ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘航空産業

飛べない「新舟60」

ネパール航空(NAC)に納入された中国製「新舟60(MA60)」が,飛べないまま,空港に置かれているという(Himalayan, 14 May)。

理由はいくつかある。第一に,準備不足。飛行に必要な有資格パイロットや整備士の不在,必要な機器・設備の不備など。第二に,NACによる50%の料金値下げを阻止しようとする他社の様々なイヤガラセによる手続きの遅れ。

いずれも,いかにもネパールらしい事情だが,安全の観点からは,看過できない問題だ。NACが新造機を導入するのは28年ぶり。今年と来年に中国から「MA60」を2機(1機無償),「運(Y12)」を4機(2機無償)を調達する。さらに来年には,エアバス320を2機購入することになっており,計8機も増える。

これではパイロット,整備士,関連設備など,安全運行に不可欠なものをそろえるのは容易ではない。EUが,ネパールを,安全運行上問題のある国の「ブラックリスト」に載せているのもやむを得ない。

ちなみにAirline Ratingsの安全評価は以下の通り(☆7=最高評価,5月14日現在)
 ・Nepal Airlines ☆1
 ・Agni Air ☆1
 ・Yeti Airlines ☆2
 ・Kam Air(アフガン) ☆1
 ・Air Koryo(北朝鮮) ☆5.5
 ・Air India ☆6
 ・中国南方航空 ☆7
 ・Dragonair ☆7
 ・ANA / JAL ☆7

この安全評価は,目安の一つにすぎないのだろうが,それでも,昨今の報道等とも考え合わせると,ネパールで飛行機に乗るにはかなりの勇気がいる,と覚悟せざるをえないだろう。

140429 ■新舟60

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/05/14 at 13:59

カテゴリー: 旅行, 中国

Tagged with ,

飛行機プレゼント,中国政府

さすが中国,太っ腹で,目の付け所がよい。ピカピカの新品飛行機を,ドォーンと2機,国営「ネパール航空(NAC)」にプレゼントした。プラモデルではない。本物の小型旅客機だ。

1機目は,「新舟60(MA60)」。西安飛機製,58席。4月27日午後,この「中国からのギフト(Ekantipur, 4 Apr)」が着陸すると,トリブバン空港はお祭り騒ぎ,ヒンドゥー教聖者が祝福し,ラッパが高らかに吹き鳴らされ,「新舟」は歓迎アーチ放水で迎えられたそうだ。もう1機の「ギフト」は,「運12e(Y12e)」。ハルビン飛機製,19席。年内には,贈呈される。

といっても,中国に下心がない訳ではない。2機はギフトだが,他の4機(新舟1機,運3機)は,長期低利ローンで売却する契約だ。これは,カナダなど先進諸国が使ってきた常套手段。それを,先進国に取って代わり,中国が使い始めたわけだ。

 140429 ■新華社記事(4月28日)より

このところ,中国の進出は空でもめざましい。

「新舟60」使用国:アフガニスタン,イエメン,インドネシア,ウクライナ,エリトリア,カメルーン,カンボジア,キルギスタン,コンゴ,ザンビア,ジンバブエ,スリランカ,タジキスタン,トンガ,ネパール,ボリビア,ラオス,ミャンマー,ペルー,フィリピン,ブルンジなど
「運12e」使用国:インドネシア,エリトリア,イラン,ウガンダ,カンボジア,キリバス,ケニア,コンゴ,コロンビア,ザンビア,シェイシェル,スリランカ,タンザニア,トンガ,ナンビア,ネパール,バヌアツ,パラグアイ,パキスタン,ペルー,フィジー,マレーシア,ミャンマー,モーリタニア,モンゴル,ラオスなど

ほとんどが途上国。「新舟60」は事故多発で安全性が問題にされているが,おそらく取引条件が先進国製よりも有利なのであろう。また「運12e」は軍用にも便利。そうしたこともあり,途上国で多く利用されているのではないかと思われる。

中国は,おそらく商売半分,政治半分で,途上国を中心に航空機を売り込んでいるのだろう。中国の軍拡はすさまじく,軍用機を先導とした技術革新も進んでいるはず。遠からず,米・欧州による空の寡占は中国航空機産業により突き崩され,日本の空にも中国製航空機が飛び交うことになるだろう。ヒノマル航空機の出番なしか。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/04/29 at 15:09

カテゴリー: 経済, 外交, 旅行, 中国

Tagged with , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。