支配に屈服させられた。

お題目を括弧に入れ,経過と結果を,科学的かつ客観的に分析・評価するなら,多文化主義的多言語主義は,ネパールの各民族の母語の維持強化ではなく,それらを世界言語市場に引き入れ,最強言語たる英語に屈服させるためのものであったことがわかる。何のため? いうまでもなく,ネパールをグローバル資本主義の市場とするためであり,また英語使用ネパール人を安価な労働力として使用し搾取するためである。

選挙民主主義も同じこと。ネパールも,選挙民主主義にいずれは移行せざるをえないであろう。それは,まず間違いない。しかし,短気な西洋諸国は,それを待てない。功名を焦り,パンドラの箱を一気に開け,一人一票,選挙至上主義を解き放った。

選挙が有効に機能するのは様々な前提条件が揃っているときであることを,西洋諸国は,自分たちの歴史の中でイヤというほど経験し,熟知している。しかし,そんなことは素知らぬ顔で無視し,自分たちの利益のため,選挙民主主義をネパールに押しつけたのだ。

さらに悪いことに,本来,相性の悪いはずの集団主義的多文化主義が,個人主義的一人一票選挙とセットになっている。原理的にも実践的にも無茶苦茶だが,ネパールはモルモット,「解体」さえしてしまえば,後はどうでもよい。解体後は,世界資本主義の思いのままだ。

ネパール庶民は,多文化主義も選挙民主主義も,結局,国際社会の「知の商人」や,その下働きたる新しい買弁特権階級を太らせるだけで,自分たちの生活向上には,ほとんど役に立たないという事実を,イヤというほど見せつけられてしまった。選挙は,やらされるのであって,自分たちが自分たちのためにやるのではない。

投票日直前というのに,盛り上がらず,シラケと幻滅が広がっているのは,そのためだろう。選挙への期待,選挙後の明るい展望がほとんど聞かれない。

性急にパンドラの箱を開けた西洋諸国,特にネパールを最新理論の実験台にした開発寄生知識人・専門家の責任は重いと言わざるをえない。

▼自然と伝統(第二の自然)と人為(キルティプルとその付近)

131117c131117a
 ■マナスルと菜の花/ヒマラヤの満月

131117d131117e
 ■宗教と政治/民主主義のコスト(有権者登録証発行警戒)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/11/18 at 12:31

カテゴリー: 選挙, 政治, 歴史, 民族

Tagged with , , ,

信号機かロータリーか:ネパールとスイス

1.道路近代化批判
ネパリタイムズ(6月28日号)が,道路新設・拡幅政策を批判している。都市部でいくら道路を建設しても,流入車両が増えるだけで,何ら問題解決にはならない。また,「日本援助信号機は,ほとんど機能していない。」

以前,信号機全滅と紹介したら,「そんなことはない」と叱られたが,ネパールの人びとから見れば,日本援助信号機はやはり役立たずの木偶の坊なのだ。

ネパールの交差点の多くは,文化に適合したロータリー(ラウンドアバウト)式であったのに,それらをやみくもに撤去し,一見合理的な信号機式交差点に近代化したため,この惨状となってしまったのだ。

カトマンズ盆地は狭く,徒歩・自転車でほぼ間に合う。電車,トロリーバス,地下鉄など,低公害公共交通機関の導入を進める一方,道路幅を狭くし,ロータリー式でさばける程度にまで車両数を削減すべきだろう。日本援助信号機は撤去し,古き良きロータリー式に戻す。
[参照] ▼信号
▼信号機、ほぼ全滅(5):王宮博物館前
▼信号機、ほぼ全滅(4):カランキ交差点(付:タタの威厳)
▼信号機、ほぼ全滅(3):「日本に学べ」
▼信号機、ほぼ全滅(2):タパタリ交差点ほか
▼信号機、ほぼ全滅(1):アメリカンクラブ前

2.スイスのロータリー文化
見習うべきモデルの一つが,スイス。先日,単なる団体観光旅行にすぎないが,10日間ほど,スイスに行ってきた。大部分がバス移動。

130701h 130701e
 ■ネパールそっくりの山村風景/夕暮れのマッターホルン

感心したのが,多くの交差点がロータリー式であったこと。既存の信号機交差点も,順次,ロータリー式に改造されつつあるという。

幾度か紹介したが,日本では,交通量の少ない道路でも,深夜の人っ子1人いない田舎道でさえ,赤信号で停車し,青を待つ。時間とエネルギーのたいへんな浪費だ。これに対し,スイス・ロータリー式交差点では,ほとんど待つことはなかった。少々交通量が多くても,共有されているロータリー通行規則に自主的に従い,スムースに通過できた。

スイスは,ネパールにとって,自然環境や多民族状況,そして大国に囲まれた内陸国という地政学的位置など,多くの点でよく似ており,連邦制,多言語主義など,学ぶべきものは多い。ただし,民族自治,地域自治などは,決して近代的な新しいものではない。むしろ本質的に前近代的な,古いものである。その古いものの全否定ではなく,保守すべきものは保守しつつ,生活を豊かにしていく。女性の権利など,問題は多々あるにせよ,頑固な保守主義の国であるがゆえ,スイスは多民族多文化民主主義のモデル国の一つとなり得ているのである。

なお,蛇足ながら,自然環境や地域景観についても,スイスは保守主義に立ち,保存を開発と両立させる努力をしている。フランス領のシャモニーにも立ち寄ったが,スイスとの違いに愕然,幻滅した。近代合理主義の宗主国フランスは,自然と伝統を克服すべきものと見ている。他の地域はどうか知らないが,少なくともシャモニー付近の景観は,フランス国民文化のスイスのそれとの相違を際立たせ,その意味では興味深かった。

130701a 130701b
 ■インターラーケン「ゲマインデハウス」前/ヴィルダーズヴィル

130701c 130701g
 ■幹線道路交差点/ベルンの路面電車とバス

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/07/01 at 11:41

丹後の春と過疎化

丹後でも,今年の冬は厳しく,その分,野の花々も彩り鮮やかだ。路傍の野草には自然の凛とした気品が,野生化した外来種や古民家前の桜には自然と化した人為の温かさが,感じられる。いずれ劣らず好ましい。

130405
 ■古民家と桜

130405g 130405e 130405b 130405c 130405a 130405d 
 ■自宅付近の路傍の野草と菜の花

しかし,その丹後でも,容赦なく過疎化は進み,それを押しとどめるはずの開発は乱雑な自然破壊・文化破壊となっている。山間の田畑や山林のため大金をかけ立派な舗装道路を張り巡らせても,農林業は廃れ,耕作放棄地・放置山林となり,野生動物の天国。舗装道路の最大の受益者は,タヌキやイタチ,トンビにカラスらだ。

130405f
 ■舗装農道沿いの耕作放棄田

こうした地方の過疎化は,日本だけでなく,何とわれらがネパールでも進行している。グローバル化は,情報化でもあり,ネパールの農山村の人々も都市や外国の生活を見聞きできるようになった。そして、それを見た若者たちが,次々と故郷を捨て,都市や外国に出て行く。農山村には,老人と女性だけが取り残され始めたという。

グローバル情報化・資本主義化は,政治経済の中央集中化である。アベノミックスが引き金になって,博打グローバル市場経済が破綻することにでもならなければ,この不健康な現象を押しとどめることはできそうにない。残念ながら,

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/04/05 at 12:11

キルティプールのガート:自然に包まれて

1.仏教ゴンパと援助ロープウェー残骸オブジェ
11月21日、キルティプールの西方へ散策に出かけた。丘の西北端、インドラヤニのすぐ下に、援助ロープウェーの巨大な残骸があり、それにブーゲンビリアの大木がからみつき、巧まずして見事なオブジェとなっている。

その左横奥には、大きな美しい仏教ゴンパがある。誰でも入れ、花々が咲き乱れるヒマラヤ展望の名所である。本堂内ではネパール語・英語使用の法話を聴くこともできる。

 
 ■インドラヤニからのヒマラヤ/ゴンパからのヒマラヤ

 
 ■ロープウェー残骸オブジェ/ガート公園と残骸ロープウェー(上方)

2.ガート公園(仮称)
そのゴンパの隣に小学校があり、その横の小道を下りていくと、谷底の小川の側に小さな寺院インドラヤニ・サムサンがあり、その川岸がどうやらこの付近のガート(火葬場)となっているようだ。一昨日近くを通ったとき葬儀参列者が集まっていたし、今日も30人ほど集まり火葬の準備をしていた。かなりの人が、ここで荼毘に付されるのだろう。

この谷は、キルティプールの丘と西向かいの丘の狭間で、垂直に近い角度で切れ込んでいる。上からのぞくと足がすくむほどだ。キルティプール側は、公園として整備されているらしく、斜面には桜が植えられ、小道も造られ、あちこちに鉄製ベンチが置いてある。

このガート公園(仮称)は放牧が認められているらしく、牛や羊があちこちで草をはんだり、寝そべったりしている。ガート側の小川では、女性たちが洗濯し、洗った布を周辺の草地に広げ干している。その側では子供たちが遊び回り、近くの田では刈り取り・脱穀後の稲藁を広げて干したり束ねて運んだりしている。小春日和の、のどかな田園風景である。

このいつもと変わらない自然な風景の中で、この地方の荼毘は執り行われているようだ。

ネパールの火葬場としては、パシュパティナートが有名だ。寺院は立派だし、川岸の火葬施設も整備されている。しかし、その反面、寺院は制度としてのヒンドゥー教の権威の具現であり、良く言えば荘厳、逆に言えばケバケバしいこけおどし。ここでの葬儀は、死者と縁者のためというよりは、権威と見栄のためのよう思えてならない。

 
 ■公園の桜と羊/寺院と葬儀参列者(左上)

 
 ■ガートと牛/ガートで洗濯

2.日本の葬式産業
このことは、日本の葬式について、特に強く感じる。葬式はますます形式化し、寺と業者の商売となり、とんでもない金がかかるようになった。特に悲惨なのが、地方。

いま日本の地方では、高齢化が進み、当然、結婚や誕生は少なく、葬式が多くなる。その結果、驚くべきことに、田舎では、葬儀業者がアンテナを張り巡らせ、誰かが死ぬと、いち早くキャッチし、競って新聞チラシに死亡情報を掲載する。次の顧客――死亡待機者――を獲得するためである。いま田舎の朝は、新聞を広げ、死亡広告チラシを見るのが、日課となっている。

おかげで、田舎の「死の商人」は景気がよい。大きて立派な建物は、有料老人ホームか葬儀催事場と見て、まず間違いない。

私は、こんな葬儀はいやだな。自分の死を寺や僧侶や葬儀社の金儲けの種にされたくない。死は本来自然なものだ。死とともに、自然の中に自然に帰っていくのが理想だ。

3.死して自然に帰る
自然に帰るという点では、このキルティプール・ガートでの荼毘は理想に近い。伝統社会の葬儀は、一般に多くの儀礼に縛られるから、キルティプールでも死後の儀礼は多数あるであろうが、少なくともこの火葬場での荼毘に限れば、ごく自然だといってよい。参列者の多くは平服であったり、ごく質素な喪服だし、ケバケバしい飾り物があるわけではない。

荼毘そのものは見ていないが、ここでの火葬は、花々が咲き、牛や羊が草をはみ、女たちが洗濯し、子供たちが遊び、農民が稲藁集めをする、その自然な風景の中で、自然に執り行われるものであるに違いない。近親者の悲しみは、遠くからでも、よく感じ取れる。それすらも、自然は優しく受け入れ、自然のうちにいやしてくれているようだ。

私の葬儀も、このような自然に抱き包まれるような、自然なものであることを願っている。

  
 ■対岸のチョータラとヒマラヤ/峡谷と新興住宅街

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/11/23 at 15:43

カテゴリー: 社会, 文化

Tagged with , , , , ,