ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘観光

上高地の様変わり

好天に誘われ,上高地に行ってきた。槍穂方面には折に触れ出かけていたが,上高地に入ったのは数十年ぶり。激変にびっくり仰天した。

上高地への路線バスが早朝から夕方まで毎時4~6本。さらに臨時便もある。これに東京,大阪,名古屋などからの直行バスと,多数の団体観光バスが加わる。河童橋や大正池付近は繁華街並みだ。

しかも,その観光客の相当数,ざっと見たところ三分の一ほどが外国人客だ。上高地は,いまや日本有数の国際観光地となっているといってよいだろう。


 ■大正池バス停


 ■上高地バス乗り場

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/06/01 at 19:40

カテゴリー: 自然, 旅行

Tagged with , , ,

小豆島にも外国人観光客多数

「明治節」の11月23日,小豆島に行ってきた。紅葉見物でにぎわっていたが,驚いたのは,アジア諸国からの観光客の多さ。決して便利とは言えない瀬戸内海の小島ですら,観光業はアジア諸国観光客への依存を強めているようだ。

161124e161124b
 ■天使的散步道(蛭子神社~大余島)/寒霞渓

161124d161124c
 ■二十四隻眼睛電影村

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/11/25 at 15:52

カテゴリー: 自然, 文化, 旅行

Tagged with ,

観光客、きわめて少ない

カトマンズの観光客は、見た限りでは、きわめて少ない。トレッキング客はそこそこ来ているが、旧王宮など一般的な観光地では、外国人観光客はチラホラ見かけるくらい。

11月は観光シーズンのはずだが、地震被害に加え、燃料不足が深刻化-長期化してるため、観光客に敬遠されているのだろう。観光業へのダメージが懸念される。

151124b151124a
 ■旧王宮は地元民ばかり/閑散としたキルティプル

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/11/25 at 01:20

カテゴリー: 経済, 旅行

Tagged with ,

飛行機プレゼント,中国政府

さすが中国,太っ腹で,目の付け所がよい。ピカピカの新品飛行機を,ドォーンと2機,国営「ネパール航空(NAC)」にプレゼントした。プラモデルではない。本物の小型旅客機だ。

1機目は,「新舟60(MA60)」。西安飛機製,58席。4月27日午後,この「中国からのギフト(Ekantipur, 4 Apr)」が着陸すると,トリブバン空港はお祭り騒ぎ,ヒンドゥー教聖者が祝福し,ラッパが高らかに吹き鳴らされ,「新舟」は歓迎アーチ放水で迎えられたそうだ。もう1機の「ギフト」は,「運12e(Y12e)」。ハルビン飛機製,19席。年内には,贈呈される。

といっても,中国に下心がない訳ではない。2機はギフトだが,他の4機(新舟1機,運3機)は,長期低利ローンで売却する契約だ。これは,カナダなど先進諸国が使ってきた常套手段。それを,先進国に取って代わり,中国が使い始めたわけだ。

 140429 ■新華社記事(4月28日)より

このところ,中国の進出は空でもめざましい。

「新舟60」使用国:アフガニスタン,イエメン,インドネシア,ウクライナ,エリトリア,カメルーン,カンボジア,キルギスタン,コンゴ,ザンビア,ジンバブエ,スリランカ,タジキスタン,トンガ,ネパール,ボリビア,ラオス,ミャンマー,ペルー,フィリピン,ブルンジなど
「運12e」使用国:インドネシア,エリトリア,イラン,ウガンダ,カンボジア,キリバス,ケニア,コンゴ,コロンビア,ザンビア,シェイシェル,スリランカ,タンザニア,トンガ,ナンビア,ネパール,バヌアツ,パラグアイ,パキスタン,ペルー,フィジー,マレーシア,ミャンマー,モーリタニア,モンゴル,ラオスなど

ほとんどが途上国。「新舟60」は事故多発で安全性が問題にされているが,おそらく取引条件が先進国製よりも有利なのであろう。また「運12e」は軍用にも便利。そうしたこともあり,途上国で多く利用されているのではないかと思われる。

中国は,おそらく商売半分,政治半分で,途上国を中心に航空機を売り込んでいるのだろう。中国の軍拡はすさまじく,軍用機を先導とした技術革新も進んでいるはず。遠からず,米・欧州による空の寡占は中国航空機産業により突き崩され,日本の空にも中国製航空機が飛び交うことになるだろう。ヒノマル航空機の出番なしか。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/04/29 at 15:09

カテゴリー: 経済, 外交, 旅行, 中国

Tagged with , , ,

講演会:ネパールを知ろう!

ネパール関係の講演会がありますので,ご紹介します。

------------------
講演会:ネパールを知ろう!
「ヨード欠乏症の根絶を目指して」熱田親憙(ネパール・ヨードを支える会)
「ネパールの観光の魅力」上田一彦/シュレスター・ニローズ(国際交流団体未来)
「ネパールで体験したこと」榎井 縁(大阪大学未来戦略機構)
(日時)9月10日午後1時30分~4時
(場所)宝塚市男女共同参画センター(ソリオ2)交流室
(申込先)国際交流団体未来

130822
------------------

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/08/22 at 10:31

カテゴリー: 教育, 旅行

Tagged with ,